キラキラネーム。 キラキラネーム「王子様」を改名した高校生が思いを激白 親はちゃんとした名前を子につけて: J

キラキラネームが就職に不利な理由・名前の影響と改名の方法

キラキラネーム

キラキラネームとは? キラキラネームとは、ぱっと見でその名前を読めなかったり、一般的に人名でないようなもの、外国人名・英単語・マンガなどのキャラクターの名前を無理やり当て字にしたような奇抜な名前などの総称として使われるようになりました。 「 キラキラネーム」という単語が広く使われるようになる以前は、インターネットを中心に「 DQNネーム(ドキュンネーム)」という言葉が多く使われていました。 キラキラネームとDQNネームの違いは特になく、単に呼び方が違うだけで意味はほぼ同じと思っていいでしょう。 5人に聞いて2人答えられるかどうかの世界です。 かく言う僕も初めて見た時は2番目に回答が多かった「さおり」だと思ったのですが、よく考えたら瑠は「る」ですよね。 普通に読もうとしたら「さお…」と来ると「さおり」と読みたくなっちゃいます。 ここまで来ると実は「ももたろう」と読まないトラップもありそうで怖いですが。 最近の学校では読み方を名簿に書かなくてはいけないというような話を聞きます。 読めないからですね。 そして間違えたら間違えたでモンスターペアレンツ(通称:モンペ)から「なんで子どもの名前間違えるんだ!」と怒鳴られるらしいのです…。 最近は名前を見ただけでは性別が判らなくなってきている そして、モニターさんからこんな情報をいただきました。 幼稚園に勤務している友人は、最近は名前の読み方とともに性別も一緒に書いて提出してもらうようになったと言っています。 名前の字面だけで男の子か女の子かわからないことが多々あるそうです。 情報ありがとうございます!そうですよね…この時代何があるかわかりません。 先ほど「桃太郎くん」と書きましたが、もしかしたら「桃太郎ちゃん」かもしれません。 この記事を見ているあなたはどうお考えでしょうか? 最後に キラキラネームについていただいた賛成・反対意見をいくつかご紹介します。

次の

実在するキラキラネーム一覧!親が後から後悔して改名はできる?

