スマート ニュース グノシー。 スマートニュースに掲載される方法を徹底分析(スマニュー砲)

「スマートニュース」、「グノシー」アプリの利用者数が1年間で500万人以上増加|ニールセン デジタル株式会社のプレスリリース

スマート ニュース グノシー

グノシー スマートニュース LINE NEWS Yahoo! ニュース、Googleニュース、NHK ニュース・防災がおすすめです。 逆に、トップニュース以外でも、興味関心がある情報は収集したい、といった人は、LINEニュースや、スマートニュース、グノシーがおすすめです。 キュレーションアプリとYahoo! ニュースやNHK ニュースの違い キュレーションアプリは、そのアプリを作っている人が、せっせと記事を書いている訳ではありません。 基本、 新聞社や各メディアの「元記事」を収集して(あるいは提供を受けて)「整形して表示」しています。 つまり、どのアプリにも「記事を整形して表示する画面」と「元記事を表示する画面」があります。 ただし、Yahoo! ニュースの場合は(昔から)一定の基準を満たした新聞社やメディアから提供を受けた記事を、もちろん、NHK ニュースの場合は、独自で取材した記事を、編成して配信していますので、他のキュレーションアプリとは、記事の質や、見え方が異なります。 また、Yahoo! 一方、キュレーションアプリは、 とてもスピーディーに、さまざまなジャンルの記事を同じフォーマットで読むことができたり、閲覧した記事によってトップページが変わって、さらに新しい情報を発見できたりと、興味あるニュースや情報を、薄く広くチェックするのには、とても便利です。 それぞれのアプリの記事画面の特徴 各アプリで記事画面の内容や構成も大きく違いますので、比較して、ご紹介いたします。 グノシーの記事画面 記事を読んだ直後に、記事とは関係の無い大きめの広告が表示されます。 その下に装飾が無いテキストリンクで元記事にアクセスすることができます。 さらに、ページ最下部には、(読んでいる記事と温度感が違いすぎる)エンタメ系(ゴシップ)記事の一覧が表示されます。 ズバリ、グノシーは、広告も含めてコンテンツとして楽しめる人にはおすすめかもしれませんが、、、ノイズが多すぎるアプリでした。 スマートニュースの記事画面 記事の下には、分かりやすく元記事へのリンクが表示されてるので、簡単に元記事にアクセスすることができます。 その下には、グノシーと同じく、記事とは関係の無い大きめの広告が表示されますが、さらにその下には、元記事側の関連記事が表示されますので、元記事にアクセスしやすい構成になっています。 記事画面は、統一フォーマットでサクサク読めて快適ですが、トップページなどでは、どうしても広告が目につきました。 LINE NEWSの記事画面 LINE NEWSの記事の特徴は、複数の元記事のニュースから要約されたものが表示される点です。 グレーになっている元記事のテキストをタップすると、元記事にアクセスすることができます。 Yahoo! ニュースの記事画面 パソコンで、Yahoo! NHK ニュース・防災の記事画面 NHKのニュースアプリなので、いわゆるトップニュースを確実にチェックすることができます。 また一部のニュースでは、テレビと同じニュース映像を見ることもできます。 そして、何と言っても特徴的なのが、ニュース原稿のような記事が多いことです。 はじめは、まるでNHKのアナウンサーになって原稿を読み上げているような感覚で、若干違和感を感じました。 Googleニュースの記事画面 Googleニュースの記事画面は大きく2種類にわかれ、他のアプリと同様に統一されたフォーマットの記事画面と、新聞社や各メディアの元記事が直接表示されるものがあり、割合としては元記事の方が多いようです。 ただし元記事も、多くが高速に表示されるフォーマットで作られているページのため、サクサク読むことができます。 元記事内のリンクをタップすると、ブラウザが開いて元記事のサイトに移動します。 記事画面からは、同じトピックの他の記事に簡単にアクセスすることができたり、後で読むために、記事を保存したりすることができます。 また、アプリを開いた最初の画面で、自分自身の関心に基づいて、ニュースが5件ピックアップされるという点も特徴的です。 独自の深掘り記事はありませんが、トップニュースから、興味関心のニュースまで幅広くピックアップされますので、非常にバランスが良い感じを受けました。 元記事ページで新聞社や各メディアが掲載している広告は、大抵がGoogleのプラットフォームを利用した広告なので、、、。 どういう人が使っている? こちらは、各サービスの媒体資料などからの情報になります。 グノシー スマートニュース LINE NEWS Yahoo! ニュース NHKニュース Googleニュース 男女半々 男女半々 女性が6割 男性が6割 — 男性が7割 20代以下が多い 30代以上が中心 40代以下が中心 50代以上が多い — — 特徴的なのは、LINE NEWSは女性ユーザーが多いという点と、グノシーはTVCMの影響もあるのでしょうか?他アプリに比べると10代、20代ユーザーが多い点です。 プッシュ通知の頻度は? みなさんもご経験があるかと思いますが、特にニュースアプリはプッシュ通知が多いです。 デフォルトのままだと、毎日こうなります。 どのアプリもプッシュ通知が届きますが、iPhoneの場合は、いい意味でも悪い意味でもバッジが目立ちますが、上のように毎日表示されるものと、そうでないものがあります。 その中の1つには、(Androidでは、仕組み上、配信する側が通知の優先度を設定することができるのですが)常に最優先で配信しているところもあるようです。 利用者の満足度アンケートの結果 こちらは からの情報になります。 NHK ニュース・防災は、調査対象に入っていません。 グノシー スマートニュース LINE NEWS Yahoo! ニュース Googleニュース 70. 2ポイント 74. 0ポイント 72. 5ポイント 73. 0ポイント 72. 2ポイント スマートニュースが1位ですが、各アプリとも大きな違いはないようです。 若干グノシーが他4アプリと比べると低いようです。 また、同じ調査の中に、利用率の調査結果もありますが、そちらは、Yahoo! LINE NEWSは、アプリ以外にも、本家LINEのニュースタブや、友だち登録すると毎日送られてくるニュースダイジェストなどからも見ることができるため、女性中心に利用者が増えているようです。 まとめ:おすすめの1本は? 以上のように、人気のニュースアプリを約1か月(30日)使ってみて分かったことは、• トップニュース重視派なら、 Yahoo! ということで、最後に、現在メインで使っているYahoo! ニュースについて、簡単におすすめポイントをご紹介いたします。 ) Yahoo! ニュースがおすすめな理由 まず、 ファーストビュー画面に、トップニュースが並びます。 13文字程度の文字数で統一されていて、隙間時間に、素早くトップニュースをチェックすることができるのが有り難いです。 定期的に更新される Yahoo! ニュース特集は、独自の深掘り記事で、読み応えがあります。 その他、ジャーナリストや著名人が書いた深掘り記事も(自分が関心あるものだけ読んでいることもありますが)興味深い内容のものが多いです。 こちらはGoogleニュースにも同じような機能があります。 右の画面は、ウェブのテーマ機能の説明ページです このように、隙間時間に、トップニュースをチェックしつつ、興味や関心があるニュースをチェックすることができるYahoo! ニュースは非常に便利で、重宝しています。 最後に、1個のアプリだけのおすすめポイントをご紹介してしまいましたが、是非、自分にあったニュースアプリを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

