マグロ ダイエット。 「やっぱりマグロが好き」糖質制限ダイエット最強食材

鮪/マグロと栄養価・効果効能

マグロ ダイエット

マグロには身体にいい栄養素がたくさん入っているのです。 もちろんダイエットに向いていますし、女性の方は積極的に摂り入れたい栄養素も入っています! タンパク質 マグロには良質なタンパク質が豊富に入っています。 余分な塩分を流してくれるので、 むくみ解消に効果がありますよ! ビタミン類 マグロに含まれるビタミンは 疲労回復や血液促進、代謝を助ける効果があります。 また老化の防止も期待できるので、マグロを食べていたら若いままいられるかも 笑 セレン マグロの赤身に含まれているセレンには強力な抗酸化作用があり、 アンチエイジング効果や、 ガンの発生や転移を抑えられると言われています。 マグロって栄養価の高い食材だったのです! 他にも魚でしか摂れない栄養成分のEPAやDHAも多少ですが含まれています。 どちらも健康には必要不可欠な栄養成分になります。 逆に油を使って調理するとEPAやDHAが油に流れてしまうのです。 マグロには食べ合わせで効率よく栄養が摂れる方法があるのです! アボカドと一緒に食べる マグロはアボカドと組み合わせると効果的で、 マグロに不足しがちな栄養をアボカドが補ってくれるのです! 山芋と一緒に食べる マグロの山かけなどはよくあるメニューですよね。 山芋に含まれる栄養がマグロの タンパク質の吸収を助けてくれます。 ガリも一緒に食べる お寿司についてくるガリは殺菌や解毒作用があると言われて食べる人も多いでしょう。 マグロを焼くときに柔らかく焼ける方法はあるのでしょうか? そこで今回マグロの焼き料理について美味しい焼き方やステーキ、漬け焼きのレシピを紹介します。 魚は、離乳食の時期や幼児食でも時期によっては、食べ方によっては注意が必要だったりします! お寿司に、ステーキに竜田揚げなど、大人には食べやすいマグロですが、幼児には食べさせても平気なのでしょうか? 私の経験談も交えて、ご紹介したいと思います。 まぐろのはらみですが、実際どこの部位を指すか知っていますか? 実際にどの部位といわれると、詳しく説明できないですし、脂ものっているならトロに近い箇所なのでしょうか。 まぐろのはらみはどこの部位にあたるのか、それはトロのことを指すのか、味に関してはどうなのか紹介します。

次の

「やっぱりマグロが好き」糖質制限ダイエット最強食材

マグロ ダイエット

食事 【筋トレ後にはマグロ丼がおすすめ】バルクアップ・ダイエット別のレシピ例 筋トレ後に最適な食事メニューの一つとして「マグロ丼」がありますが、その理由と具体的なレシピ例をご紹介します。 そのまま刺身で食べるとダイエット筋トレに最適ですし、クセのない風味から様々な料理方法があり、マグロカツなどカロリーを追加するとバルクアップ筋トレにも非常に有効です。 また、解凍ものの場合は、30分ほど醤油漬けにすることでとろみが出て、生マグロと変わらないくらい美味しくいただけます。 価格的に筋トレ用としてたくさん食べるのは現実的ではありません。 なお、やや脂質が多めの栄養バランスをしています。 4g 105. 6kcal 脂質:0. 4g 12. 6kcal 炭水化物 0. 1g 0. 栄養バランスとしては、非常に低脂肪なことが特徴です。 6g 86. 4kcal 脂質:0. 1g 0. 9kcal 炭水化物:0. 1g 0. やや脂質が多めなのが特徴ですが、筋肥大筋トレには筋肉合成カロリーもかなり必要なので、本種はバルクアップに最適なマグロと言えるでしょう。 8g 91. 2kcal 脂質:1. 2g 10. 8kcal 炭水化物 0. 2g 0. ツナ缶の主な材料となり、マグロ類のなかでもっとも低脂肪なため、ダイエット筋トレの食材として最適です。 3g 97. 2kcal 脂質:0. 4g 3. 味も淡白で、野菜サラダと相性もよいことから、ダイエットのマグロサラダにもよく用いられます。 7g 6. 3kcal 炭水化物:0. 2g 0. 8kcal それでは、次の項目では具体的なバルクアップ向けマグロ丼とダイエット向けマグロ丼のバリエーションをご紹介します。 いずれも筆者が実際に作って、普段から食べているものです。 食感を楽しむためにオクラも追加しました。 筋肉合成カロリーとしてアボガドも追加しました。 下記の記事では、三大栄養素に関する基礎知識から、筋トレ目的別の食事メニューの基本理論、具体的な食品食材、実際の筋肥大期と減量期の食事レシピを解説・ご紹介しています。 それは主に「身体活動・運動」 レジスタンストレーニング・ウォーキング・筋繊維・超回復・エネルギー代謝 および「栄養・食生活」 三大栄養素・水分摂取 の項目です。