キラキラネーム

独特過ぎて漢字から読めなかったりする「キラキラネーム」の改名が話題になっています。 そこで「キラキラネーム」と、その人の印象について心理学的に説明していきます。 高校生が自分の「キラキラネーム」を改名 いわゆる「キラキラネーム」と呼ばれる個性的な名前の改名を、家裁に申し立てた高校3年生が話題となりました。 親から付けられた名前は「王子様」でしたが、「高校に入って自己紹介した時は女子生徒から噴き出すように笑われるのがショックだった」(『産経新聞』2019年3月13日)と改名を決意したそうです。 母親は「唯一無二の王子様のような存在」という想いを名前に託したとのことですが、本人にとっては馴染めない名前だったようです。 じつは奇抜な名前の影響については、『子供の名前が危ない』(牧野恭仁雄 著/ベストセラーズ)でも、いじめの原因になっていることが報告されています。 また真実かどうかはわかりませんが、就職活動に不利だといった話もネットを中心に出回っています。 では、実際のところ奇抜な名前は、どれぐらいの影響力があるのでしょうか。 リーダーシップと「キラキラネーム」の関係 北海道大学大学院の伊藤資浩さんのグループが発表した「奇抜な名前が社会的評価の印象形成に及ぼす影響」という論文では、一般的な名前とキラキラネームなどの奇抜な名前をつけた顔写真を実験参加者に見せました。 結果、奇抜な名前を付けられた顔写真は、一貫してリーダーシップが低いと判断されたそうです。 しかも顔写真が高齢になるほど、リーダーシップが低く見えるという結果にもなりました。 これは見た感じと名前が合っていないから起きるのだろうと、伊藤資浩さんは結論づけています。 つまり「キラキラネーム」がリーダーシップのイメージに及ぼす影響は、歳を重ねるごとに強まっていくと予想されるのです。 「キラキラネーム」は、1990年代半ばから多くなってきたと言われています。 1995年生まれとしても、すでに24歳。 あと25年もたつと、リーダーシップが弱いという印象がさらに強まると予想されるのです。 もちろん名前は個人の印象の一部でしかありませんが、ただ履歴書など書類だけで審査する場合には、実際に会って話すことがないだけに名前の印象が強くなる可能性が高くなるでしょう。 男性の「キラキラネーム」は要注意!? では「キラキラネーム」の影響は、リーダーシップの高低だけに留まるのでしょうか。 神戸大学の特別研究員である宿利由希子さんは、「キラキラネーム」と一般的な名前の印象を、18~27歳の大学生・大学院生にたずねました。 その結果、次のようなことがわかったのです。 その上で、女性名は男性名よりも「キラキラネーム」が個人の印象評価に影響を与えないと結論づけています。 幼少期の名前の影響は? 「キラキラネーム」は心理学的にみても、リーダーシップのイメージにやや影響があるようです。 では名前は、子どもにどんな影響を与えるのでしょうか? 専修大学の高田夏子教授は、「名前とアイデンティティ」という論文で、「親のネーミングは、子どもの自己に実体性や限定を与えていく役割を果たす」と書いています。 さらに、名前とともに発せられた言葉「かわいい」「すてき」「不器用」「遅い」という単語が、「無意識の中に蓄えられ、気がつかないところでその人を支えたり、あるいは可能性を狭めたりしているのかもしれない」と書いているのです。 そう考えると、名前に関連したマイナス評価を浴びることが多かったとすれば、その人の人生に影響がでる可能性も否定はできないでしょう。 元服で名前を変えていたように ただ冒頭の事例のように改名することで、自分らしい名前で生きていくこともできます。 かつて日本でも武士の家系では、元服のときに幼名から元服名にするならわしがありました。 また日本以外にも大人への仲間入りとともに名前を変える文化を持つ国はあります。 名前を変えることで大人として自覚を持つ。 そんな効果が名前の変更にはあるのです。 改名は家裁が認めないとできません。 そして改名できる理由も決められています。 つまり何でもかんでも変えることはできないのです。 その点、「キラキラネーム」は改名が認めらやすい状況となっており、かつての元服名のように大人になって名前を変えることはやりやすいといえるでしょう。 じつは「キラキラネーム」が必ずしもマイナスの影響を与えるわけではありません。 社会人になってから、確実に名前を覚えてもらえるといったプラス効果もあるでしょう。 しかし改名したいと思う人がいるなら、かつて武家社会で行っていた元服のように、改名することで新たな一歩を踏み出すのもいいかもしれませんね。

次の

キラキラネームをつける親は非常識?理由と子供の反応を検証した結果はこれだ?!

