き おき お。 【Excel】1行おきに色を付けると大きな表でも見やすくなる!エクセルで行の背景をストライプにするテク

~おきに

き おき お

やおきファーマーズクラブは、「 日々のライフスタイル」と「 お子さんの教育環境」を見直す機会・環境を提供することを目的として活動しています。 日々のライフスタイルですが、「 農ある暮らし」を日々の生活に取り入れていただくことを重点においています。 日常生活は、時間に追われる忙しい生活をしている人がほとんどです。 時間に追われると心に余裕もなくなり、ゆっくりとした時間や食事をすることができなくなってきています。 その結果、ストレスも蓄積されてきて心身の健康バランスも取れない状態にもなってきている方もいらっしゃいます。 私自身の経験ですが、週末家庭菜園をしていたおかげで心身の健康バランスを保てたと強く感じています。 自分で野菜やお米を育てることは、安心安全でおいしい食材を食べることになります。 食べ物は人の心身を創るものです。 当たり前のことですが、忙しい日常では大切に出来ないことになっているように感じます。 「食」という字は「人を良くする」と書きます。 また、農ある暮らしは自然あふれる空気や土に触れることになります。 きれいな空気や土が心身の浄化につながる効果もあります。 「 農ある暮らしをするのは難しいのでは?」と参加者の方はみなさん疑問に感じられます。 イメージとして野菜を作るのは農家さんでないと出来ないというのはあります。 ですが、野菜の形はいびつですが、とてもおいしい野菜を作れています。 自分で消費する分はそれで十分なのです。 最低限の労力で野菜を作れるようになるには、さほど難しいものではありません。 一人でも多くの方に「農ある暮らし」をして心豊かなライフスタイルを得ていただきたいと願っております。 自然あふれる空間・環境は「お子さんの教育」に大きな影響を与えるものだと私は実感しています。 自然あふれる空間で遊びまわり、田畑に触れることは学校で学習したことを体感する機会になります。 さらに、お子さんの健やかな成長に寄与します。 大人だけでなく、お子さんにとっても「 自分らしく成長するきっかけ」になります。 農作業など経験されたことない方も安心してご参加ください。 農家さんになるための「ガッツリ農業体験」ではありません。 のんびりとした時間を過ごしながらも農業体験ができます。 吉間 哲矢 3月• 葉物野菜の種まき• 温床づくり• ヤーコン植え付け• 味噌づくり 4月• ジャガイモ植え付け• 枝豆種まき• 菊芋植え付け• サトイモ植え付け 5月• サツマイモ苗の植え付け• オクラ、落花生、モロヘイヤ、空心菜種まき• 夏野菜(茄子・ピーマン・トマト・きゅうり・ゴーヤ・スイカなど)の植え付け• じゃがいも、枝豆などに管理作業 6月• 田植え(田植え準備:代掻き)• 大豆種まき• タマネギ収穫• 夏野菜の剪定・管理• ジャガイモ収穫• キュウリやトマトなどの早めの夏野菜収穫 7月• ネギ植え付け• 夏野菜の収穫• 田んぼ草管理• 追肥作業 8月• 葉物野菜の種まき• キャベツ・ブロッコリー・白菜種まき• 田んぼ草管理 9月• 大根、ニンジン、ラディッシュ、葉物野菜(小松菜など)の種まき• ジャガイモ植え付け• 分葱植え付け• キャベツ、ブロッコリー苗植え付け 10月• 稲刈り・はざかけ(杭掛け)• 白菜の植え付け• イチゴ植え付け• ニンニク植え付け• 葉物野菜などの収穫 11月• 玉ねぎ植え付け• スナップエンドウ、葉物野菜種まき• 稲の脱穀• 大豆、葉物野菜、ヤーコン、落花生、菊芋、サツマイモ、サトイモ収穫• 収穫祭(芋煮・餅つき・新米など) 12月• 大根、ニンジン、白菜、ヤーコン、じゃがいも、葉物野菜などの収穫• 畑の片付け作業• 収穫祭• 餅つき(芋煮・餅つき・新米など) 1月• 根菜類の収穫• 草管理• 大豆の選別作業 2月• 夏野菜の種まき• (6月まで) 7月以降は14:00~のみとなります。 (大人の方が見学のみでも参加費はかかります。 親子農業体験という趣旨のため ご了承願います。 いかなる理由があっても、原則ご参加者からのキャンセルは料金が発生します。 開催日時は平日も事前相談いただければ可能です! 農ある暮らし宿泊体験 やおきファーマーズクラブでは、将来畑や田んぼがある暮らし(農地ある暮らし)や自給自足の生活、田舎暮らしをしたい方のための宿泊制度があります。 20代~30代の方に好評いただいております。 半農半X(半分農業&半分好きな仕事)というスタイルも若い世代のなかでは注目されてきています。 ゴールのない経済成長を求められる過酷な仕事で疲れた方がやおきファーマーズクラブには多く来られるようになっています。 まずは都会から近くの田舎にお越しいただき、あなたらしいライフスタイルを再発見しにいらしてください。 心よりお待ちしております。 パジャマはご用意ください。 公式アプリダウンロード 40代女性 毎週で通わせていただいています。 通うようになり、毎回とれたての野菜を使ったお昼ごはんを作って食べることで野菜の美味しさや料理の楽しさを知り、農作業の大変さや面白さを感じ、体力もつき、さわれなかったカエルやザリガニと友達になりました。 イキイキした娘の表情が嬉しい限りです。 お土産に収穫した野菜をもって帰ってきてくれた時には娘と料理して家族でおいしくいただいています。 本当においしい野菜です。 スーパーには売っていない味がします。 食べることを大切に丁寧に考えていらっしゃる素敵な先生のもと安心して色々なチャレンジができる環境だと思います。 小学校生活最後の一年に出会えたことはとてもラッキーでした。

