生姜焼き タモリ。 豚のしょうが焼き

生姜焼き特集!タモリ倶楽部情報やはちみつで作るタレレシピを公開

生姜焼き タモリ

美味しい生姜焼きのアレンジで代表的なのがタマネギを加えたレシピです。 これが定番という家庭も多いのではないでしょうか。 テレビでタモリさんが紹介して話題にもなりました。 ここではタモリさんの生姜焼きアレンジレシピをご紹介します。 タマネギを加えた生姜焼きの材料• 豚肉(こま切れ・ロース)・・・ 200g• タマネギ・・・適量• 天ぷら粉(小麦粉)・・・適量• 豚肉に天ぷら粉(小麦粉)をまぶしておきます。 タマネギをお好みの厚さにカットします。 油はひきません。 タマネギは焦げる寸前くらいが美味しく仕上がります。 口の中が生姜焼きで油っぽくなったらポテトサラダをいただくとスッキリとした箸休めになります。 下の記事ではポテトサラダのリメイクをご紹介していますので余った時の参考にしてみてください。 じゃがいも・・・中2個• ハム・・・2枚• マヨネーズ・・・大さじ5• 塩・・・少々• こしょう・・・少々 ポテトサラダの作り方• じゃがいもをゆでてマッシュポテトにしておきます。 たまねぎ・にんじん・きゅうり・ハムをカットしておきます。 マヨネーズ・塩・こしょうで味を調えたら出来上がりです。 きんぴらごぼうは生姜焼きの献立の付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのおかずです。 常備菜として常に冷蔵庫にストックしているという人も多いのではないでしょうか。 ささっと作れて歯ごたえも楽しめるのでいいですね。 ごぼう・・・200g• にんじん・・・50g• 赤唐辛子・・・1本• ごま油・・・大さじ1• 白ごま・・・適量• ごぼうとにんじんを細切りにしごぼうは水につけてあくを抜きます。 水分がなくなったら盛り付けて白ごまをふったら出来上がりです。 お好みの野菜を生姜焼きを作ったあとのフライパンで炒めれば簡単で美味しい生姜焼きの味を生かした野菜炒めが出来上がります。 豚肉(もも薄切り肉・ロース肉・バラ肉のいずれか)・・・150g• 塩・・・少々• こしょう・・・少々• ピーマン・・・2個• しめじ・・・1パック• 鶏がらスープ・・・小さじ2• オイスターソース・・・大さじ1• サラダ油・・・大さじ2 野菜炒めの作り方• 豚肉3~4㎝幅にカットし塩・こしょうで下味をつける。 キャベツはひと口大・にんじんとピーマンは短冊切り・しめじは小房に分ける。 火が通ったら丸鶏がらスープとオイスターソースの順に加え炒めます。 生姜焼きがしょう油ベースの味付けなので味噌味のナス味噌炒めは口の中の気分転換になってとてもよい副菜です。 生姜焼きとはまた違うナスやピーマンの歯ごたえもまた楽しい一品です。 なす・・・3本• ピーマン・・・2個• 豚肉(豚バラ・切り落としなど)・・・150g• サラダ油・・・適量• ごま油・・・少々 なす味噌炒めの作り方• 一口大に切った豚肉・なす・ピーマンの順番で炒めます。 ごま油を回し入れてできあがりです。 さっぱりとしているので油の多い生姜焼きによく合います。 生姜焼きで口の中が油っこくなった時に酢の物を食べると口の中が落ち着いてまた生姜焼きを美味しくいただけます。 酢の物の作り方• たこ 刺身用 ・・・100g• きゅうり・・・1本• うすくちしょう油・・・小さじ1• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• 塩・・・少々 酢の物の作り方• きゅうりを小口切りにして塩をまぶししんなりしたら水気をしぼります。 たこをそぎ切りにします。 すべてを合わせて2~3分なじませたら出来上がりです。 ふわふわの卵が優しい口当たりで生姜焼きとのバランスがとてもよい汁ものです。 卵を溶いたときに片栗粉を少々加えておくとふわふわの柔らかいかきたまになりますよ。 卵・・・2個• 青ねぎ・・・適宜• だし汁・・・700ml• 塩・・・小さじ1• 片栗粉・・・小さじ2• 水・・・小さじ2 かきたま汁の作り方• 卵は溶きほぐし青ねぎは小口切りにしておきます。 だし汁を煮立て淡口しょう油と塩を加えたら水溶き片栗粉でとろみをつけます。 再び煮立ったら溶き卵を回し入れふんわりと固まりかけたら火を止めます。 器に入れてお好みで青ねぎを散らしたら出来上がりです。 焼肉屋さんなどで定番のわかめスープは生姜焼きにもよく合います。 手軽に作ることができるのでおすすめです。 