山口組 引退 - 6代目襲名から10年 元直参組長が初めて明かした山口組「クーデター」の真実(伊藤 博敏)

引退 山口組 六代目山口組“電撃人事”に秘められた「七代目体制」への布石

引退 山口組 六代目山口組“電撃人事”に秘められた「七代目体制」への布石

引退 山口組 山口組五代目引退の深層

引退 山口組 出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様|日刊ゲンダイDIGITAL

極心連合会 橋本弘文会長 離脱 引退 解散か

引退 山口組 引退した絆會若頭が六代目山口組に謝罪か…一方で新体制となった絆會と池田組が会合

出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様|日刊ゲンダイDIGITAL

引退 山口組 神戸山口組“緊急執行部会”の裏側――発足メンバーの奥浦顧問が引退

引退 山口組 引退した絆會若頭が六代目山口組に謝罪か…一方で新体制となった絆會と池田組が会合

神戸山口組最高幹部・奥浦清司元顧問“引退胸中”全文掲載! (2021年4月21日)

引退 山口組 【六代目山口組】極心連合会 橋本会長が引退

引退 山口組 神戸山口組最高幹部・奥浦清司元顧問“引退胸中”全文掲載!

神戸山口組最高幹部・奥浦清司元顧問“引退胸中”全文掲載! (2021年4月21日)

引退 山口組 神戸山口組幹部が立て続けに引退、某独立組織は六代目山口組に接近の噂…何を意味する?

6代目襲名から10年 元直参組長が初めて明かした山口組「クーデター」の真実(伊藤 博敏)

神戸山口組最高幹部・奥浦清司元顧問“引退胸中”全文掲載! (2021年4月21日)

「抗争の〝代償〟として拠点を奪われたんは、六代目山口組も同じことやったが、直系組織の数に差がある。

  • それは神戸山口組と近いと考えられていた他団体に対してもそうです。

  • 墓場どころか、地獄まで持って行こうと決めていたことがいくつかあった。

  • 「神戸山口組の直参2人がほぼ同時期に破門と引退ですから、インパクトがあります。

渡辺芳則

それら組織でも神戸山口組と近かったトップが引退する一方で、六代目山口組サイドとの関係性を山口組分裂前のように戻す動きを見せています。

  • 「分裂を終わらせることが大前提にあり、体制に新しい風を呼び込んだといえる」(業界ジャーナリスト) 今回の人事では、高木康男・六代目清水一家総長(静岡)と野村孝・三代目一会会長(大阪北)が若頭補佐から舎弟に直り、秋良東力・秋良連合会会長(大阪浪速)と生野靖道・四代目石井一家総長(大分)が「幹部」から若頭補佐に昇格。

  • 1989年(元年)3月、一和会との抗争が終結。

  • これは圧力というよりも、警告といえるのではないか」 すなわち「引退しなければ、今後も攻撃を加える」という六代目山口組サイドによる警告だったのか。

引退した絆會若頭が六代目山口組に謝罪か…一方で新体制となった絆會と池田組が会合

五代目山口組・渡邉芳則組長である。

  • 前列中央、グレーの袴姿が渡邉組長。

  • この救援活動は世界中でされている。

  • > ヤクザは、「親分が白と言ったら黒いものも白」の世界だ。

神戸山口組“緊急執行部会”の裏側――発足メンバーの奥浦顧問が引退

指揮を執ったとして、殺人未遂などの罪に問われて服役したんや。

  • その中でも特に関西に拠点を持つ直系組織のそれは顕著で、土地柄もあってか傘下の現役組員同士は山健組系列との関係も濃く、六代目山口組の残留組員はグラついている。

  • 今年3月、その藤健興業事務所が六代目山口組系組織に発砲され、同組織関係者がごぞって六代目山口組系組織へと移籍することになる。

  • 1989年(元年)3月、一和会との抗争が終結。

後藤忠政

というのは、以前、山下会長が極心の若頭だったころ、金銭面でヘタを売り、橋本会長が彼を処分した。

  • 2001年7月に()付属病院で肝臓移植手術を受け、その際同病院へ10万ドルを寄付。

  • 参考文献 [ ]• 65-68• 「まだ淡路島で定例会が行われとったとき、『敵は弘道会』いう内容や『終生、六代目山口組に戻ることはない』いう方針が示された。

  • ただ絆會においても、結成後、何度か代紋を公表するのではないかと業界関係者の間で話題になったことがありますが、現時点ではまだ発表されていません。

極心連合会 橋本弘文会長 離脱 引退 解散か

「やるんやったら、黙っとらんと、俺のまえに道具とカネを積まんかい」 即座に、太田会の太田守正会長(同)がこう反応した。

  • 特に一昨年秋に髙山若頭(六代目山口組・髙山清司若頭)が出所してからは、凄まじい勢いで神戸山口組を攻め続けた。

  • 五代目は、いろんなことがあっても組織を固めてくれた。

  • 「そうは言うても、コレがな……」 私は親指を立てた。

山口組五代目引退の深層

さらに20日ほどして、吉野を含む実行犯4人が特定された。

  • 山菱の代紋が見当たらない 神戸山口組結成当初からその中核を担ってきた 五代目山健組が、神戸山口組を離脱したのは記憶に新しい。

  • 実際、ことの真相はわかりませんが、最近は六代目山口組サイドに、某独立組織の上層部がたびたび訪れているという噂もあります。

  • いい思い出ばかり」 「司六代目に対して一番に思うことは…」 当時から組織との交流があり、27歳で激戦区の飛田新地に事務所を構えた。

後藤忠政

そうした中で、彼らが次に口にするのが「オリンピック後に何らかの動きがあるのではないか」ということだ。

  • 先代までの山口組とは明らかに異なっているのでしょうか。

  • 山口組3代目・の跡を継いで四代目を継承すると見られていた山本健一(山口組若頭)が1982年(昭和57年)2月4日に急死すると、山健組二代目を継承、 同年6月には三代目山口組の直参に昇格した。

  • 中核組織の離脱や最高幹部らの引退などで、その勢力を衰退させる神戸山口組。




2021 cdn.snowboardermag.com