次の

20代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

き おき お

山口線内を走行するキハ187系「スーパーおき」 (長門峡駅 - 渡川駅間 2008年8月3日) 概要 現況 運行中 地域 ・・ 前身 おき 運行開始 (前身の「おき」は) (JR西日本) 路線 起点 ・ 終点 営業距離 378. 1 234. 9 (鳥取 - 新山口間) 285. 4 177. 3 (米子 - 新山口間) 運行間隔 3往復 使用路線 JR西日本: 車内サービス 座席 普通車:1号車 普通車:2号車 技術 () 1,067 120 スーパーおきは、(JR西日本)が・ - 間を・経由で運行するである。 1975年に特急「 おき」として運転を開始し、2001年7月7日から現行の列車名としている。 山口線で運転されていたの沿革についてもここで記述する。 概要 [ ] に - 間が開業した際に、西部と新たに山陽新幹線の停車駅となった小郡駅(現在の新山口駅)を結ぶ新幹線連絡列車として、鳥取駅・米子駅 - 小郡駅間で特急「おき」として運転を開始した。 それまで山口線の優等列車は、山陰地方の西部から山口線経由で北部を結ぶが運行されていたが、これの系統整理により誕生した山口線初の山口県内唯一の特急列車でもある。 列車名の由来 [ ] 列車名はの北方のにあるに由来し、山陰本線の高速化事業の完成したに新型を投入した際に、「スーパー」を冠したものである。 運行概況 [ ] 現在の運行概況は次の通り。 鳥取駅 - 新山口駅間 378. 1km に下り2本・上り1本(3・4・5号)、米子駅 - 新山口駅間 285. 4km に下り1本・上り2本(1・2・6号)が運転されている。 そのため新山口駅が起点となっている山口線内では、下りが偶数、上りが奇数である。 から列車番号が変更され、それまでは1001D - 1006Dであった。 なお、鳥取駅 - 新山口駅間の走行距離378. 1kmは、日本国内の特急としては第2位の長さである。 停車駅 [ ]• 全車禁煙• なお、500番台が使用されることもある。 多客期は3 - 4両編成で運転される場合がある。 のみ連結されており、は連結されていない。 山口線内では振り子は非作動となる。 運転開始した1975年3月10日から今日まで定期列車としては一日3往復の運転であり、当初は - 間で運転されていた特急列車の余剰となったの6両編成が使用され、「」「」と共通運用であったが、翌10月にはに変更され、6両編成で運転されていた。 しかし、その内の1往復に関しては当時の国鉄昼行特急列車として異例ともいえるグリーン車非連結の編成となり 、さらには運賃・料金の値上げもあり空席が目立ち、には残る2往復のグリーン車の連結も廃止され、には3両編成にまで減車された。 キハ181系「おき」(1997年頃) 山口線優等列車概略 [ ] あきよし [ ] 3月にとの利用債より運転を開始したで、 - 間で運転を開始し、山口県西部から小倉・博多方面への利用に便利であることから好評であった。 運転開始当初はによる4両編成であったが、1960年6月に「」と共通運用になったことから、が連結された5両編成に変更された。 には経由で発着の列車も連結されていた。 にはさらに運転区間が延長され、石見益田駅(現在の)・ - 博多駅間に変更、には九州内での運転区間が延長され、翌年に化された。 九州内では、や・発着が設定されたり、本州内は、下りは発(浜田駅まで普通)上りは浜田行き(益田駅から普通)で、益田駅 - 厚狭駅間で分割された編成が山陰・山陽本線内で併結するなど、数年ごとに運転区間が変更されるなどして複雑な運転形態を取っていた。 1975年3月に小郡駅~厚狭駅間および小倉駅~博多駅間が廃止され、山口線内は「つわの(後述)」に立て替えられ、設定当初の山口市と福岡市を直通する役割はなくなった。 