フリート テンプレ。 フリート学園高校の投手おすすめデッキテンプレ。経験点大量獲得のコツ。アプリモ

【パワプロアプリ】強すぎなフリート高校の野手育成立ち回りを解説【初心者~中級者】

フリート テンプレ

皇龍の必殺が2回打てるので長期戦にも強い。 多段枠をアナザーゼウス、火力枠をバアル等にすれば短期決戦型にすることも可能。 火力枠を1つ多段にするのもあり 実際、ソロだとこの構成でリミットに届かないことも多い。 気になる場合は、火力枠をアラストールやアポロン等の多段枠にしてしまうのもアリだ。 左端の武器の属性に注意 左端にはメイン火力にしたい属性の武器を置くようにしよう。 メダルの属性合わせで普段から意識する必要があることだが、皇龍は先頭の武器で覚醒の効果や属性が変わるため、より一層注意しておこう。 ただ、ほとんどの武器が火力を出す上で重要なので、代用がききにくいのが難点。 アラストールをデュランダル等に変えるのは可能だが、目に見えて火力が落ちてしまう。 覇剣レムがあればさらに火力アップ コラボ限定武器だが、があればアナザーゼウスが不要になるため装備の自由度が増す。 を入れるとさらに火力をアップできるぞ。 ハデスはダイコクに変えてもOK はハデスとかなり近い性能なので、入れ替えてもほぼ問題なく機能する。 120秒後に強力なバフが来る点、最大HPダウン解除・防止がなくなっている点だけ覚えておこう。 これだけでたいていのクエストなら終わってしまうだろう。 それでも火力が足りない場合は、バアルを使って仕留めよう。 ヴァニタスやアレキサンダーでは、ブラクリ固定の役割が被ってしまい、ミドガルズの長所を活かし切ることができない。 ダメージを伸ばす為には多段化やバフが重要 ダメリミ自体は非常に高いが、問題はリミットまで届くダメージを出せるかどうかだ。 立ち回り方 イフリートの必殺スキルを使うことで、コスモに必要なEPが確保できるので、まずはイフリートから振っていく。 戦闘開始から3分経過後リロードが飛躍的に短縮される。

次の

アグニテンプレとは (アグニテンプレとは) [単語記事]

