携帯電話 お客様の都合によりおつなぎできません。 携帯料金(ドコモ、au、ソフトバンク)が払えないとどうなるの?【2019年版】

携帯へ電話したら『お客様のご都合によりお繋ぎできません』とアナウンスがなが...

携帯電話 お客様の都合によりおつなぎできません

Q 今朝、友人の携帯に電話をしたら 「こちらはauです。 おかけになった電話はお客様の都合により、 おつなぎできません」 と音声ガイダンスが流れました。 何度かかけてみましたが、やはりつながりません。 auとWILLCOM、docomoでもためしてみたのですが、 やはり同じ音声ガイダンスが流れます。 メールももちろんエラーで返ってきました。 料金未納かな?と思ったのですが、 未納なら携帯とめられるのが少し早すぎないか?と思いまして…。 ちなみに6月の10日頃からつながりません。 その前はつながっていました。 これは私の番号、アドレスが着信拒否されてるのでしょうか? あと、もし料金未納の場合はメールもとめられてしまうのですか? 何度やってもエラーで返ってきてしまいます。 分かる方、よろしくお願いします。 A ベストアンサー あくまでもドコモの一般の番号に発信した場合ですが、概ね下記のようです。 (ただし、ガイダンス内容で受信者側の対応状況が明らかなケースは省略させて頂きました。 ) 「こちらはNTTドコモです」で始まって 1.解約・休止など 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 」 2.電話番号変更 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 この電話はおかけ出来ません。 」 5.料金滞納 「おかけになった電話はお客様の都合により通話が出来なくなっております。 」 6.電波状況又は電源OFFなど 省 略 7.ドライブモードなど 省 略 8.番号通知お願い 省 略 9.ドニーチョ 通話時間帯以外 省 略 なお、いわゆる端末側での着信拒否の場合には、話中音?が鳴るだけのようです。 あくまでもドコモの一般の番号に発信した場合ですが、概ね下記のようです。 (ただし、ガイダンス内容で受信者側の対応状況が明らかなケースは省略させて頂きました。 ) 「こちらはNTTドコモです」で始まって 1.解約・休止など 通常 「おかけになった電話番号は現在使われておりません。 恐れ入りますが番号をお確かめになって、おかけ直し下さい。 」 2.電話番号変更... A ベストアンサー お答えします。 各社共にメッセージ内容を随時変更を行っておりますので情報が古い可能性があります。 平成19年11月1日現在の日本語ガイダンスは以下のようになります。 「おかけになった電話番号への通話はお繋ぎできません」といった単体でのガイダンス見当たりませんでしたので、呼び出し音が一度も鳴らない場合は恐らく迷惑電話ストップサービスをご利用のお客様の電話回線をNTTドコモの都合側でお止めしている可能性が高いのではないかと思われます。 鳴る場合は端末による拒否かと思われます。 (接続状況により呼び出し音が鳴らずにすぐ拒否に繋がる場合もあります。 )尚ここに記載したのは、ネットワーク側によるものであり端末固有のものではありません。 NTTDoCoMo 紛失盗難による回線停止 「こちらはNTTドコモです。 」 紛失・盗難による回線停止(迷惑電話ストップサービスつけている場合) 「この電話は、お客様のご要望によりお繋ぎできません」 迷惑電話ストップサービス 「この電話は、お客様のご要望によりお繋ぎできません」 KDDI au 紛失・盗難による回線停止 「こちらはauです。 おかけになった電話は、お客様の申出により現在お繋ぎ出来ません。 」 迷惑電話撃退サービス 「こちらはauです。 おかけになった電話番号への通話はお客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 KDDI Tu-ka 紛失・盗難による回線停止 「おかけになった電話番号は、お客様のご都合によりお繋ぎ出来ません。 」 ソフトバンクモバイル 紛失・盗難による回線停止 「こちらはソフトバンクです。 おかけになったお客様への通話はお客様のご都合によりおつなぎできません。 」 ナンバーブロック 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 「こちらはソフトバンクです。 おかけになったお客様への通話は、お客様のお申出により現在お断りしております。 