一方、美祢線・日田彦山線経由の系統は1985年3月13日まで残り、その後1992年3月13日まで山陰本線経由の「ながと」として急行運転された。 つわの [ ] 1975年3月10日のの岡山駅 - 博多駅間開業によるダイヤ改正に伴い、「あきよし」の系統立て替えや「しんじ」が系統分割されたことで運転を開始し、1980年9月30日に廃止されるまで小郡駅 - 間などで運転されていた急行列車である。 運転開始当初から一部の区間ではとして運転されており、全区間で急行列車として運転されたことはなく、上り1号は「おき」の運転時間帯に先行し、下り2号は「おき」より遅い時間帯に設定されるといった差異があった。 しかし、「あきよし」が担っていた小郡駅以西の直通や「しんじ」が担っていた浜田駅以東や伯備線への直通がなくなったため、が当初見込んだほどの利用客はなく、当時は山口線で優等列車が特急「おき」と本列車であわせて5往復運転されていたが、輸送力が過剰になったため、特急だけ残して本列車は廃止。 本列車のみ停車していた三谷駅・徳佐駅は特急停車駅となった。 山口線優等列車沿革 [ ] 「」も参照• (35年)• :山口駅 - 博多駅間で準急「 あきよし」が運転開始。 :上り列車に博多発行きの列車が併結されるようになる。 (昭和36年):準急「 」の運転区間が、 - 出雲市駅間(経由)から - 博多駅間(伯備線・山陰本線経由、石見益田駅 - 下関駅間は山陰本線経由と山口線経由に分割)に延長される。 (昭和38年):「あきよし」に - 博多駅間(経由)の列車が併結されるようになる。 (昭和39年)10月1日:「あきよし」の運転区間が、浜田駅・石見益田駅 - 博多駅間(浜田駅発着は美祢線経由、石見益田駅発着は山口線経由)に延長される。 (昭和40年)10月1日:ダイヤ改正により、次のように変更される()。 「あきよし」の運転区間が、浜田駅 - 間(山口線・経由)および浜田駅 - 間(美祢線・・経由)に延長される。 「しんじ」の運転区間が、宇野駅 - 小郡駅間(伯備線・山陰本線・山口線経由)に短縮される。 (昭和41年):「あきよし」「しんじ」が急行列車に変更される。 (昭和43年)10月1日:米子駅 - 小郡駅間でとして「 」が運転開始。 (昭和45年)10月1日:「さんべ」が定期列車化。 (昭和47年):「しんじ」の運転区間が、岡山駅 - 小郡駅間(伯備線・山陰本線・山口線経由)に短縮される。 「しんじ」「さんべ」の一部列車は山口駅 - 小郡駅間がになり、山口線内急行3往復で1975年3月改正まで推移。 「おき」時代 [ ]• (昭和50年):山陽新幹線全線開業に伴うダイヤ改正により、次のように変更()。 鳥取駅・米子駅 - 小郡駅間で特急「 おき」3往復が新設され、運転開始。 「」とキハ80系を共通運用した。 江津駅・浜田駅 - 小郡駅間の急行「 つわの」2往復が運転開始。 (「あきよし」・「しんじ」の運転区間を短縮して立て替え)• 「さんべ」の山口線運行を廃止。 (昭和51年)10月1日:特急「おき」の使用車両が、キハ80系からキハ181系に変更。 そのうちの1往復に関してはグリーン車が非連結となる。 (昭和53年)10月2日:松江駅高架化工事に伴い、「おき」の1往復が出雲市駅発着に変更。 (昭和55年)10月1日:「つわの」を廃止。 優等列車は「おき」のみになる。 (昭和57年)7月1日:この日に実施された伯備線および山陰本線の伯耆大山駅 - 知井宮駅間電化によるダイヤ改正により、「おき」は多客期を除きの連結が廃止。 (昭和60年)3月14日:「おき」の全列車が小郡駅 - 米子駅間の運転に統一される。 (元年)3月11日:「おき」の上り1本が発(・山口線経由)になる。 送り込みとして小郡発下関行きの朝の快速列車も「おき」の車両で運転されていた。 (平成6年):多客期のグリーン車連結を廃止。 (平成8年):「おき」の1往復を鳥取駅まで延長運転する(鳥取駅 - 小郡駅間下り1本、鳥取駅 - 下関駅間上り1本、米子駅 - 小郡駅間2往復)。 (平成9年):「おき」の下関発の列車が廃止。 全列車が小郡駅発着になる(鳥取駅 - 小郡駅間1往復、米子駅 - 小郡駅間2往復)。 「スーパーおき」時代 [ ]• (平成13年):「おき」の使用車両がキハ187系に変更され、名称が「 スーパーおき」に変更。 全列車が米子駅 - 小郡駅間(3往復)の運転になる。 (平成15年)• 10月1日:「スーパーおき」下り2本、上り1本が鳥取駅発着に変更され、鳥取駅 - 新山口駅間下り2本・上り1本、米子駅 - 新山口駅間下り1本・上り2本になる。 12月6日・12月7日:特急「まつかぜ」・「おき」がキハ181系でリバイバル運転される。 (平成17年):キハ181系による臨時「おき」の運用が終了。 以降は車両増結で対応することになる。 (平成21年)• :喫煙コーナーが廃止され、全車両禁煙になる。 :車内販売が終了。 (平成22年):1往復が鳥取大学前駅に停車となる。 (平成25年)• :により、阿武川にかかる鉄橋3箇所が流されるなどしたため、山口線区間(新山口駅 - 益田駅間)は運行休止となる。 運行休止となっている山口線の区間のうち、津和野駅 - 益田駅で運行を再開。 新山口駅 - 津和野駅については、路線再開された地福以西で折り返し臨時列車が設定されないまま引き続き運休し、この区間については一部の「スーパーおき」の津和野発着の時刻に合わせて中国JRバスが「ノンストップつわの号」を運行している ただし鉄道代行バスではないので、鉄道の乗車券では乗れない。 (平成26年) - 山口線地福駅 - 津和野駅間の運転再開に伴い、新山口駅 - 津和野駅間の運転を再開。 参考文献 [ ]• 寺本光照『国鉄・JR列車名大事典』中央書院、2001年。。 ・監修、日本鉄道旅行地図帳編集部編『日本鉄道旅行歴史地図帳 -全線・全駅・全優等列車』11号・中国四国、、2011年。。 脚注 [ ] []• 『JR時刻表』2015年8月号、。 第1位は - 間ので、走行距離は396. 2kmである。 当時の国鉄昼行特急列車でグリーン車非連結であったのは「おき」の3往復中1往復との「(1980年10月1日の・電化によるダイヤ改正により運転区間を延長の上、列車名を「」に改称)、それにから乗り入れていたの「」のみでこの体制が1982年11月15日の開業による白紙ダイヤ改正まで続くこととなった。 なお、この「おき」1往復のグリーン車非連結に関してはキハ181系の中間車であるキハ180の一部車両に専務車掌室が設置された。 交通新聞社 : p. 2001年7月9日• ()- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年7月30日• (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年10月16日• (インターネット・アーカイブ)- 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年3月26日• [ ] - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2009年12月18日• (インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道米子支社プレスリリース 2009年12月18日• - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2013年10月16日 外部リンク [ ]• - 西日本旅客鉄道• - 鉄道コム• - 鉄道コム.

