中国 コウモリ - 中国「コウモリ女」を標的に新型コロナ起源論争が再燃 トランプ大統領の狙いとは(木村正人)

コウモリ 中国 新型コロナ「起源疑惑」の武漢研究所、「手を噛まれた」素手でコウモリを触る映像が4年ぶりに再公開(WoW!Korea)

武漢研究所でコウモリを飼育=豪メディア

コウモリ 中国 中国「コウモリ女」を標的に新型コロナ起源論争が再燃 トランプ大統領の狙いとは(木村正人)

コウモリ 中国 中国の「コウモリ女」 発生源めぐる非難に反論|テレ朝news

コウモリ 中国 中国の研究者が「コウモリから新型コロナに近い4つのウイルスを発見した」と発表(クーリエ・ジャポン)

中国「コウモリ女」を標的に新型コロナ起源論争が再燃 トランプ大統領の狙いとは(木村正人)

コウモリ 中国 【悲報】中国 コウモリから新ウイルスが発見される「新たなコロナウイルスを複数発見」ほんとか?アリバイか?

中国人コウモリ食べるヨ!蝙蝠は縁起物!スープ?生で刺身?衝撃のコウモリ料理

コウモリ 中国 【悲報】中国 コウモリから新ウイルスが発見される「新たなコロナウイルスを複数発見」ほんとか?アリバイか?

コウモリ 中国 【グロ注意】中国の新型コロナウイルスはコウモリが感染源だった!?スープや刺身がヤバイ! │

コウモリが家の中に!幸運で縁起がいい理由と捕まえ方は?

コウモリ 中国 【悲報】中国 コウモリから新ウイルスが発見される「新たなコロナウイルスを複数発見」ほんとか?アリバイか?

【悲報】中国 コウモリから新ウイルスが発見される「新たなコロナウイルスを複数発見」ほんとか?アリバイか? : まとめダネ!

コウモリ 中国 中国の縁起物 【縁起の良い物・縁起の悪い物】

中国の縁起物 【縁起の良い物・縁起の悪い物】

コウモリ 中国 武漢研究所でコウモリを飼育=豪メディア

新型コロナ「起源疑惑」の武漢研究所、「手を噛まれた」素手でコウモリを触る映像が4年ぶりに再公開(WoW!Korea)

cdn.snowboardermag.com : 中国研究チーム、コウモリから新たなコロナウイルスを複数発見

つまり、『コウモリを食べた人がウイルスの発生源』という説は真っ赤な嘘です。

  • そこで、今回は2019-nCoVは人間の呼吸器である肺の上のACE2細胞のタンパク質を入り口として採用されました。

  • 2019年11月に研究員が謎の入院 アメリカでは情報機関から、武漢ウイルス研究所の研究員、数人が2019年11月(パンデミックの前)に体調不良を訴え、入院を余儀なくされていたことが報告された。

  • 2017年12月29日に中国で放映された この映像には、半袖・半ズボンの服装の研究陣たちが 手袋以外には何の保護装備も着用せず、感染力の高いコウモリの排泄物を採取する姿が映し出されていた。

cdn.snowboardermag.com : 中国研究チーム、コウモリから新たなコロナウイルスを複数発見

新型コロナウイルス禍の起源を巡っては議論があるが、世界保健機関(WHO)の報告書では動物が感染源となった可能性が高く、おそらくコウモリが感染源になったと指摘している。

  • いかに多くの困難があろうと、『叛逃(国に背いて亡命すること)』のデマにあるような状況にはなりえない」と否定したうえ「我々は何も間違ったことはしていない。

  • でも、大体埼玉とか千葉とか住んでいる人って、やっぱり東京とか出る用事とかっていっぱいあると思うんです。

  • 毒を入れているからかもしれないとか言われたことがあるんですけれども、勘弁してくださいよっていう話で。

なぜ中国人は新型コロナウイルスの発生源らしいコウモリを食べるのか?=浜田和幸

次回は武小華博士の告発文の最終回になります。

  • WHOも4月21日に「新型コロナウイルスは昨年後半、動物を起源として誕生し、実験室で操作されたり造られたりしたものではない」と釘を刺しています。

  • だとすると、業者がそういうふうに給食をちゃんと作っているんだとしたら、なぜ混入しているかというと、それは入管職員が混ぜるしかないですよねという話になってくるわけ。