」 「この電話は、お受けできません。 」 「この電話は、お繋ぎすることが出来ません。 」 「この電話は、お客様のご都合によりお繋ぎ出来ません。 」 「せっかくお電話をいただきましたが、この電話をお受けすることは出来ません。 」 「電話番号をお間違いではないですか?このお電話はお繋ぎ出来ません。 」 「お掛けになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 お答えします。 各社共にメッセージ内容を随時変更を行っておりますので情報が古い可能性があります。 平成19年11月1日現在の日本語ガイダンスは以下のようになります。 「おかけになった電話番号への通話はお繋ぎできません」といった単体でのガイダンス見当たりませんでしたので、呼び出し音が一度も鳴らない場合は恐らく迷惑電話ストップサービスをご利用のお客様の電話回線をNTTドコモの都合側でお止めしている可能性が高いのではないかと思われます。 鳴る場合は端末による拒否かと思われます。 (接続状況により... A ベストアンサー お答えします。 ソフトバンクモバイルで『こちらは、ソフトバンクです。 おかけになった番号へはお客様の都合によりお繋ぎできません。 」といったトーキー(ガイダンス)が流れる場合、『お客様よる紛失・盗難による通話停止措置』もしくは『ソフトバンクモバイルの通話停止措置』のどちらかであり『料金滞納だけを理由で停止している』わけではございません。 ソフトバンクモバイルで着信拒否を行った場合、端末自体のご設定場合お繋ぎ出来ないガイダンスが流れることや話中音(お話中の音)が流れます。 またソフトバンクモバイルのネットワークサービスであるナンバーブロックをご利用になった場合下記のようなガイダンスが流れます。 ナンバーブロック 「こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 「こちらはソフトバンクです。 おかけになったお客様への通話は、お客様のお申出により現在お断りしております。 」 「この電話は、お受けできません。 」 「この電話は、お繋ぎすることが出来ません。 」 「この電話は、お客様のご都合によりお繋ぎ出来ません。 」 「せっかくお電話をいただきましたが、この電話をお受けすることは出来ません。 」 「電話番号をお間違いではないですか?このお電話はお繋ぎ出来ません。 」 「お掛けになった電話番号への通話は、お客様のご希望によりお繋ぎ出来ません。 」 拒否の可能性は低いと思いますので、しばらく期間をおいてから再度おかけになってみてください。 お答えします。 ソフトバンクモバイルで『こちらは、ソフトバンクです。 おかけになった番号へはお客様の都合によりお繋ぎできません。 」といったトーキー(ガイダンス)が流れる場合、『お客様よる紛失・盗難による通話停止措置』もしくは『ソフトバンクモバイルの通話停止措置』のどちらかであり『料金滞納だけを理由で停止している』わけではございません。 ソフトバンクモバイルで着信拒否を行った場合、端末自体のご設定場合お繋ぎ出来ないガイダンスが流れることや話中音(お話中の音)が流れます。 またソ... とても困っております・・・ 初めて聞き、とても動揺し心配しています(><) 12時間以上経過した今も、このアナウンスが流れ、連絡が取れない状態です。 電話を紛失したのではないかと思いましたが、固定電話へ電話をしても出ません・・・自宅へ帰っていないようです。 また、海外へ行ったのではないかとも考えましたが、必ず連絡はありますので、考え難い所です。 他に理由が考えられますでしょうか? インターネットで調べると自らの希望でしか出来ない設定の様です。 ですので、恐らく料金滞納、着信拒否ではないと思っています。 こちらのアナウンスの設定をするには、携帯から出来るものなのでしょうか?それともショップへ申し込まないと出来ない設定でしょうか? また、電話の着信は設定解除後に通知か何かで分かるようになっているのでしょうか? メールはセンターへ止まっている状態なのでしょうか?(エラーでは返ってきませんでした) 詳しい方、ぜひ教えて下さい!! とても困っております・・・ 初めて聞き、とても動揺し心配しています(><) 12時間以上経過した今も、このアナウンスが流れ、連絡が取れない状態です。 電話を紛失したのではないかと思いましたが、固定電話へ電話をしても出ません・・・自宅へ帰っていないようです。 また、海... A ベストアンサー お答えします。 