次の

『グノシー』『LINE』『Yahoo』・・・5つのニュースアプリ比較分析から見えてくるユーザー層の違い

スマート ニュース グノシー

普段はDMM. comでマーケティングの部署で仕事をしていて、主にSEM Search Engine Marketing の領域を担当してるので、媒体でいうとGoogleとYahoo! がメイン。 今回はお題にあるように普段仕事ではあまり接触しない2つのキュレーションアプリ SmartNews&Gunosy を調べることにした。 ではさっそく、アプリを開いてみるのですが... 何を隠そう。 ダウンロードしていたものの、久しく開いてなかったのはまぎれもない事実!(直近だと月に1回も開いてなかったのでMAUには該当せず彼らには休眠ユーザーとしてフラグ立てされていたと思われるw) 休眠ユーザーと言いつつも、せっかく2つのアプリを調べる機会があったのでいろいろ見比べてみた。 これからいろいろと比較するが、冒頭でこれだけは言いたい。 たぶん、僕以外のユーザーも思ったことがあるはず。 「UIめっちゃ似てる!どっちがスマニューでどっちがグノシー?」 (デザイナーがトレースすれば大きく違ってみえるかもしれないが... ) ただ、ここで皆さんにSmartNewsとGunosyをファーストビューの時点で見分ける方法を伝授しよう。 ずばり!ファーストビューに天気予報があるかいなかで簡単にどちらのアプリか判別できる。 SmartNews:日付と天気予報がある Gunosy:左上のハンバーガーマークを押さないと日付と天気予報は出てこない 前置きがながくなってしまったが、これからいろんな角度からSmartNewsとGunosyを比較してみる。 目次はざっとこんな感じ。 つまり、従来の紙メディア(新聞&雑誌)やWEBメディアは誰がみても同じ記事が掲載されるわけだが、2つのキュレーションメディアは人によって掲載されている記事が変わる、いわゆるパーソナライズ化しようというのだ。 両者が超優秀なエンジニアやデータサイエンティストを集めているのはテック業界では有名な話。 本題と脱線してしまうが、Netflixも月額1,000円 実際は3つのプランがある をユーザーに払ってもらうために、超優秀なデータサイエンティストを抱えている話にも通ずる。 理念に加えて、両者ともに大切にしていることがある。 それはデータやテクノロジーである。 これは、エンジニア比率をみてもわかるかもしれないが、なによりテックブログをみれば一目瞭然である。 僕には到底理解できないレベルである。 参考程度にGunosyのテックブログの一部を抜粋しておく。 ざっくりまとめると 後述の計算モデルに必要なものは全てDynamoDBとs3におく 関連するほぼすべてのタスクのワークフローはdigdagにより管理 例外はリアルタイム性を求められるユーザーベクトルを生成するAWS lambda こんな感じです。 ざっくりまとめるとこんな感じ。 いや、ざっくりまとめられてもぼくにはわからないw 僕がわかるのは直近Amazonの事業を牽引しているクラウドサービスのAWSの名称くらい。 (SmartNewsエンジニアリングブログ) (Gunosyテックブログ) SmartNewsとGunosyは情報を最適な人に届けるというミッションとテクノロジーやデータを超大事にしているという点では似ている企業である。 プロダクト メインのプロダクトはご存知の通り、SmartNewsはSmartNewsだし、GunosyであればGunosyというキュレーションアプリが存在している。 ただ、それ以外にもプロダクトやサービスがある。 今回は、2つのキュレーションアプリの話がメインだが、 せっかくなので、他のサービスも列挙する。 SmartNews: ニュースアプリ「SmartNews」(アプリのみ) 非営利団体向けプログラム「SmartNews ATLAS Program」 Gunosy: ニュースアプリ「Gunosy」 WEB版あり ニュースアプリ「ニュースパス」 KDDI共同開発 (アプリのみ) 女性のためのトレンド情報アプリ「LUCRA」 アプリのみ ゲーム・アプリの総合攻略アサイト「Game8」(WEB版のみ) こうやってみると、SmartNewsはアプリニュース1つに注力していて、 Gunosyは様々な層を囲うためにあらゆる角度からアプリやサイトを展開している。 