ドコモ光 プロバイダ変更。 【2020年7月最新】ドコモ光のプロバイダ25社から比較したおすすめBest10!

ドコモ光のメールアドレスはどうなる?プロバイダ変更・解約するとメールアドレス残し可能?それとも変わる?

ドコモ光 プロバイダ変更

新プロバイダーを選択する プロバイダーを変更するということは、現状のプロバイダーになんらかの不満を抱えているケースが多いのではないかと思います。 その不満を踏まえて、新しいプロバイダーではその不満の解消を期待しているはずです。 もしプロバイダーをわざわざ変更しても不満が解消されなければ、まったく変更する意味がありません。 だからこそプロバイダー変更の際には、新しいプロバイダー選びを失敗しないように、詳細内容を吟味する必要があります。 そのためには、まず現状のプロバイダーで感じた不満は何なのか、新しいプロバイダーにはどういう点を必須項目として求めているのかを明確にしておきましょう。 そうすれば、その基本となる条件に基づいてプロバイダーを選択することができますので安心です。 ドコモ光のプロバイダー変更方法 ドコモ光のプロバイダーの変更方法は、最初にお伝えしたとおり、二通り用意されています。 一つは ドコモショップでの手続き。 もう一つは ドコモインフォメーションセンターでの手続きです。 通常のプラン変更や申し込みに用意されているWEBからの申し込みには対応しません。 お勧めはやはり電話での受付です。 ドコモショップにわざわざ足を運ぶのはなかなか大変です。 どうしてもドコモショップで手続きをしたいという場合には、できる限り待ち時間を短縮するために、必ず事前に来店予約をしておきましょう。 また、対応時間も一般的なドコモショップの営業時間よりも開始終了それぞれ一時間ほど長めに設定されていますので、そういう意味でも利用しやすいと思います。 ドコモ光・プロバイダー変更の手続きパターンと費用 手続きパターンと手数料一覧 ドコモ光のプロバイダー変更には、いくつかのパターンがあります。 それぞれにかかる手数料は以下の通りです。 ただし、ドコモ光提携プロバイダー内での変更の場合には、プロバイダーごとの解約金などは基本的には発生しないケースがほとんどですが、 一部プロバイダーと変更内容によって別途費用が発生するケースがありますので、必ずプロバイダーごとに確認しておく必要があります。 手続きにあたっての注意事項 各パターン共通の注意事項 ドコモ光のプロバイダー変更のパターンにかかわらず共通する注意事項として、ドコモ光提携プロバイダーが契約申し込みを承諾しなかった場合、変更手続きの取り消しが必要となり、場合によってはプロバイダセットプランから単独プランに変更になることもあるという点があります。 そもそもプロバイダーから契約申し込みを承諾されないというケース自体、なかなかないとは思いますし、実際にそういうパターンに陥ったとしても基本的にはドコモから事前に連絡があるということなので、問題はないと思われます。 また、ドコモ光とセットでのプロバイダー契約は、基本サービスのみがセットとなっており、個別に プロバイダー独自のオプションサービスを申込みした場合、その請求はドコモ光とは別途請求となり、その支払いが万が一遅延した場合には、プロバイダーサービス自体の利用停止、または解約になる場合があるということなので注意しましょう。 旧プロバイダーの廃止は、新プロバイダーが利用可能となった日以降となるため、利用できないタイミングは基本的に発生しません。 プロバイダーを変更した場合、旧プロバイダーは 自動解約になるケースが多いですが、プロバイダーによって解約にならず有料プランや無料プランへ変更となったりすることもあるため、 必ず「」を確認しておく必要があります。 また、もし既に契約中のプロバイダーをドコモ光提携プロバイダーとして指定した場合、提携プロバイダーによってはプロバイダー契約のプラン変更として取り扱われ、違約金などを請求される場合があるため、この点も確認しておきましょう。 プロバイダー変更に伴う注意事項は主に旧プロバイダー側の注意事項がほとんどで、 新プロバイダー側の注意事項としては、必要なオプションサービスは各プロバイダーに個別に申し込みが必要となり、請求もドコモ光とは別に発生するという点のみです。 プロバイダー独自のオプションサービスについての扱いが別になるという点と、プロバイダーによって基本契約そのものが自動解約にならないケースもあるので、必ず確認が必要です。 さらに タイプAとタイプBをまたぐ場合、ドコモ光の料金が変更となります。 変更のタイミングとしては、 新プロバイダーの利用開始日より変更になります。 また、解約のタイミングを間違うと、インターネット自体が利用できないタイミングが発生する可能性があるため、 必ずドコモ光の新プロバイダーのID・パスワードが届き、接続設定までして動作の確認をした上で解約手続きを行うようにしましょう。 また、ドコモ光の料金プランは、 新プロバイダの利用開始日より切り替わります。 タイプA/タイプB対応プロバイダーの廃止 ドコモ光のタイプA/タイプB対応プロバイダーを廃止するパターンとしては、 ドコモ光を単独タイプで利用しながらプロバイダーはドコモ光提携外のプロバイダーを利用したい場合、ということになります。 