ご推察のとおりこのトーキー(ガイダンス)は、携帯電話を紛失され『お客様のお申し出により』停止している場合等に流れるトーキー(ガイダンス)になります。 携帯電話の『利用中断』のお手続きは、ご契約者様ご本人様がお近くのドコモショップにご来店いただきますか、DoCoMoインフォメーションセンターへお電話していただきお申込みいただくことになります。 発信着信等一切ご利用いただけませんので通知等はございません。 但しiモードメールについては、センタに蓄積されることになりますので発見や新しくご購入された場合蓄積しているものをお読みいただくことは出来ます。 ) Q 子供が携帯を紛失し、探しましたが本体は見つからず、ケースだけが路上に放置されていました。 警察に届け出をし、携帯会社に回線停止をしましたので、不正使用は防げると思いますが、不安は拭えません。 回線停止をする前に電話をかけてみたところ、呼び出しはしていましたが、通話状態にはなりませんでした。 が、ケースだけ捨ててあったと言うことは、誰かが拾ったと考えられます。 ロックしてあるとは言う物の、解除できる人もいると言うし、携帯内の個人情報などを悪用されないかと…。 少し様子を見てから、見つからない場合は再発行をする事になりますが、回線を再開させた場合、無くした方の携帯は使用出来るようになるのでしょうか? 一回線で二つの携帯が同時に使用出来るなんて事にはならないと思うのですが、この辺はどうなんでしょう? 心ある人が拾ってくれていれば良いのですが、紛失して3日…、どこからも何の連絡もありませんので、手元には戻らないと諦めかけています。 何か情報や知識をお持ちの方、紛失の経験がある方からのお話をお聞かせいただきたいと思います。 宜しくお願いいたします。 子供が携帯を紛失し、探しましたが本体は見つからず、ケースだけが路上に放置されていました。 警察に届け出をし、携帯会社に回線停止をしましたので、不正使用は防げると思いますが、不安は拭えません。 回線停止をする前に電話をかけてみたところ、呼び出しはしていましたが、通話状態にはなりませんでした。 が、ケースだけ捨ててあったと言うことは、誰かが拾ったと考えられます。 ロックしてあるとは言う物の、解除できる人もいると言うし、携帯内の個人情報などを悪用されないかと…。 少し様子を見... A ベストアンサー >ロックしてあるとは言う物の、解除できる人もいると言うし、携帯内の個人情報などを悪用されないかと…。 ロックしてあればデータは悪用はされませんが「初期化されて転売される」でしょうね。 紛失届けを出すと、携帯本体は「灰ロム状態」と言って、元々挿してあるSIMでは、通話と通信が出来ない状態になります。 携帯に刺さってたSIMは「赤ロム状態」と言って、どの携帯に挿しても使えない状態になります。 紛失届けをした状態は「携帯本体は使用可能状態、SIMは使用不可能状態」になります。 携帯本体が「使用可能状態のまま」になっているのは、後で携帯が見付かった場合に携帯本体を復活させるかも知れないからです(一度でも「使用不可」にしちゃうと元に戻せないから「使用可能のまま」になります) 「SIMを廃棄して、携帯本体を中古ショップに持ち込み」されてしまうと、買い取り時のテストで、テスト用のSIMを挿せば、通話、通信が可能なので、買い取りされてしまいます。 >一回線で二つの携帯が同時に使用出来るなんて事にはならないと思うのですが、この辺はどうなんでしょう? 携帯を買い直して回線を復活させると、その回線契約に結び付いた「携帯端末固有番号」と「SIM」の情報が更新されて、新しい携帯、新しいSIMだけが有効になります。 落とした方の携帯は「復活させないことが決定する」ので「灰ロム状態」から「赤ロム状態」になります。 これは「機種変して携帯本体が変わって、刺さるSIMの大きさも変わってしまい、SIMも変わった」って場合と同じです。 機種変すると、前の携帯は使えなくなり、SIMも使えなくなり「返却」になります。 >ロックしてあるとは言う物の、解除できる人もいると言うし、携帯内の個人情報などを悪用されないかと…。 ロックしてあればデータは悪用はされませんが「初期化されて転売される」でしょうね。 紛失届けを出すと、携帯本体は「灰ロム状態」と言って、元々挿してあるSIMでは、通話と通信が出来ない状態になります。 携帯に刺さってたSIMは「赤ロム状態」と言って、どの携帯に挿しても使えない状態になります。 紛失届けをした状態は「携帯本体は使用可能状態、SIMは使用不可能状態」になります。 携帯本体が...