キラキラネーム

私の名前は、キラキラネームです。 DQNネームとも言われます。 私は、高校2年の女子です。 漢字が当て字だけならまだしも、平仮名にしても、人名ではありえない言葉ですし、声に出して言うと誰もが振り向きます。 私自身、自分の名前が変わっているのは、小さい頃から分かっていました。 疑問に思い始めたのは、小学生の頃ですが、親に感化されている時期でしたし、クラスメートや友人に恵まれていたのでイジメもなく、中学まで過ごしました。 高校に入学してから、名前について嫌な事を言われたり、バイト先で大人たちが、ひそひそと聞こえるように言う悪口に、傷つき落ち込みました。 それでも、高校で仲の良い子ができて、ある日、名前のことで悩んでいると話したら、確かに外で大きな声で名前を呼べないよね、何かあだ名を考えようと言ってくれました。 優しいから、優ちゃんはどう?と言われて、私はもし自分の名前が変えられるなら、「子」をつけたいと前に話していて、優子になりました。 それから、友人、クラスメートと広がり、今では高校の友人は全員、ユウコと呼びます。 友達からの手紙には、優子へと書いてあります。 私は、みんなにユウコと呼ばれることが嬉しいです。 今日、家に友人が遊びに来たとき、みんながユウコと呼ぶことに、もう違和感がなくなっていて、気にしていなかったのですが、友人が帰った後、ユウコにいつ改名したの?と母が聞いてきました。 自分の名前が気に入らないのかと聞かれ、今までの溜まっていた気持ちをぶつけてしまいました。 何故、この名前にした?普通の感覚ならつけない!普通じゃない、ずっと我慢してきた、名前は自分で決められないからこそ、せめて一般生活に支障のない名前にしてほしかったと言ってしまいました。 ユウコは、あだ名で、友達が考えてくれた名前、お母さんがつけた名前よりずっと気に入っている、この名前に改名したいと言って私は部屋へ戻りました。 父が帰宅して、父から話があると言われて、お母さんと出合った話や妊娠の話、妊娠中に一生懸命考えてつけた名前だから、お母さんに謝りなさいと言われ・・ でも、前に名前の由来を聞いた時、可愛いからつけた、響きがいいからと・・ 謝らないと食事がないそうです。 いらないけど・・・ どんな名前でも受け入れて当然ですか? どう思いますか? 私が謝るべきだと思いますか? 母が怒る理由は分かりますが、怒れるのがすごいやと思ってしまいます。 補足色々な回答が欲しくて、投稿しましたが、こんなに多くの回答にビックリしています。 今までは、家の中の平和を考えて、我慢してきましたが、今回はちゃんと話し合いがしたいです。 母を傷つけたとは思いもしなかったので、回答を読んでその部分は反省しています。 でも今は、どうしたらいいのか悩んでいます。 全部読んでよく考えます。 食事のことを心配してくださってありがとうございます。 バイトしているので大丈夫です。 あなたの質問やみなさんのコメントを読ませてもらいながら、私が思う事を書きたいと思います。 姓名判断の観点から言えば名前とは、その子の人生や将来を願って考えるものです。 そのために画数や音色を気にするくらい重要だと捉えるべきです。 基本的にそれを一生背負うのは子供であると考えたとき、親は慎重に一生懸命に考えるのは当然です。 ですから、結果として子供が悩み、苦しむならばまさに本末転倒です。 であるので、親があなたを苦しめているのですから謝るのは、親であるべきです。 それが筋ですし、大人になるのは親ではないでしょうか? 親は、あなたの心情にたって考えてはいないと推察します。 父と母の出会いや盛り上がった恋やその結果の妊娠などは、優子さんを存在させる原因ではありますが、あなたの人生とそれを天秤かけてたとき果たしてどちらがより大切でしょうか? ただ、友達があなたをどんなあだ名で呼ぼう気にする親は、そうはいないのですが、優子さんのお母さんは気にするくらいあなたの名前に愛着と自信があるかもしれません。 そして、それを一番知っているのがお父さんなのかもしれません。 しかし、お父さんは、お母さんの立場に立って考えるのではなく中立に立つべきだと思います。 反抗を自立の兆しと考えドンっと構えるのは、父の役目です。 ですから父は、母の心情を察するのと同時に娘の心情を聴きその上で話し合いを持って、方向性を示して行かなければいけないと感じます。 今の状況では、優子さんが孤立して話し合いどころではなく、食事抜きなどの圧力で子供の自立性を抑制しています。 優子さんのご両親は、ちゃんと優子さんと向き合うべきだと考えます。 制裁を与える事は、子供と向き合えていないただの逃げでしかありません。 最後に私の考えとして、優子さんは戦うべきです。 