スペイン 風邪 収束 期間。 100年前のスペインかぜに学ぶ、収束までの期間と株価の動き

パンデミックの歴史、スペイン風邪の猛威とインフルエンザの起源

スペイン 風邪 収束 期間

当初は、世界平均ではの 0. フェーズ4移行に伴って、第6条第7項 で「新型インフルエンザ等感染症」の一つとして規定する「新型インフルエンザ」に該当。 ただ、地方のや新聞社のウェブサイト()では、「豚インフルエンザから変異した新型インフルエンザ」や、「新型の豚インフルエンザ」「新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)」のように、依然として「豚」の文字が使われている。 豚を飼育している施設の少ない東京や大阪などの大都市では、このような現象は見られない [ ]。 2009年5月下旬の時点で、たとえば英国 や米国CNN 、オーストラリアのABC のニュース・サイトには"Swine" インフルエンザの特集があり、また、「WHOの発表を出典としていても"swine"を使用、亜型名は無し」という記事 も見られる。 2009年5月現在、ウイルスの呼称表記は一様ではなく、WHOのようにA のあとでH1N1を に入れる以外にも、たとえば型名A を書かず亜型名H1N1を 無しで表記している記事 も見受けられる• 厚生労働省• 厚生労働省 2009年5月22日• - 国立感染症研究所・感染症情報センター 2009年6月1日• 厚生労働省 2009年9月25日• 毎日jp 毎日新聞. 2009年10月27日. の2009年10月28日時点におけるアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 : 国立感染症研究所感染症情報センター、大阪府 2009-05-21現在• 新型インフルエンザ対策推進本部事務局、国立感染症研究所感染症情報センター、大阪府、神戸市保健所 2009-06-10現在 など• 永井英明 2006年11月13日. きょうの健康. NHK. 2007年1月14日時点のよりアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 [ リンク切れ] - 時事通信 2009年7月13日• 日本感染症学会 2009年5月. 2009年5月31日時点のよりアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 [ リンク切れ] - 時事通信 2009年12月11日• YOMIURI ONLINE 読売新聞. 2009年11月25日. の2009年11月28日時点におけるアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 通院するか否かのメドは、平均37. 8度が基準となるが、発症の目安としては、単に発熱があればよい。 つまり、37. 7度以下ならば新型インフルエンザではない、ということではない• 2009年6月1日. 2009年6月11日時点のよりアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 2017年6月1日閲覧。 [ リンク切れ]2010年1月6日 医療介護CBニュース• 毎日jp 毎日新聞社. 2010年2月9日. の2010年2月12日時点におけるアーカイブ。 2020年2月15日閲覧。 CDC 5月6日• WHO 2009年10月16日• 2017年6月1日閲覧。 2017年6月1日閲覧。 2017年6月1日閲覧。 厚生労働省新型インフルエンザ対策推進本部 2009年11月30日• 読売新聞 2009年8月22日• 2009年10月2日閲覧。 厚生労働省 2009年5月23日• 日本産科婦人科学会 2009年11月9日• 河岡教授 東京大医科学研究所 2009年7月13日• :時事通信 2009年5月22日• 2010年1月8日 毎日新聞• 2010年1月4日 時事通信 [ リンク切れ]• 読売新聞 2009年8月22日• 読売新聞 2009年11月28日• CBニュース 2010年2月15日• h1n1. nejm. org. 2017年6月1日閲覧。 CNN 2009年8月7日• El Argentino 2009年8月5日• 2010年1月10日 時事通信 [ リンク切れ]• 毎日新聞 2009年11月13日• CNN 2010年1月17日• CDC 2010年2月12日• ロイター 2010年2月25日• ECDC 2009年11月6日• 時事通信 2009年11月27日 [ リンク切れ]• 厚生労働省 2009年12月25日• 2010年2月5日 読売新聞• 長崎県県南保健所 2009年8月9日• 12 1 , 2009-05-23Z閲覧。 