コロプラ 不正。 コロプラ、セールスランキング不正操作で大炎上。取引先に850万円でゲーム課金依頼

コロプラが『最果てのバベル』で不正なランキング操作。裁判を待たずに『白猫プロジェクト』も配信停止か

コロプラ 不正

この記事では、株式会社コロプラのセールスランキング不正操作問題を事例に、第三者委員会の活動内容や本件問題の問題点を解説します。 問題の背景 本件は、ゲームアプリの配信事業を行なっている株式会社コロプラにおいて、セールスランキングの操作を目的に、取引先に自社のゲームに課金することを依頼し、実際に課金が行われた問題です。 本件における第三者委員会の役割と委員選定のポイント 本件の第三者委員会の役割と委員選定 本件を調査した第三者委員会は、本件問題の事実や経緯の確認、過年度を含めた類似取引の有無の確認、そして原因究明と再発防止策の提言という3つの役割を担いました。 本件の第三者委員会は、以下の3名で構成されました。 委員長:長谷川 哲造 株式会社コロプラ 社外取締役常勤監査等委員• 委員:白井 真 弁護士 光和総合法律事務所パートナー• 委員:高岡 俊文 公認会計士 株式会社KPMG 第三者委員会の活動スケジュール では次に、本件の問題が発覚した発端から第三者委員会による調査が完了するまでの経緯をお伝えします。 そもそも本件発覚の発端となったのは、2019年6月18日に匿名で寄せられた情報提供でした。 この情報提供により、従業員2名が自社ゲーム「最果てのバベル」のセールスランキングの操作を目的に、自社の費用を使って同ゲームに課金することを取引先に依頼したことが発覚しました。 消費者を欺く点から、ゲームの利用者やその他関係者の間で本件は大きな話題となりました。 事の重大性を受けて同社は、同年6月26日に取締役会決議を行い、特別調査委員会 第三者委員会 を設置しました。 調査はおよそ2ヶ月間行われ、同年8月13日に同社は調査結果をまとめた報告書を公表しました。 事件の発覚から調査書が提出されるまでの経緯をまとめると、下記のようになります。 2019年6月18日 匿名の情報提供により、本事象の疑いが判明• 2019年6月26日 取締役会により特別調査委員会 第三者委員会 を設置• 2019年8月13日 調査の結果をまとめた報告書を公表 本件の調査のポイント 本件調査では、課金データを含む取引データの閲覧やインタビュー、デジタル・フォレジック 電子データの分析 、アンケートの実施など、あらゆる方法で事実究明が行われた点がポイントとなりました。 単純に取引データを確認するにとどまらず、900名を超える従業員からアンケートをとったり、PCやメールのデータまでも分析を行うことで、より正確な調査を実現できたと考えられます。 第三者委員会によって何がわかったのか 第三者委員会の調査により判明した事項 第三者委員会の調査により、本件の具体的な経緯や関与者、効果などが明らかとなりました。 第三者委員会によると、本件の不正取引を依頼したのはマーケティング本部の本部長出会ったA氏、プロモーショングループのグループマネージャーであるB氏とのことです。 本件は多数の端末を使って課金額を分散させる方法で行われており、また端末ごとの課金額については証拠が残らないように書面によってやりとりされていました。 以上のことを踏まえると、本件の不正な取引は計画的に行われたと断定できます。 また不正な課金の効果については、同社が第三者委員会の調査報告書の一部を黒塗りしているため、具体的には明らかとなっていません。 ですが、一定程度セールスランキングが押し上げられたことが示唆されています。 第三者委員会の調査によって生じた費用・影響 第三者委員会の調査に要した費用は明らかになっていませんが、財務諸表に与える影響額は明らかにされています。 コロプラによると、2019年9月期第3四半期決算において、本件問題で生じた不正な課金額800万円と広告宣伝費800万円を相殺、関連して生じたプラットフォーム使用量200万円を連結損益計算書に計上するとのことです。 本件は消費者を欺く行為に他ならないため、今後同社のゲームを利用するユーザー数や課金額に何かしらの悪影響が及ぶ可能性も考えられます。 また本件の問題は、株式市場における同社の信用力の低下も招きました。 第三者委員会の調査報告書が公表された2019年8月13日、年初来安値となる582円を記録しました。 つまり第三者委員会の調査により問題の実態が明らかとなったことで、市場からの信頼が低下し、株価が急激に下落したわけです。 繰り返しになりますが、本件問題は消費者の信頼を毀損する行為に他なりません。 そのため、同社は信頼回復のために多大な努力を要すると考えられます。 根本的な原因 第三者委員会の調査報告書を読み解くと、本件問題につながる根本的な2つの原因がわかります。 まず一つ目の原因は、新作タイトルがヒットしていない状況が続いていたことです。 当時同社のリリースしたゲームは、ヒットしない状態が続いていました。 そんな中で、海外で頻繁に使われている自社負担での課金を知った同社は、この方法を使えばセールスランキング上位を獲得し、ダウンロード数の増加を見込めると考えて、本件問題に手を染めました。 二つ目の原因は、役職員間における牽制機能の不十分さです。 同社の規定では、広告宣伝費を使う際には、上長1名の承認さえ得られれば気軽に外注を行える仕組みでした。 また、予算会議で審議の対象となる予算項目については、「Web運用」などといった大まかで曖昧な文言が使われていました。 以上2つの理由から、役職員間で本件不正を指摘するに至らなかったと考えられます。 コロプラのセールスランキング不正操作問題まとめ 本問題は、自社でゲームに課金することで不正にセールスランキングを押し上げるという、比較的私たち一般人でも理解しやすい不正でした。 本件は偶然などではなく、お伝えしたとおり用意周到に行われた不正です。 その背景には、業績不振や牽制機能の不十分さなど、他の不正にも当てはまる原因がありました。 こうした案件を調査する第三者委員会には、業績不振に陥ってもこのような問題が生じないように再発防止策を提言することが求められます。 また、不正に気づく・不正を見逃さないような組織体制の構築も必要となるでしょう。 参考文献• 特別調査委員会設置のお知らせ• ファイナンス.

