山椒 の 効能。 中華料理に欠かせない花椒とは?その効能や使い方について

山椒の効能

山椒 の 効能

山椒をうなぎやてんぷらにかけて食べると、ピリッとした辛さと食欲をそそる香りがうまさを何倍にも引き立てますよね。 香辛料として色んな料理に使われる山椒ですが、実は多くの効能があることは知っていますか? ただ、山椒は食べ過ぎてしまうとしびれなどの副作用を起こすこともあるので注意が必要です。 今回、山椒の効能や食べ過ぎによる副作用、しびれが起きる原因についてお伝えしたいと思います。 スポンサーリンク 山椒の効能まとめ 今でこそ香辛料のイメージが強い山椒ですが、昔は病気を治療するための薬として使われ、多くの人々を救っていました。 山椒は食物繊維や、カルシウム・鉄分といったミネラル類、ビタミンB群やビタミンEなどのビタミン類が豊富に含まれている万能食品です。 山椒に含まれる栄養素の中でも最も注目したいのが、• サンショオール、サンショアミン• ゲラニオール• リモネン• タンニン と呼ばれる成分で、これらは漢方薬にも使われるほど健康に良い効果があります。 まず、山椒に多く含まれる上記4つの成分の効能について紹介します。 サンショオール、サンショアミド 山椒に含まれている辛味成分がサンショオールとサンショアミドです。 サンショオールやサンショアミドは脳に刺激を与えて活性化を促し、胃腸の働きを活発にします。 そのため、消化不良が原因で起きる胸やけや下痢などの防止、改善に有効です。 また、基礎代謝の向上や発汗効果もあるため、冷え性改善からダイエットまで幅広い効能が期待できます。 ゲラニオール 柑橘系の香りがするため、香水にも使用されることがある成分です。 主な効能は、 抗菌・防虫作用や抗うつです。 抗菌作用が強い成分なので、ニキビや吹き出物の予防になりますし、体臭を抑える効果もあります。 リモネン 山椒以外に柑橘系の果実や果物の皮に多く含まれる成分で、山椒のツンとした独特の香りはリモネンによるものです。 リモネンの香りはリラックス効果が高いため、アロマオイルや飲料の香料、洗剤や化粧品にも使われています。 また、リモネンには発がん性物質を抑える作用も確認されているので、心身の健康維持に欠かせない栄養素といえます。 タンニン タンニンはポリフェノールの一種で、山椒以外に緑茶やウーロン茶、紅茶などのお茶、ワインやコーヒーにも豊富に含まれる成分です。 強い抗酸化作用があるため、体内で老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。 活性酸素の発生を抑えることで、アンチエイジング効果を得られるのはもちろん、• 便秘解消• 動脈硬化予防• 心臓病予防 といった様々な効能が期待できます。 スポンサーリンク 山椒で舌がしびれるのはなぜ? 唐辛子やワサビと同じ香辛料として使われる山椒ですが、山椒のみの特徴として舌のしびれがありますよね。 しびれが起きるのは、山椒に含まれる辛味成分であるサンショオールが原因です。 サンショールには局所麻酔の作用があるため、食べ過ぎると口の中でも特に敏感な舌がサンショオールの刺激に反応してしびるのです。 また、 サンショオール以外にキサントキシンという痙攣毒を引き起こす成分も含まれています。 痙攣毒といっても毒性が強いのは魚類のみで、人間に対しての毒性は大量に摂取しない限り無に等しいので安心してください。 ただ、痙攣性の刺激は受けるのでサンショオールとともにしびれの原因になります。 どれくらいの量で舌がしびれるのかは個人差があるので一概に言えませんが、しびれを防ぐ適量を見極めることが大切です。 一度しびれた後にまた山椒をかける時は、以前よりも摂取量を少なくして適量を探ってみてください。 また、しびれが起きた後、症状を緩和したい時に有効なのは牛乳やヨーグルトの摂取です。 乳製品を摂取すると乳脂肪が舌全体を覆うので、山椒の刺激を抑えしびれを緩和します。 しびれ以外で気をつけたい!山椒食べ過ぎによる副作用は? 山椒は辛味成分の刺激により脳や胃腸の働きを活性化する作用がありますが、食べ過ぎは逆効果です。 たとえば、 胃腸への刺激が強すぎると、下痢や嘔吐などの副作用が起こります。 また、 稀にですが脳への刺激が強すぎた場合は意識障害や酩酊状態など重度な副作用が起きることもあります。 これらの副作用は、よほど大量に山椒を摂取しない限り心配する必要はありません。 ただ、食べ過ぎによる副作用があることは確かなので、山椒の過剰摂取は控えるようにしましょう。 昔は薬として使われていた山椒だけに、用法用量は守りましょうね! 普段、調味料の一種として何気なく使っている山椒ですが、特徴的な辛みや香りにはたくさんの効能があることが分かりました。 近年、山椒は世界各国で注目されていて、ぴりっとした辛みがワインやビールと相性抜群なので海外のレストランでも日本産山椒が料理に使われています。 今後、山椒の健康面においての魅力が伝われば、世界中で需要がさらに高まるかもしれませんね。 私たちの食卓でも、山椒はうなぎやてんぷら以外に、スパゲッティーや汁物などにかけても違った味わいになり美味しく頂けます。 胃腸が弱った時や疲労が溜まった時、普段の料理に山椒を一振りして活力をとり戻してくださいね。 スポンサーリンク•