AFP 2009年5月7日• The Journal of Infectious Diseases 2008年1月15日• The Journal of Infectious Diseases 2008年11月15日• 朝日新聞 2009年10月30日• 2017年6月1日閲覧。 2017年6月1日閲覧。 読売新聞 2009年11月8日• 2009年12月9日 医療介護CBニュース• 2010年1月31日 読売新聞• 医療介護CBニュース 2009年11月25日• 2010年1月7日 琉球新報• 2010年1月6日 時事通信 [ リンク切れ]• 2017年6月1日閲覧。 毎日新聞 2009年11月19日• 日本感染症学会 2009年9月14日• 厚生労働省• 日経メディカル 2009年6月22日• www. mhlw. 2017年6月1日閲覧。 時事通信 2009年10月30日 [ リンク切れ]• WHO 2009年10月30日• 読売新聞 2009年11月14日• Eurosurveillance 2009年11月12日• 新型インフルエンザ・パンデミック対策情報サイト 2009年11月20日• 朝日新聞 2009年9月25日• 朝日新聞 2009年9月18日• 朝日新聞 2009年11月13日• 毎日新聞 2010年2月19日• CNN 2009年11月19日• [ リンク切れ]• CNN 2010年2月8日• 朝日新聞 2009年12月20日• 2009年11月18日ロイター• 時事通信 2009年10月30日 [ リンク切れ]• CB 2010年2月12日• 厚生労働省 2009年12月14日• 毎日新聞 2009年12月26日• 読売新聞 2009年12月28日• 読売新聞 2009年7月16日• 読売新聞 2009年8月12日• 2010年1月19日 読売新聞• 県西部浜松医療センター・矢野邦夫副院長 中日新聞 2009年8月20日• International Committee on Taxonomy of Viruses. 2010年1月14日閲覧。 2010年1月18日閲覧。 「」『日経メディカル』2017年6月1日。 Pellerin, Cheryl 2007年2月12日. USINFO. Fox, Maggie 2009年9月16日. Reuters. (CDC)• 国立感染症研究所の表記• 2009年7月6日閲覧。 CIDRAP 2012年6月27日. 2020年4月27日閲覧。 cdc. gov 2012年6月25日. 2020年1月31日閲覧。 WebMD. 2020年3月13日閲覧。 「」 2009年4月27日閲覧• 「」時事通信 2009年4月27日配信(2009年4月27日閲覧) [ リンク切れ]• 日経メディカル オンライン 株式会社日経BP. 2009年4月25日. 2009年5月8日閲覧。 WHO• 東京新聞 中日新聞社. 2009年4月26日. 2009年5月8日閲覧。 世界保健機関 WHO. 厚生労働省. 2009年4月26日. 2009年5月8日閲覧。 2009-05-09閲覧. 読売新聞 2009年12月7日• 慈恵医大 浦島准教授• 2010年2月19日 時事通信 [ リンク切れ]• 2010年3月18日 医療介護CBニュース• 田中繁宏「」『武庫川女子大学紀要. 自然科学編』第57巻、2010年3月31日、 1-8頁、 :、。 Report. 日本感染症学会. 2012. Kmietowicz, Z. 2012. BMJ 345 nov26 2 : e8072—e8072. Jefferson, Tom; Jones, Mark A; Doshi, Peter; Del Mar, Chris B; Heneghan, Carl J; Hama, Rokuro; Thompson, Matthew J; Jefferson, Tom 2012. The Cochrane Database of Systematic Reviews: CD008965. Jefferson, Tom; Jones, Mark A; Doshi, Peter; Del Mar, Chris B; Hama, Rokuro; Thompson, Matthew J; Spencer, Elizabeth A; Onakpoya, Igho et al. 2014. The Cochrane Database of Systematic Reviews: CD008965. 、邦訳:• Hawkes, Nigel 2015. BMJ: h5390. 14 Dec 2012 pdf. Report. Nordic Cochrane Centre. 2014年6月4日閲覧。. , これの短縮版は以下である: Gotzsche, P. 2012. BMJ 345 dec14 3 : e8462—e8462. Alex Newman 2010年1月5日. The New American. 2014年6月25日閲覧。 