ポケ徹 バチンキー。 【ポケカ】バタフリーVMAXデッキ (化石ロック型)|スタンダード【通販で買える】 / オンラインショップの店舗ブログ

【ソードシールド】進化条件一覧!新ポケモンも対応【ポケモン剣盾】

ポケ徹 バチンキー

はじめまして。 バチンウニに惚れ込んだざらみという者です。 今回が初投稿となります!使用していて素晴らしいなと感じるバチンウニ構築ができたので「布教できないかな!」と投稿してみることにしました。 やれることもそこそこありますし能力変化なしなら大抵の技も受けられます! ただし後出しは「トリックルーム状態」または「非常に有利な対面 例:相手の能力が下がっている 」でないと簡単にとられます。 ご注意を。 努力値振り C252 確定です。 エースはやっぱりぶっぱが正義 A236 ほぼ確定かと。 環境に多いドリュウズやバンギラスを「ダイナックル」で仕留めるための調整をしてます。 Dはあまりです。 調整はお好みで。 性格 今回は冷静で確定です。 勇敢もいいですが、技の豊富な特殊型でいきましょう! 特性 エレキメイカー確定です。 電気受けでもないので。 持ち物 命の玉確定です。 エースに火力投資を怠ることなかれ! 確定技• 10万ボルト• きしかいせい この2つは確定ですね。 これがないとやれることがガクンと減ってしまうので確定です。 候補技• ハイドロポンプ サブウェポンとして非常に優秀。 結構ヒートロトムがキツかったりするので。 ダイストリームで流しちゃう感じで。 素で打っても結構なダメージ稼ぐことができます。 ちなみにダイマックスなしでもドリュウズをこれで持ってけます。 汎用性高いよねこの技。 ふいうち これも有名なサブウェポンですね。 ダイナックル後ならかなりの威力が出ちゃう使い勝手のいい技です。 最後っ屁もできるし、「ダイアーク」なら相手の特防を下げるシナジー効果も見込めます。 これ本当強い。 ベノムショック どくづき 草タイプやフェアリータイプへのちょっとした打点です。 ただ威力が65と低いので ダイマックスでも85 特攻を上げるための手段としてどうぞ。 エルフーンとかが舐め腐って挑発とかしてきたらお見舞いできます。 ここもパーティと相談で• たたりめ 特殊ゴースト打点。 「ドラパルト」や「ギルガルド」、「ミミッキュ」に効果抜群をとれますが正直「エレキフェールド状態」の「10万ボルト」で十分な気がします。 しかし、機転作りなどで「どくびし」撒いたりするのならかなりの威力です。 パーティと相談で。 アクアブレイク 物理水技です。 砂嵐状態の岩タイプがガチガチなので候補に入ってくるかもです。 とつげきチョッキヒートロトムにはこちらの方が入っちゃったりするんですね。 ダイストリームなら高乱数も狙えてしまう点から有用性は高そうですね。 ・追記:びりびりちくちくのダメージ計算を誤っていたため高乱数ではなくなりました。 申し訳ないです。 特に仮想敵もいなくなったため候補外とします。 ダメージ計算式 エレキフェールド状態 攻め 10万ボルト HB252D4わんぱくアーマーガア確定1 125. 3〜148. 8〜132. 4〜142. 5〜89. 5〜118. 6〜130. 3〜65. 7〜110. 3〜55. 0〜66. 5〜127. 4〜82. 1〜76. 1〜72. 4〜100. 9〜110. 4〜152. 4〜79. 鉢巻なら相手も戻すしかないので。 通常時 HA252B4いじっぱりバンギラス地震確定1 107. 0〜105. 