次の

山椒・花椒と花山椒と青山椒の違い!効能と代用可能かや料理別使用法

山椒 の 効能

花椒って何?読み方は? 花椒とは 花椒は中国のミカン科サンショウ属の落葉低木である華北山椒(カホクザンショウ)の果皮を乾燥させたものです。 爽やかな風味と痺れるような辛味が特徴で、中国では主に香辛料として食用に、また漢方薬としても使われています。 日本の山椒とは違うの? 日本の山椒(サンショウ)は、花椒と同じミカン科サンショウ属ですが種類は別の植物です。 この日本の山椒の花の部分を「花山椒(ハナザンショウ)」と呼ぶことから、花椒と混同されることが多いようです。 また、日本の山椒の果皮の部分「粉山椒」は、花椒と風味が似ています。 中国の華北山椒・・・果皮(花椒)• 日本の山椒と明確に区別をするために「四川山椒」または、「中国山椒」と呼ばれることもあります。 また漢方では、「椒紅(ショウコウ)」「蜀椒(シャクショウ)」とも呼ばれます。 花椒の効能について 中国では、花椒は古くより漢方の生薬として、その殺菌、鎮痛、麻酔効果が利用されてきました。 香辛料には果皮の部分だけが使われますが、漢方では中の実の部分も使用されます。 胃腸の調子を整える 花椒には消化を助ける健胃作用と、殺菌作用があり、消化不良、吐き気、腹痛、下痢、駆虫などに効果があるとされています。 消炎鎮痛や麻酔効果も? 花椒を口にしたときの痺れるような感覚は「麻味(マーウェイ)」と言われますが、薬用効果としても鎮痛や麻酔に利用されています。 昔は大量の花椒を局所麻酔として使われ、現在でも歯が痛いときに花椒を一粒乗せて噛むと痛みが和らぐと言われます。 ホルモンのバランスをはかる 花椒にはホルモンのバランスをはかる作用があり、子宮出血や下り物の治療に使われています。 また、断乳や卒乳の時期には花椒を煎じて飲むことで、乳の分泌が抑制され、乳房の張りがなくなると言われます。 花椒を使った料理 爽やかな風味と痺れるような辛味が特徴の花椒ですが、この痺れる味の事を「麻味(マーウェイ)」と言い、中華料理には欠かせない味のひとつです。 乾燥させた果皮はミルで挽いて、またはパウダー状にした花椒粉として利用されます。 花椒は特に四川料理によく使われることから、英名はSichuan Pepper(四川のペッパー)とも呼ばれます。 麻婆豆腐の美味しさは花椒の味! 花椒の痺れる味「麻味(マーウェイ)」と、唐辛子の辛さ「辣味(ラーウェイ)」を合わせて、麻辣味(マーラーウェイ)と言い、これは麻婆豆腐や担々麺などの四川料理の基本の味です。 日本でもお馴染みの麻婆豆腐も、その味の主役はこの花椒の「麻味」にあったのですね。 花椒は五香粉の主要スパイス 中華料理で使われるミックス調味料といえば五香粉(ごこうふん・ウーシャンフェン)。 その中に必ずといっていいほど含まれるのが、この花椒です。 五香粉は地域によって配合されるスパイスが異なりますが、基本的には「四香一辛」(4つの香りスパイスと1つの辛みスパイス)からなり、花椒は辛みスパイスとして中国のほとんどの地域で使用されています。 実はこれ「花椒塩」といって、粉末にした花椒と塩を合わせたものなのです。 ピリ辛ながらも微かに柑橘系の爽やかさが香る「花椒塩」は揚げ物の油っぽさを軽減し、食べやすくしてくれますし、消化促進作用で胃もたれも防げます。 花椒を使ったソースや調味料 他にも花椒の風味を活かした色々なソースや調味料があり、輸入食材店や中華街、ネットなどで購入することができます。 花椒油 花椒を植物油に漬けこんで風味をつけたものです。 ラー油が「辣味(ラーウェイ)」のラー油と同じように、料理にかけたり、ソースに混ぜたりして味わいます。 花椒辣醤(ホアジャオラージャン)・麻辣醤(マーラージャン) 花椒の入ったチリペーストで豆板醤(トウバンジャン)のように様々な料理に使用します。 怪味ソース 最近日本でも話題になっている怪味ソースは、元は中国四川で使われる豆板醤や胡麻ペースト、花椒などを使用したソースです。 特に花椒の風味がこのソースのポイントとなっています。 花椒って料理以外にも用途はあるの? 花椒のフレグランス? 花椒はシチュアンペッパーの名でフレグランスの成分としても有名です。 そのエキゾチックな香りは、男性用、女性用を問わず、広く海外のブランド香水に配合されています。 殺菌効果で虫よけ 花椒には殺菌や虫よけ効果があるとして、中国では家庭内で特に食品の保管に利用されています。 お米や雑穀に虫が入った時は、花椒の粒をひとつまみ入れると虫が逃げていくと言われ、またハエやアリなどの虫が寄ってこないよう、食物のそばに花椒の粒を置いておくそうです。 山椒は花椒の代用になる? 山椒と花椒は同じミカン科サンショウ属の植物ですので、風味や有効成分など共通点は多く、代用も可能と思われるかもしれません。 しかし、それも目的によって若干状況が異なりますので、ケースバイケースです。 中国漢方と日本薬局方との違い 日本薬局方では山椒のみが生薬として認められており、花椒は除外されていますが、中国漢方では同じミカン科サンショウ属の原植物をすべて「花椒」としています。 つまり中国漢方においては、山椒や花椒といった種類による区別はされていないようです。 中華料理に使うなら・・・ 山椒のうち果皮を乾燥させた粉山椒は、香り・辛みともに花椒と似ていますが、全体的にマイルドで、若干青っぽい風味が際立ちます。 中華料理に山椒を代用として使うのであれば、チリペッパーやブラックペッパーなどで辛みを補強するとよいかもしれません。 花椒を使って本格的な中華を楽しみましょう 麻婆豆腐をはじめとする四川料理に欠かせない花椒は、漢方としても高い効能があり、また抽出された精油は西洋でフレグランスの成分として活用されるなど、思っていたよりも幅広く世界中に浸透しています。 パウダー状になった花椒粉は、日本でも手軽にスーパーなどで手に入りますので、機会があったら花椒の爽やかな麻味を楽しんでみては?.