次の

コロプラ 謝罪がヤバい!ランキング不正操作の方法とは?

コロプラ 不正

出典: 6月21日(金)の夜7時ごろ、いつものようにURLだけ採番して書くのが遅れていたブログ記事をようやく書き上げUPしたとき、異変に気付いた。 なんか、妙にブログのアクセスが増えているのだ。 その時UPしたのはなので、まさかこれにアクセス殺到という事はあるまい。 そう思いながらアクセスされている記事を見ると、過去に書いて来た「任天堂とコロプラの特許訴訟」に関するものばかりだ。 これはピンと来た。 まさか特許訴訟の判決が出たはずも無いので、任天堂かコロプラのどちらかに大ニュースが有ったのだろう。 それも多分、コロプラ。 そう思って「コロプラ」でググるとビンゴだった。 役職者を含む従業員2名が関与し、セールスランキングの操作を目的として自社費用 850 万円をもって自社ゲームタイトル「最果てのバベル」に課金することを取引先に依頼し、2019 年 6 月 13 日に取引先が課金を実施した疑いが判明しました。 ・・・完全にヤベー奴じゃん。 これは任天堂に特許侵害で訴えられた時よりもはるかにヤバい不祥事だ。 これは「最果てのバベル」だけの問題に留まらず、「白猫プロジェクト」を含むコロプラの全タイトルが配信停止になる可能性がある。 そしてそのままコロプラ倒産まで行ってもおかしくない。 ま、そうなると任天堂も訴える対象のゲームも会社も無くなってしまうので、特許訴訟も取り下げられてしまうかもね。 「任天堂最強法務部に勝てるよ!!「やったね〇〇ちゃん!」 『最果てのバベル』は特許訴訟で苦しむコロプラの社運を賭けたタイトル 2018年にあの任天堂の最強法務部(正確には知財部)に特許訴訟を起こされてからのコロプラは苦戦の一言であった。 コロプラは様々なゲームタイトルをリリースしているが、どれもいまいちパッとしていない。 収益の稼ぎ頭は5年前(2014年7月14日)にリリースした「白猫プロジェクト」のままであり、しかもそれが任天堂に「配信停止」を求めて訴えられているのだ。 まさに会社存亡の危機に立たされている。 5月8日に発表した第2四半期決算は、売上高196億2200万円(前年同期比16. 7%減)、営業利益4億9200万円(同88. 2%減)、経常利益4900万円(同98. 7%減)、最終損益6800万円の赤字(前年同期26億円の黒字)というかなりヤバい数字が並んでいる。 ここに任天堂との特許訴訟で敗訴し、44億円の賠償金と稼ぎ頭の「白猫プロジェクト」が配信停止されたらマジ倒産である。 なので、決算発表会では「厳選した新作タイトルをリリースする」と強調している。 その中でも最注目作品が「最果てのバベル」である。 「期待の新作となる王道ファンタジーRPG」と謳っており、「ファイナルファンタジー」シリーズに参加して来た野島一成氏や崎元仁氏といった著名なクリエイターを起用している。 PVを見るとまるでハリウッド映画のような荘厳美麗なCGであり、「スマホゲームもここまで来たか」と思わされた。 そして発表から半年あまり、つい先日の6月12日にいよいよリリースされたのである。 850万円を使っての不正なセルラン(セールスランキング)操作が行われたのはリリース日の翌日の6月13日である。 まずこの不正を行った日付がコロプラのコンプライアンス意識の無さを証明している。 ゲームをリリースしてしばらく経っても一向にセールスが不調で瀬戸際まで追い詰められて、起死回生の秘策として不正に手を染めたならば気持ちだけは理解も出来るが、全然違う。 スマホゲームの新作リリース後はセルラン下位に位置するのが当然である。 事実、「最果てのバベル」がセルラントップ30入りするのはその1週間後の6月20日である。 なので、ただただ「通常のプロモーションの一環」のレベルで行ったと見るべきだ。 「最果てのバベル」は実力でトップ30入り出来るポテンシャルを秘めているのだ。 しかし、この850万円もの不正な課金を行った6月13日のセールスランキングは200位以下に低迷している。 これはリリース直後の当然の位置のままであり、850万円は全く意味が無かった。 もっとも決算発表会で「最果てのバベル」には売上次第で多額の広告宣伝費を使うと宣言していたので、もっとつぎ込んだ成果なのかもしれないけどね。 第3四半期の広告宣伝費については、約6億円の予定としているが、取締役CFOの原井氏によると「新作『最果てのバベル』のリリース後の状況次第で増減する可能性がある」としていた App StoreとGoogle Play、2大プラットフォームの規約に完全に違反 そしてこのセルラン操作。 当然に不正である。 「最果てのバベル」に限らず、現在のスマホゲームを配信できるプラットフォームは2つしかない。 それがiPhoneの「App Store」とAndoroidの「Google Play」である。 その両方のプラットフォームは規約で「不正なセルラン操作」を禁じている。 