6〜63. 0〜52. ルチャブル 特性「かるわざ」を持つ格闘・飛行タイプです。 地面技読みで交代するとかなりの確率で成功します! エレキシードでかるわざを発動させて素早さをあげ、防御もあがるので剣舞を積む猶予ができます。 Sに努力値180振るとスカーフ最速ドラパルトを上から殴ることができるため、バチンウニで仕留められなかった相手を掃討することができる心強い相棒です。 トリックルームと相性が悪いとご指摘がありましたが結構トリックルームのターンは短いので切れた時に安全に出すことができますよ!騙されたと思ってやってみてください。 デスバーン トリックルーム要員です。 持ち物はタスキをオススメします。 ダイマックスポケモンは道連れできないのでご注意を。 挑発持ちには弱いので注意• 「ひかりのねんど」を持たせると3匹目まで継続でダメージ軽減を割としてくれるのでオススメします! 8ターンとか長すぎるぜ... パッチラゴン スカーフはりきりパッチラゴンです。 エレキフェールド状態を引き継いでからのこいつのでんげきくちばしはもはや敵なし。 ブリムオン マジックミラー持ちのトリックルームを張れるポケモンです。 使用感めちゃくちゃいいですねこいつ。 機転にされにくいトリックルーム張れるポケモンってのは少ないので重宝します。 またバチンウニが倒せないドラゴンメタとしても強いです。 サザンドラ呼ばないだけで勝率安定しますマジで。 まだ枠が埋まってないなら優先して育ててみては?• ガマゲロゲ 水、地の物理アタッカーです。 カットロトム以外のロトムに対して強く出ることができます! 論内でも記述した通りヒートロトムは水技がないとかなりキツイのですがいかんせん技枠が圧迫されます。 他に毒技を入れたい!とかいう方には後ろから投げるだけでいいと言う簡単なお仕事だけでほぼ完封できます。 ヨノワール 起点にされ辛いトリルサポーターですね。 とにかく硬い。 物理特殊どちらからもガチガチですよ! ほぼ確実にトリル貼れますからね。 すみません。 3倍になってなかったです。 本当に申し訳ないです。 この子で耐久は厳しいですし、居座ってエレキフィールドが切れたら目も当てられません。 万が一切れた状態でルチャブルに回ったら雷パンチが元のダイサンダーでエレキフィールドにして軽業発動することもできますが… 技も含めた構成としてはこんな感じです。 性格:ゆうかん 持ち物:シュカの実 努力値:HA極振り びりびりちくちく アクアブレイク ふいうち のろい のろいはあくまでも攻撃を上げる手段で使い、粘るためではありません 1段階上げれば等倍びりびりちくちくで大抵の相手ならば半分以上は削れます 特に相性がいいのが「ふいうち」です トリルが切れても攻撃1段階上昇で先制でき、最後っ屁としてかなり優秀です。 油断して出てきたドラパルトなんかも赤ゲージくらいまで持ってってくれます。 タスキ持っててもふいうちすれば関係ないですしね また、メインウェポンは10万ボルトよりもびりびりちくちくの方がオススメです。 なぜなら、トリル下では大抵こちらが先手なので怯みも狙えるびりびりちくちくの方がいいですし、10万ボルトは相手を麻痺にしてしまう可能性があり、トリパでは致命的であると思います。 他にはふゆうロトムに地面を叩きこめる感じですかね... ?? なるほど。 ルチャブルの絶妙な火力不足にはほんとに困ってます笑かたやぶり命の玉とかどうなんですかね。 バチンウニと相性が無くなりますがキーマンとしてはありかもしれませんよ。