今を変えたいならば、戦うべきです。 その為に仲間を増やし、公的機関や学校の先生、友人、知人に相談し助けを求めるべきです。 衣食住は、憲法にもある国民の権利ですから親に奪う力はありません。 それも名前がために侵害されるものではないのです。 優子さんが自分の未来を勝ち取る事を願っています。 それでは 大人になると、なかなか自分の誤ちを素直に認めることが出来ないと思います。 しかも良かれと思って名付けた子供から指摘されるとなると・・・。 どのような家庭環境かは分かりかねますが、知的なご両親であれば落ち着いて事情を説明することで理解をしてもらえるかもしれません。 もちろん他の回答者のみなさんと同意見で、まずは謝罪から。 負けるが勝ち、ですよ。 ただ、20〜30分話しても堂々廻りになるのなら、知的な方を説得するのは(あなたの年齢的に)困難だと思います。 子供の気持ちよりも自分のプライドを大事にされる方なので、今は我慢して知恵と勇気をしっかり蓄え、将来の話し合いに備えることをお勧めします。 (あだ名として「優子」を使用すること位は交渉して許可して貰えたらベスト!!) 名前のことでは無いですが、私も親に変わって欲しくて言い争ったことがあります。 結局私よりも自分自身を守ることを優先したので・・・長い時間をかけて準備をし、こっちの言い分を「力」で通しました。 ぼちぼちやっていきましょう。 この質問&回答をご両親に見せるのは 心優しい人がすることではないと思います。 ご両親に対する誹謗中傷があまりにも多すぎます。 確かに冷静な名づけが出来なかったことと ご飯抜きにした対応はご両親に過失がありました。 しかし友達から「優しい」と言われる女の子に 育ててくれたのもご両親なんです。 「優子」と呼ばせていることをいきなり聞いて ご両親も精神的な苦痛を味わったと思います。 質問者さまの苦しみが長期にわたる慢性的なものなら ご両親の受けた苦しみは急性的なものですが それでも今回の事は100%どちらかが悪いと 決め付けられることではないと思います。 名前で嫌な思いをしてきたこと ご両親のことが憎いというわけではなく あくまで名前自体が嫌なこと をご両親に伝えるべきです。 ただ、改名するなら「優子」ではなく 質問者さんとご両親で新しい名前を考えた方がいいと思います。 もし「優子」にしたらご両親との関係に入った亀裂は 一生修復できないと思います。 お友達には家族全員で話し合って決めたことと説明すれば きっと新しい名前で呼んでくれると思います。 あなたがいやでいやでたまらないその名前、なんて言う名前か、具体的にわからないので、判断しづらいのですが・・・ 今でもDQNネームだということは、十数年前、あなたが命名されたころには、それはそれは、当時としてはありえない、型破りな名前だったんでしょうね。 ご両親の勇気には感服いたします。 あらゆる障害を乗り越えて役所に届け出たその名前を持つわが子が、いつの間にか勝手にユウコと名乗っていた。 ご両親にしてみたら、そりゃあ、怒りますわな。 ユウコと名乗る前に、ご両親にあなたから本心を打ち明けるべきでしたね。 「私、自分の名前が実はいやなの・・・」 ご両親はひょっとしたら、この日が来ることを恐れていたのかもしれませんよ。 ずーっと前から。 ご両親が怒っておられるのは、あなたが勝手にユウコと名乗っていることについてです。 勝手にユウコと名乗ったことについては、素直に謝りましょう。 そうすれば、事は意外と簡単に解決するように思います。 改名の要領についてはほかの回答者の方々が述べておられますし・・・ まあこれを両親に見せるかはお前さんに委ねるが…。 なぜ謝る必要があんのかわからんな。 父さんの言い分から考えれば 「苦しかろうが辛かろうが一生懸命考えたんだ、我慢しなさい。 」 って言ってるようにしか聞こえんがね。 一生懸命考えたからって絶対いい名前になるなんてことはまずない。 ここを見てくれればわかるだろうが、実際つけられた名前だ。 そりゃあ小さいときはかわいいぜ? ララ桜桃(ららさくらんぼ)ちゃんとかよ、波波波(さんば)君とかよ、かっこいいじゃねぇか。 だがよ、これが大人になってからのこと考えてみてくれ。 会社やバイトの面接で「ララ桜桃です」って答えんのか? 名は体を表すって言葉があるからよ。 いくらまじめでいい子でも名前で選ばれないなんてこともあるんだぜ? それじゃあ駄目じゃねえか。 ましてやお前さんは人に呼ばれるのすら嫌な名前なんだろ? だったら我慢する必要なんかねぇやな。 自分で産んだ子だからって全ての権利が親にあるわけじゃないんだ。 一度お互いの考えをぶちまけるってのが一番いいと思うぜ。

次の