風間俊介 ディズニー 目撃。 風間俊介 結婚式は? 元女優・河村和奈との結婚発表後にNYに小栗旬ら終結は結婚式!?

ZIP!で放送された「風間俊介 in ウォルトディズニーワールドリゾート」について色々と

風間俊介 ディズニー 目撃

2020年5月5日、令和2年目のこどもの日でした。 今夜の「マツコの知らない世界」がそれを祝いに、東京ディズニーの世界を紹介しました。 今夜のスペシャルゲストは連続23年の年間パスポートを更新し続け、ジャニーズ俳優・風間俊介さんでした。 風間さんは早速1歳のとき初めての東京ディズニーランドに来園達成したそうです。 すごい英才教育でしたね!(笑) そして、11歳から、東京ディズニーランドの知識を学ぶために、年間パスポートを買い始まりました。 今風間さんは「東京ディズニーランドを知り尽くした超上級プロ」になりましたよ! ということで、東京ディズニーが好きな方々はぜひこの記事を読んでくださいね! 今週もご視聴ありがとうございました 来週は 「東京ディズニーリゾートの世界」を放送。 芸能界きってのディズニー通 風間俊介さんが再び熱弁 まだまだあった隠された秘密を次々公開 皆さん、一緒にディズニー楽しみませんか? お楽しみに — マツコの知らない世界 tbsmatsukosekai 目次• マツコの知らない東京ディズニーの建物の隠れた秘密 東京ディズニーランドはよく「夢と魔法の王国」と呼ばれています。 しかし、ただの夢と魔法だけで、このユニークな東京ディズニーランドにはなりません。 ディズニーのストーリーはどこでも一緒かもしれませんが、ディズニーは違います。 ディズニーランドは、「夢・魔法・情熱・イマジネーション」からできた奇跡のかたまりです! そこで、東京ディズニーランドならではの「独特の隠れ味」があります。 マツコの知らない東京ディズニーランドのエリアデザインの工夫 東京ディズニーランドに訪れたことがある皆さんはそれを気づきましたか? 東京ディズニーランドの地図をよく見ると、通園ルートは メインエントランスの左からの風景とその右からの風景は実に全然違う時代のものです! それは、東京ディズニーランドの隠れた秘密のその一です。 入口を通したすぐに、 「アドベンチャーランド」というジャングルがあります。 それは 「人類文明が始まる前の世界」を象徴しています。 そして、そこから時計回りに次々と行くと、 アメリカ開拓期の 「ウェスタンランド」、そして 大繁栄時代の 「ファンタジーランド」および 近未来のアメリカを意味する 「トゥモローランド」となります。 つまり、風間さんの遊園ルートはまるで 「生きてるアメリカ歴史教科書」ですね! TDR値上げが話題で開園時の値段と比較されていますが… 東京ディズニーランドは昔A~Eのアトラクション券がありジャングルクルーズなどアトラクションに乗るには1枚ずつアトラクション券を渡していた気がします。 残念ながらアトラクション券は残ってませんでしたが昭和58年の園内マップはありました! — akaishi akaishitaizo マツコの知らない東京ディズニーランドの街並みの工夫 皆さんは東京ディズニーランドの「ロイヤルストリート」でたくさんの記念写真を撮りませんでしたか。 ときにヨーロッパ的な街並みであったり、ときに1980年代のアメリカの街並み、どこに見てもキレイな景色ですね! しかし、そこでもたくさんの思い込みが隠れています。 例えば、東京ディズニーランドの園内の売り店は2階建てですが、その2階はほとんどゲストに利用できぬものです。 しかし、その理由で2階の外見に手抜きしようということは一回でもありません! むしろゲストが2階の景色も楽しめるように、東京ディズニーランドのデザイナーたちはわざわざ2階の部分に植物や窓など一個一個手掛けに異なるデクレッションをしました。 それは、 東京ディズニーランドの隠れた秘密のその二です。 それは、東京ディズニーランドの隠れた秘密のその三です。 今回、風間さんは特別に4つのオススメ場所から、それぞれのシンデレラ城の意味を教えてくれました。 1つ目は、「ウェスタンランド」から眺めるシンデレラ城です。 そこから見る景色は、 アメリカの西部開拓時代の街並みに幻のように現れるものです。 言い換えれば、それは 「アメリカの未来の希望」を意味するシンデレラ城です。 そこから、 ゲストは西洋を訪れたような風情を感じられます。 つまり、それは「 アメリカドリームが実現された」ということを意味するシンデレラ城です。 