日産 子会社 リストラ。 国内リストラが続く、自動車部品の苦悩

【実名リスト】 50歳、60歳をすぎて「得する会社」「損する会社」(週刊現代)

日産 子会社 リストラ

終身雇用が崩壊したと言われて久しいが、堰を切ったように次々とリストラが発表されるのう…。 大手企業がリストラ案を出すことに危機感や同情の声が上がっているようじゃが、 対して市場は好意的に受け止めているようじゃのう。 2019年7月24日、は4-6月期決算発表に先駆けて、売り上げが前年同期(1091億円)と比較して90%落ち込む数十億円であると発表しました。 同様に傘下のは86%の収益減となっており苦境に立たされています。 は第一位。 他と比べても段違いの額であり、2019年の苦戦の度合いがよくわかります。 特に北米での売り上げがふるいません。 元々北米でのシェアを押し上げていたのは販売奨励金を利用して安売りしたことが要因です。 北米で日産が払ってきた販売奨励金は前期で1台当たり4000ドルとなっており他の車種と比べて1割ほど多いようです。 そのためにに定着したイメージは「割安な車」。 販売奨励金により収益性が下がったため、奨励金を絞ると、「安い」イメージが損なわれ車が売れなくなるジレンマに陥りました。 の失敗は大きなダメージになっておるのう。 、1万人のリストラを発表する そして2019年7月、は1万人のリストラを敢行して業績を回復させる方針を採用しました。 5月に既に約5000人のリストラを発表していたですが、今回はその人数を倍増させた1万人のリストラとなり、世間を騒がせています。 当然ながらその影響は株価や配当にも影響します。 6月には57円だった配当を40円として株主から怒りを買いました。 西川社長は「40円を底値として少しずつ上げていく」とのことですが、それもこの先どうなるかは保障されないでしょう。 96ポイント増となる782円となりました。 しかし、1万人のリストラという大きな悲劇とは裏腹に、 市場は事業の再編に期待を寄せているようです。 実際、1万人のリストラで 年間300億円の改善が見込まれるそうです。 終身雇用が崩壊と言われて久しい昨今で、、などがリストラを敢行した中、日産も負けず劣らずのリストラ案を出しました。 また損保ジャパンはリストラではありませんが同様の人員削減スキームを使い人件費を削減しています。 1万人のリストラは多くの労働者が職を失う大惨事ですが、資本家である株主にとっては300億円の損失補填である策の一つにすぎません。 トマピケティの提唱した、r>gという式は、資本主義の根幹をここでもよく表しているでしょう。 リストラ以前に、は下げるんだよね? ここで気になるところが。 現場の人間を削減するより最も優先して行わなければいけないところでしょう。 各社自動車メーカーのの比較です。 のは8人でおよそ総額は16億円。 ただし2018年のカルロスゴーン氏のは7億3500万円なので、残りの役員の平均報酬は1億円少々と言ったところでしょうか。 リストラ以前にこのを大幅に削らないと、反発は必至でしょう。 いつリストラにあっても大丈夫な準備をしよう ここからは いつもの話をしておきます。 会社の給与に完全依存しないよう、収入の柱を増やしておきましょう。 節約して出費を抑えておく• 副業をして給与以外にも収入を得る• 投資をして資産形成をしておく 労働して給与を得ることは重要です。 しかし終身雇用が崩壊した今、それも保障はないのです。 少しずつでもリスクをコンする力を身につけておきたいものです。 つみたてNISAでちょことちょこつみたてるのもいいと思うぞい。