次の

ドミトリーおき

き おき お

やおきファーマーズクラブは、「 日々のライフスタイル」と「 お子さんの教育環境」を見直す機会・環境を提供することを目的として活動しています。 日々のライフスタイルですが、「 農ある暮らし」を日々の生活に取り入れていただくことを重点においています。 日常生活は、時間に追われる忙しい生活をしている人がほとんどです。 時間に追われると心に余裕もなくなり、ゆっくりとした時間や食事をすることができなくなってきています。 その結果、ストレスも蓄積されてきて心身の健康バランスも取れない状態にもなってきている方もいらっしゃいます。 私自身の経験ですが、週末家庭菜園をしていたおかげで心身の健康バランスを保てたと強く感じています。 自分で野菜やお米を育てることは、安心安全でおいしい食材を食べることになります。 食べ物は人の心身を創るものです。 当たり前のことですが、忙しい日常では大切に出来ないことになっているように感じます。 「食」という字は「人を良くする」と書きます。 また、農ある暮らしは自然あふれる空気や土に触れることになります。 きれいな空気や土が心身の浄化につながる効果もあります。 「 農ある暮らしをするのは難しいのでは?」と参加者の方はみなさん疑問に感じられます。 イメージとして野菜を作るのは農家さんでないと出来ないというのはあります。 ですが、野菜の形はいびつですが、とてもおいしい野菜を作れています。 自分で消費する分はそれで十分なのです。 最低限の労力で野菜を作れるようになるには、さほど難しいものではありません。 一人でも多くの方に「農ある暮らし」をして心豊かなライフスタイルを得ていただきたいと願っております。 自然あふれる空間・環境は「お子さんの教育」に大きな影響を与えるものだと私は実感しています。 自然あふれる空間で遊びまわり、田畑に触れることは学校で学習したことを体感する機会になります。 さらに、お子さんの健やかな成長に寄与します。 大人だけでなく、お子さんにとっても「 自分らしく成長するきっかけ」になります。 農作業など経験されたことない方も安心してご参加ください。 農家さんになるための「ガッツリ農業体験」ではありません。 のんびりとした時間を過ごしながらも農業体験ができます。 吉間 哲矢 3月• 葉物野菜の種まき• 温床づくり• ヤーコン植え付け• 味噌づくり 4月• ジャガイモ植え付け• 枝豆種まき• 菊芋植え付け• サトイモ植え付け 5月• サツマイモ苗の植え付け• オクラ、落花生、モロヘイヤ、空心菜種まき• 夏野菜(茄子・ピーマン・トマト・きゅうり・ゴーヤ・スイカなど)の植え付け• じゃがいも、枝豆などに管理作業 6月• 田植え(田植え準備:代掻き)• 大豆種まき• タマネギ収穫• 夏野菜の剪定・管理• ジャガイモ収穫• キュウリやトマトなどの早めの夏野菜収穫 7月• ネギ植え付け• 夏野菜の収穫• 田んぼ草管理• 追肥作業 8月• 葉物野菜の種まき• キャベツ・ブロッコリー・白菜種まき• 田んぼ草管理 9月• 大根、ニンジン、ラディッシュ、葉物野菜(小松菜など)の種まき• ジャガイモ植え付け• 分葱植え付け• キャベツ、ブロッコリー苗植え付け 10月• 稲刈り・はざかけ(杭掛け)• 白菜の植え付け• イチゴ植え付け• ニンニク植え付け• 葉物野菜などの収穫 11月• 玉ねぎ植え付け• スナップエンドウ、葉物野菜種まき• 稲の脱穀• 大豆、葉物野菜、ヤーコン、落花生、菊芋、サツマイモ、サトイモ収穫• 収穫祭(芋煮・餅つき・新米など) 12月• 大根、ニンジン、白菜、ヤーコン、じゃがいも、葉物野菜などの収穫• 畑の片付け作業• 収穫祭• 餅つき(芋煮・餅つき・新米など) 1月• 根菜類の収穫• 草管理• 大豆の選別作業 2月• 夏野菜の種まき• (6月まで) 7月以降は14:00~のみとなります。 (大人の方が見学のみでも参加費はかかります。 親子農業体験という趣旨のため ご了承願います。 いかなる理由があっても、原則ご参加者からのキャンセルは料金が発生します。 開催日時は平日も事前相談いただければ可能です! 農ある暮らし宿泊体験 やおきファーマーズクラブでは、将来畑や田んぼがある暮らし(農地ある暮らし)や自給自足の生活、田舎暮らしをしたい方のための宿泊制度があります。 20代~30代の方に好評いただいております。 半農半X(半分農業&半分好きな仕事)というスタイルも若い世代のなかでは注目されてきています。 ゴールのない経済成長を求められる過酷な仕事で疲れた方がやおきファーマーズクラブには多く来られるようになっています。 まずは都会から近くの田舎にお越しいただき、あなたらしいライフスタイルを再発見しにいらしてください。 心よりお待ちしております。 パジャマはご用意ください。 公式アプリダウンロード 40代女性 毎週で通わせていただいています。 通うようになり、毎回とれたての野菜を使ったお昼ごはんを作って食べることで野菜の美味しさや料理の楽しさを知り、農作業の大変さや面白さを感じ、体力もつき、さわれなかったカエルやザリガニと友達になりました。 イキイキした娘の表情が嬉しい限りです。 お土産に収穫した野菜をもって帰ってきてくれた時には娘と料理して家族でおいしくいただいています。 本当においしい野菜です。 スーパーには売っていない味がします。 食べることを大切に丁寧に考えていらっしゃる素敵な先生のもと安心して色々なチャレンジができる環境だと思います。 小学校生活最後の一年に出会えたことはとてもラッキーでした。

次の