on Feb 4, 2016 at 8:27pm PST 4つ目は、「トゥモローランド」から眺めるシンデレラ城です。 ただし、トゥモローランドの施設は大型の建物が多くて、なかなかシンデレラ城の全体が見にくいです。 しかし、その中に、ある場所は絶景スポットとなります。 それは、「スティッチ・エンカウンター」の脇道の行き止まりです。 そこは本来の設計図では何もない場所でしたが、東京ディズニーランドがそこに三つのベンチを置き、新しい隠れデートスポットに変えました。 ある意味では、それは 「二人きりのシンデレラ城」というロマンティック・メッセージです。 風ポンが言うてたトゥモローランドからのシンデレラ城。 シンデレラ城の外壁をよく見ると、その石の大きさは実に下から上にどんどん小さくなっていきます。 そうすることによって、 シンデレラ城の上の部分を眺める際に、目の視差で城は実際より高く見えるようになります。 同じ建築技法はお寺や外国の教会もよく見られています。 東京ディズニーランドの建築デザイナーは素晴らしかったですね! マツコの知らない東京ディズニーランドのトラッシュカンの工夫 日本の一般街道では、ゴミ箱のデザインは大体似ていますし、それほどのデザイン感があまりなさそうです。 しかし、東京ディズニーランドのトラッシュカンには同じデザインにしてはいけません。 それは「夢と魔法の王国」の幻のイメージを壊しますから。 しかし、トラッシュカンを全部抜いてもいけません。 そのため、東京ディズニーランドならではのトラッシュカンができました。 それは、東京ディズニーランドの隠れた秘密のその五です。 東京ディズニーランドの中のトラッシュカンは、基本的に配置エリアの空気に溶け込むように設計されています。 ただし、今回風間さんはその数多くのトラッシュカンから、ベスト3を簡単に紹介してくれました。 風間賞1位は、「メインエントランス付近のトラッシュカン」です。 入選理由は「シンプルであるが、 東京ディズニーランドが一番代表できるシンボルとなる」ということです。 これを見るだけで、「あ、自分が今日も世界で誇れるあの東京ディズニーランドで頑張ってる」と胸を張って言えますね! 次、 風間賞2位は、「トゥーンタウン」のトラッシュカンです。 入選理由は「ディズニー映画に出たキャラクターの ほうき達のロゴマークでゲストを喜ばせる」ということです。 最後、 風間賞3位は、「ファンタジーランド」のシンデレラ城側のトラッシュカンです。 入選理由は「そちら辺で紋章がいっぱいついているが、その物語に出た紋章がすべてロンドンに実在する認定機関・紋章院に認定されたため、 そのトラッシュカンについている紋章もその紋章院と関連するかも」ということです。 999 おトムに指さされ隊 kasabuta999 マツコの知らない東京ディズニーランドのグルメの秘密 マツコの知らない東京ディズニーランドのレストランの物語 実際に東京ディズニーランドのレストランはみんながちゃんと自分の物語を持っています。 今回風間さんが教えたのは「ラケッティのラクーンサルーン」というレストランです。 大昔、ジャングルの近くにチカピンヒルと呼ばれる小動物がたくさん暮らしていた山がありました。 その山を守るために、当時ある巨大なダムが建設されました。 しかし、「ラケッティさん」と呼ばれるアライクマがそのダムの近くに、そのキレイな水を盗んで、密造酒をしていました。 そして、ある日、ラケッティさんの密造酒用の蒸留器が突然爆発し、ダムを壊してしまいました。 もちろん、それでチカピンヒルの小動物に莫大な被害を招きました。 それを贖うために、ラケッティさんは自分の密造酒を全部出して、レストランを開きました。 そのストーリーを知った上で、そこの料理はより美味しくなりますよね! 「ラケッティのラクーンサルーン」は、「スプラッシュ・マウンテン」のごつごつとした岩肌に沿って建てられた今にも崩れそうな丸太小屋。 そのため、昔一度公開されたディズニーランド公式アカウントよりのレシピはまたネット上に配信されています。 ただし、 東京ディズニーランドは「マクロ」の視点からデザインされたものですが、東京ディズニーシーは「ミクロ」の視点からデザインされたものです。 要するに、 東京ディズニーシーはアメリカの社会生活の変遷を語ってくれるところです。 今回、風間さんは二つの例を挙げて説明してくれました。 マツコの知らない「ザンビーニ家の話」 東京ディズニーシーの中で、アメリカ南部の港町を表すエリアで、ザンビーニ氏が「経営」しているレストランがあります。 