  • 筆者(左)と、織田さん。

新型コロナ流行させた?!中国の「食」と「漢方」、世界のリスクに―過去にもSARS流行【補足あり】(志葉玲)

『』(リンク先で倒福の習慣・由来について詳しく紹介しています) 中国で縁起の悪いもの 中国で縁起の悪い「色」 中国で縁起の悪い色彩は白です。

  • ところが入管でやっていることというのは、精神的ケアどころか、先ほどの懲罰房に、たった3畳ぐらいしかない、下手すると窓すらもないような部屋に閉じ込めて、ケアしないといけない人たちを、ケアするどころかよりひどい状況に追い込んでいくという、そういうことを繰り返しているわけですから、そりゃむしろなんのストレスやなんのPTSDもなくて、収容所から出られるほうがむしろおかしいんじゃないかって、そう思いますよね、織田さん。

  • それで、だけどもやっぱり難民の、自分は危ないと、帰ったら危ないと思っている方は帰れないんです。

  • どうぞ。

新型コロナ流行させた?!中国の「食」と「漢方」、世界のリスクに―過去にもSARS流行【補足あり】(志葉玲)

「ウイルスは武漢の研究所から発生」 [ロンドン発]新型コロナウイルスについてアメリカのドナルド・トランプ大統領やマイク・ポンペオ国務長官が「中国湖北省武漢市のウイルス研究所から発生した」と改めて主張したため、ウイルスの起源を巡る論争が再燃しています。

  • で もちょっとでも言い返したりすると、すぐ10人ぐらいばーってきて制圧されてしまう。

  • だけどもう一回申請したことに関して、正当な理由なく前回と同様の主張を繰り返した案件みたいなことを言ってくるわけなんですけれども、実際どういうような人が認められなかったかというと、 例えば自国で反政府デモに参加したと。

  • 私は懺悔(ざんげ)しないといけません。

cdn.snowboardermag.com : 中国研究チーム、コウモリから新たなコロナウイルスを複数発見

でも封をちゃんとしてあればいいじゃないですか。

  • 今回のサンプルの大半はキクガシラコウモリ科コウモリの複数の種から採取された。

  • やっぱり収容されたからには、自分の生活を一気に奪われてしまうわけなので、やっぱりそれなりの理由は教えてもらいたいと思うんですけれども、理由を教えてくれないんです。

  • そういう、割と厳しいんです。

中国の「コウモリ女」 発生源めぐる非難に反論|テレ朝news

しかしこれは、人間には移りません。

  • これは私が率いてきた仕事や15年間協力してきた実験室への批判だ」「そこには生きている、あるいは死んだはいない。

  • トラの骨やサイのツノなど、野生動物を原料とした漢方薬の効果には科学的な根拠がないにもかかわらず、中国では根強い人気がある。

  • 最後までご覧いただきありがとうございました。

【悲報】中国 コウモリから新ウイルスが発見される「新たなコロナウイルスを複数発見」ほんとか?アリバイか? : まとめダネ!

センザンコウとは全身を鎧のようなウロコで覆われたアリクイのような哺乳類。

  • 「新型コロナウイルス感染症の発源地が、中国武漢市の研究所だ」という疑惑が 全世界的に再び拡がっている中、最近 米ニューヨークポストは「新型コロナ発生前に 武漢ウイルス研究所(WIV)の科学者たちが、きちんとした保護装備を着用することなく 素手でコウモリを掴んでいる」などの場面を報道した。

  • そこには、研究者が素手でコウモリを持っている様子や、チームメンバーが半袖・短パン姿で、手袋以外の個人防護具(PPE)を身につけずに、感染力の高いコウモリの糞を採取している様子も映し出されている。

  • 欧米各国が中国への損害賠償請求の動きを見せるなか、核心人物亡命の噂に各国メディアは浮足立っている。




2021 cdn.snowboardermag.com