フリート テンプレ

2人とも前イベのため、不本意に安打製造機コツが被ってしまうリスクが少ない。 経験点バランスが整いやすい キャラ役割がガード2・バウンサー2・レンジャー1・スナイパー1とバランスがかなり良い。 フリート野手で共通して不足しやすい精神ptも寺道の船積みタッグで大量に稼げるため、経験点バランスが整いやすい。 超優秀単練キャラの館橋・ハクで大量経験点を稼げる 館橋・ハクは船積みボーナスの値が高くなる単練 得意練習1種 キャラであり、それぞれ練習性能もかなり高いため、船積みタッグで大量経験点を稼ぎやすい。 体力維持がしやすい 沖野・王子の2人のメンタルキャラにより、体力維持がしやすい。 沖野のメンタルタッグで黄色積荷配置箇所でも船積みタッグの可能性があるのも嬉しい。 そのため、館橋の船積みタッグは優先して踏みにいき、積荷売却時にもなるべく多く敏捷ptを稼ぎたい。 覚醒した2人は 単練・得意練習率UP・やる気効果UPなど船積みタッグで経験点を伸ばすことのできる要素を多く所持しており非常に強力。 2人とも前イベのため、不本意にアーチストコツが被ってしまうリスクが少ない。 前イベ全完走率がかなり高い フリート高校は前イベの空き数が37と少なく前イベの全完走率の低さがネックとなるが、本デッキは 前イベ数が計9回 ソニアが3回で優秀 と軽いため、前イベ全完走率がかなり高い。 真アーチ用に筋力ptを多く稼ぐ必要あり 真・アーチスト取得に大量の筋力ptを要するため、筋力ptを多く稼ぐ必要がある。 合同練習キャラとのタッグで筋力ptを多く稼げる北雪やパワ高への出航で筋力pt不足をカバーしたい。 沖野・王子冴木のメンタルタッグで体力を回復しつつ、積荷を圧縮する動きが非常に強力なため複数回訪れることができると経験点が非常に伸びやすい。 船積みタッグの発生状況によっては技術は余ることも多いため、積荷売却で技術ptが多く入ってくるような積荷の稼ぎ方は避けたい。 真アーチ用に筋力とパワヒコツを早めに確保 真・アーチスト取得に大量の経験点が必要なため、筋力ptは意識して稼ぐ。 特に沖野・ソニアイベントが早く進行した場合に備えて、アーチスト取得のための筋力ptとパワヒコツはなるべく早めに確保しよう。 パワ高のはコツイベで必ずパワヒコツをくれるため、オススメ。 2人とも前イベのため、不本意にアーチストコツが被ってしまうリスクが少ない。 真アーチ用に筋力ptを多く稼ぐ必要あり 真・アーチスト取得に大量の筋力ptを要するため、筋力ptを多く稼ぐ必要がある。 合同練習キャラとのタッグで筋力ptを多く稼げる北雪やパワ高への出航で筋力pt不足をカバーしたい。 あかつきへの出港はしにくい アレフトをデッキに編成しているため、 あかつきでの合同練習キャラが1人少なくなってしまう。 その反面レンジャーが館橋1人になってしまうため、敏捷ptは意識して稼ぐようにしたい。 瞬鋭・支良州への出港は優先度激高 デッキ編成キャラと積荷配置の相性の良い瞬鋭・支良州高校への出港優先度は非常に高い。 沖野・王子冴木のメンタルタッグで体力を回復しつつ、積荷を圧縮する動きが非常に強力なため複数回訪れることができると経験点が非常に伸びやすい。 積荷売却時は紫 敏捷 ・赤 精神 ・黄 全経験点 の積荷売却で経験点を稼げるように意識し、経験点バランスを整えたい。 真アーチ用に筋力とパワヒコツを早めに確保 真・アーチスト取得に大量の経験点が必要なため、筋力ptは意識して稼ぐ。 特に沖野・アレフトのイベントが早く進行した場合に備えて、アーチスト取得のための筋力ptとパワヒコツはなるべく早めに確保しよう。 パワ高のはコツイベで必ずパワヒコツをくれるため、オススメ。 得意練習と対応積荷 役割 デッキの特徴・ポイント 沖野を使用できなくてもPG1以上が狙える 沖野と同じ肩力上限UP持ちの走一郎と、テーブルがフリートにかなり刺さっている四条兄を入れた編成。 王子・四条兄のメンタルタッグにより体力維持しやすい 王子・四条兄の2人とメンタルタッグが可能。 タッグでの回復量も多いため、体力維持がかなりしやすい。 モテモテ取得により泡瀬評価を上げやすくなる 走一郎の全レアイベでを高確率 体感7割ぐらい? で取得可能。 モテモテ取得成功時は泡瀬評価も10上がるため、 クリスマスまでに泡瀬を彼女にしやすく、エピも満点で取りやすい。 捕手育成にも対応可能 捕手時に走一郎から超高査定金特を確定入手できるため、捕手育成時にも対応可能。 捕手以外時は走一郎の金特失敗が怖い 捕手以外時は走一郎の金特がとなるが、 不確定であり成功率も高くなく 体感6〜7割ぐらい? 、リスクが高い。 沖野がいないので対応役割が1種少ない フリート固有キャラの沖野がいないので、沖野入りデッキと比べるとデッキ全体での対応役割は1つ少なくなる。 突出して不足するわけではないが、積荷売却でなるべく多く筋力・精神ptを稼いでいきたい。 四条の評価を優先して上げる 四条は初期評価が低くタッグ発生が遅くなりやすいため、優先して評価上げをしよう。 特にコツイベ発生時は優先して踏みに行きたい。 沖野入りよりも黄色積荷高校の優先度低 得意練習がメンタルかつ対応役割が黄色になる可能性がある沖野がいない。 そのため、黄色積荷が配置されている高校への出航は沖野入り編成時よりも低め。