もちろん、現在の本当の経営者は東京ディズニーリゾートのスタッフさんが演じていますが、ザンビーニ氏はアメリカ歴史上に実在した一族です。 ザンビーニ氏は最初アメリカ南部の葡萄プランテーションから、ワインとオリーブの圧搾所をはじめ、レストランまでにファミリービジネスを拡張しました。 そのようなビジネスモデルは過去のアメリカでよくある経営パターンとも言われています。 今度皆さんはそこに訪れるとき、もう少々首が突っ込んでみませんか?(笑) 20世紀のはじめ、ザンビーニ家の3兄弟がワインとオリーブの圧搾所を改装して開いたレストラン「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」。 店内には、出荷を待つワインの樽や木箱が所狭しと並べられています。 当時、アメリカは既に先進国の一つになりましたが、電気化製品がそれほど浸透されていませんでした。 そのため、 「デランシーストリート」はそれを忠実に再現し、 街のライトが半分電気灯、半分ガス灯にしました。 on Nov 5, 2019 at 2:58am PST マツコの知らない東京ディズニーシーのプロメテウス火山 東京ディズニーランドのシンボルはシンデレラ城ですが、東京ディズニーシーのシンボルはプロメテウス火山です。 実に、 プロメテウス火山はシンデレラ城と同じ高さです。 それは、東京ディズニーランドの隠れた秘密のその六です。 ところで、 プロメテウス火山は「本物の火山」ですか? 今回の番組で、風間さんは静岡大学教授・小山真人先生と一緒にその真実を迫りました。 まず、 東京ディズニーリゾートの公式サイトによれば、それに関する情報は一切掲載されていません。 そして、 ネット上検索してみたら、ほとんどの記事はそれが人工物だと書いてあります。 また、 気象庁の活火山リストによれば、千葉県内の活火山は一つもありません。 しかも、 プロメテウス火山は北部と南部の形が異なるため、自然によって形成されたものとは考えにくいです。 なお、何よりも、東京ディズニーリゾートによって、 プロメテウス火山はイタリア・ナポリに実在する「ヴェス ヴィオ火山」をモデ ルに して作られたものです。 つまり、 既存の資料によれば、プロメテウス火山は本物の火山ではありません。 しかし、それらについて、小山先生は異議を物申しました。 その理由は二つがあります。 一つは、 プロメテウス火山は小山先生の著書に書かれている「パホイホイ溶岩」がたくさん発見されましたから。 もう一つは、 プロメテウス火山の近くにある「ミステリアアイランド」の湖は最初1番の火口湖ではないでしょうか、という疑問です。 素晴らしい発想ですね! ただし、私の中には、恐らくプロメテウス火山はやはり人工的に作られたものだけだと考えます。 他の角度から言うと、それは東京ディズニーシーの優れた再現技術がある証拠と考えるほうが妥当です。 on Dec 31, 2016 at 4:08pm PST マツコの知らない東京ディズニーシーの橋 東京ディズニーシーの中の橋は、全部自分の名前を持っています。 そして、風間さんはその中から、ベスト3を選びました。 ベスト1位は「プエンテ・デル・リオ・ペルディード」です。 選択理由は、「 リスクのあるから、いつか壊れてもおかしくない」ということです。 ただし、東京ディズニーリゾートですから、そのことはありませんよね。 選択理由は、「 園内の要塞となるため、強固な石で作られた」ということです。 ポンテ・デッラ・フォルテッツァって名前なの初めて知った。 橋に名前があることも今日初めて知った…。 — Y adpwtjgm ベスト3位は「オールド・アーモリィ・ブリッジ」です。 選択理由は、「 全東京ディズニーリゾートの中に唯一の列車専用の鉄橋」ということです。 やはりまた東京ディズニーへいきたいですね! マツコの知らない世界 20年以上年間パスポートを更新! 俳優・風間俊介さん 「行列に並んで東京ディズニーランドを嫌いになる人が多い」 「むしろ並ばないという選択肢はどうか」 「勝手に嫌いになってるのはそっちの落ち度だぞ」 ファストパスを取ったり散策したり、工夫出来るよね。 そこまで丁寧にデザインしてきましたから、たとえ自然の世界遺産にならないとはいっても、文化の方になってもいいではないかと思いますね! 緊急事態が解除したら、また東京ディズニーランドへいきたいと思います。 今度ホテルも一泊りを予約してみようと思いますね。