あまりないケースとは思いますが、このパターンの場合は、廃止手続きの即日、旧プロバイダーが利用不可となるため、必ず事前に新しいプロバイダーを自身で契約手続きしておく必要があります。 ただ、 一部のドコモ光提携プロバイダーは、継続して利用可能となるケースもあるので、いずれにしても 各プロバイダーごとに即解約となるのかどうか、確認しておく必要があります。 まず大前提として断っておきますが、今回の私のプロバイダー変更は、GMOとくとくBBに何らかの不満があったわけではありません。 逆に、非常に使い勝手のいいプロバイダーとしてGMOとくとくBBを評価したからこそ、あえて他のプロバイダーと比較するために変更してみようと考えたわけです。 変更の手順として、まずドコモインフォメーションセンターにプロバイダー変更のための電話をかけました。 手続き自体は非常に簡単で、数分で終わります。 その際に上記記載したようなプロバイダー変更時の注意事項を合わせて説明されます。 今回の場合は、プロバイダー変更手数料が3000円かかるということ、プロバイダーの個別オプションを利用していたら別途連絡が必要であること、タイプA同士の変更なのでプラン変更はないこと、万が一契約できなかった場合は連絡があり、そのまま継続するか確認されることなどの説明がありました。 切り替えのタイミングは通常10日ほどで実施されるということでしたが、今回は年末年始を挟むため、三週間程度かかることになりました。 切り替え予定日が提示され、その日の前に切り替え確認の書面も送られてくるということでした。 ちなみに、切り替え日は指定されるものの、新プロバイダーであるBIGLOBEのIDとパスワードが書面で送られてくれば、設定さえすれば基本的に切り替えは可能となります。 実際に試してみて、切り替え日以前にBIGLOBEで通信が利用できることも確認しました。 指定された切り替え日をもってGMOとくとくBBが解約になるのかも確認したのですが、この部分についてはプロバイダーごとに違うというドコモの言い分であり、少しあいまいになってしまうようです。 ドコモ光のプロバイダー変更に関する注意事項を見る限りにおいて、「プロバイダの廃止は新プロバイダが利用可能となった日以降となります」と記載されているため、「いつ」という具体的な表記まではされず、利用開始されたあとに順次廃止、と取ることもできます。 実際のところ、廃止になったあとも、機器にデータが残り接続ができてしまったというケースもあるようなので、かなり曖昧です。 とりあえず深く考えずに早めに設定の切り替えをすればいい、ということのようです。 ちなみに私の場合、 切り替え日から5日ほどでそれまで利用していたGMOとくとくBBが利用できなくなりました。 タイプAとタイプBで切り替えの場合には料金が変わってくるため、その切り替えのタイミングは、 実際に切り替えたタイミングにかかわらず、指定された切り替え日を基準として計算されるようです。 関連記事:「」 プロバイダー切り替え時、新プロバイダーにドコモからの情報が遅延することがある? 今回GMOとくとくBBからBIGLOBEに切り替えをし、BIGLOBEのホームページ上からIP v6オプションと無線LANルーターのレンタルを申込しようとしていたのですが、実際に切り替え日になってもBIGLOBEのマイページに「ドコモ光」が反映されていませんでした。 そのため、BIGLOBEのサポートセンターに問い合わせた結果、ドコモからの情報が遅れることがあり、最大二週間程度反映が遅れる場合がある、という回答でした。 いくらなんでもそんなに遅れてもらうと困るなぁと思いましたが、実際に反映したのは5日後でしたので、ギリギリというところでしょうか。 ただ、無線LANルーターレンタルを実施するにあたって、それでもまだエラーが出てしまいました。 支払い状況に問題があるため・・・とあったので、おそらくこれが原因だと思っていました。 これが完了するまで無線LANルーター(Wi-Fiルーター)レンタルの申し込みができないのはきつい、と思ったので、思いついた一つの方法をとってみました。 支払い方法をクレジットで即時設定する、という方法です。 そもそもドコモ光の場合、支払い方法はドコモと合算されるのですから、BIGLOBE単独の支払い方法設定は本来必要ないはずなのですが、今回何故それが必要になってしまっていたかというと、Wi-Fiルーターのレンタルを実施すると、ドコモとの合算請求外として、ルーターレンタル料金が発生してしまうので、その分の支払い方法を設定する必要がある、というわけなのです。 そのため、NTT料金、つまりドコモとの合算請求という手続きが完了するのを待たずとも、同じ自分のから引き落としという形で設定してしまおうと考えたわけです。 この方法は、ズバリ成功しました。 クレジット払いでBIGLOBEの支払い設定が完了したことで、すぐに無線LANルーターレンタル手続きもできるようになりました。 合わせてIP v6オプションの申し込みも完了しました。 あとは送られてくるのを待つだけです。 いずれにしても、プロバイダー変更手続きには、ある程度慣れていてもこのような細かいトラブルがつきものだったりもするので、実際に変更しようと考える場合には、慎重にならざるを得ないところかもしれません。 ゆえに、余計に最初のプロバイダー選択を間違わないようにしたいところです。 関連記事:「」.