次の

iPhoneで着信拒否するとアナウンスはどうなる?設定方法と解除方法

携帯電話 お客様の都合によりおつなぎできません

iPhone本体で設定する方法• キャリアのサービスを利用する方法 どちらの方法も簡単ですので、必要な方を選んで設定していきましょう。 まずはiPhone本体から設定する方法を見ていきましょう。 電話アプリから設定する手順• 「電話」アプリをタップ• よく使う項目、履歴、連絡先から着信拒否したい番号の右にあるインフォメーションアイコン「i」をタップ• 下部にある「この発信者を着信拒否」をタップ• 「連絡先を着信拒否」をタップ 設定アプリから設定する手順 次は設定アプリから設定する方法についてです。 「設定」アプリをタップ• 「電話」をタップ• 「着信拒否した連絡先」をタップ• 「新規追加…」をタップ• 連絡先から着信拒否したい相手を選択 どちらの方法でも、同じように着信拒否の設定ができます。 次に設定した着信拒否を解除する手順を説明します。 これも電話アプリ・設定アプリ両方からアプローチできます。 iPhoneで着信拒否設定を解除する方法 着信拒否については解説した通りです。 次に着信拒否を解除する方法を見ていきましょう。 電話アプリから着信拒否設定を解除する手順 まずは電話アプリから着信拒否設定を解除する手順を見ていきましょう。 「電話」アプリをタップ• 着信拒否した相手の右にあるインフォメーションアイコン「i」をタップ• 「この発信者の着信拒否設定を解除」をタップ 設定アプリから着信拒否設定を解除する手順 次に設定アプリから着信拒否設定を解除する手順を見ていきましょう。 「設定」アプリをタップ• 「電話」をタップ• 「着信拒否した連絡先」をタップ• 「編集」をタップ• 解除したい相手の赤いボタンをタップ• 「着信拒否設定を解除」をタップ これで、特定の番号の着信拒否を設定したり解除したりすることができます。 とても簡単な操作なので、いざという時のために覚えておいてくださいね。 ドコモ・au・ソフトバンクで違う!着信拒否設定・解除方法 次に、キャリアのサービスを使って着信拒否を設定する方法を見ていきます。 キャリアの着信拒否サービスの利点は、非通知設定や公衆電話からの着信も拒否できるという点です。 これらの番号からの着信に悩んでいる場合は、キャリアのサービスを利用した方がメリットを得られるでしょう。 ドコモの着信拒否設定と解除方法 ドコモの場合は、「迷惑電話ストップサービス」を活用して着信拒否を設定できます。 iPhoneからの設定は、dメニューから設定可能です。 着信拒否設定方法• 「dメニュー」をタップします。 メニューから「My docomo(お客様サポート)」を選びます。 「設定(メール等)」を選び、「迷惑電話ストップサービス」をタップします。 「着信番号拒否登録」を選ぶと、最後にかかってきた番号を着信拒否に設定できます。 「番号指定拒否登録」を選ぶと、連絡先から指定した番号を着信拒否に設定することができます。 登録可能件数は30件で、比較的多くの番号を登録することができます。 着信拒否設定を解除するには 先ほどの「迷惑電話ストップサービス」を選ぶと、「登録番号全件削除」と「最終登録番号削除」が表示されます。 「登録番号全件削除」では、登録されている番号をすべて削除します。 迷惑電話ストップサービスを利用しない場合など、設定を初期状態に戻したいときに利用しましょう。 「最終登録番号削除」は名前の通り、最後に登録された番号を削除する時に設定するものです。 これらの削除方法の他にも、「144」にダイヤルをして削除する方法もあります。 「144」に電話して、登録した番号を選択削除する方法• 「144」にダイヤルをします。 ネットワーク暗証番号を入力します。 アナウンスに従い、「2」をタップします。 アナウンスの番号を確認し、削除する場合には「1」をタップします。 次の番号を確認するには、「2」をタップします。 「144」に電話して、登録した番号を入力して削除する方法• 「144」にダイヤルします。 「ネットワーク暗証番号」をタップして入力します。 アナウンスに従って、「2」をタップした後に、「3」をタップします。 削除したい電話番号を入力します。 「144」に電話して、登録した番号をすべて削除する方法• 「144」にダイヤルします。 「ネットワーク暗証番号」をタップして入力します。 アナウンスに従って「2」、「9」をタップします。 「1」をタップすると、全件削除が可能です。 「144」に電話して、最後に登録した番号を1件削除する方法• 「144」にダイヤルします。 「ネットワーク暗証番号」をタップして入力します。 アナウンスに従って「2」、「1」をタップします。 「1」をタップすると、最後に登録した番号のみを削除可能です。 auの着信拒否設定と解除方法 auの場合は、迷惑電話撃退サービスを利用して、着信拒否を設定することができます。 月額料金は100円です。 このサービスを利用するには、まず初めに「My au」から申し込みをしておく必要があります。 それでは実際の設定方法を見てみましょう。 着信拒否設定方法 迷惑電話がかかってきてから、「1442」をタイプします。 これで着信拒否を設定することができます。 ただし、iPhone6よりも前の機種の場合は、通話をしないと着信拒否設定ができません。 着信のみでは設定できないので、注意が必要です。 iPhone6以降では、着信だけでも番号登録ができるようになっています。 また、着信拒否対象として登録できる件数は、iPhone6以降と以前では異なる点にも注意しておきましょう。 iPhone6より古い機種の場合、登録件数は10件で、10件以上登録すると一番古い番号が削除され、新しい番号が登録されます。 iPhone6以降の機種は登録件数30件で、31件目を登録したい場合は、「1449」で一度すべて削除してから新規で登録することになります。 着信拒否設定を解除するには 設定を解除する方法も簡単です。 「1449」で全件削除すれば、サービスを停止できます。 