次の

風間俊介ディズニー愛凄すぎ!年パス23年間更新も目撃情報は皆無?

風間俊介 ディズニー 目撃

風間俊介のディズニー愛がすごい! 風間俊介さんのディズニー愛がどのくらいかというと、まず 11歳の頃から23年間ディズニーリゾートの年間パスポートを更新し続け、これまでの ディズニーランドの入園回数は400回以上にものぼる程だとか。 以前はディズニーランドの最寄り駅である 舞浜に住んでいたこともあり、今でもオフの時は一人でも行くのだそうです。 風間俊介さんのディズニーランドの楽しみ方はアトラクションやパレードだけでなく、風景を楽しみながらパークを回ったり、レストランで風景を眺めながら小説を読むなど、まるでリゾート地のような過ごし方をしているそうです。 あるバラエティ番組に出演した際は、自身を「ディズニーランドが好きなのではなく、ディズニーが好き」と語っており、「ディズニーの根幹であるアニメーションを完璧に実写化してくれる、体験させてくれる東京ディズニーランドが好き」と語っていました。 また、アメリカ・フロリダ州の本場ディズニーランドに行った時は ホームビデオを5日間で60時間回し動画編集に4時間費やしたこともあるなど、ディズニー愛エピソードは事欠きません。 こういった風間俊介さんのディズニー愛は、一般のディズニーファンの方からも非常に好印象のようです。 風間俊介のディズニー愛にマツコも驚愕! 風間俊介さんのディズニー愛は、マツコ・デラックスさんがMCをつとめるTBS 『マツコの知らない世界』でも熱く語られていました。 風間俊介さんはマツコさんの番組に出演するにあたり 「復習を兼ねて先週は3回」ディズニーに行き、番組台本も自身で作成するほどの熱の入れよう。 3回も行く必要があったのかは謎ですが。。。 恐らく半分は行きたかっただけな気がしますね(笑) 番組で風間俊介さんはディズニーランドについて以下のように語っていました。 世界一美しく整備させた公園• アトラクションとパレードだけではない• レストランひとつひとつもアトラクション• (並ぶのが苦痛でディズニーを避ける人もいるが)並ばない選択どうか。 勝手に嫌いになってるのはそっちの落ち度だぞ• 夢と魔法でできているわけじゃない。 夢と魔法と人々の情熱とイマジネーション 名言のオンパレードですね(笑) また東京ディズニーランドはゴミ箱(トラッシュカン)のデザインもすべて微妙に異なっているそうで、好きなトラッシュカンBEST3を発表するなど、マニアックな知識も披露していました。 ちなみにMCのマツコ・デラックスさんはこれまでに2回しかディズニーリゾートに行ったことがないらしく、風間俊介さんの熱の高さに驚愕していました。 風間俊介のディズニーの目撃情報は? これだけ頻繁にディズニーランドに足を運んでいる風間俊介さんですから、さぞ 目撃情報も沢山あるのだろうと思い調べてみました。 ですが意外なことに、 番組のロケなどでは頻繁に目撃されているようですがプライベートでの目撃情報はほとんど上がっていませんでした。 ディズニーランドといえば平日でも大混雑が恒例の人気テーマパークですし、意外と芸能人の目撃情報は少ないものです。 風間俊介さんも当然変装しているでしょうし、失礼ですが風間俊介さんはそこまで目立つ方でもなさそうなので、一般の方に溶け込んでいるのかもしれませんね(笑) 注意深く周囲を観察していれば風間俊介さんと会えるかもしれませんが、プライベートで声をかけられても迷惑でしょうし、そんなことをするよりディズニーを楽しんだ方がいいですね! まとめ 以上、風間俊介さんのディズニー愛やマツコ・デラックスさんの番組でのエピソードや目撃情報について調べてみました。 人気俳優にもかかわらずこれほどのペースでディズニーに足を運ぶ風間俊介さん。 この愛は本物のようです(笑) 最近ではドラマや映画だけでなくバラエティ番組でも活躍に場を広げていますので、今後ますますディズニー愛が語られるかもしれませんね!.