時事通信. 2009年4月27日. [ リンク切れ]• 、厚生労働省は28日から29日午前にかけて成田、羽田、中部国際、関西国際から空路入国した約1万800人に対する新型インフルエンザの検疫実施時に健康状態質問票を配布しなかったことを明らかにした。 検疫官や職員が不足したため質問票を準備できなかったが、29日午後からは全入国者に配布し回収しているとされた。 日経メディカルオンライン 記事:2013年2月15日 閲覧:2013年2月25日• www. nikkei. 2017年6月1日閲覧。 『毎日新聞』(東京朝刊) 毎日新聞社. 2009年4月30日. 2009年4月30日閲覧。 YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 2009年4月30日. 2009年4月30日閲覧。 世界保健機関 WHO. 2009年6月7日閲覧。 世界保健機関 WHO. 2009年11月28日閲覧。 世界保健機関 WHO. 2009年12月20日閲覧。 ラグロリア村には、アメリカ資本の大規模な養豚場がある。 Yomiuri Online・2009年4月29日• jp 2009年4月26日• アサヒ・コム. 朝日新聞社 2009年4月25日. 2009年5月8日閲覧。 アサヒ・コム. 朝日新聞社 2009年4月27日. 2009年4月27日閲覧。 2009年5月8日閲覧。 「」毎日jp 2009年4月28日• , YOMIURI ONLINE, 読売新聞社 2009-04-28. 2009-05-09閲覧. 「」毎日jp 2009年4月29日• , 毎日jp, 毎日新聞社 2009-04-29. 2009-05-09閲覧. 時事ドットコム. 時事通信社 2009年4月29日. 2009年4月29日閲覧。 47NEWS. 全国新聞ネット 2009年4月29日. 2009年4月29日閲覧。 Reuters. com. Thomson Reuters Corporate 2009年4月29日. 2009年5月2日閲覧。 YOMIURI ONLINE(読売新聞社) 2009年5月1日. 2009年5月1日閲覧。 日経メディカル オンライン 日経BP社. 2009年5月2日• APFBB News. AFP. 2009年5月2日. 2009年5月18日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2009年5月2日. 2009年5月7日閲覧。 アサヒ・コム 朝日新聞社. 2009年5月2日. 2009年5月7日閲覧。 jp・2009年5月3日• , YOMIURI ONLINE, 読売新聞社 2009-05-06. 2009-05-18閲覧。 Washington Post , May 5 2009; 16:35 PDT• YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2009年5月8日. 2009年5月9日閲覧。 産経新聞. 2009年5月8日. 2009年5月9日閲覧。 , 毎日. jp, 毎日新聞社 2009-05-08. 2009-05-09閲覧. 47NEWS. 共同通信社 全国新聞ネット. 2009年5月8日. 2009年5月18日閲覧。 アサヒ・コム. 朝日新聞社 2009年5月8日. 2009年5月18日閲覧。 APFBB News 2009年5月9日. 2009年5月18日閲覧。 朝日新聞 2009年5月9日12時11分. 2009年5月15日時点の [ リンク切れ]よりアーカイブ。 2009年5月9日閲覧。 読売新聞 2009年5月9日. 2009年5月9日閲覧。 毎日新聞 2009年5月9日 10時44分. 2009年5月10日閲覧。 読売新聞 2009年5月10日. 2009年5月10日閲覧。 アサヒ・コム 朝日新聞社. 2009年5月12日. 2009年5月14日閲覧。 アサヒ・コム. Thomson Reuters Corporate ロイター 朝日新聞社. 2009年5月12日. 2009年5月14日閲覧。 アサヒ・コム 朝日新聞社. 2009年5月13日. 2009年5月14日閲覧。 2009年5月18日. 2009年8月19日閲覧。 時事ドットコム 時事通信社. 2009年5月27日. 2009年6月2日閲覧。 [ リンク切れ]• 時事ドットコム 時事通信社. 2009年5月28日. 2009年6月2日閲覧。 [ リンク切れ]• 時事ドットコム 時事通信社. 2009年5月27日. 2009年6月2日閲覧。 [ リンク切れ]• MSN産経ニュース 産経新聞社. 2009年6月11日. の2009年6月14日時点におけるアーカイブ。 2009年6月12日閲覧。 2009年6月11日. 2009年6月12日閲覧。 Yomiuri Online 読売新聞社. 2009年6月15日. 2009年6月15日閲覧。 jp 毎日新聞社. 2009年6月21日. 2009年6月22日閲覧。 