おそらくNewsPicksやMERYのように特定の層をターゲットにしているのではなく、両者ともにマスにに使ってもらいたいアプリなはず.... なので、マス獲得したいのは両者変わらないが、それぞれユーザー獲得の戦略は違ってくる。 Gunosyに関しては一部上場企業なので、資金力という面では差はあるのかもしれないが、とはいえ、SmartNewsも2年前くらいの段階で91億円調達している。 なので、資金力というよりかは会社の戦略の要素が強いのかなと勝手に想像している。 もう1つ考えられるのは、SmartNewsは単体で3,000万DLを突破している一方でGunosyの単体は2,400万DLでSmartNewsの背中を追いかける形であったのでいち早く追いつきたいという想いもあったのかもしれない。 現状、Gunosy・ニュースパス・LUCRAを合わせると3,354万DLとGunosyが追い越している状況である。 (ただこれは、そもそも条件がそろってないので、単純比較はできない。 スマートニュースは日米合算のDLだし、Gunosyは3つのアプリの合算値なので... ) 数字で見るSmartNewsとGunosy まずはダウンロード数。 SmartNews: 3,000万DL(日米のGooglePlayとAppstoreの合算値。 ) Gunosy: 2,200万DL こちらは国内のみ。 ただ、ニュースパスとLUCRAを合わせると 2,900万DL。 おそらくだけど、Gunosyの数値はGunosy単体の数字であり、ニュースパスやLUCRAは含まれていないはず。 ただ、Gunosy単体で見るとアクティブユーザーは減ってるのは決算で公開済み。 のちほど詳細は書くが、このアクティブユーザーの現象に歯止めをかけようとグノシーQというユーザー参加型のライブ配信を施策として行っているのだと思われる。 SmartNews: 1,020万MAU Gunosy: 450万MAU 最後に1日の利用時間。 これもニールセン調査になってしまう。 SmartNews: 14. 1分 Gunosy: 7分 余談だが、利用時間がもっとも長いニュースアプリはYahoo! ニュースで15〜16分らしい。 SmartNewsとGunosyの間にはLINENEWSが位置していて10分くらい。 ユーザー属性 まずは年代別。 これがめちゃくちゃ意外な結果で、僕もかなり驚いた。 それぞれの年代が何パーセント占めてるかは媒体資料みてもらえばわかるので、割愛する。 だから、Gunosyの記事はエンタメ系が多い仕様になっていたりする。 例えば、いまGunosyのアプリをひらいてみて、TOPページを確認してみたが、「浮気」「セックス」「お尻」といったワードが散見されたw ただ、Gunosyは若者のユーザーが多いが、ニュースパスでしっかり40代50代を囲っていてバランスをとっている。 (ニュースパスは30代〜50代で7割を占める) 次に男女比。 これは両者ともに同じ。 最後は年収別。 GunosyはSmartNewsに比べて、ユーザーの年齢層が低いのおそらく年収も低くなると思われる。 SmartNewsは年収別で割合をだしてるのでみてみると、年収500万円以上が5割もいる!しかもその中で年収1,000万円を超える割合が1割。 なんか意外だった。 まあ、これより年収高めな層に愛されてるメディアはNewsPicksだと思うが... w 最近の注力サービス 注力サービスについてはかなり違う点かなと思う。 TVCMも放映してるので、これはかなり力を入れているに違いない。 TVCMは買い方にもよるので、一概にどれくいかかってるかはわからないが、2,3億円くらいは投下しているんじゃないかなと思っている。 (詳しくは電通社員にでもきいてみほしいw) Gunosyはユーザー参加型のライブ配信「グノシーQ」に注力している。 グノシーQとはなんぞやという方のために簡単に概要を記載しておく。 「グノシーQ」とは... グノシーQの初動 3月 は争奪賞金総額が1,000万円とかやっていたので、もう少し投下してるイメージかなと。 あ、決算のコスト構造をみると、2018年のQ4からライブ動画制作費という項目が追加されてて、そこにおよそ1億円程度計上されてた。 著名な人物 両者ともにすごく優秀な方が集まっているので、僕がメディアでよく見る人物を列挙してみた。 言うまでもなく、皆さん優秀なんだが、ここでは特にメディアでみる著名な方を紹介したい。 