次の

ドコモ光のプロバイダの変更方法と設定前に知らないと損する注意点!

ドコモ光 プロバイダ変更

対応していない場合は混雑している時間帯の速度が極端に遅くなる可能性が高いです。 で使えるプロバイダ24社の比較表を用意しました。 ドコモ光はプロバイダを選べますが、料金などの契約体系は一括タイプの光回線です。 ドコモ光公式、もしくは提携プロバイダのどちらかから申し込めば、もう片方の手続きは必要ありません。 タイプA・Bで料金が違うほか、 IPv4 over IPv6 v6プラスなど の対応状況、 特典内容などで比較していきたいですね。 ランキング作成基準• 通信品質の高さ(公式や口コミ、測定サイト情報を基に判断)• 更に、 Wi-Fiルーターの無料レンタルは、他社よりもハイスペックな機種が用意されています。 GMOとくとくBBより少し遅いものの、十分に速い実測値となっています。 ただ、 無料レンタルできるWi-Fiルーターの機種が、GMOとくとくBBよりも一回り低スペックなんですよね…汗 Amazonで5,000円ぐらいの機種で、最大速度は867Mbpsになります。 無料の訪問サポートもありません。 その分、 オプション条件なしの時のキャッシュバックが10,000円と、高額になっています。 DTIはかなり良い条件のプロバイダですが、 GMOとくとくBBと比べると少しだけ劣ってしまうな~といった印象でした。 「みんなのネット回線速度」によると、 平均値は180Mbpsでドコモプロバイダの中で3位となっています。 問題ない速さかと思いますが、やはり GMOとくとくBBと比べると少し劣ってしまいますね…。 また、 ぷららは無料レンタルできるWi-Fiルーターのスペック詳細が不明なのも気になるところです。 「お客様でメーカーおとび機種を選択いただくことはできません」と記載されています。 ぷららも条件が良いプロバイダですが、 やはりGMOとくとくBBと比べると少し劣ってしまうな~といった印象ですね。 ドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ! GMOとくとくBBのおすすめポイント• ドコモ光のプロバイダの中で最も通信品質が高い• 無料レンタルできるWi-Fiルーターがハイスペック• 訪問サポート無料・マカフィー1年無料• キャッシュバックは5,500円~最大20,000円 今回、ドコモ光のプロバイダ全24社を調べてみましたが…、 一番おすすめ出来るプロバイダは「GMOとくとくBB」だと思いました! 1位の決め手は「通信品質の高さ」ですね!自社計測の平均値は約320Mbps、速度測定サイトでもドコモ光プロバイダ内で1位と、優れたプロバイダである事が分かります。 キャンペーン内容も優れており、 特にWi-Fiルーターは他社と比べてもハイスペックな機種が無料で使えます。 訪問サポートも無料ですし、設定が不安な方も安心です! 特典も通信品質も良い「GMOとくとくBB」、是非ご利用を検討してみてください…! ドコモ光のプロバイダ選びの3つのポイント プロバイダの選び方• ランキングの基準にもなっている、プロバイダ選びの3つのポイントを紹介していきます。 1.料金が安いタイプAに属するプロバイダから選ぶ 税抜 戸建て マンション タイプA 5,200円 4,000円 タイプB 5,400円 4,200円 単独タイプ 5,000円 + プロバイダ料 3,800円 + プロバイダ料 工事費 18,000円 15,000円 キャンペーン期間中は工事費無料 初期費用 契約事務手数料:3,000円 契約期間 2年 違約金 13,000円 8,000円 ドコモ光は 選択するプロバイダに応じて「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」の3つがあり、料金も異なります。 