次の

【筋トレ後にはマグロ丼がおすすめ】バルクアップ・ダイエット別のレシピ例

マグロ ダイエット

世代を問わず多くの日本人に愛されているのマグロ。 日本は世界中で最もマグロを食べている国です。 寿司や刺身はもちろん、焼く・煮る・揚げるなどさまざまな調理法で食されています。 そんなマグロは、 サバ科マグロ属に分類される回遊性肉食魚の総称です。 マグロは1種類だと思っている人もいるかもしれませんが、実はいくつもの種類があります。 このうち5種類(クロマグロ・ミナミマグロ・メバチマグロ・キハダマグロ・ビンチョウマグロ)が重要種となります。 マグロは小さいものでは60cm程度、大きなものでは4m以上もあります。 高速で泳ぐことができるのも大きな特徴です。 マグロの種類別の特徴 一言にマグロといっても、さまざまな種類があることが分かりました。 続いては、流通しているマグロ7種類の特徴をまとめていきます。 クロマグロ(本マグロ) 「マグロの王様」とも呼ばれるクロマグロ。 マグロの中では最も価格が高く、クロマグロの寿司や海鮮丼に憧れている人も多いのではないでしょうか。 太平洋の熱帯・温帯海域に広く分布しており、全長は3m、体重は400kgを超えることがあります。 クロマグロという名前の通り、魚体が黒色をしているのが大きな特徴で「 黒いダイヤ」と呼ばれることも。 タイセイヨウマグロ(ニシクロマグロ) マグロの中で最も大きいタイセイヨウマグロ。 全長458cm、体重680kgという記録がある巨大マグロです! 大西洋の熱帯・温帯海域に広く分布しています。 かってはクロマグロと同種と考えられていましたが、近年は太平洋産はクロマグロ、大西洋産はタイセイヨウクロマグロを分類するのが一般的です。 ミナミマグロ(インドマグロ) ミナミマグロも日本人にとって食べる機会が多い種類です。 南半球の海域に分布しており、インド洋でよく捕れることから別名「インドマグロ」ともいいます。 ミナミマグロは全長2m、体重250kgの中型種です。 身が締まっていて味も美味しいことから、寿司や刺身に使用されることが多くなっています。 日本人に人気の種類ですが、マグロの中でも特に 絶滅が危惧されています。 メバチマグロ メバチマグロは日本国内で最も流通量が多い種類です。 全長2mほどの中型種で、名前の由来になるほど大きな目をしています。 赤道から南北の緯度35度の範囲に多く分布しています。 身が柔らかく、比較的さっぱりとした味わいとなっています。 スーパーなどの店頭に並ぶことが多く、クロマグロやミナミマグロと比較すると リーズナブルです。 普段、私たちが一番よく食しているマグロかもしれませんね! キハダマグロ あっさりとした味わいが特徴のキハダマグロ。 身にトロに当たる部位がなく、全体の脂肪も少なめとなっています。 肌が黄色いことからキハダ(黄肌)マグロと呼ばれています。 マグロにはさまざまな効果・効能があります。 今回はその中から特に気になるものをピックアップしていきます。 貧血予防 貧血とは、血液中のヘモグロビンの量が貧血した状態のこと。 貧血予防に効果的なのはヘモグロビンの材料となる鉄分です。 実は、 マグロには鉄分が多く含まれています。 気になる含有量は赤身100gあたり1. 1mg、脂身100gあたり1. 6mg。 マグロに含まれる鉄分は、 体に吸収されやすいヘム鉄なので貧血予防に効果的です。 食品に含まれる鉄には、肉や魚などの動物性食品に多く含まれるヘム鉄と野菜や穀類などに含まれる非ヘム鉄があります。 