次の

【ポケカ】バタフリーVMAXデッキ (化石ロック型)|スタンダード【通販で買える】 / オンラインショップの店舗ブログ

ポケ徹 バチンキー

発売前の大量リークで物議をかもした今回の第8世代の新たちですが、私もストーリークリアして一段落したので、ここで新の感想を書きたいと思います。 ガラル新 5段階評価 私の好みと独断で新を5段階評価でまとめました。 ここでの評価はあくまでガラル新の中での評価ですので、最高点の5点でも全体で最高評価というわけではないのでご注意ください。 未進化組の中では、歴代トッルだと思います。 5 御三家の中間進化組ではラビフットが抜きんでて魅力的ですね。 バチンキー、ジメレオンも無難な進化です。 くさタイプでゴリラモチーフならこんな感じだろうなという無難なところ。 エースバーンは、この前公式イラストを見ましたが、イラスト上はそんなに悪くないのかな…?とも思うのですが、いかんせんゲームの3Dモデルがひどいです。 目の模様がチープなのと、マッチ棒みたいな手だったり棒立ちの姿勢だったりとマイナス点をあげたらキリがないです。 インテレオンは見た目がかっこよくないのがシンプルにダメです。 今作は「その方向性ならもっとこうすればいいのに」というキャラが多かったです。 対戦面での性能もいいのでバトルでも使ってみたいです。 個人的にはカムカメもGOODです。 5 ホシス、ヨクバリスはやや地味目ですね。 5 クスネは目の模様とかしっぽがほうきになっているところなど個性もあって良かったのですが、フォクスライに進化すると途端に個性がなくなってしまうのがマイナスでした。 5 ウールーはかわいいですが、バイウールーはプロデュース不足ですね。 なんかとかをくっつけて黒くしたような見た目で新味がなく、やといった先輩たちと比べてしまうと見劣りしてしまいます。 デザインも秀逸で特にタルップルはすでに世界的にファンを作っています。 マルヤクデは、ムカデモチーフの先輩と比べるとかなりシンプルなデザインですが、まあいいでしょう。 私の好みの話なのでまあいいんですが。 ヤバチャはの進化前みたいな名前ですね。 なんか今作のは総じて、生き物っぽさがないというか無機質な感じがします。 ブリムオンはなんかテカテカしていてビニール素材で出来てるかのように見えるのですが、こういう 見た目で実態がわかりにくいデザインはマイナス点ですね。 ベロバーは剣盾発売前に事前公開されたの一匹で、ぽくないという意見もありましたが、そのキモ可愛さがウケている面もありました。 オーロンゲは製作側も"あえて"このようなデザインのを採用したのだと思いますが、うーん。 ベロバー君からの正統進化を期待していたので、今後の進化を待ちたいと思います。 ニャイキングは大量リークで一番気に入ったで旅パでも愛用しました。 対戦でも使えそうなので育成してみたいと思います。 5 あまり個性的なデザインではないですが、個人的に好きです。 オスの姿の方が人気があるみたいです。 完全新作のテイストにたじろいでいたのですが、ガラルリージョンたちはなるほどとうならせるようなリメイクばかりでした。 バチンウニは未進化なのが残念ですがいいキャラですね。 イエッサンはオスの姿の方が好みです。 5 大量リークで物議をかもしたシリーズその4。 ですが私的にはそこまで悪くないと思っています。 モチーフは化石の誤復元ですね。 生物考古学の世界では、別々の生物の化石がまざってしまったり、あるいはある部位の化石が別の部位と取り違えられたりということがままあります。 かつては恐竜はワニやトカゲといった爬虫類を手本にしていましたが、今では羽毛の生えていた痕跡のある化石が見つかり、羽毛恐竜などと呼ばれていたりしています。 このように古代生物の予想図というのは、つねに不完全であり、その実像は時代とともに更新されています。 私たちが思い描いている恐竜の姿も将来別の形に変わっているかもしれませんし、「」や「」といった化石がもしかしたら間違った研究に基づいた姿かもしれません。 あとどう見ても研究者が間違えたようにしか見えない変な見た目の古代生物というものも実際に存在するので、一概に間違いとは言えません と長々と書いてしまいましたが、そういった背景をしっているととても興味深いだなと思うのですが、4体それぞれが似ていて 名前もふくめ区別が付きにくいというのはマイナス点でした。 機械+ドラゴンというと今までにいろいろなデザインのキャターが作られてきましたが、らしい絶妙な かっこいいんだかダサいんだかわからないような 良いまとめ方をしていると思います。 ドラパルトもマヌケな感じが出てよかったです。 5 伝説のは私の趣味とはまったく別次元のデザインなのでとやかくいう気はないのですが、ザシアン・ザマゼンタはまあまあ良いデザインだと思います。 始めは別のフォルムで登場したのも面白かったです。 こちらのフォルムはランダム対戦でも使えるという噂が初期にありましたが、本当にそうすればよかったのにと思います ムゲンダイナは、ぽくないというかっぽいデザインですね。 今作のストーリーはジムリーグに焦点を当てていて、伝説のがあまり絡んでこなかったので続編に期待です。 ガラル地方新 ベスト5• タルップル• ニャイキング• ラビフット• バチンウニ• クスネ ガラル地方新 ワースト5• セキタンザン• エースバーン• オーロンゲ• インテレオン• 該当なし あとはどれも微妙すぎて印象が薄い まとめ 全体的に今作のは今までとは一風変わった感じがしました。 ゲーム媒体や技術力の進歩などにともなってのデザインも少しずつ変わっていくものなのかもしれません。 しかし今までと違うからといってそれが悪いということはありませんし、いろいろながいることが、というブランドの多様性を保っているのだと思っています。 また私があまり好きでないでも他の人で好きな人がいれば、それはそれで良いことだと思います。 エースバーンはちらほら好きという意見も見ますね 第8世代もまだ始まったばかりなので、これからいろんなに親しみを持てればと思います。 pokejournal.

次の

バチンウニ育成論 : ウニは強いぞ!トリルエースアタッカー!!|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケ徹 バチンキー