次の

ジャニーズ風間俊介はなぜ遊戯王の声優になれたのか?武藤遊戯の声を実際に聞いてみた

風間俊介 ディズニー 目撃

風間俊介のディズニー目撃情報はロケばかり 昔と違い、ツイッターやインスタなどSNSの台頭によって、芸能人の目撃情報は簡単に手に入れることができるようになりました。 『マツコの知らない世界』でディズニー愛が凄いことを公表する形になりましたので、さぞかしSNS上は目撃情報で溢れているだろうと思いましたが、探してみても予想以上に少ない状況なんです。 最近ではディズニー芸能人としての立ち位置が確率されてきている部分もありますので、ディズニーでのロケが多いようで、ロケの目撃情報はいくつかありました。 しかも、以前番組内で、特に変装などはせずにベンチなどで読書をしていると話していました。 楽しみ方が乗り物を乗ったりパレードを見たりという一般の人とは少し違いますし、逆に堂々とされると気付きにくいものなのかもしれないですね。 風間俊介のディズニー年パス所有歴が凄い! 芸能人のディズニー好きというのは少しビジネスな雰囲気を感じてしまう場合もありますが、風間俊介が結構ガチで、小学校5年生のころから年間パスポートを更新し続けていると言うから驚きです。 【以下引用】 風間俊介さんはなんと11歳の頃から毎年ディズニーリゾートの年間パスポートを取得しているそうで、今年でもう23年目になるそうです。 今までにパークに入園した回数は400回を越えるんだとか! また、『マツコの知らない世界』にディズニー好きとして出演するにあたって「復習をかねて先週は3回」もパークに入園したとか。 全国のディズニー好きを代表してテレビでディズニーを語るという熱意が感じられますね! 【引用元:】 普通のディズニー好き程度であれば、やはり乗り物に乗って、パレードやショーを見てという楽しみ方になりますが、風間俊介は乗り物には乗らずに雰囲気を楽しむのが好きらしく、まさに楽しみ方から生粋のDオタと言えるでしょう。 【以下引用】 とある番組でも、 「小5からずっとディズニーリゾートの年間パスポート買っています。 1人でも行く」と オフの日は1人でディズニーリゾートで過ごすことを明かしています。 (家族は?) また番組MCから「1人でどうやって過ごすの?」と聞かれると 「完璧に整備された中で、音楽も鳴っていて。 楽しい雰囲気を見ながら小説を読んだり。 アトラクションには何も乗らない」 と楽しげに語っていました。 【引用元:】 ディズニーランド派?ディズニーシー派? ディズニーが好きな方が会話すると必ず出てくる議題に、ランド派かシー派かという議論がありますが、風間俊介はランドとかシーとかそういうパークが好きなわけではなく、ディズニーアニメの世界が好きなんだそうです。 【以下引用】 風間は「僕はディズニーが好きなんです。 特にディズニーアニメが好きで、そのアニメの世界を体験させてくれる東京ディズニーランドが好き。 