ミラン 対 サッスオーロ - ミラン、リーグ戦4試合ぶりの勝利。4得点でサッスオーロに快勝

対 サッスオーロ ミラン 2つのPKで「ラッキー」だったミラン、サッスオーロの敵地で史上初の勝利!(SOCCER DIGEST

対 サッスオーロ ミラン 【ミラン対サッスオーロ】3連勝ならず。決定力不足を再露呈【選手採点・コメントetc.】

立ち上がり2得点で主導権。3試合ぶり白星で首位キープ【サッスオーロ対ミラン】

対 サッスオーロ ミラン ミラン指揮官ピオリ、ホームでサッスオーロに逆転負けを喫するも「欧州SLの影響はない」

対 サッスオーロ ミラン ミラン、リーグ戦4試合ぶりの勝利。4得点でサッスオーロに快勝

首位ミラン、サッスオーロとの上位対決制して無敗維持! レオンはセリエA最速得点

対 サッスオーロ ミラン ミラン指揮官ピオリ、ホームでサッスオーロに逆転負けを喫するも「欧州SLの影響はない」

対 サッスオーロ ミラン 2つのPKで「ラッキー」だったミラン、サッスオーロの敵地で史上初の勝利!(SOCCER DIGEST

対 サッスオーロ ミラン 2位ミラン、ホームでサッスオーロに逆転負け…引き分けた首位インテルとの勝ち点差が10に広がる

対 サッスオーロ ミラン 2位ミラン、ホームでサッスオーロに逆転負け…引き分けた首位インテルとの勝ち点差が10に広がる

ミラン、リーグ戦4試合ぶりの勝利。4得点でサッスオーロに快勝

対 サッスオーロ ミラン 2つのPKで「ラッキー」だったミラン、サッスオーロの敵地で史上初の勝利!(SOCCER DIGEST

【ミラン対サッスオーロ】3連勝ならず。決定力不足を再露呈【選手採点・コメントetc.】

対 サッスオーロ ミラン 2つのPKで「ラッキー」だったミラン、サッスオーロの敵地で史上初の勝利!(SOCCER DIGEST

[NG3] ミラン vs サッスオーロ

結局、このままミランの1点リードでハーフタイムを迎えた。

  • 試合後、ピオリ監督はイタリア『Sky』に対して何が悪かったのか、自身の見解を示している。

  • パス回しなどは正確に行っているが、自身の成長に繋がる課題の見えた試合と言えるだろう。

  • サッスオーロに関しては前回の投稿で触れたため割愛しますが、細かいパスを繋いだポゼッションサッカーを得意としてホームではその傾向がより顕著になります。

2つのPKで「ラッキー」だったミラン、サッスオーロの敵地で史上初の勝利!(SOCCER DIGEST Web)

テオ・エルナンデスが自陣からのドリブルで左サイドを切り裂き、敵陣エリア内まで運んだところでマイナス方向の折り返す。

  • ただ、素早いサイドチェンジを駆使してサッスオーロのプレスを回避。

  • ただ、そんなミランにも当然ながら弱点があった。

  • 首位で年を越したいミランは、年内最終戦でラツィオと対戦する。

ミラン指揮官ピオリ、ホームでサッスオーロに逆転負けを喫するも「欧州SLの影響はない」

しかし、守備陣が踏ん張って2-1で勝利。

  • こちらの予想、根拠も書いていただきありがとうございます。

  • ただ、根拠をまともに書いてないのが問題なので、以後気をつけます。

  • 自陣でパレッタからボールを受けたアバーテが、アジャポンのプレッシャーを受けてパスミス。

ミラン、リーグ戦4試合ぶりの勝利。4得点でサッスオーロに快勝

私のような人はいないのかもしれませんが、個人的にはNG1つ目を出すのは根拠のみで100文字切ってる段階の方が基準がハッキリするので、その後のNG問題は起きにくいと思いますし、私も勝手に判断することはなかったと思います。

  • スソが右サイドを起点に中央でトップ下的な動きも見せるミランは36分、ハーフウェーラインで起点を作ったバッカが左サイドのデ・シリオに展開。

  • リーグ戦3試合連続で引き分けのミランは立ち上がりの4分にスソがペナルティーエリア内の角度のないところから右足で強烈なシュートを打つもボールはバーに当たり先制点とはならず。

  • サッスオーロとしては奪われた際のファーストディフェンスにリスクマネジメントの意識をもっと持つべきだった。

ミラン、リーグ戦4試合ぶりの勝利。4得点でサッスオーロに快勝

彼の調子の良いときはかなりヤバイです 笑 ミランは、アウェーではホームほどアグレッシブではなく受ける時間も多いので、基本的にはサッスオーロが主導権を握るゲーム展開になるでしょう。

  • このように、ホームチームはゴール前に侵入するどころか敵陣に入ることも難しくなっていたのである。

  • エルナンデスの裏は逆につきどころかと思います。

  • 内側にポジショニングしたボガをマーク担当のカラブリアが見失ってしまいパスを通され、ドリブルで二枚を剥がされてゴール前へ侵入。

2つのPKで「ラッキー」だったミラン、サッスオーロの敵地で史上初の勝利!(SOCCER DIGEST Web)

サッスオーロの攻撃vsミランの守備 サッスオーロは2CBとロカテッリでビルドアップ。

  • ミランの攻撃vsサッスオーロの守備 序盤はサッスオーロの距離感の良さと、奪われてからのファーストディフェンスの早さで中々前にボールを送れなかったミラン。

  • 恐らくはB・ディアスなのだが、このあたりも微妙だった。

  • その後も優勢に試合を進めるミランは38分にカウンターからケシエがドリブルでボールを運ぶとゴール正面からシュート、これがゴール右隅に決まり先制点を挙げる。




2021 cdn.snowboardermag.com