ヘム鉄の方が非へム鉄より鉄としての吸収率が高いことが知られています。 引用: マグロには、赤血球中のヘモグロビンの生成を助ける ビタミンB12も豊富に含まれています。 血液サラサラ効果 マグロの脂身(トロ)は高カロリーで脂っこいイメージが強いのではないでしょうか。 実際にも高カロリー・高脂質なのですが、マグロの脂身に含まれているのは 不飽和脂肪酸という良質の脂です! 不飽和脂肪酸は常温では液体で、植物油を構成する脂肪酸の大半はこちらに含まれます。 動物性でも、青魚に多く含まれるEPA エイコサペンタエン酸 やDHA ドコサヘキサエン酸 は常温で液体であり、不飽和脂肪酸です。 引用: マグロの脂身には、不飽和脂肪酸のEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサへキサエン酸)が豊富に含まれています。 これらの脂肪酸には血液サラサラ効果が期待できます。 特にEPAは、血管を健康に保ち、血栓をできにくくする作用があります。 動脈硬化や心筋梗塞の予防に効果が期待できますよ! 記憶力アップ・認知症予防 マグロの脂身に多く含まれる DHAには脳を活性化する作用があります。 このことから、記憶力や学習能力アップに効果が期待できます。 マグロは受験生や資格取得を目指している人におすすめの食品です。 また、 DHAには神経細胞の働きをサポートする作用があり、認知症予防に効果が期待できます。 ダイエット効果 マグロの赤身100gのカロリーは125kcalです。 さらに脂質は1. 4g、炭水化物は0. 1gしかありません。 低カロリー・低脂質・低糖質・良質なたんぱく質とまさにダイエット向きの食品なのです! マグロの赤身を上手に活用することで減量に成功する可能性は十分にあります。 実は、マグロの脂身にもダイエット効果があります。 DHAやEPAには血液をサラサラにする作用があるため、 代謝が上がって痩せやすい体に近づくことができます。 さらに、EPAには「 痩せるホルモン」と呼ばれるGLP-1の分泌を促す作用があります。 GLP-1は、もともと体内にある食欲を抑えるホルモンで、食べる量をコントロールしています。 引用: EPAには脂肪燃焼を助ける作用もあります! ただし、マグロの脂身は高カロリーなので食べすぎはNGです。 アンチエイジング効果 マグロの赤身に含まれる セレンは強い抗酸化作用を持っています。 セレンは、強い抗酸化作用を持つグルタチオンペルオキシダーゼという酵素の構成成分になります。 引用: 抗酸化作用とは、体の酸化(サビ)を防止する作用のこと。 マグロの赤身を意識的に食べることで、 老化予防やがん予防に効果が期待できます。 ダイエット中にマグロを食べるおすすめの方法 ダイエット中だけどマグロを食べたい、できる限り太りたくない…。 そんな人におすすめなのはやはり 赤身! マグロの赤身は100gでたったの125kcalしかなく、低カロリー・高たんぱくな食材の代表格です。 では、なぜ脂身はNGなのでしょうか? 脂身には良質な脂肪が含まれており、適量であればダイエットに良い効果が出る可能性もあります。 ただ、高カロリー・高脂質なのでダイエット目的の場合はやはり赤身のほうがおすすめです! 調理法は 「生」が最適です。 焼いたり揚げてしまうと、ダイエットに良い栄養素が流れ出てしまう可能性があります。 調理法によってはカロリーが大幅に上がるため、できる限り 刺身などシンプルな調理法で食べたほうが安心ですよ。 ダイエット中におすすめのマグロレシピ2選.

次の