とり むね 肉 レシピ 人気。 鶏肉料理の人気レシピおすすめランキング30品!子供が喜ぶ簡単お弁当おかずと鶏胸肉のヘルシー作り置きまとめ。

鶏ひき肉レシピ【人気15選】つくれぽ1000越だけ!1位は?鶏そぼろやつくねなどの簡単料理も

とり むね 肉 レシピ 人気

1 肉の厚みを均等にする! 鶏肉の厚いところに切れ目を入れて開き、厚みを均等にするだけで、熱が均一に入って劇的にジューシィに! 2 片栗粉でコーティングして肉汁を閉じ込める! 片栗粉で肉全体にまくを作れば、肉汁が逃げず、皮も縮まずにパリッと焼き上がります。 3 油は多め、揚げるように焼く! 粉をつけた肉を、唐揚げのように多めの油で焼くことで、皮はパリパリに! 揚げるように焼くため、タレが絡んでもしなっとしません。 4 調味料を先に合わせておく! 味付けに手間取ると、肉に火が通り過ぎてパサつく原因に。 事前に準備しておきましょう。 必ず味が決まるプロ直伝の黄金比は、しょうゆ:みりん:日本酒:砂糖=2:2:2:1です。 パリッとジューシィ! プロ直伝【鶏の照り焼き】レシピ 材料(1枚分)• 鶏もも肉…1枚(約250g)• サラダ油…大さじ2• 片栗粉…大さじ約2• 塩、こしょう…各少々• しょうゆ…大さじ2• みりん…大さじ2• 酒…大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方 1) 鶏もも肉の厚みを均等にする。 肉の厚みのある部分を外側に向かって開いていきます。 肉を4分割のエリアに分けて考え、厚みのある部分を四隅の方向に向かって開いていくイメージです。 「面倒なので省きがちなプロセスですが、これをすることで、薄いところにだけ火が通り過ぎて固くなってしまうことを防ぎ、一様にやわらかく、ジューシィな仕上がりになるんです」 皮目から見て肉の厚みを開いた部分はココ。 2) 鶏もも肉に片栗粉をまぶす。 ビニール袋に片栗粉とくさみ取りのための塩、こしょうを少量入れ、鶏もも肉に粉をまぶします。 全体についたら、肉を袋から取り出し、余分な粉をはたいて落とします。 「余分な粉がついていると、粉が油を吸って油っぽく仕上がるので、できるだけはたいておくことが大事です。 この片栗粉には、肉汁が流れ出ないように肉をコーティングする役割と、皮をパリッと仕上げる役割があります」 3) 鶏もも肉の皮目を下に2〜3分焼く。 フライパンにサラダ油を入れ、火をつけたらすぐ鶏もも肉を皮目からフライパンに置き、中火で皮目にきつね色の焼き色がつくまで焼きます。 だいたい2~3分です。 「油は、鶏もも肉がひたるくらい多めの量を入れます。 肉を入れる前に油を熱しすぎると肉と皮が縮んでしまうので、火を入れる前、あるいは火を入れてすぐに肉を入れましょう。 たっぷりの油で揚げるように焼くことで、クリスピーな食感に。 フライパンは大きすぎると油の量が多くなり、タレも絡めるときに煮詰まりやすいので、鶏もも肉と同じくらいの大きさのものを使うのがおすすめ」 4)鶏もも肉を裏返して1〜2分焼き、余分な油をふきとる。 中火できつね色の焼き色がつくまで焼きます。 1~2分程度です。 余分な油はペーパータオルでふきとります。 「焼き色がついたら、油をきれいに拭き取ります。 こうすることで、タレの絡みがよくなり、仕上がりが油っぽくなることも防げます」 5) 鶏もも肉の皮目を下にしてBを加え、中火で煮絡める。 鶏肉の皮目を下にして、混ぜ合わせたBを加えて、中火でタレを煮絡めていきます。 煮詰まり始めたら、肉を裏返して裏面にも絡めます。 「照りが出て、肉全体にタレがとろりと絡んだら出来上がり。 タレはフライパンに残る程度がちょうどいいです」 厚みを均等にしているので、焼き上がりまでトータル5分ほど。 あっという間でびっくりです! 焼きたてを食べると、歯ごたえのよいパリッとした皮に驚き! やわらかい肉から溢れるジューシィな肉汁が口いっぱいに広がります。 ほどよい甘辛さの味付けのタレは、片栗粉のおかげで均一に全体にとろっと絡み、ごはんがモリモリすすみます! 調理時間はトータル10分ほど。 材料に片栗粉を加えるだけでこのクオリティになるなんて、試さない手はありません!.