デベロッパーは、いかなるアプリについても、Google Play での掲載順位を操作しようとしてはなりません。 たとえば、不正な手段でアプリの評価やレビュー、インストール数をつり上げること(捏造や報酬付与によって、インストール数を増やしたり、好意的なレビューや高い評価を得たりすることなど)がこれに該当します。 デベロッパがカスタマーレビューの内容を改ざんしたり、金銭や報酬を与えてフィードバックを得たり、フィードバックの一部のみ悪用したり、偽のフィードバックを書くなどしたりしてチャートランキングの上昇を図るか、そのようなサービスを提供する他社と協力したことが判明した場合、AppleはApp Storeの信頼性を保つための手順を踏み、 そのデベロッパをDeveloper Programから除名する場合があります。 この両者に共通するのは「一切言い訳を聞いてくれない」事である。 私の場合はGoogleだが、このブログを始めたのが2017年4月であり5月にアドセンスの審査が通った。 その直後に試しに自分で何回かクリックしてみて「おお、本当にお金が入るんだ」と確認したのだが、これがあっさりとバレてアドセンス停止になった。 ぶっちゃけて言うと、ダメだとは知らなかった。 もちろんクリックしまくるのはダメだろうが、数回くらいは良いと思っていた。 ま、その言い訳はおいておいて、悪いのは私なのでGoogleに誠心誠意謝罪のメールを送った。 だが完全に無視された。 アドセンスの審査に落ちまくっていた時もそうだが、Googleはダメだった理由を何も教えてくれないし、一切に対応してくれない。 ただただこちらがGoogle様のご機嫌を損ねない様にするしかないのだ。 極めて理不尽に思う時もあるが、それがサポートコストの削減、収益性の高い良客に専念できるといった効果に繋がり、あの圧倒的な利益に繋がっているのだろう。 Appleについては経験は無いが、伝え聞く話ではGoogleよりももっと冷たいと聞く。 そして、セルラン操作についてはGoogle、Appleの両方が禁止している中でより厳しい文面なのがAppleである。 なにせ「そのデベロッパをDeveloper Programから除名する場合がある」と書いている。 これは「最果てのバベル」だけでなく、コロプラがリリースしている「白猫プロジェクト」を含む全タイトルが配信停止になるという事なのだから。 特許訴訟の判決を待たずに『白猫プロジェクト』の配信停止もあり得る コロプラは任天堂との特許訴訟で、とにかく時間を稼ぎ、そして「白猫プロジェクト」の配信停止だけは何とか避けようとしている。 そのためにユーザにも黙ってこっそり仕様変更を繰り返している。 私もこれまでの裁判資料を見ていて、「白猫プロジェクト」の配信停止だけは避けられるのではと思うようになって来た。 しかし、とんだ方向から配信停止の可能性が急浮上してきたものだ。 特許訴訟でコロプラはとにかく時間を稼いでいるので、判決が出るのはまだまだ先の話だ。 しかし、この不正なセルラン操作はものの数日で大炎上する可能性が高い。 なにせ「役職者を含む従業員2名が関与」「自社費用 850 万円」と言った不穏なキーワードが並びまくっている。 役職者が絡んでいる時点で一部の社員の暴走では無く組織的な関与を想像する。 そもそもポケットマネーで出せる金額で無いのだから必ず経理も関与している。 何よりも自社費用を不正に用いる時に、850万円もの大金を「初回」で動かすなんて考えられない。 最初は数万円から始めてバレないから味を占めて金額を上げて行ったと思うのが普通だ。 コロプラは「現時点では過去における同様の取引は確認されておりません」と発表しているが、とても信じられない。 どう考えても組織的な、しかも常習的な不正だ。 ゲーム会社は転職が盛んであり、インサイダー情報を持った元社員が沢山いる。 これまでの不正が堰を切った様に暴かれるのも時間の問題だろう。 しかし、その不正が明らかになるきっかけになったタイトルが「最果てのバベル」とは皮肉だ。 バベルの塔とは旧約聖書の「創世記」に登場する天まで届こうと建設された巨大な塔である。 だが、バベルの塔を見た神が「人間は言葉が同じなため、このようなことを始めた。 人々の言語を乱し、通じない違う言葉を話させるようにしよう」と言った。 そうして人々は混乱し、バベルの塔の建設も止め、世界各地に散らばっていった。 神をGoogleとAppleに置き換えたら、なんとも今回の騒動を予言した様ではないか。 「最果てのバベル」を見た神(Google、Apple)が「人々は同じセルランの結果に影響されるため、コロプラがこのような不正を始めた。 セルランを中止し、それぞれのゲームを楽しんでもらうようにしよう」と言った。 そうして人々は混乱し、他のゲームに散らばっていき、「最果てのバベル」は配信停止になってしまった。 参照:、、、、、、、、、、.