タイプAが最も安く、 タイプBは200円高額、 単独タイプは別途プロバイダ契約が必要なので高額になりますね。 料金が高いタイプBが高品質なプロバイダなのか?と言ったら、そういう訳でもありません。 ドコモとプロバイダ間の契約内容の都合でしょうか…? なので、 料金が安い「タイプA」から選びましょう…! IPv4 over IPv6 とは…? IPv4アドレス・IPv6アドレス両方で、通信速度が速い「IPoE方式」で接続できる通信方式のこと。 IPv6 IPoEやv6プラス、単にIPv6オプションと呼ばれる事もあります。 の通信速度は、プロバイダによって異なります。 ドコモ光を使う場合、 通信速度が速い「IPv4 over IPv6」に対応しているかどうか、は重要になってきます…! 従来の接続方式である「PPPoE方式」は混雑や設備的な問題から、通信速度が遅くなってしまいます。 ひどい場合だと、10Mbpsも出ないなんて事も…。 新しく登場した「IPoE方式」は混雑に強く、PPPoEとは別の通信設備を利用するため設備的にも余裕があります。 IPoE方式を使えば、常時100Mbps以上は安定するでしょう! ただ、 このIPoE方式は本来IPv6アドレスでしか使えない仕組みです。 技術の進歩により、 IPv4アドレスでもIPoE方式を使えるように実現したのが「IPv4 over IPv6」です! 「IPv4 over IPv6」は各プロバイダではなく、専門の事業者 VNE事業者 が提供しています。 事業者によってサービス名が異なるため、名称にバラつきがあるんですね。 v6プラスはJPNE社が提供するIPv4 over IPv6です。 長くなってしまいましたが…、 IPv4 over IPv6に対応したプロバイダを選ぶようにしましょう! チェックしたいキャンペーン内容• キャッシュバック• ルーター無料レンタル(ルーターの性能もチェック)• 訪問サポート無料• ドコモ光は申込先や利用プロバイダによって、キャンペーン内容が異なります。 ドコモ光の場合、キャッシュバックは最大で20,000円(ドコモ側で取り決めがあるのかも…?)で、ルーター無料レンタルや訪問サポート無料が多いですね。 おすすめの「GMOとくとくBB」は、特典内容は良い感じですが、キャッシュバックはオプション条件が多めです。 オプション不問で選ぶならDTIの無条件10,000円が優れています。 どこを重視するか?でプロバイダ選びも変わってきますね。 GMOとくとくBBはルーターが高性能なので、その分オプション条件なしの時のキャッシュバック額が低いのでしょう。 この記事で紹介したプロバイダのキャンペーン内容以外にも、代理店が実施しているキャッュバックなどもあります。 について、詳しくは下記記事も参考にしてみてくださいね。 申込は電話 or ドコモショップのみで、WEB上で手続きは出来ません。 プロバイダ変更の際に、プロバイダの違約金は発生しません。 が、ルーター無料レンタルを利用している場合はルーターを返却する必要があります。 また、プロバイダのオプションを利用している場合は、オプション解約の旨をプロバイダ側まで連絡しないといけません。 手数料3,000円のみで変更できるので、現在使っているプロバイダの品質に不満がある方は変更してみてください。 まとめ.

次の

ドコモ光のプロバイダの変更方法と設定前に知らないと損する注意点!