次の

【保存版】鶏もも肉レシピ人気簡単15選!つくれぽ1000の鶏肉料理おすすめ!鳥もも肉のおかずに

とり むね 肉 レシピ 人気

しっとりやわらかくて、美味しい鶏ハム! 安価な鶏胸肉がごちそうに大変身すると、話題沸騰中の料理です。 でもいざ作ってみると、なんだかパサパサ。 全然しっとりじゃない! ということで本日は、パサパサしない美味しい「鶏ハム」の作り方を科学的にご紹介したいと思います。 鶏胸肉で簡単にできる! しっとり美味しい「鶏ハム」を作るための科学 《材料 1人分》• 鶏むね肉 2枚(400 g )• 塩 4 g• 砂糖 4 g 科学1: 塩分濃度は1%!? そして砂糖を使用する 理由とは 人間の体内の塩分濃度は 0. 8~ 0. 9%に保たれているそうです。 つまりここで塩の量は1%というのは、 人間が本能的に美味しいと感じる塩分濃度の目安としているからです。 そして、 砂糖を使用することで、保水効果につながり旨味を逃がさない役割を果たしてくれるのです。 《作り方》 1. 鶏むね肉の皮は剥ぐ。 後で巻きやすいように長さを揃えて切り、観音開きにしてフォークで数ヶ所穴を空ける。 ボールなどに入れ、塩と砂糖を手でもみ込んで馴染ませたら、密封袋へ。 空気を完全に抜き、密封した状態で24時間冷蔵庫で寝かせる。 科学2:熟成時間は 24時間 調味料を揉み込んだ鶏胸肉を、24時間ほどを目安として冷蔵庫で寝かせることで、中まで熟成が進み、しっとりと柔らかくなります。 24時間目安の熟成の過程で、肉のたんぱく質の変化により水分や臭味が抜け、旨みやしっとり感、保存効果が増します。 をラップでキャンディー状に巻き付けて両端を輪ゴムでしばり、お湯の中に入れて30分間茹でたら取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で完全に冷めるまで(約2時間)冷やし固める。 温度計を持っていない方は沸騰したお湯の中に入れ蓋をしてお湯が冷めるまで茹でてあげると近い効果が生まれます。 冷えて固まった2. を食べたい分だけ切り分ける。 科学まとめ• 塩分濃度は1%• 熟成時間は24時間を目安に• 明治11年創業の老舗ホテル、富士屋ホテルでの修行を積み退社後、ドラマ、映画、舞台などで俳優活動をしながら調理師免許、 フードコーディネーター認定書を取得。 様々な媒体、 フードイベントで活動しているwebコラムでも話題の次世代料理男子。

