善逸 兄弟子。 鬼滅の刃我妻善逸(ぜんいつ)の兄弟子が鬼になってしまった悲しい過去

鬼滅の刃~我妻善逸の初台詞から女好き&たまにかっこいい名言調べ! | 8ラボ(はちらぼ)

善逸 兄弟子

鬼滅の刃の我妻善逸の兄弟子:獪岳(かいがく)について 名前は獪岳。 善逸の兄弟子です。 獪岳は善逸と同じ師匠と修行をし、「」を学んでいました。 雷の呼吸は壱(いち)ノ型から陸(ろく)ノ型まであります。 でずが、善逸が使えるのは雷の呼吸・壱ノ型だけ、そして獪岳は壱ノ型以外しか使えません。 我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)は不満を持っていた 修行に勤しむ努力家だった獪岳は、出来が悪いのにも関わらず、師匠に同じように扱われている善逸のことが嫌いでした。 そして善逸に対し、「先生の時間の無駄」だといって雷の呼吸の習得を諦めさせようとします。 なぜ師匠は出来が悪い善逸を可愛がるのか。 そんな想いを胸に秘め、とにかく獪岳は善逸と師匠との関係が面白くなかったのでしょう。 実際には師匠は善逸を贔屓はしておらず、自分にはできない壱ノ型を使える善逸に対する妬みから獪岳が思い込んだのだと思います。 獪岳の思いに反し、善逸は努力家である獪岳を尊敬していました。 獪岳だけが善逸と師匠のことで悩み苦しみ、自分を必要以上に追い込んでいきます。 もしも、獪岳・善逸・師匠で心の底から本音をぶつけて話し合っていれば、3人の未来は変わっていたかもしれません。 善逸と鬼になった獪岳(かいがく)が再会をするも引けない戦いへ 一方的な感情を抱いていた獪岳と善逸。 2人は再会をしますが、それはかつてのような兄弟子・弟弟子との関係では言い表せないものでした。 それは兄弟子・ 獪岳が倒すべき敵である鬼になっていたのです。 それも鬼舞辻無惨の直属の配下である 十二鬼月の1人、上弦の陸となっていました。 >> 善逸の兄弟子である獪岳はどうして鬼へと変わり果てたのか ここでとても気になるのは、 獪岳は鬼へと変わってしまったのかということです。 今までも、常に強さを求め努力していた獪岳は、 生きてさえいればいつかは勝てると考えていました。 ですが獪岳はある日、鬼と遭遇して死にそうになり、その鬼に命乞いをする形で自身が鬼になり、なんとか生き続けようとしたのです。 強さを求め続けたことによりしてしまったこの選択。 しかし、鬼にならなければ獪岳は死んでいました。 獪岳はこの時すでに鬼殺隊の隊員でしたが、まだ悔いのない生き方ができていなかったために、死ぬことができなかったのでしょう。 獪岳が鬼になってしまったことで、鬼殺隊の裏切り者となり、師匠は弟子の罪を償うため切腹し、その人生を終えました。 善逸と獪岳(かいがく)の戦いの結末 2人が師匠のもとで修行を積み重ねていた当時から、何かと善逸を妬み、さまざまな文句を言っていた獪岳。 お互い雷の呼吸を使いながら一歩も譲れない戦いが始まります。 善逸にとって、自分を見込んで色々教えてくれた師匠を失う原因となった相手。 尊敬していた兄弟子ではありますが、師匠のためにも、獪岳を倒す以外に方法はありません。 善逸との戦いの際、獪岳は長く生きている鬼の中で特に日が浅く、まだ血鬼術を使いこなせていませんでした。 実際獪岳の血鬼術完成しちゃったら本当あかんよな — さすに SSRAPSHOT そんなまだ鬼として未熟である 獪岳を善逸は自身が編み出した「雷の呼吸 漆(しち)ノ型・火雷神」によって倒すのです。 この漆ノ型を見て、死ぬ間際でも師匠が贔屓して教えたのだと勘違いする獪岳。 最後の最後までこのような思い込みをしており、どこでこうなってしまったのか、別の未来はなかったのかと考えるととても悲しいです。 この弟子同士のの戦いは、思いの強さで勝った善逸が勝利を収めたのでした。

次の

鬼滅の刃で我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)が因縁の相手となったのはなぜ?|鬼滅の刃.info