ソフトバンクの着信拒否設定と解除方法 ソフトバンクの場合は、「ナンバーブロック」というサービスで着信拒否を設定できます。 月額は100円です。 このサービスではサーバー側で着信を拒否してくれるので、相手が電話をかけてきても、着信履歴に残りません。 「ナンバーブロック」では、ダイヤル操作で着信拒否する番号を設定します。 着信拒否設定方法• 「144」をダイヤルします。 「2」を選択します。 着信拒否したい番号を入力します。 「1」を選択します。 お断りガイダンスを選択します。 「 」を選択し、登録を完了します。 迷惑電話が非通知だったり、その場で着信拒否を設定したい場合は、以下の方法で拒否可能です。 「144」をダイヤルします。 「1」をダイヤルします。 「 」を選択します。 お断りガイダンスを選択します。 「 」を選択し、登録作業を完了します。 最大20件の電話番号を登録することができます。 ただし、フリーダイヤルやフリーコールは登録できない場合もあります。 着信拒否設定を解除するには まずは指定した番号を解除する方法をご紹介します。 「144」をダイヤルします。 「4」を選択します。 登録されている拒否番号がアナウンスされます。 解除する番号が流れたら「#」を選択します。 次の番号に進む場合は「0」を選択します。 最後に登録した番号を解除する方法はシンプルです。 「144」をダイヤルします。 「3」を選択しタップします。 「#」を選択すれば、解除完了です。 次は全解除の方法です。 上の「最後に登録した番号を解除する方法」に似ているので注意しましょう。 「144」をダイヤルします。 「5」を選択します。 「#」を選択すれば、手続きが完了します。 上記の方法で、着信拒否を解除することができます。 着信拒否設定をすると、どんなアナウンスが流れるのか 着信拒否設定をした場合、相手にはどのようなアナウンスが流れるのでしょうか。 これもiPhone自体の機能とキャリアのサービスの機能で違います。 iPhone本体で着信拒否設定した場合のアナウンス内容 iPhone本体で着信拒否設定した場合、アナウンスは流れません。 「ツーツー」という通知音が鳴るだけです。 相手にもよりますが、大抵の人は、通知音が聞こえただけで「もしかして着信拒否されてる?」とは思い至らないでしょう。 そのため、遠回しに着信拒否することができます。 もし、相手に着信拒否していることをはっきりと伝えたいのであれば、キャリアのサービスを利用した方が確実でしょう。 ちなみに、電源を切っている時や、機内モードになっている時には、「おかけになった電話は電源が入っていないか、電波の届かない…」というアナウンスが流れます。 キャリアの着信拒否サービスを利用した場合のアナウンス内容 キャリア別にお断りガイダンスの内容を確認していきましょう。 ドコモのアナウンス 「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」というアナウンスが流れて通話が終了。 着信履歴は残りません。 auのアナウンス 「おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりおつなぎできません。 」というアナウンスが流れて終わりです。 ソフトバンクのアナウンス ソフトバンクでは、お断りのガイダンスを選ぶことができます。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 こちらはソフトバンクです。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまの申し出により現在お断りしております。 この電話はお受けできません。 この電話はお繋ぎすることができません。 この電話はお客さまのご都合によりお繋ぎできません。 せっかくお電話いただきましたが、この電話をお受けすることができません。 電話番号をお間違えではないですか?この電話はお繋ぎできません。 おかけになった電話番号への通話は、お客さまのご希望によりお繋ぎできません。 This is SoftBank. 場合に合わせてお断りのガイダンスを選んでおきましょう。 着信拒否を設定すると履歴はどうなる? 着信拒否を設定していると、相手の着信が分からないよう画面に表示されない上に、着信履歴にも残りません。 ただし、iPhoneの電源がオフになっている場合は、本体の着信拒否機能が使えないため、「おかけになった電話は電源が入っていないか、電波の届かない…」というアナウンスが流れて履歴に残ります。 電話には出たくない、でも履歴は残したい! 履歴を残したいのであれば、着信拒否以外の方法で対応する必要があります。 ひとつの方法として、無音で通知させるというものがあります。 無音の着信音をダウンロードし、特定の相手への着信音として設定しておきましょう。 これで着信があっても、その番号からの着信では着信音が鳴らなくなります。 お休みモードも着信拒否に利用できる 着信拒否の設定以外に、お休みモードを活用する方法もあります。 この方法を利用すれば、着信履歴をiPhone上に残しつつ、着信も拒否することが可能です。 おやすみモードに設定していると、電話をかけてきた相手には「プープー」という話中の音が流れます。 そのため、相手は自分が着信拒否されていることに気が付きません。 一時的に着信拒否したい場合に有効な手段と言えるでしょう。 また、もあります。 こちらは迷惑電話対策に有効です。 おやすみモードのデメリット 登録していない番号からの着信を拒否してしまうので、仕事などでたくさんの人から電話がかかってくる場合は、思わぬトラブルにつながる恐れがあります。 iPhoneの着信拒否設定を上手に活用しよう 迷惑電話が続くと、どうすればよいのか分からなくなってしまいますよね。 しかし、そんな時はiPhoneやキャリアの着信拒否サービスを利用して乗り切りましょう。 iPhone本体での着信拒否設定とキャリアの着信拒否サービス、そしておやすみモードによる着信拒否では、それぞれできることが異なります。 改めて簡単にまとめると以下の通りです。