次の

鶏肉料理の人気レシピおすすめランキング30品!子供が喜ぶ簡単お弁当おかずと鶏胸肉のヘルシー作り置きまとめ。

とり むね 肉 レシピ 人気

1 肉の厚みを均等にする! 鶏肉の厚いところに切れ目を入れて開き、厚みを均等にするだけで、熱が均一に入って劇的にジューシィに! 2 片栗粉でコーティングして肉汁を閉じ込める! 片栗粉で肉全体にまくを作れば、肉汁が逃げず、皮も縮まずにパリッと焼き上がります。 3 油は多め、揚げるように焼く! 粉をつけた肉を、唐揚げのように多めの油で焼くことで、皮はパリパリに! 揚げるように焼くため、タレが絡んでもしなっとしません。 4 調味料を先に合わせておく! 味付けに手間取ると、肉に火が通り過ぎてパサつく原因に。 事前に準備しておきましょう。 必ず味が決まるプロ直伝の黄金比は、しょうゆ:みりん:日本酒:砂糖=2:2:2:1です。 パリッとジューシィ! プロ直伝【鶏の照り焼き】レシピ 材料(1枚分)• 鶏もも肉…1枚(約250g)• サラダ油…大さじ2• 片栗粉…大さじ約2• 塩、こしょう…各少々• しょうゆ…大さじ2• みりん…大さじ2• 酒…大さじ2• 砂糖…大さじ1 作り方 1) 鶏もも肉の厚みを均等にする。 肉の厚みのある部分を外側に向かって開いていきます。 肉を4分割のエリアに分けて考え、厚みのある部分を四隅の方向に向かって開いていくイメージです。 「面倒なので省きがちなプロセスですが、これをすることで、薄いところにだけ火が通り過ぎて固くなってしまうことを防ぎ、一様にやわらかく、ジューシィな仕上がりになるんです」 皮目から見て肉の厚みを開いた部分はココ。 2) 鶏もも肉に片栗粉をまぶす。 ビニール袋に片栗粉とくさみ取りのための塩、こしょうを少量入れ、鶏もも肉に粉をまぶします。 全体についたら、肉を袋から取り出し、余分な粉をはたいて落とします。 「余分な粉がついていると、粉が油を吸って油っぽく仕上がるので、できるだけはたいておくことが大事です。 この片栗粉には、肉汁が流れ出ないように肉をコーティングする役割と、皮をパリッと仕上げる役割があります」 3) 鶏もも肉の皮目を下に2〜3分焼く。 フライパンにサラダ油を入れ、火をつけたらすぐ鶏もも肉を皮目からフライパンに置き、中火で皮目にきつね色の焼き色がつくまで焼きます。 だいたい2~3分です。 「油は、鶏もも肉がひたるくらい多めの量を入れます。 肉を入れる前に油を熱しすぎると肉と皮が縮んでしまうので、火を入れる前、あるいは火を入れてすぐに肉を入れましょう。 たっぷりの油で揚げるように焼くことで、クリスピーな食感に。 フライパンは大きすぎると油の量が多くなり、タレも絡めるときに煮詰まりやすいので、鶏もも肉と同じくらいの大きさのものを使うのがおすすめ」 4)鶏もも肉を裏返して1〜2分焼き、余分な油をふきとる。 中火できつね色の焼き色がつくまで焼きます。 1~2分程度です。 余分な油はペーパータオルでふきとります。 「焼き色がついたら、油をきれいに拭き取ります。 こうすることで、タレの絡みがよくなり、仕上がりが油っぽくなることも防げます」 5) 鶏もも肉の皮目を下にしてBを加え、中火で煮絡める。 鶏肉の皮目を下にして、混ぜ合わせたBを加えて、中火でタレを煮絡めていきます。 煮詰まり始めたら、肉を裏返して裏面にも絡めます。 「照りが出て、肉全体にタレがとろりと絡んだら出来上がり。 タレはフライパンに残る程度がちょうどいいです」 厚みを均等にしているので、焼き上がりまでトータル5分ほど。 あっという間でびっくりです! 焼きたてを食べると、歯ごたえのよいパリッとした皮に驚き! やわらかい肉から溢れるジューシィな肉汁が口いっぱいに広がります。 ほどよい甘辛さの味付けのタレは、片栗粉のおかげで均一に全体にとろっと絡み、ごはんがモリモリすすみます! 調理時間はトータル10分ほど。 材料に片栗粉を加えるだけでこのクオリティになるなんて、試さない手はありません!.

次の