jp 毎日新聞社. 2009年6月30日. 2009年6月30日閲覧。 BBC News(英語) BBC英国国営放送. 2009年7月6日. 2009年7月6日閲覧。 jp 毎日新聞社. 2009年7月15日. 2009年7月15日閲覧。 ロイター 2009年7月19日• BBC News(英語) BBC英国国営放送. 2009年7月19日. 2009年7月19日閲覧。 ロイター 2009年7月21日• ロイター 2009年7月23日• インド新聞 2009年8月4日• 産経新聞 2009年8月3日• 産経新聞 2009年8月4日• 産経新聞 2009年8月5日• 毎日新聞 2009年8月8日• 読売新聞 2009年8月11日• ロイター 2009年8月12日• 日テレNEWS24 2009年8月16日• 読売新聞 2009年8月16日• AFP 2009年8月15日• www. yakuji. 2017年6月1日閲覧。 2017年6月1日閲覧。 www. fao. org. 2017年6月1日閲覧。 2017年6月1日閲覧。 2017年6月1日閲覧。 2010年3月31日. 2010年8月10日閲覧。 2010年6月3日. の2010年6月9日時点におけるアーカイブ。 2010年8月10日閲覧。 2010年8月10日. 2010年8月10日閲覧。 2010年8月10日. 2010年8月11日閲覧。 株式会社産経デジタル. 2009年4月29日. 2009年5月2日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2009年5月1日. OYT1T00964. htm 2009年5月2日閲覧。 NYTimes. com The New York Times Company. 2009年4月30日. 2009年5月4日閲覧。 Telegraph. uk Telegraph Media Group Limited. 2009年. 2009年5月2日閲覧。 アサヒ・コム 朝日新聞社. 2009年4月24日. 2009年5月9日閲覧。 AFPBB News 2009年4月28日. 2009年4月28日閲覧。 世界保健機関 WHO 2009年4月24日. 2009年5月12日閲覧。 世界保健機関 WHO 2009年4月26日. 2009年5月12日閲覧。 世界保健機関 WHO 2009年4月28日. 2009年5月12日閲覧。 世界保健機関 WHO 2009年4月27日. 2009年5月12日閲覧。 共同通信社、2009年5月1日• 世界保健機関 WHO. 2009年5月4日閲覧。 国立医薬品食品衛生研究所. 2009年5月12日閲覧。 e-Gov 2014年11月21日. 2019年12月28日閲覧。 カナダ公衆衛生庁. 2009年5月4日閲覧。 カナダ公衆衛生庁. 2009年5月4日閲覧。 , BBC NEWS, BBC 2009-05-26. 2009-05-27閲覧. , CNN. com, CNN 2009-05-22. 2009-05-27閲覧. , Australian Broadcasting Corporation. 2009-05-27閲覧. AP通信の配信記事の例: , Associated Press, The Washington Post Company 2009-05-27. 2009-05-27閲覧. 米国ABC の例: , ABC,INC. 2009-05-03. 2009-05-27閲覧. "new type"と"new strain": , 読売新聞社 2009-05-16. 2009-05-28閲覧. "new type": , 毎日新聞社 2009-05-08. 2009-05-28閲覧. "new strain": , 毎日新聞社 2009-05-16. 2009-05-28閲覧. "new strain": , 朝日新聞社 2009-05-19. 2009-05-28閲覧. 世界保健機関 WHO 2009年4月29日. 2009年5月4日閲覧。 世界保健機関 WHO 2009年4月30日. 2009年5月4日閲覧。 アサヒ・コム 朝日新聞社. 2009年5月2日. 2009年5月2日閲覧。 Pollard, Chris 2010年1月13日. News. com. の2010年1月14日時点におけるアーカイブ。 2010年1月13日閲覧。 Flynn, Paul 2010年3月23日. memorandum, Social, Health and Family Affairs Committee, The. 2018年4月13日閲覧。 WHO. 2011年1月30日時点のよりアーカイブ。 2011年1月30日閲覧。 Fiona Godlee 2010. 340: c2947. の21 December 2010時点におけるアーカイブ。 2010年12月21日閲覧。.