僕がビジネスサイドの人間であるので、ビジネスサイド側の方が多くなってしまうと同時に卒業された方も含む事はご了承頂きたい。 現在は、独立されて日本の移民文化・移民事情を伝えるウェブマガジン「日本複雑紀行」の編集長を務める。 ライブドア・WIRED・ハフィントンポストと様々なメディアでディレクターや編集長を務める。 最近は、AbemaTVによく出演されている。 著書は「なめらかな社会とその敵 2013 」。 すみません、まだ読んでない... (必ず読む) ただ、は観た。 株式会社アスキーで月刊誌編集長などを経て、現職。 ちょっと古いですが、はおもしろかった。 けんすうさんが創業したnanapiなど3社が合弁しSupership社となって、そこのCMOを経て、スマートニュースで広告責任者を務めた。 現在は、すでに卒業されていて、企業の10倍成長を支援するMOONSHOTを創業。 投資家としてグノシーの創業に携わり、主に資金調達やプロモーション TVCM を担当。 KDDIやジャフコなどから12億程度調達。 そのほとんどを広告宣伝費に投下したとか。 2012年には未踏スーパークリエーターにも選ばれるほどのスーパープログラマー。 メディアにはあまりがつがつ出るタイプではなさそうであまりネットにころがってないが、はある意味面白いのでみてほしいw Gunosyのサービスを田原さんに説明するのに苦労してる福島さんをぜひw 広告メニューに関して 広告フォーマットは両者ともにほぼ一緒。 下に簡単にまとめておく。 ただ、スマートニュースはタイアップ記事の出稿ができない。 一方でGunosyはタイアップの記事広告が出稿可能である。 (編集やコンテンツ作成部隊もある。 )ここは大きく違う点かと思う。 広告出稿のフォーマットをまとめるにあたって、まずTOPタブとそれ以外のタブで値段やimpが大きく変わってくるので、それぞれ分けてまとる。 値段に関してもほぼ変わらない。 出稿するにあたって考えなければいけないのは、フォーマットというよりは、ユーザー属性を考えた上での出稿が懸命なきがする。 なぜなら、SmartNewsとGunosyの違う点にユーザー層があげられるから。 (逆にいうとそれ以外はかなり近しいので) あと、上のメニューは媒体資料にのってるメニューになるが、特別なメニューとしておそらくタブを作成してしまうことも可能なんだと思う。 簡単にいってしまうとそのタブのスポンサーになるということだ。 最近よくこんなワードを目にすることはないだろうか。 「Supported by 企業名」「Sponsored by 企業名」 テレビでいうと、「ここまでの放送はご覧のスポンサーでお送りいたしました!」みたいなやつ。 サザエさんの場合、Amazon&西松屋&大和ハウスが上の企業名に当てはまるわけだ。 で、同様のことをSmartNewsもGunosyもやっている。 SmartNewsはJALがやっていて、 GunosyはJeepがやっている。 まとめ そんなこんなでざっとSmartNewsとGunosyに関してまとめてみたが、 僕はなにか言いたいわけでもなく、ネット上に2社の情報が散らばってるので一つにまとめてみたという感じ。 既存の曲をアレンジしたり、プレイリストを作ったりするDJ的な役割を果たしたのではないかと思っている。 w ただ、個人的にはニュースアプリが乱立するなかで、どのニュースアプリが残っていくのか、はたまたこの乱立した状態で数年が過ぎていくのか気になる点である。 Yahoo! やLINEに加えて、Google、Twitter、facebook、Appleという黒船もニュースに力をいれてきている事実もあるし。。。 正直どのニュースアプリが残ろうが僕にあまり関係ないが、 最先端のテクノロジーを使い、自分に超最適化されるニュースアプリを使いたいなと思う。 これまた、どの企業も超テクノロジー企業でエリートエンジニアを抱えている企業であることも面白い。 ニュースアプリが密かに盛り上がってる中で、二つのニュースアプリの現状をまとめる機会があったのはタイミングとしても良かったかな思う。 機会があればこうしてアウトプットをする機会を増やしていこうと思ってる次第である。 547本 マーケティングトレースに関する記事をまとめたマガジンです。 マーケティング思考力を磨くためのヒントとなるnote記事を集めて発信していきます。 Facebookグループではイベント情報や、関連情報を共有しております。 facebook.

