デスクトップpc bluetooth。 PC と Bluetooth イヤホンのペアリング、接続ができない

自作デスクトップパソコンにBluetooth機能つけた|スマホ(Xperiaエクスペリア)とペアリングの登録設定の方法

デスクトップpc bluetooth

こんにちは、ジンです。 みなさんは仕事中に音楽を聴きますか? 環境によってはそれが許されるパターンと、許されないパターンがあると思います。 けれど、正直音楽を聴きながら仕事をした方が効率がいいと思いませんか? 僕の場合、音楽を聴きながら仕事をするのには少々ハードルが高い環境にあります。 しかし、幸いにもPCにイヤホンを接続して音を聞いていても怒られないのです。 これは映像を扱う仕事をしている人間の特権といってもいいでしょう。 周りからは間違いなくまじめに仕事しているように見えます(笑) とはいえ、会社のPCにiTunesをインストールし、さらに曲のデータまで入れるのはさすがに気が引けます。 で、思いついたのが「PCのスピーカー(イヤホンジャック)からiPhoneの曲をBluetooth経由で流す」という方法です。 PCのハードディスク容量を裂くことがもありませんし、ソフトをインストールする必要もありません。 PCにiTunesをインストールして、iPhoneの曲データをフリーウェアで抜き出してしまえば早かったりしますが、なんかナンセンスなので(笑) そのほかにもPCのLine-in端子にiPhoneのイヤホンジャックを接続する方法もありますが、同じくナンセンスなので(苦笑) では早速やり方の説明ですが。 前提条件としては 1. Bluetoothを搭載したPCがあること 2. iPhone iPod touch のBluetoothをONにしておくこと の以上です。 僕の環境ではWindows 7 Home Premium 64bit SP1で行っています。 Macでのやり方は恐らくものすごく簡単かと思いますが、後日書く予定です。 使用している機材はAcerのノート Aspire 3810T、iPhone 4Sでおこなっています。 もちろん両方にBluetoothが搭載されています。 Vistaでもできるかもしれませんが、試していないためここでは触れません。 手順1. 表示されない場合は、検索窓から「Bluetooth」と入力すると表示されます。 「オプション」のタブからBluetoothの設定を確認します。 以下のようになっていれば大丈夫です。 (注意:使わないときは「コンピュータの検出を許可する」のチェックは外しておいた方がセキュリティー上いいかもしれませんね。 ) 手順2. 手順3. 手順4. 「デバイスの追加」をクリックします。 手順5. 「iPhone」を選択し、「次へ」をクリックします。 手順6. 画面にペアリングコードが表示され、それと同時にiPhoneの画面にもペアリングコードが表示されますので、iPhone側で「登録」をタップしてから、PC側で「次へ」をクリックします。 手順7. PC側で登録が完了したというメッセージが表示され、ドライバーのインストールが自動で始まります。 手順8. その後インストールが失敗したというメッセージが出ますが「閉じる」をクリックします。 手順9. iPhone側でPCの名前が表示されている部分をタップすると接続が開始されます。 手順10. iPhoneの「ミュージック(iPod)」から再生画面を表示させ、画面右下の「AirPlay」のアイコンをタップし、PCを選択します。 手順11. するとPCのデスクトップに画像のようなコントロール画面が表示され、PCのスピーカーから曲が聞こえるようになります。 曲情報(場合によって表示されない?)や音量の変更、再生・停止、スキップなどのコントロールもできます。 iOS4. 5でもできることを確認しています。 もしうまくいかない場合はPCのBluetoothがONになっているかを確認します。