発売前の大量リークで物議をかもした今回の第8世代の新たちですが、私もストーリークリアして一段落したので、ここで新の感想を書きたいと思います。 ガラル新 5段階評価 私の好みと独断で新を5段階評価でまとめました。 ここでの評価はあくまでガラル新の中での評価ですので、最高点の5点でも全体で最高評価というわけではないのでご注意ください。 未進化組の中では、歴代トッルだと思います。 5 御三家の中間進化組ではラビフットが抜きんでて魅力的ですね。 バチンキー、ジメレオンも無難な進化です。 くさタイプでゴリラモチーフならこんな感じだろうなという無難なところ。 エースバーンは、この前公式イラストを見ましたが、イラスト上はそんなに悪くないのかな…?とも思うのですが、いかんせんゲームの3Dモデルがひどいです。 目の模様がチープなのと、マッチ棒みたいな手だったり棒立ちの姿勢だったりとマイナス点をあげたらキリがないです。 インテレオンは見た目がかっこよくないのがシンプルにダメです。 今作は「その方向性ならもっとこうすればいいのに」というキャラが多かったです。 対戦面での性能もいいのでバトルでも使ってみたいです。 個人的にはカムカメもGOODです。 5 ホシス、ヨクバリスはやや地味目ですね。 5 クスネは目の模様とかしっぽがほうきになっているところなど個性もあって良かったのですが、フォクスライに進化すると途端に個性がなくなってしまうのがマイナスでした。 5 ウールーはかわいいですが、バイウールーはプロデュース不足ですね。 なんかとかをくっつけて黒くしたような見た目で新味がなく、やといった先輩たちと比べてしまうと見劣りしてしまいます。 デザインも秀逸で特にタルップルはすでに世界的にファンを作っています。 マルヤクデは、ムカデモチーフの先輩と比べるとかなりシンプルなデザインですが、まあいいでしょう。 私の好みの話なのでまあいいんですが。 ヤバチャはの進化前みたいな名前ですね。 なんか今作のは総じて、生き物っぽさがないというか無機質な感じがします。 ブリムオンはなんかテカテカしていてビニール素材で出来てるかのように見えるのですが、こういう 見た目で実態がわかりにくいデザインはマイナス点ですね。 ベロバーは剣盾発売前に事前公開されたの一匹で、ぽくないという意見もありましたが、そのキモ可愛さがウケている面もありました。 オーロンゲは製作側も"あえて"このようなデザインのを採用したのだと思いますが、うーん。 ベロバー君からの正統進化を期待していたので、今後の進化を待ちたいと思います。 ニャイキングは大量リークで一番気に入ったで旅パでも愛用しました。 対戦でも使えそうなので育成してみたいと思います。 5 あまり個性的なデザインではないですが、個人的に好きです。 オスの姿の方が人気があるみたいです。 完全新作のテイストにたじろいでいたのですが、ガラルリージョンたちはなるほどとうならせるようなリメイクばかりでした。 バチンウニは未進化なのが残念ですがいいキャラですね。 イエッサンはオスの姿の方が好みです。 5 大量リークで物議をかもしたシリーズその4。 ですが私的にはそこまで悪くないと思っています。 モチーフは化石の誤復元ですね。 生物考古学の世界では、別々の生物の化石がまざってしまったり、あるいはある部位の化石が別の部位と取り違えられたりということがままあります。 かつては恐竜はワニやトカゲといった爬虫類を手本にしていましたが、今では羽毛の生えていた痕跡のある化石が見つかり、羽毛恐竜などと呼ばれていたりしています。 このように古代生物の予想図というのは、つねに不完全であり、その実像は時代とともに更新されています。 私たちが思い描いている恐竜の姿も将来別の形に変わっているかもしれませんし、「」や「」といった化石がもしかしたら間違った研究に基づいた姿かもしれません。 あとどう見ても研究者が間違えたようにしか見えない変な見た目の古代生物というものも実際に存在するので、一概に間違いとは言えません と長々と書いてしまいましたが、そういった背景をしっているととても興味深いだなと思うのですが、4体それぞれが似ていて 名前もふくめ区別が付きにくいというのはマイナス点でした。 機械+ドラゴンというと今までにいろいろなデザインのキャターが作られてきましたが、らしい絶妙な かっこいいんだかダサいんだかわからないような 良いまとめ方をしていると思います。 ドラパルトもマヌケな感じが出てよかったです。 5 伝説のは私の趣味とはまったく別次元のデザインなのでとやかくいう気はないのですが、ザシアン・ザマゼンタはまあまあ良いデザインだと思います。 始めは別のフォルムで登場したのも面白かったです。 こちらのフォルムはランダム対戦でも使えるという噂が初期にありましたが、本当にそうすればよかったのにと思います ムゲンダイナは、ぽくないというかっぽいデザインですね。 今作のストーリーはジムリーグに焦点を当てていて、伝説のがあまり絡んでこなかったので続編に期待です。 ガラル地方新 ベスト5• タルップル• ニャイキング• ラビフット• バチンウニ• クスネ ガラル地方新 ワースト5• セキタンザン• エースバーン• オーロンゲ• インテレオン• 該当なし あとはどれも微妙すぎて印象が薄い まとめ 全体的に今作のは今までとは一風変わった感じがしました。 ゲーム媒体や技術力の進歩などにともなってのデザインも少しずつ変わっていくものなのかもしれません。 しかし今までと違うからといってそれが悪いということはありませんし、いろいろながいることが、というブランドの多様性を保っているのだと思っています。 また私があまり好きでないでも他の人で好きな人がいれば、それはそれで良いことだと思います。 エースバーンはちらほら好きという意見も見ますね 第8世代もまだ始まったばかりなので、これからいろんなに親しみを持てればと思います。 pokejournal.

次の