次の

コロプラ 謝罪がヤバい!ランキング不正操作の方法とは?

コロプラ 不正

2012年12月13日上場 本社所在地 〒150-6032 4丁目20番3号 11階 設立 事業内容 位置情報ゲームプラットフォーム及びスマートフォン特化型アプリの開発・運営、リアル連携サービスの提供 代表者 () 資本金 65億1,000万円 (2019年3月31日現在) 発行済株式総数 1億2,889万5,500株 (2018年12月25日現在) 売上高• 連結:457億7,600万円• 単独:436億6,600万円 (2018年9月期) 営業利益• 連結:69億5,200万円• 単独:74億4,900万円 (2018年9月期) 経常利益• 連結:60億9,700万円• 単独:64億2,200万円 (2018年9月期) 純利益• 連結:41億9,200万円• 単独:31億4,500万円 (2018年9月期) 純資産• 連結:706億2,500万円• 単独:714億8,300万円 (2018年9月期) 総資産• 連結:772億4,400万円• 単独:773億2,600万円 (2018年9月期) 従業員数• 連結:1,283[129]人• 単独:840[43]人 (2018年9月30日現在) 決算期 9月末日 会計監査人 主要株主 馬場功淳 48. 自己株式は主要株主から除外。 株式会社コロプラ : COLOPL, Inc. は、の開発・運営を行う企業である。 概要 [ ] 、創業者のがに勤務の傍ら、個人的な副業として始めた「」が発祥である。 ゲームが人気化したことにより独立し、2008年にコロプラを法人化した。 法人化以降は、「コロニーな生活」をベースにした他業種企業との提携や、位置ゲーを含めた携帯端末向けゲームの開発を積極的に行っている。 なおコロプラは「位置ゲー」という商標の登録者でもある。 (第5302412号、第5430573号) 2013年3月27日に子会社のソーシャルゲームインフォを買収し子会社化した。 2013年10月3日より、にて単独提供ミニ番組『』(毎週木曜22時前)の放送が開始された。 2012年12月13日にに上場、2014年4月22日に東京証券取引所第一部に市場変更された。 2015年よりのトップパートナーとなる (2016年末で終了)。 2016年5月10日に株式会社を子会社化した。 2020年4月3日付で株式会社の持つ発行済全株式を取得し完全子会社化する 当社の英語表記は Coloplで、 Coloplaはよくある誤表記である。 位置ゲー [ ] コロプラプラットフォーム上で提供される、携帯電話(フィーチャーフォン)及びスマートフォン向けのゲームアプリである。 「コロプラ」における直接開発・提供アプリもあれば、他社によって開発・運営されているものもある。 近年は他社によるものが多い。 提供中のアプリ [ ]• - 位置ゲーの元祖。 移動距離に応じてGETした「プラ」を使用して、自分の街を育てていく街育成ゲーム。 鷹の爪団のアヤマル大作戦• 集めて戦え! トラベルモンスター! 戦国いろは• ミリタリーコンバット• 陰陽の道-大正幻想録-• キングダムブレイク• ダービーズキングの伝説• ぼくのレストラン2• ドラゴンタクティクス• 日本代表2018ヒーローズ• 幻獣姫• 海の上のカメ農園Plus• 100万人の三國志• くにつく• 戦国武将姫-MURAMASA-• 100万人のWinning Post• 男塾~連合大闘争編~• 野球魂サムライナイン• ケイオスブレイド• ドラゴンキャバリア• ドラゴンハンターUTOPIA• プラチナガール• 狩りとも• ミリオンアーサーエクスタシス• チョコボのチョコッと農園• 宇宙戦艦ヤマト2199 提供が終了しているアプリ [ ]• きらめきマーケット• おでかけシルクロード• 創聖のアクエリオン〜究極激闘編〜• - 他との協業 スマートフォン専用アプリ [ ] Kuma the Bearブランド• きらきらドロップ! タップサム! the射的! リズムコイン! わっさーゾンビ! むしアミ! 