ダーク ソウル ラテン語 - 【ダークソウル考察】BGMラテン語翻訳での炎上の経緯まとめ

ラテン語 ダーク ソウル 【悲報】ダークソウル考察厨、死亡「BGMの歌詞?造語ですよ」

ラテン語 ダーク ソウル 【ダークソウルリマスタード】曲剣一覧

ラテン語 ダーク ソウル 【悲報】ダークソウル考察厨、死亡「BGMの歌詞?造語ですよ」

ラテン語 ダーク ソウル 【ダークソウルリマスタード】曲剣一覧

ロスリックとロスローリエン|瑞希|note

ラテン語 ダーク ソウル ロスリックとロスローリエン|瑞希|note

【ダークソウルリマスタード】曲剣一覧

ラテン語 ダーク ソウル 【ダークソウル考察】BGMラテン語翻訳での炎上の経緯まとめ

【ダークソウル考察】BGMラテン語翻訳での炎上の経緯まとめ

ラテン語 ダーク ソウル ソウルの種: グウィンという名前について

【ダークソウル考察】BGMラテン語翻訳での炎上の経緯まとめ

ラテン語 ダーク ソウル 【悲報】ダークソウル考察厨、死亡「BGMの歌詞?造語ですよ」

ラテン語 ダーク ソウル ロスリックとロスローリエン|瑞希|note

ラテン語 ダーク ソウル 【ダークソウルリマスタード】曲剣一覧

【ダークソウルリマスタード】曲剣一覧

中つ国の世界にはエルフだけが行くことができる西方浄土のような場所「アマン」がある。

  • そしてラウレリンには「太陽の木 Tree of the Sun 」という別名もある。

  • そして fabledは「寓話として名高い」「伝説的な」。

  • 【誰が名付けたんだ、この地名】 ハイデ大火塔 Heide's Tower of Flameから ハイデはHeideだと分かるが、これはドイツ語で「異教徒、非キリスト教徒、異邦人、不信心者、無神論者、荒野、荒地」。

ソウルの種: グウィンという名前について

その後エルフの勢力は徐々に弱まり、それに合わせるようにラウレリンドレナンの名前は短くなっていった。

  • その名前の成り立ちに関わっているだろう語は以下の通りだ。

  • これについては次の段で説明を付ける。

  • 王子ロスリックの英名はLothric, Younger Prince。

ソウルの種: グウィンという名前について

全て推測だけど。

  • ロスリック王国とトールキン作品の関連 ダークソウル3には「ロスリック」という国が登場する。

  • そして 虹彩が輪っか状の代物だと気付くなど。

  • ただこれはロスローリエンの意味には含まれていないだろう。

ロスリックとロスローリエン|瑞希|note

となればミルウッドは 「物語られる」「粉挽き」の森、となるだろうか。

  • そこにはアマンに住まなかったエルフ達が暮らしていた。

  • 全方面にマズい。

  • 中つ国にある。

【ダークソウルリマスタード】曲剣一覧

お覚悟を。

  • どれも意味は同じだが。

  • 日英中であんまり違いが無い、2では珍しいと思われるタイプ。

  • 個人的には作中でも屈指の美しさとエルフ(妖精)っぽさを感じる場所である。

ソウルの種: グウィンという名前について

つづりはGlornan。

  • まずクウェンヤで ラウレナンデ。

  • そんなlondを多用するグウィン達は、もしかしてヴァリノールに行きたかったのだろうか。

  • 海を「鯨の道」とか表現したり。

【ダークソウルリマスタード】曲剣一覧

その意味は「夢の王 King of Dreams 」。

  • トールキンは自作の言語を複数作っており、その言語のためにふさわしい舞台と物語をあつらえようと思いつき、実際に作り上げたのである。

  • クールラントはleft land, left-hand land、もしくはbarn land, iris landじゃないかな。

  • 【ここもロンド、あそこもロンド】 隠れ港 No-man's Wharf は直訳すれば 「人のいない波止場」。




2021 cdn.snowboardermag.com