条件 付き 書式 空白 以外。 条件付き書式 空白の時・空白ではない時セルに色をつける

条件付き書式でテキストボックスの空白を返す式

条件 付き 書式 空白 以外

結論だけ欲しかった人はここまで読めば十分です。 数式の書き方について 文字列一致を調べる場合は、こんな感じで書いていく。 「C3」の部分は、設定範囲内の任意のセル1つのセル番号。 色付けしたい範囲を選択する マウスドラッグで選択。 条件付き書式を選択する ホームタブにある「条件付き書式」のボタンをクリックする。 プルダウンで色々出てくるが、その中から「新しいルール」を選択する。 すると、以下の様なウィンドウが開くので、「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択する。 テキストボックス内に以下を入力する。 「C3」の部分は、選択範囲内に含まれるセル番号をどれか1つ書けばいい。 あとはエクセル側がうまく処理してくれる。 範囲内で一番左上のやつを書いてあげるのが無難かもしれない。

次の

空白以外の条件付き書式-2007以降:Excel(エクセル)の使い方

条件 付き 書式 空白 以外

下図のようにデータを入力しています。 途中に入力されていないセルが有るので、空白のセルを目立つように塗りつぶしたいと思います。 条件付き書式で色を塗りつぶしたいセル範囲を選択します。 [指定の値を含むセルだけを書式設定]を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、書式を設定します。 「塗りつぶし」タブを選択して、背景色を選択します。 [OK]ボタンをクリックします。 空白セルが指定した書式で塗りつぶされ、目立つようになりました。 条件付き書式で色を塗りつぶしたいセル範囲を選択します。 [指定の値を含むセルだけを書式設定]を選択します。 下図のように空白でないセルが塗りつぶされました。 空白のセルを塗りつぶす• 条件付き書式で色を塗りつぶしたいセル範囲を選択します。 [数式を使用して、書式設定するセルを決定]を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、書式を設定します。 下図のようになります。 空白でないセルを塗りつぶす• 条件付き書式で色を塗りつぶしたいセル範囲を選択します。 [数式を使用して、書式設定するセルを決定]を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、書式を設定します。 下図のようになります。 実は、下図のように E列には数式が入力されています。 空白と思って入力されては困る・・・と考えました。 数式で返されている"" 空白 のセルは条件付き書式のルールから除外したいと思います。 途中の操作手順は上記と同じです。 [数式を使用して、書式設定するセルを決定]を選択します。 [書式]ボタンをクリックして、書式を設定します。 期待した結果が得られました。

次の

空欄に条件付き書式が適用されないようにしたい

条件 付き 書式 空白 以外

【条件付き書式】複数条件(OR)でセルを色付けする方法【エクセル】 こんにちは、K2です。 エクセル(Excel)の 「条件付き書式」は、ある条件に当てはまるセルだけ、自動的に背景色や文字の色・書体などの「書式」を変えることのできる機能です。 今回はこの条件付き書式に OR関数を組み合わせ 、「~または~の場合に書式を適用する」という複数条件を設定する方法をご説明します。 こちらの架空のスケジュール表でご説明します。 曜日の列のうち、「土」または「日」のセルだけを色付けするよう設定したいと思います。 曜日の書いてあるセルを、ドラッグで全て選択します。 「数式を使用して、書式設定するセルを決定」からは、数式を入力することで、条件付き書式のルールを自由に作ることができます。 まずは、 条件に当てはまるセルをどのような書式にするかを設定します。 「新しい書式ルール」ダイアログ内の「書式」ボタンをクリックします。 「セルの書式設定」ダイアログが開きます。 今回はセルの色を変えたいので、「塗りつぶし」タブを選択。 背景色を選んで「OK」をクリックします。 次に、ルールを設定します。 数式の仕組みをご説明しますね!まずは外枠の、OR関数から。 OR関数の中身はこのようになります。 入力してOKを押すと…土日のセルだけ色付けされました! ちなみにOR関数内の条件はいくつでも増やすことができます。 金・土・日曜日が色づけされました!.

次の