海賊射的! クマの発掘隊! バトロボ! 倒せ勇者! クマの花火パズル! わっさーエイリアン! どうぶつアーク! ソリティにゃスイーパー! 弾幕バラッド! リズムコイン2レボリューション! トレインシティ! クマ、世界を釣る! ボウリングゾンビ! はらぺこピープル! Disney Tsum Tsum Land• くまべあブランド• モバイルネットワークゲーム• 秘宝探偵キャリー• プロ野球PRIDE• 恐竜ドミニオン• DINO DOMINION(『恐竜ドミニオン』のグローバル版)• Disney Magician Chronicles 提供が終了しているアプリ [ ]• ドラゴンプロジェクト• Oculus Rift専用アプリ [ ]• 白猫VRプロジェクト 提供番組 [ ] 現在 系• (2017年10月5日 - )• (2016年4月 - )• (制作、2016年4月 - )• (読売テレビ制作、2016年4月 - )• (2016年4月 - ) 系• (2016年4月 - ) 系• (2016年4月 - )• (2016年4月 - )• (2016年4月 - )• (2016年4月 - ) 系• (2016年4月 - )• (2016年4月 - )• (2016年4月 - )• (2016年4月 - )• (2016年4月 - ) 系• なし またはがほとんどである。 (日本テレビ、2013年10月3日 - 2014年9月25日)• (日本テレビ、2014年10月2日 - 2017年9月28日)• (テレビ朝日、2016年1月 - 3月)• (2016年4月 - 2018年3月)• (2016年4月 - 2018年3月)• (2016年4月 - )• (2016年4月 - 2018年3月) CM出演者 [ ]• プロ野球バーサス• 同上、澤部と共演• ディズニー ツムツムランド 過去の出演者 [ ]• (白猫プロジェクト、コロプラ企業CM)• (白猫プロジェクト、桜井日奈子と共演)• (同上)• (同上)• (同上)• () 同上• 魔法使いと黒猫のウィズ、白猫プロジェクト• はじめ フォーリンラブ - 白猫テニス• - 激突!! Jリーグプニコンサッカー、白猫プロジェクトでは桜井日奈子と共演• - ドラゴンプロジェクト、声の出演• - ドラゴンプロジェクト、声の出演• - 白猫プロジェクト、白猫テニス• () - 白猫プロジェクト、白猫テニス、桜井日奈子と共演• 任天堂は2016年9月頃から特許権侵害をしているとコロプラ側に1年にわたり指摘していたが、コロプラ側は特許権侵害はないと否定している。 話し合いが決裂したため任天堂は訴訟に踏み切った。 3月14日に新たに1件の特許権侵害を追加され、計6件の特許権侵害となった。 不正行為 [ ] セールスランキングの不正操作疑惑 、アプリの課金額に応じて変動するセールスランキングを、従業員が操作する目的で不適切に操作した疑いがもたれることが報道された。 役職者を含む2名の従業員が、自社経費850万円を使って取引先に自社ゲーム「」に課金するよう依頼し、取引先による課金がに行われた疑いがもたれた。 ゲームアプリの提供先であるにおいて、ではシステムに対しての不正行為(アプリの評価の操作など)を禁止している。 注釈 [ ].

次の