だからその場にたたずんでいるだけで楽しいんです。 世界一整備された素晴らしい公園。 乗り物に乗らなくても充分楽しめる。 【引用元:】 ちなみに、この時に出た『夢と魔法と情熱とイマジネーションの世界』というワードはディズニー好きからは、まさに伝説の名言だと称賛されています。 沢山の人達が本気で楽しんでもらおうと思ったからここができた」「この世界は、夢と魔法プラス、人々の情熱とイマジネーションの力が詰まっている。 」「東京ディズニーランドで働く人たちの誇りを掲げている」 その言葉の全てに納得と涙。 — しゅう caerula3104 また、ディズニー好きなら誰もが気になる隠れミッキーですが、風間俊介はここでも一枚上手で、隠れミッキーではなく建物のバックグラウンドストーリーが好きと語っています。 【以下引用】 以前水卜アナから『風間さんって隠れミッキーの場所などたくさんご存知なんですよね?』という質問をされた際、 『隠れミッキーもそうなんですが、僕は建造物1つ1つも大好きで、この建物にはそれぞれバッググラウンドストーリーがあるので、それもみなさんに知ってもらいたいです』 と答えていました。 【引用元:】 レストランへのこだわりも凄い 風間俊介は20年以上通っているだけあり、知識量が物凄く、番組内で「レストラン1つ1つもアトラクション。 それぞれに物語がある」と語っていたように、レストランにも強いこだわりを持っています。 スプラッシュ・マウンテンの出たところに『ラケッティのラクーンサルーン』というお店があるのですが、ここはスプラッシュ・マウンテンの物語を知るととても楽しめると番組内で語っていました。 【以下引用】 お店があるクリッターカントリーは小動物たちが暮らす場所で、その昔「チカピンヒル」と呼ばれる丘がありました。 その丘を利用してダムがあり、そのダムの近くでラケッティさんが密造酒をつくっていました。 そしてある日「密造酒の蒸留器が爆発!」そして「ダムが決壊」してしまいます。 それにより生まれたのが「スプラッシュ・マウンテン」だったのです!これは驚きのストーリーですね! 【引用元:】 反省したラケッティさんは密造酒作りをやめて、ラクーンサルーンというお店を出したという設定を知っていれば、確かにお店の中の内装とか建物とかも注意深く見てしまいますよね。 先ほど、建物が好きというのもご紹介しましたが、やはりディズニーのストーリーを再現しているこの世界観が好きなんでしょうね。 主要キャラだけではなくサブキャラも多く、とても長い正式名称を答えさせる問題など、とてもじゃないが答えさせる気が無いんじゃないかというような問題まで正解し、これにはDオタの視聴者も驚かされたようです。 かざぽんがDクイズ全問正解してて、凄い。 ちなみにフルネームは、『ホレイシオ・フェロニアス・イグナシアス・クラスタシアス・セバスチャン』。 これ答えられたのはさすがに凄い!笑.

次の