ドコモ光 プロバイダ変更

「もっと通信速度のよいプロバイダーを利用したい!」「もっと安い料金でプロバイダーを利用したい!」「もっとセキュリティサービスが充実したプロバイダーを利用したい!」そんな思いからプロバイダーの乗り換えを考えたことはありませんか? 「でも、乗り換えのために工事をするのは面倒だし……」と考えているのなら、それはちょっと違います。 プロバイダーの乗り換えをする際、工事が必要ない場合があるってご存知でしたか?今回はプロバイダーを乗り換える方法とその手順をお伝えします。 プロバイダーの乗り換えとは? プロバイダーとはインターネット接続業者のことです。 つまり、ADSLや光回線などの回線を利用してインターネットに接続するためのサービスを提供している業者です。 プロバイダーの乗り換えとは、その業者を変えることです。 回線を変えることとは別なので、それまで利用していたADSLや光回線はそのまま使えます。 たとえばインターネットに接続するために新規にフレッツ光を利用するとなると、プロバイダーと新規に契約するのと同時に、NTT東日本・西日本と回線を利用するための契約もします。 この状態からプロバイダーを乗り換える場合、すでに回線はつながっているので、新しく回線の契約をする必要も、工事をする必要もありません。 プロバイダーを乗り換えても、インターネットの設定を変更するだけで以前と同じ回線がそのまま使えます。 プロバイダーを乗り換える手順 プロバイダーを乗り換える際の手順ですが、まずは乗り換え先のプロバイダーに申し込みをします。 インターネットから申し込めば、だいたい申し込みから3日~1週間程度で利用できるようになります。 次に現在使用しているプロバイダーの解約手続きをしましょう。 解約はインターネット上で行えるプロバイダーもありますが、解約窓口に電話をしなければならないプロバイダーも多いです。 その場合、電話をして書類を送ってもらい、それを返送して解約完了となります。 最後に、乗り換え先のプロバイダーからプロバイダーカウントのIDとパスワードが届いたら、パソコンでインターネットに接続するための設定をします。 プロバイダーを乗り換える際の注意点 まずプロバイダーを乗り換えるとそれまで使用していたプロバイダーのメールアドレスが変わります。 メールアドレスだけを利用できる契約もありますが、その分の料金はかかることになります。 また、乗り換え前のプロバイダーの解約日と、乗り換え先のプロバイダーでインターネット接続ができるようになる日をうまく調整しないと、インターネットに接続できない空白期間ができてしまいます。 日常的にインターネットを使っている人は空白期間ができないように各プロバイダーにスケジュールを確認して、うまくスケジュールを調整しましょう。 実は重要!プロバイダーを乗り換える時に考えたいルーターのスペック プロバイダーを乗り換える時に気になるのが通信速度です。 しかし、プロバイダーを乗り換えただけでは、せっかくの新しいプロバイダーのポテンシャルを活かしきれていないかもしれません。 実は通信速度に大きく影響するのがルーターのスペック。 特に注目すべきポイントは4つです。 通信規格は高速通信に対応しているか?• 最大通信速度は高速か?• ルーターのアンテナ性能(電波強度)は十分か?• 接続方式はIPv6 IPoEか? あなたがお使いのルーターは上記の要件を十分に満たしていますか? 新たに光回線の開通を検討している方に朗報! をご存知でしょうか?国内で500万回線を突破しているドコモ光の特徴は安定したドコモ光の回線スピードと、それを活かす最新鋭のルーターがずっと無料で使えることです。 通常の光回線サービスですとルーターが付属していない、もしくは付いていたとしても光回線が開通した後にルーターが送られてきます。 この最新鋭のルーターの接続方式は、もちろんIPv6 IPoE。 従来の接続方式IPv4 PPPoEでは経由しなければならなかったNTTの基地局からプロバイダへの回線経路「網終端装置」を通らずともインターネットへ接続できるため、光回線が本来持っている速度を引き出しやすくなります。 そして、このルーターはIPv4にしか対応していない、Webサイトにも接続可能です。 さらに、ドコモのスマホ回線を契約している方は毎月最大2,251円も通信費用を抑えることが可能です。 また、ドコモ光では、15,000円のキャッシュバック特典や、工事費最大18,000円が無料になる特典もございます。 この機会に是非一度、特典内容をご確認ください。

次の