次の

「サーズ」「マーズ」「スペイン風邪」の大流行はどのようにして収束したのか?

スペイン 風邪 収束 期間

何をもって「収束」と考えるのかにもよりますが・・・ スペイン風邪自体は、今でいうA型インフルエンザの流行のことなので、別になくなったわけではありません。 ただ、基本的に一度かかった人は免疫を獲得しますし、病原菌やウイルスは爆発的に流行した場合、徐々に弱毒化することが知られています。 強毒すぎる=感染者がどんどん死んでしまうと、細菌やウイルスが増殖するために必要な人間がいなくなってしまいます。 このため、弱毒化する方向に「進化」していると言ってもよいかと思います。 なので、よほど短期間に爆発的に感染が広まり、さらにものすごい致死性があるのでもなければ、感染症は普通収束していきます。 そうでなければ、人類は「医療」を発見する前の段階で絶滅していたはずです。 スペイン風邪に関してだと、あんなに流行したのは当時戦争していたから、という事情もありますが。 人はガンガン移動しますし、「致命的な感染症が流行った」なんて情報が敵に漏れたらいけないので、情報も公開していませんでした。 国家間の連携なんてないも同然。 なので、それらの原因となった戦争が終わった、ということも影響しているかと。 スペイン風邪に限った話をすれば、1918年のものは、2年間で当時の世界人口の約四分の一が感染、多数の死者を出した上で収束しました。 まだ、ウイルスを「見る」ことすらできない時代で(これを可能にした顕微鏡が誕生したのは、この十数年後)、それまでの様々な「伝染する病気」の経験則から、非人道的な方法を含めて隔離・行動制限を実施したことで、徐々に抑えていきました。 同時に、住人が「全滅」した街や島などでは、当然ながら、それ以上の被害は出ませんでした。 現代より、そもそもの総人口が少なく、そこから多数の死者が出たので、過密状態も薄くなっていたわけです。 2009年の流行時には、もちろんワクチンが存在していたので先手を打つことができました。

次の

スペインかぜ5000万人死亡の理由

スペイン 風邪 収束 期間

米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センターが4月1日に公表した集計によると、新型コロナウイルスによる全世界の死者数は4万2000人を超え、3月31日時点での全世界の感染者数は約85万人となった。 人類と感染症との戦いは今に始まったことではない。 感染症がどのように発生し、収束したのかをまとめた。 感染症流行による人々の混乱の様相は、昔も今も大差がないようだ。 また、感染症の流行は人類の歴史を形作る上での大きな要素にもなってきた。 これまでの4つの主要な感染症流行を振り返り、今一度、現在私たちが直面している新型コロナウイルスの蔓延について考えてみたい。 天然痘は1980年にWHOが根絶宣言 天然痘の起源は現在でも研究が継続されていて定説がないのだが、米国の学術誌「カレント・バイオロジー」に発表された論文では、16世紀末から発生したウイルスなのではないかと言われている。 天然痘を引き起こす痘瘡ウイルスは高い致死率と感染性をもち、飛沫感染もさることながら接触感染の威力が凄まじい。 感染によってできる発疹が触れた衣類や寝具なども感染源となるのだ。 天然痘は、人類史上初めて根絶に成功した感染症だ。 1977年に最後の患者がソマリアで発生して以来感染は認められず、WHOは1980年に天然痘の世界根絶宣言を行っている。 近代免疫学の父とも呼ばれるエドワード・ジェンナーが1796年に種痘と呼ばれる天然痘の予防接種を考案し、その普及により徐々に収まっていった。 江戸時代の日本でも感染は甚大で、症状の治癒後も発疹の痕が残るため「痘瘡は見目(みめ)定めの病」と言われた。 発疹の痕を隠すために化粧を念入りに施す女性が多くなったという説もある。 ペスト流行の歴史の光と影 アルベール・カミュの小説「ペスト」が、ネズミが大量に死んでいる様子から始まるように、ペストは主にウイルスに感染したネズミなどげっ歯類の動物と、媒介するノミが原因となって引き起こされる感染症だ。 パンデミック(世界的大流行)となった中世のペストは、クマネズミによってもたらされたものであったという。 ある種のノミは好んでネズミなどに寄生するのだが、そのネズミがペストに感染しているとノミがペストウイルスを吸い込み、ヒトに飛び移った際にヒトへも菌が移され、感染症が引き起こされるというわけだ。 14世紀には欧州の人口の三分の一がペストにより命を落としたとも言われており、人々は病を「黒死病」と呼び恐れていた。 黒死病の蔓延は社会情勢にも多大な影響を及ぼした。 農奴解放が促進されるなど旧体制打破への一歩となった反面、ユダヤ人が宗教的陰謀のため病原菌を撒いたと噂され、各地でユダヤ人虐殺事件が起きたりもした。 感染が確認された場合、抗菌薬の投与によって治療が行われる。 1894年には北里柴三郎によりペスト菌が発見され、有効な治療法が確立されてはいる。 しかし現在でもペストに感染するリスクはあり、2017年にはマダガスカルでの感染流行が確認されている。

次の