次の

スマートニュースとグノシーの違いを徹底比較。どっちが良い?ダウンロード数は?

スマート ニュース グノシー

動画の自動再生をオフにする ニュースアプリを見ていると、記事内の動画が勝手に流れていることはないですか? 音声は出ないのでなんとなくそのままにしている人も多いですが、動画なので通信量をかなり消費します。 モバイルデータ通信時は、はっきり言って無駄なので動画の自動再生をオフにしましょう。 スマートニュースの場合 スマートニュースの画面を下にスワイプすると右上に歯車アイコンが現れるのでタップします。 「動画の自動再生」をタップ。 「Wi-Fiでのみ有効」か「無効」に設定しておきましょう。 別に動画を観ないなら無効がオススメです。 グノシーの場合 右下のメニュータブをタップし「動画設定」を選択。 「Wi-Fi時のみ自動再生する」か「自動再生しない」をタップ。 ただし、ここに記載されているように、グノシーは動画広告が流れるようになっています。 広告収入で運営されているので仕方ないかもしれませんが、これってユーザーフレンドリーじゃないですよね。 なので私はスマートニュースをメインに使っています。 また、スマートニュースはオフラインにも対応しており、最後に表示させていたデータはオフラインでも読むことができます。 当初はグノシーがメジャーでしたが、今は完全にスマートニュースに抜かれてしまった感じですね。 対応しているメディアも圧倒的に多いですし。 グノシーも頑張ってください! YouTubeも自動再生をオフに YouTubeアプリも動画の自動再生がオンに設定されているので、オフにしておきましょう。 なんだか色んなアプリで動画の自動再生がオンになっているので、気になったものは「設定」で自動再生をオフにしておきましょう。 まとめ 今回は「ニュースアプリでモバイルデータ通信量を削減する方法!<スマートニュース・グノシー>」をご紹介しました。 初期状態で自動再生はオンになっているアプリがほとんですが、せめてWi-Fi時とかにして欲しいですよね。 無制限プランでもない限り、勝手に動画が流れて嬉しい人はいないと思うので。 なにかわからないことがあれば、お問い合わせフォームよりご相談ください。 この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

次の