わかめ 塩蔵 ・・・20g• ねぎ・・・6㎝• ごま油・・・小さじ2• しょう油・・・小さじ1• こしょう・・・少々• いりごま 白 ・・・適量 わかめスープの作り方• わかめは塩抜きをしてざく切りにねぎは細切りにします。 鍋にごま油を熱したらわかめとねぎを軽く炒めて鶏ガラスープを注ぎます。 ひと煮立ちしたらしょう油を加えこしょうで味を調えます。 器によそったらごまをふって出来上がりです。 千切りにした大根にドレッシングを合わせればあっという間に出来上がるのでおすすめです。 ニンジンなど他の野菜をミックスするのもいいですね。 大根にはダイエット効果もあるので下の記事を参考にして日頃から摂るようにするといいですね。 大根・・・400g• かいわれ菜・・・1パック• 油あげ・・・1枚• かつお削り節・・・2パック• 醤油・・・大さじ2. 酢・・・大さじ2• みりん・・・大さじ1• 砂糖・・・小さじ1• サラダ油・・・大さじ1• 塩・・・ひとつまみ• だし汁・・・大さじ2(あればでOK) 大根サラダの作り方• 野菜を下準備します。 大根は千切り・かいわれ菜は4~5㎝の長さ・油揚げはカリッと焼いて細めの短冊切りにします。 醤油・酢・みりん・砂糖・サラダ油・ごま油・塩・だし汁を合わせてドレッシングを作ります。 チョレギサラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 レタスなどの野菜を食べやすいようにカットしたらごま油や醤油・酢などで味付けをします。 鶏がらスープを味付けに加えるとワンランクアップのおいしさになります。 鶏がらスープがないという時は下の記事を参考にしてみて下さい。 ごま油・・・大さじ1• 醤油・・・小さじ2• 酢・・・小さじ2• 砂糖・・・小さじ1• 白炒りごま・・・大さじ1• お好みの野菜・・・適量 チョレギサラダの作り方• ボールに野菜以外の材料をすべて入れて混ぜておきます。 中華サラダは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめのサラダです。 さっとゆでたもやしや千切りにしたハム・きゅうりを中華ドレッシングで合わせれば簡単で美味しい中華サラダの出来上がりです。 もやしは足がはやいので下の記事を参考に正しく保存しましょう。 もやし・・・1袋• きゅうり・・・1本• ハム・・・4枚• もやしをさっとゆでて水で洗い流し冷まします。 きゅうりとハムを千切りにします。 アサリの酒蒸しは生姜焼きの付け合わせや副菜として簡単に作れるおすすめの魚介メニューです。 アサリの砂抜きに多少時間がかかるので前もって下準備の時間を取る必要がありますが砂抜きがすでに済んでいるアサリを使えばその手間が省けます。 あさり(殻つき)・・・600g• 赤唐辛子・・・1本• 酒・・・大さじ2• 塩・・・少々• 小ねぎ(小口切り)・・・少々 アサリの酒蒸しの作り方• アサリの砂出しをします。 海水程度塩水にアサリを入れて冷暗所でしばらく置いておきます。 さっぱりとしているので箸休め代わりに付け合わせておくといいですね。 ホタテをマリネ液につけておくだけでできるので簡単にできますよ。 ホタテ 貝柱 ・・・5~6個• トマト・・・1個• 砂糖・・・小さじ1• サヤインゲン・・・2~4本• 塩・・・適量• ホタテを厚み2~3等分に削ぎ切りにして塩水で洗い水気をきります。 トマトを粗いみじん切りにしたら塩少々を振って5~6分置きさらに砂糖も加えて置いておきます。 茹でたサヤインゲンを縦半分にカットします。 メインの生姜焼きがお肉なので付け合わせはベーコンなど生姜焼きを邪魔しないものがいいですね。 生姜焼きを作ったフライパンで作ると旨味を吸収してより美味しくなりますよ。 ほうれん草・・・1束• ベーコン…1枚• バター・・・小さじ1• 塩・胡椒・・・適量• しょう油・・・ひとまわし ほうれん草とベーコンのソテーの作り方• ほうれん草とベーコンを食べやすい大きさにカットします。 熱したフライパンにバターを溶かしほうれん草の茎の部分を炒めます。 塩・胡椒・しょう油で味を調えたら出来上がりです。 ほうれん草とベーコンのソテーよりもガッツリとお肉を使っているので付け合わせというよりも生姜焼きとダブルでメインメニューにしてもいいですね。 オイスターソースがない時には下の記事を参考にして下さい。 ピーマン・・・6個• 合いびき肉・・・300g• 小麦粉・・・大さじ1• 塩・胡椒・・・各少々• みじん切りにして500wで3分加熱したタマネギとパン粉・卵・牛乳を混ぜておきます。 半分にカットし種を取り除いたピーマンに小麦粉をまぶしておきます。 肉の面を下にして焼き目を付けます。