次の

【パワプロ】フリート高校野手で凡才SS8!使用したデッキも紹介!単練習とデッキパワーを重視しよう

フリート テンプレ

アグニを使うとアグニのあまりの雄雄しさにテンションが上昇 火属性の爆発音も相まって大胆に攻めることができる そしてアグニの納刀音は冷却音 これはアグニを使ってると冷静さも得られるということだ それゆえ他武器よりも敵の動きを見切って回避できるようになる そして敬遠されがちなマイナス会心が出たときでさえ普段と違うエフェクトに注目し画面に集中できる 集中することにより片手剣士の挙動は1,125倍鋭くなるとも言われている それゆえ瞬発力も上がる 長期戦での回避と手数のバランスを保つには集中力が不可欠 いわば集中力は持久力ともいえるな 熱く攻め、冷静に回避、土壇場の瞬発力、長丁場での持久力 アグニを使うとプレイヤースキルが自然とあがるのだ アグニテンプレとは、のである。 概要 に登場する「アグニ」をするが生まれたである。 アグはをとして作られる火である。 非常ににくいと言われるのを使うのに、である。 そして特にが一段階前の。 こちらも上位を使うのに、何故か下位で出来るに負けするというであった。 しかし、それらすべてを補ってあるのが「 見た・のかっこよさ」である。 スマートな身・溶岩を思わせるとの色合い・でに施された心憎い・と会心()の手な・そしてにも書かれた、を演出する・・・・・もはや性など飾りにも等しいと言える程魅に溢れたなのである。 この性と凄まじいまでの魅によりは強化され、そのはにまで漏れ出すのである。 アグニ:攻撃、火、会心率-• の髄(上位のとそのの剥ぎ取り限定)、 の頭殻(の剥ぎ取り限定)を使う• :攻撃、火、会心率-• こちらもの髄を使う• の玉を使う• : 攻撃、火0、会心率0• 、ウの強化前 下位で作れるがのを使う• : 攻撃、火、会心率0• の下位だけで作れる• ウ: 攻撃、火3、会心率0• の強化系 を含むがこれも下位で作れる アグニシリーズの遍歴 誕生と2系シリーズでの活躍 アグの初出は(上記のものもの)。 下位のから生し、上位の「」を経て「アグニ」が作成出来る。 をにしているやではアグニの更なる生先などが追加されているが、どれも見たや音に変更はないので、これらすべてに上記は適用される。 さすが器。 ではアグニの性も攻撃が上がったり会心が軽減されたりしており、生として 「炎アグニ」が登場している。 ではアグニなからあるは性も当時のままである。 更に凄腕 生として「爆アグニ」、「狂アグニ」が追加されこちらも攻撃、火、会心率が向上している。 ちなみに、ウにも攻撃や値が強化された「スラッシュ」があり、値が高い分火片手としてはやはりスラッシュが有利。 これでも攻撃、火値共に低い方だが初期の火片手は大体が止まりなので似たようなもので、後発の値が前後あったり攻撃が0をえていたりどころかの上のを持っていたりするらとべてもという個性がある。 ちなみに、元々の競合相手であったやウと同のもあるが、前者はそもそもになっておりは少しールより攻撃が高くもあるもののL0でも火値が下位以下のしかないのでールに軍配が上がる。 なおでは自体が流でないが、ールは火とという個性のために持たせるぐらいの用途が残っている。 この他、SP(凄腕のの一つで、既存のの色と違い)にも「SP」というアグニ(というか名前的にか)の&があるが、こちらの納音は滴が落ちるような音。 その後 なお、最近は自体がされた関係で、・・と3作品連続で登場していない。 もはやアグニのはないものと思われた…が…? ついにで、とともにアグニも々しくを飾る。 その見たのかっこよさは相変わらず…いや、のにより日のを受けてとくなど、ますます魅的になって帰ってきたのだった。 だが、その一方で性はやはり会心率は-やら、れ味がでなど残念な状態である。 値こそと実用的だが、いくらなんでもこの性では厳しい。 だが、忘れてはならないのは初登場のの頃からの上のたんこぶだったの、「ウ」である。 れ味、値、会心率、どれをとっても決して勝てなかった因縁の相手だ。 でもあちらはアグニがを付けてようやく少しだけ出てきたを、あちらは条件で保持しているという点も痛かった。 さらに攻撃面でもゴロには負けている。 だが、そんなゴロに一にして最大の一点において勝っているものがあった。 アグニの値は、それに対しゴロはたったの200。 手数重視のにとっては攻撃よりの方が重要なことは、経験者ならよく分かっていることだろう。 確かにでは負けている。 だが、に重要な要素である値でゴロをえているというのは、何事にも代えがたい利点である。 基本的にはが長いゴロの方が使いやすいが、(または)と業物を同時発動させて質硬めの相手と戦うなどの工夫をすれば、アグニに軍配が上がるというなのである。 だが、そんな重視でゴロに勝って気分のアグニに新たな刺客が現れた。 ので作れる、である。 こちらは必須とはいえ火値がアグニをもえる怒涛の0! 攻撃こそアグニやゴロよりかなり低めなものの、ながら会心10で威の低さをし、防御面においても防御が付く。 「で、でも所詮必須でしょ? 攻撃低いし」 そう、確かにがなければは大して強くはない。 だが、こちらにはもう一つ大きながあった。 それはで持ち合わせている非常に長いである。 一応を付けることでも少しだけ姿を出すが、がここまで長ければもはや余裕でを切るも取れるのだ(ちなみにこれはゴロでもできないことはない)。 一方のアグニはを付けなければしかないため、ろくに使えない。 アグニにはは必要ないが、は必須なのだ。 だから、「しないといけないからはアグニにべて使いにくい」という言い訳はできない。 よって、では火を重視するなら、汎用性や使いやすさを活かすならウと言う考え方が流となっており、残念ながらアグニを使用するはあまりいない。 さらに言うと発掘装備の登場もあってか、アグニの立場はかなり危ういものとなってしまっている。 しかし、アグニにとって悪くない条件も出てきたのだ。 ではと業物の同時発動が較的やりやすいため、高めの攻撃とを活かしやすくなっている。 をがんばって練り上げれば、やウをえる活躍もできる…かもしれない。 なお、のにはが発売予定だという。 果たして版の「炎アグニ」は登場するのだろうか? 登場したとしたらどんな性なのだろうか…? 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 上位の上のでありではこの更に上にがあるが、や武具の数値的には凄腕で他作品の相当.

次の