善逸 兄弟子

【鬼滅の刃】紅蓮華の2番は善逸(ぜんいつ)を表現していてLISAさんの想いが素敵! アニメ【鬼滅の刃】のOPである紅蓮華の2番は、我妻善逸(あがつまぜんいつ)を表現していて素敵すぎる! LiSAさんの人生も込められた神曲について考察してみました! どうも、タガメ王国の防人リョウです! ・「紅蓮華の2番って、我妻善逸をイメージしてるよね?」 ・「善逸の姿と重なる歌詞で感動する!」 ・「もっと善逸が好きなる歌詞になってる!」 あなたは今、このように感じていませんか? スポンサーリンク そこでこの記事では、紅蓮華の2番が善逸を思いっきり表現している理由をお伝えします。 水面下で絡まる 善悪 透けて見える偽善に天罰 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい こうして見ると、「善逸」という言葉が、歌詞にハッキリとありますよね! そして、この部分だけではなく、それ以外にも善逸の想いがたんさん込められています。 禰豆子が入っている箱を、必死で守ってあげたり・・・ やる時はやる!!! 善逸は、そんな優しい奴なんです。 でも、その優しさだけじゃ強くなれないのは、自分でも心では分かっているようにも見えます。 「優しいだけじゃ、俺は強くなれないんだよね?」 「鬼は容赦ないから、時には非情になって戦わなくちゃダメだよね?」 「こんな俺でも、強くなれるのかな?大丈夫かな?」 という、善逸の心の声が響いてきます。 獪岳も元々は、鬼から人を守る立場だったのに・・・ 本当は尊敬していたのに・・・ 善逸はそう感じていても、鬼なった獪岳の心は変わってしまいました。 人間の時は、「先生は本当に凄い人なんだよ!」と言っていたのに、鬼なった獪岳は・・・ 俺を正しく評価し認める者は善。 低く評価し認めないない奴は悪。 あれだけ尽くしてやったのに俺を後継にせずテメェみたいなカスと共同で後継だと抜かしやがったクソ爺だ。 このように、師匠であったじいちゃんを恨んでいます。 そういった獪岳の偽善に、善逸が天罰で倒します。 本当は尊敬していた兄弟子の心が透けて見えてしまった・・・ だから、せめてもの優しさで天罰を下そう・・・ そういった、善逸の優しさが溢れる歌詞でもありますね。 」=「ちょっとさ、手伝ってよ!」 このように訳す事ができます。 善逸は、「なんで?!助けてよ、炭治郎!!!」というタイプですよね 笑 ですので、まさにこの英語の歌詞も、善逸を表現しています。 「逸材の花」=獪岳 「挑み続けて咲いた一輪」=善逸 です!!! 獪岳は才能に溢れていて、善逸が使えない雷の呼吸・弐の型~陸の型を使えました。 それに対して善逸は、壱の型しか使えませんでした。 それでも、勝負に勝ったのは善逸です。 「壱の型しか使えなくても、それを極め続ければ強くなれる」 泣きながらも逃げながらも、じいちゃんの教えを実践し続けた善逸だからこそ、素敵な花を咲かせたのでした。 「乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も」というように、そんな善逸が鬼退治をするという事は茨の道でもあります。 そんな茨の道でも、善逸だからこそ乗り越えられる・・・ そんな意味が込められた、素敵な歌詞ですね。 でも善逸は、弱音を吐きまくっても、「本気で行くよ!自分が誰よりも弱いのは分かるけど、乗り越えてみせる!」と、歩き続けています。 弱くても進む、善逸の勇気が表現されて部分ですね。 ここで、善逸の1つの夢が消えてしまいます。 「じいちゃんを本当は守りたかったのに、守れなかった」 「じいちゃんに自分が成長した姿を見せたかった」 何度も何度も自分を気にしてくれた、じいちゃんに恩返しできなかった・・・ 善逸の純粋な心が、ここに表現されています。 失った大切な存在(じいちゃん)があるからこそ、命の大切さを理解した。 じいちゃんは自分の心の中にいて、いつだって鬼に立ち向かう勇気をくれるから。 そうして、おじいちゃんとの1つ1つの思い出が、自分の血肉となって紅蓮地獄のように過酷な鬼の世界を生き抜く。 そういった、善逸の想いが溢れている歌詞ですよね。 1番の歌詞は竈門炭治郎を表現している ここまで紅蓮華の2番の歌詞についてお伝えしました。 2番は善逸を表現する歌詞になっていますが、1番は主人公である竈門炭治郎を表現する歌詞になっています。 これらは、原作の序盤を彷彿とさせるキーワードにもなります。 鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)に、妹の禰豆子(ねずこ)以外の家族を殺されてしまい・・・ ただただ絶望するしかない現実を、必死で受け止めて、歩き出す兄の炭治郎(たんじろう)。 鬼となってしまった禰豆子の運命やいかに・・・ という感じの、ちょっと絶望感を感じつつも、どこか家族愛を感じる。 1番の歌詞は、そのように感じて。 まさに、優しさに溢れる主人公・竈門炭治郎を表現していますよね。 実は、紅蓮華の2番はLiSAさん自身の人生も表現されている 紅蓮華の2番の歌詞は、善逸を表現していると、お伝えしてきましたが。 実は、この曲を作ったLiSAさん自身も表現しているんです。 「逸材の華より 挑み続け咲いた一輪が美しい」 この歌詞に注目してください!!! まず、LiSAさんは、紅蓮華についてこう伝えています。 紅蓮華とは、水面から咲く赤いハスの華。 そして寒さでめくれた皮膚で咲く、紅蓮地獄という意味です。 傷だらけになっても守りたい場所が、叶えたい夢が出来てしまった、私のうた。 傷だらけになっても守りたい。 叶えたい何かを持ったキミのうた。 傷だらけになっても咲き誇れ。 鬼滅の刃の物語と照らし合わせると、鬼舞辻無惨によって家族が殺され、残された妹が鬼化してしまうという、残酷な現実を突きつけられる炭治郎。 それでも人生に絶望せず、妹を人間に戻すために、修行して鬼殺隊を目指す。 そういった覚悟の意志が歌に込められているのが分かります。 LiSAさんは、音楽を始めて、ロックの世界で逸材になれずにいました。 そして、挫折してアニメの世界にやって来て、成功しています。 「ソードアートオンライン」・「Fate」・「魔法科高校の劣等生」などなど、LiSAさんがアニメの世界で曲を作って、挑戦し続けている事が分かります。 そして、挑み続けたからこそ、開花した事をご自身で体験している。 だからこそ、LiSAさんはとてもとても素敵に感じますし、1つ1つの言葉が染み込んできます。 そうして生まれた紅蓮華という神曲は、これからも忘れられる事無く、鬼滅の刃と共に多くの人々へ感動を届けて行くと僕は感じました。