次の

生姜焼きに合うおかずの献立26選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も!

生姜焼き タモリ

タモリ倶楽部で紹介された生姜焼きレシピを解説 様々なテレビ番組で料理の腕前を披露しているタモリさん。 その中でも タモリさん直伝「生姜焼き」の美味しさは絶品で、そのレシピを参考に作った人の多くが「美味しい、我が家の味に決定!」とするほど。 タモリさんがMCを務める「タモリ倶楽部」や「笑っていいとも!」、他のバラエティー番組でもタモリさん自身が作り、ふるまったその生姜焼きは他の出演者たちも唸るほどの美味しさなんだとか。 ではどのような作り方なのか再現した動画を観ていきましょう。 タモリさん直伝のレシピはこちらになります。 豚バラスライス肉 200g• 小麦粉 大さじ1~2杯• 添え物のキャベツ(千切りにしておく) 調味料• おろし生姜 大さじ1(チューブも大さじ1)• 酒 大さじ2• しょうゆ 大さじ2• みりん 大さじ2 では、続いて作り方手順を見ていきましょう。 豚肉(大きい場合は食べやすい大きさに切る)に小麦粉をまぶす(軽く振る程度)• 玉ねぎは薄切りにしておく• 器に調味料を全て合わせておく• フライパンをほどよく熱しておきます、煙が出るほど熱くしなくても大丈夫です(低温から焼き始めることで肉がジューシーになる)• 油を引かず、フライパンに豚肉をそのまま入れます(豚肉から油が出てきます)• 中火で肉が白っぽくなるくらいまで炒める(肉はあまりいじらないのがコツ)• 玉ねぎを入れて炒めます(ざっくり混ぜる程度)• 玉ねぎがしんなりしてきたら3で合わせておいた調味料を鍋肌から入れます• 鍋肌から入れることで焼けて香ばしくなります• フライパンをゆすりながらタレを回し絡め、トロみがついてきたら完成!です ジューシー&ふっくらと焼き上がった豚肉に、ほどよいコクのタレがからまっているので、ご飯が止まらない美味しさです。 美味しく作るコツは肉をタレに漬け込まないこと、小麦粉をさっと振りかけること、焼くときにあまりいじらないことです。 肉をタレに漬け込むと調味料の塩分で肉から水分が抜けてしまい、焼くことで更に肉の繊維を固くしてしまうのです。 小麦粉もからげ粉のようにベタベタ塗りつけるのではなく、小麦粉振るいグッズや茶こしなどでさっとかける程度にしましょう。 フライパンへ入れる際も熱々に熱するのではなく、ぬるい程度で入れる 低温から焼き始め、中火で火を通していくことで豚肉が固くならずしっとりジューシーに焼き上がります。 栄養士でありママでもあるブログそっち~さんが公開しているレシピは勉強になることばかりなんです。 厚切りの豚肉を舞茸に一晩漬けておき、舞茸の酵素が肉を柔らかくしてくれる作用を活かしたレシピとなってます。 漬け込みに使った舞茸もしっかり生姜焼きに入ってます。 この方法は牛肉にも使えるので、舞茸を刻んだものと一緒にビニール袋などに入れて漬けておくと安い牛肉も柔らかくなるのでおすすめです。 豚背ロース生姜焼き用と 長ネギを使ったお弁当用の生姜焼きレシピです。 長ネギならすぐに火が通るので時短にもなるのでおすすめです。 もちろん玉ねぎを使っても美味しく作れます。 豚肉に塩コショウしたあとに小麦粉を振り余分な粉を落とします。 熱したフライパンにごま油を引き豚肉だけを炒めて一旦取り出し、同じフライパンで玉ねぎを焼き炒めしんなりしたら豚肉を戻し入れるという丁寧な作り方です。 はちみつを使うと単純に甘くなるだけでなく、 はちみつに含まれているプロテアーゼというタンパク質分解酵素が、熱によって肉が縮むのを守ってくれる作用があります。 肉を焼く前に表面にスプーンなどでサッとはちみつを塗り、10分ほど置いてから小麦粉を振り、あとはタモリさんおすすめの生姜焼きの工程で作るだけです。 はちみつが無い場合はメイプルシロップやみりん、ジャムなどもおすすめ、意外なも甘味がコクと照りを出すのに活躍してくれます。 参考サイト:.