次の

日産が1万2500名の人員削減へ、生産能力10%削減方針 国内リストラ

日産 子会社 リストラ

0%減となった。 国土交通省の出入り検査で、工場出荷前の完成検査に資格を持たない従業員が従事していたことが発覚。 10月20日までに国内の6つの完成車工場で国内向け車両の生産と出荷を止めた。 販売店への新規の車両供給をストップしたため、10月の登録車の販売は52. 8%減の1万2745台と急減した。 外部に生産を委託している軽自動車は出荷を続けたものの、ブランドイメージの低下から10月の販売台数は20. 4%減の9304台へと落ち込んだ。 11月3日までに国内6つの完成車工場で再発防止策の導入を終え、順次、国交省の確認を受ける方針を示している。 全6工場の生産が完全に軌道に乗る時期は見通せない。 国内向け車両の出荷停止は、部品メーカーにも影響が広がっている。 日産と親密な部品大手、 カルソニックカンセイの森谷弘史社長は10月26日、自社の生産停止に伴う休業補償費を日産に請求する方針を明らかにした。 費用請求の方針を示した部品メーカーは同社が初めてだ。 日産系の最大手のディーラーである日産東京販売ホールディングスの酒井信也社長も11月2日の決算発表の席上、無資格検査に伴う販売減の補償について日産本体に請求する方針を示唆した。 今後も追随する動きが出てくる可能性がある。 カルソニックは日産の追浜工場(神奈川県横須賀市)に自前の生産ラインを設け、計器板など運転席まわりの複合部品を組み立てて日産に供給している。 追浜工場内では派遣社員などを含め340人のカルソニックの従業員が働いている。 追浜工場が生産を中止したためカルソニックのラインも止まった。 生産停止が長引けば、休業手当を支払って自宅待機させている従業員の人件費や機会損失の補償を日産に求めるという。 カルソニックは日産の国内工場に専用ラインを設け、売り上げの8割が日産グループ向けだ。 日産の生産停止が長期化すると、経営への影響は避けられない。 カルソニックは今年初めまで日産の子会社で東証1部に上場していた。 手切れ金をふんだくられたカルソニックカンセイ 「日産から独立すれば、他メーカーとの取引拡大など発展の余地がある。 サプライヤーは強くあってほしい」 当時日産の社長だった カルロス・ゴーン氏(現会長)は、カルソニックを米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却することを決めた理由をこう説明した。

次の

日産、コロナに翻弄される「再建計画」の行く末 販売が急減、さらなる「リストラ策」は必至

日産 子会社 リストラ

1999年、経営危機に直面していた日産に出資した仏ルノーから送り込まれたゴーン前会長は「」を発表。 国内5工場の閉鎖とグループ全体の14%にあたる2万人超の人員削減などを打ち出したが、今回のリストラはそれに次ぐ規模となる。 東海東京調査センターの杉浦誠司アナリストは電話取材に、自動車業界を巡る環境が厳しさを増す中、米フォード・モーターやゼネラル・モーターズ(GM)なども大規模なリストラに着手しており、日産の決定は「その流れに乗っている」ものだと評価。 ただ、人員削減に必要なコストをすべて引き当てていないとみられることなどから、巨額の赤字を一度に出して臨んだゴーン改革と比べて「V字回復は限定的なものになるだろう」と述べた。 業績回復の専任役員を務める関潤専務は会見で、18-19年度に予定する6400人強の人員削減に必要は費用は昨年度までにほぼ引き当て済みとする一方、残りについては順次引きあてるとした。 出典:ブルームバーグ 西川社長は現在の低迷の原因としてゴーン体制で高すぎる目標を設定したことから販売奨励金やレンタカーなどの法人向け販売を増やして安売りを進めたこともあるとし、是正を進めることを表明していた。 4-6月の米国販売台数は3. 7%減の35万1000台。 北米事業の営業利益は6億8800万円と前年同期の495億円から大きく減少し、回復の兆しは見えていない。 西川社長はディーラー在庫は着実に減少しているとし、第2四半期の滑り出しは想定に近く、今期末までの挽回は可能との考えを示した。 一方、電動化や自動運転など新技術への対応で増えている開発費は今後も膨らむ見通しで22年度までに足元から10%の増加を見込んでいると述べた。 4-6月期の世界販売• 6%減の123万1000台• 日本:2. 6%減の12万6000台• 中国:2. 3%増の34万4000台• 北米:6. 3%減の45万2000台• 欧州:16%減の13万5000台• その他:13%減の17万4000台 米国と中国の二大市場で新車販売が低迷する中、他の自動車メーカーも苦しんでいる。 三菱自動車の4-6月期の営業利益は前年同期比86%減の39億円と最も低い市場予想を下回り、経常損益は赤字に転落した。 車種構成など販売内容が悪化したほか為替のマイナス影響も受けた。 独ダイムラーも今月、過去1年余りで4回目となる利益予想のを発表。 世界的な需要低迷に対応するためコスト削減の取り組みを強化し、車種のラインアップを縮小するを公表していた。 ゴーン体制の反省を踏まえて、日産では指名委員会等設置会社への移行など社外取締役を強化して権力の集中を排除する取り組みを進めている。 西川社長は「果たすべき責任の大きなマイルストーンは越えた」とし、今後は「できるだけ早い段階で指名委員会で後継の議論をしてもらいたい」と話した。

次の