次の

【鬼滅の刃】紅蓮華の2番は善逸(ぜんいつ)を表現していてLISAさんの想いが素敵!

善逸 兄弟子

上の画像の顔が描かれていないほうが兄弟子です。 見た感じだと、大分、善逸に強く当たっていますよね? 出来の悪い善逸にむかついていたのでしょうか。 しかし、ちゃんと 元柱の事は尊敬しているような…。 きっと、自分よりできない人が許せない生真面目すぎる人なんでしょうね! そんな真面目な人は今どうなっているんでしょうか? きっと立派になっているんだろうな~。 【鬼滅の刃】善逸の兄弟子は獪岳(かいがく)! 【鬼滅の刃考察】桃先輩こと「獪岳(かいがく)」に善逸は勝てるのか? — リュークン wpss002 善逸の兄弟子の名前は 獪岳(かいがく)です。 また、性格は努力家ですが、傲慢なところがあります。 なので壱の型しかできない善逸を蔑んでいたりもしました。 ちょっと性格悪いですね…。 また能力的に獪岳は、善逸と真逆で 壱の型だけ使えない んです! 善逸の事見下しておいて、自分、壱の型つかえないんかいっ!(笑) つっこみたくなってしまいました。 (笑) それはさておき、元柱は 壱の型しか使えない善逸と 壱の型だけ使えない獪岳を共同の後継者として考えていたそうです。 が、 獪岳がそれに猛反発します。 善逸と同列に扱われるのが我慢ならなかったみたいですね。 それから時は経ち…。 獪岳が鬼殺隊になり任務をこなしていた際、上弦の壱の 黒死牟に会ってしまいます! 圧倒的な実力差で負けた獪岳は、命乞いをしました。 その結果…。 鬼になってしまいました! また、鬼となってしまった獪岳のせいで、師匠である元柱は切腹して死んでしまいます。 切腹は、首を誰かに切ってもらわないとなかなか死ねないそうですが、元柱は首を切ってもらうことなく長時間苦しみながら死にました。 悲惨すぎる…。 一方、獪岳はそんなことは気にも留めず、鬼としてのキャリアを重ねていきました。 そして、 上弦の陸まで上り詰めたんです! 上弦の鬼になるには相当人を食べなきゃいけないわけですから、獪岳はだいぶ食べたんでしょうね。 ひどすぎます…。 teppei. yoneya がシェアした投稿 — 2019年 9月月4日午前9時50分PDT 獪岳が鬼になってからは、無惨と上弦の鬼達の戦いで善逸と再会します。 獪岳の性格はさらにこじれ、 自分を正しく評価しない人は相手にしない。 元柱が死んで清々している。 とまで言っていました。 善逸はその言葉にブチぎれて、獪岳の事をクズと言い放ちます! 善逸かっこいい! それから戦いになり、結果、 善逸の圧勝でした。 この戦いで善逸は新しい技を披露するのですが、それを使って獪岳と肩を並べて一緒に戦いたかったといっています。 なんか素直に喜べない結果です…。 もっと二人が話し合ったりして気持ちをぶつけあっていたらこんな関係にはならなかったかもしれませんね。 なんだかやるせないです…。

次の