次の

簡単美味しいタモリ流料理レシピ「豚の生姜焼き」

生姜焼き タモリ

今回挑戦したタモリレシピは「豚のしょうが焼き(生姜焼き)」。 今までの常識を覆すしょうが焼きです。 本当にとても美味しい。 タモリレシピの中では と並び有名なものだと思います。 こちら、既に様々なところで紹介されているため、原典を探すのに苦労しました。 恐らく2002年のラジオ「 タモリの週刊ダイナマイク」が最初だと思われますが、もしさらに古い情報をお持ちの方がいらっしゃったらご連絡お待ちしております。 <2020年1月21日更新> youtubeの動画も作りました! ビール飲みながら作り方をのんびり解説しておりますので、よろしければどうぞ。 そんな時は「 」を試してみてはいかがでしょうか。 冷凍された状態で届くので、レンチンするだけで主菜・副菜そろったおかずの出来上がりです。 平日なら朝5時までに注文すると当日に配送してくれるため、我が家では残業がありそうな時や夫婦揃って疲れている時に重宝しています。 3個セットで注文できますが、初回だと半額なので、お弁当1個あたり 170円です。 ご注文は からどうぞ。 おすすめですよ。 クリックできるもくじ:• ついに台所で飲む!! 6年間の間にレシピが微妙に変わっていますが、今回私は砂糖を少し使っています。 その方がコクが出て美味しそうだったので。 しょうが焼きの他にも様々な料理が紹介されていました。 豚ロースに小麦粉をまぶす しょうが焼きと言うと豚肉をたれに漬け込むイメージがありますが、タモリさん曰く「漬け込むと肉が固くなるので絶対にやっちゃダメ」とのことです。 その代わりに、豚肉に小麦粉をまぶしておきます。 豚肉の旨味を閉じ込める効果があり、またタレが肉にまとわりついて味がしっかり付きます。 タレを作る タレの材料を全て混ぜます。 醤油・みりん・酒は全て同じ量なので、肉が増えたら材料もその分等倍しましょう。 今回私は肉300gで作っているので、全て1. 5倍の量で作りました。 しょうがはすりおろし。 私はしょうが好きなのでたくさん入れました。 もちろんチューブでも良いです。 玉ねぎを切る こちらについては特に論点はありません。 お好きな形に。 私はいつもくし切りです。 豚ロースを焼く 焼く時のポイントは下記2点です。 今まで私は肉をガチャガチャ混ぜていたのですが、混ぜずにじっくり焼き目を付ける感じで。 玉ねぎ・タレを投入 肉の両面に焼き目が付いたら玉ねぎを投入し、玉ねぎに少し火が通って透き通ってきたかなというくらいでタレも投入します。 小麦粉とタレが相まってとろみが出てきたら完成。 火が通り過ぎると肉が固くなるので、あまり炒め過ぎない方が良いです。 玉ねぎのシャキシャキ感も少し残っていた方が良いですね。 盛り付け キャベツの千切りを添えて。 キャベツは切るだけでも勿論美味しいのですが、今回はレモンを絞ってサラダっぽくしてみました。 千切りしたキャベツに塩・ごま油・黒こしょう少々を振ってレモン半個を絞って混ぜるだけ。 (これはタモリさんのメニュー外です) これをしょうが焼きと合わせて食べるととても美味しいんです。 一口食べた瞬間に感じるのは、 「肉が柔らかい!」 でした。 今までのしょうが焼きは肉が固く感じることが多く、しょうが焼きはそういうものだという先入観があったのですが、それを打ち消すほど美味しかったです。 ちなみに今日のお供はギネスビール。 肉料理にはスタウト系のビールがピッタリ合うと思っています。 タモリさんは料理を作りながらビールを飲むのが旨いとしきりに仰っているので、私も習っていつもビール片手に調理しています。 今回のしょうが焼きですが、正直、今までどこの定食屋さんで食べたものよりも美味しくできました。 ぜひ皆さんにも作って欲しいと思います。 tamosan-recipe.

次の