次の

山椒の嬉しい6大効能!デトックス効果・腸内改善に期待

山椒 の 効能

スポンサードリンク 山椒の実が持つ優れた効果・効能とは? 「山椒は小粒でもぴりりと辛い」という諺 ことわざ をご存知ですか? 意味は、「身体は短小でも鋭利な気質や優れた才能を持っていて侮ることが出来ない」とということです。 山椒は古代より人間の生活の一部として使用されてきた馴染みの香辛料の1つです。 山椒は花・実・芽の全てを食すことができ、それぞれ調味料や薬味、漢方薬など用途別に用いられています。 そこで、今回は山椒の中でも最もポピュラーな山椒の実についてご説明したいと思います。 ハジカミとは、山椒の古い呼び名であり、現存する香辛野菜の1つだと言われています。 およそ400年続いたと言われる平安時代では、その薬効の高さから薬として使用されており、下痢やしわぶきなどに効果があるということで多くの人々を救ってきました。 しかし、山椒で最も注目したい栄養成分はサンショオールやシトロネラール、ジペンテンにフェランドレン、ゲラニオール、リモネンなどの栄養成分です。 これらの栄養成分には胃腸の働きを向上させる効果や効能があり、漢方薬としてもたいへん重宝されています。 特にサンショオールには大脳へ刺激を与え、内臓器官を活発に働かせる効能があります。 そのため、胃腸の機能を向上させ、消化不良によって引き起こされる胸苦しさや下痢、食欲減退などを改善させる効果があります。 また、サンショオールには代謝を促し、発汗効果もあるため冷え性を改める働きがあります。 他にも山椒には鎮痛効果もあるので、他の生薬と組み合わせて相乗効果を得たり、打撲や捻挫などといった症状を緩和させる働きがあります。 漢方薬として山椒を用いる際は、鎮痛効果や胃腸不良をはじめ、殺虫や回虫駆除などに用いられます。 山椒の果皮は昔からしもやけやひび割れに効果があり、果皮に含まれるシトローネには胃もたれや体温を上昇させる効果があります。 また、女性には嬉しい月経痛を和らげる効能もありますので、月経痛が酷い方は山椒を摂取してみてはいかがでしょうか。 ぴりりとした辛みがワインやビールとの相性が良く、ヨーロッパ各地のレストランや地中海に面する立憲公国のモナコでは日本産の山椒が料理に用いられています。 山椒は北海道から九州地方の日本各地で自生しており、現在では中部や近畿地方を中心に栽培されています。 また、山椒の実は6月頃に旬を迎えますので、夏バテや冷房による冷え性対策に山椒の実を購入してみてはいかがでしょうか。 スポンサードリンク.

次の