次の

Bluetooth

デスクトップpc bluetooth

Contents• デスクトップパソコンにBluetoothのUSBアダプターアンテナを付けました。 超簡単にペアリングできるだろうと思ってたらちょっと苦戦したので書いときます。 よくバカでも出来るとか、サルでも出来るとありますがこれは、バカでも出来ますがサルでは出来ません 笑 ブログ用にスマホで写真撮ってパソコンに取り込むときにいちいちUSBを繋いでフォルダ開いて取り入れていました。 これをもっと簡単にと思ってBluetoothペアリングしました。 64bitのブルートゥース最新の4. 0対応一番人気だったからと安いからw インストールCDも付属している高速通信可能タイプです。 実際これは良かったのでお勧めです。 USBアダプタ Ver4. 0 1・BluetoothのUSBアダプターを差し込む これは邪魔にならない所に差し込めばよいです。 USBの空いたところに指すだけです。 2・CSRのインストールCDを入れる。 まずはCDでCSR4. 0をインストールします。 チェックをいれてインストールするだけです。 ここまでは誰でもできます。 意外に調べても出てこないこの先のBluetoothの設定方法です。 3・Bluetoothの設定(パソコン側) 迷った原因はこれですね。 まずはパソコン側をインストールCDでインストールしたら、あとは設定です。 CDをインストールすると、まずはパソコンのタスクバーからブルートゥースが出てきてるのでそこをクリック。 1・「ブルートゥースロゴ」を右クリックします。 「Bluetoothラジオのスイッチを入れる」を左クリック。 2・パスコードの入力設定 これはスマホ側の設定にはいるとパソコン側に出てくる画面です。 スマホ側の「ペアを設定する」ボタンとパソコン側の下の「次へ」ボタンをほぼ同時に押します。 同時にしないでモタモタしてるとこうなります。 スマホも同時に、きちんと設定すると以下のようになります。 4・Bluetoothの設定(スマホ側) パソコン側にCDをインストールしたらスマホとペアリングに入ります。 設定をしないとブルートゥースボタンをonにしただけでは何も出来ません。 まずはパソコン側のアンテナを「on」にします。 次にスマホを開きます。 スマホ側もブルートゥースをonにします。 これはスマホ側とパソコン側と同じ番号が自動で出てきますので確認して「ペアを設定する」ボタンを押します。 この間スマホ画面にもパソコン画面にも、パスコードが表示されている時間は10~15秒程度しかありません。 この間に同時に設定します。 これで完成です。 最初だけこんな感じで面倒ですが、今後はパソコン側は何もせずともスマホのブルートゥースをonにすれば良いだけです。

次の

Bluetooth

デスクトップpc bluetooth

AirPodsとWindows10マシン(PC)を接続(ペアリング)する方法です。 Apple謹製でiPhoneやiPadと接続するのが大前提なAirPodsですが、これ普通のBluetoothワイヤレスイヤフォンでもあるので Windowsを搭載したPCなどとも接続することもできます。 もちろんWindowsマシンがBluetoothに対応している必要があります。 今回はSurfaceと接続してみました。 使い勝手は落ちますが、iPhoneなどiOS端末以外にもWindowsやAndroid端末などとも接続してワイヤレスイヤフォンとして使うことができますよー。 当たり前といえば当たり前なのですが、AirPodsのり利便性だとiOS端末との接続にはWindowsはかないません。 これはAndroidと接続した場合も同じでした。 Windows10とAirPodsの接続(ペアリング)方法 Windows10の設定を開きます。 中にある「デバイス」をクリックします。 デバイスが開きます。 左のメニューから「Bluetooth」を選択し、右側に表示されるBluetoothがオンになっていることを確認します。 Windowsはこの状態にしたままAirpodsケースを操作します。 AirPodsのケースを開いた状態で裏側にある丸いボタンを長押しします。 中のAirPods左右イヤフォンの真ん中にあるLEDランプが白く光ればペアリングモードとなります。 この状態でWindowsに戻ります。 デバイス一覧の画面に「AirPods」が登場していればOKです。 (最初、ヘッドホンとだけ表示されていましたが、数秒待つとAirPodsに表記が変わりました) 「ペアリング」をクリックします。 接続(ペアリング)が開始されます。 ちょっと待ちます。 「接続済み」と表示されればOKです。 音楽や動画を再生して音がAirpodsから出ていることを確認します。 Windows10上では「ヘッドホン(AirPods Stereo)」と表示されました。 ちなみにボリューム操作などはWindows側で行うことになります。 iPhone用に買ったけどPCでも使いたいという時にもAirPodsを使うことができます。 どうせ買ったんであればフル活用しましょー。 AirPodsの購入はこちら.

次の