罹患 羅漢。 「罹患」の読み方を間違って焦った! 病院に「罹る」であってる?

「罹患」の読み方を間違って焦った! 病院に「罹る」であってる?

罹患 羅漢

「罹患」の読み方ってなに? 新型コロナウイルスの影響でよく目にする、「罹患」。 com 罹患の罹が羅に似ていることから、「らかん」と読むのは間違いなので気をつけてくださいね。 「罹」は『 病気や災難などを身に負う』という意味を持ち、訓読みでは「 かかる(罹る)」と読みます。 なお、罹は一般社会で用いられる漢字の目安とされる常用漢字にはあたらないため、あえて「り患」と表記する場合もあるんですよ。 「患」は『1. 心配する。 心配事。 病気になる。 』の意味を持ち、訓読みでは「わずらう(患う)」と読みます。 「罹患」は病気になるという意味を持ったふたつの漢字が組み合わさってできているんですね。 「医者にかかる」は罹る? 掛かる? どっち? では、医者にかかるに使われるかかるはどっち? 先ほど紹介した、「罹る」であっているでしょうか。 c Shutterstock. 扱われる』という意味を持ちます。 昨今、推奨されているかかりつけのお医者さんの話題が続いていますが、かかりつけも漢字に変換すると、「 掛かり付け」となります。 いつも処置をお願いするお医者さんがかかりつけ医なんですね。 いつも処置をお願いする=よく行く、というイメージでかかりつけを使いますが、かかりつけを使うのは、お医者さんや歯医者さん、薬剤師さんなど、処置を行う医療行為に携わる方々です。 よく行く飲食店などには使いません。 その場合は 行きつけになります。 そのため、「インフルエンザに罹る」という場合だけでなく、「災害に罹る」といった場合にも使います。 あまり馴染みのない使い方ではありますが、「罹災」(りさい)は馴染みがある言葉ではないでしょうか。 『地震・火事などの災害にあうこと』ですね。 連日不安なニュースが続いていますが、一日も早く「罹」も「患」も目にしない日が来ますように! TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

[B! Togetter] 近ごろ高まる『羅漢率』間違えやすい罹患と羅漢の違いをイラストで説明&みんなの覚え方「これのお陰で間違えません」

罹患 羅漢

「罹患」の読み方ってなに? 新型コロナウイルスの影響でよく目にする、「罹患」。 com 罹患の罹が羅に似ていることから、「らかん」と読むのは間違いなので気をつけてくださいね。 「罹」は『 病気や災難などを身に負う』という意味を持ち、訓読みでは「 かかる(罹る)」と読みます。 なお、罹は一般社会で用いられる漢字の目安とされる常用漢字にはあたらないため、あえて「り患」と表記する場合もあるんですよ。 「患」は『1. 心配する。 心配事。 病気になる。 』の意味を持ち、訓読みでは「わずらう(患う)」と読みます。 「罹患」は病気になるという意味を持ったふたつの漢字が組み合わさってできているんですね。 「医者にかかる」は罹る? 掛かる? どっち? では、医者にかかるに使われるかかるはどっち? 先ほど紹介した、「罹る」であっているでしょうか。 c Shutterstock. 扱われる』という意味を持ちます。 昨今、推奨されているかかりつけのお医者さんの話題が続いていますが、かかりつけも漢字に変換すると、「 掛かり付け」となります。 いつも処置をお願いするお医者さんがかかりつけ医なんですね。 いつも処置をお願いする=よく行く、というイメージでかかりつけを使いますが、かかりつけを使うのは、お医者さんや歯医者さん、薬剤師さんなど、処置を行う医療行為に携わる方々です。 よく行く飲食店などには使いません。 その場合は 行きつけになります。 そのため、「インフルエンザに罹る」という場合だけでなく、「災害に罹る」といった場合にも使います。 あまり馴染みのない使い方ではありますが、「罹災」(りさい)は馴染みがある言葉ではないでしょうか。 『地震・火事などの災害にあうこと』ですね。 連日不安なニュースが続いていますが、一日も早く「罹」も「患」も目にしない日が来ますように! TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

罹患リカン、羅患ラカン、間違えて使っていませんか?

罹患 羅漢

罹患の意味とは? これは率直に言いますと、 病気にかかる、という意味です。 なので 罹患率=病気にかかっている人の割合 罹患者=病気にかかっている人 という意味です。 罹患の読み方は?書き方間違いの例 実はこっちの方がわからないという人が多そうですよね。 意味は前後の文脈から想像できますから。 罹患 大きく書くと 罹患 (スマホ等では大きくないかもしれませんが) これ・・ 「らかん」と読んでしまう人がけっこういます。。 そのため、漢字を 「羅患」と「羅(ら)」の字だと思ってしまう人がけっこう多い。。。 罹(り)なんです。 羅(ら)ではない。 「らかん」を変換したら「羅漢」という字が出て来ることもあるので これと間違えてしまう人も多い。 「羅漢」だと仏教用語で、羅漢像などの仏像があったりします。 しかし今回のは「罹患」 罹患の読み方は 「りかん」です。 「罹」の漢字の意味は 病気や災難などを身に負うこと だそうで、 「患」も病気になる、というような意味だそうですから 罹患と二文字続けて、病気になること、病気にかかること なんだと思います。 けっこう間違えて「らかん」って言っちゃってる人がいると思いますが・・ いずれは「らかん」でもOKとなるかもしれないですよね。 「早急」も本当は、「さっきゅう」ですが、「そうきゅう」で通用してますし 「独壇場」という言葉も、本当は「独擅場」で「どくせんじょう」という言葉だったのが真ん中の字が「だん」と誤読されて 現在では「独擅場」(どくだんじょう)で通じるようになったとか(NHKでも「どくだんじょう」を使っています) ・・という風に、 言葉って変わっていくんですよね。。 言葉は生き物。 AR30.

次の