次の

iPhone,Androidに電話して「ただいま電話に出ることができません」になる時は

携帯電話 お客様の都合によりおつなぎできません

支払期限を過ぎる~利用停止 毎月の携帯電話料金の支払期限までに料金の支払いができないと、一般的に2週間程度で登録してある住所宛てに「~日までにお支払いください。 そうしないと利用停止になりますよ」といったハガキ(料金未納の督促)が届きます。 ここまでは良くあることなので、そこに記載されている「利用停止予告日」(だいたい 支払期限が過ぎて1か月後くらい)までに料金の支払いをすれば全く問題ありませんが、その期日を過ぎても未払いが続くと携帯電話が 利用停止になります。 利用停止になると、電話やメール、インターネットなどが使えなくなります。 (Wi-Fi利用なら引き続きネットやSNSなどは利用できます) そして、その期間に誰かがあなたに電話すると音声ガイダンスにより 「お客様の都合によりおつなぎできません。 」というメッセージが流れるようになります。 ただし、利用停止になってもコンビニなどで料金を支払えば、即座に利用停止が解除されて再び利用できるようになります。 利用停止~強制解約 そして、 料金滞納から2~3か月すると強制解約になります。 つまり、利用停止から1~2か月後ということです。 この場合、音声ガイダンスは 「お客様のおかけになった電話番号は現在使われておりません。 」というメッセージが流れるようになります。 強制解約の前には「契約解除のお知らせ」といった内容のハガキが届き、そこに強制解約の日付や個人信用情報機関へ登録などについても書かれています。 そしてこの場合、解約された携帯電話会社に滞納している料金を全額納めない限り、最長で5年間、 どの携帯電話会社とも契約ができないと言われています。 これは各携帯電話会社間で、こうしたいわゆるブラック情報の共有しているからです。 例えば、ドコモで強制解約になったからといって、ソフトバンクで新たに契約しようとしてもできないということです。 料金を支払えばブラック情報は消え、契約できるようになります。 (ただし、滞納で強制解約された場合でも、他社なら契約できる可能性があるようです。 これは実際に契約しに行ってみないとわかりませんが、契約できたという報告もあります。 しかし、携帯端末の分割払いには応じてもらえず、一括購入するしかなかったようです。 ) 債権回収 料金を滞納していると最終的に携帯電話が利用停止になり、契約が強制的に解約されるところまでは説明しました。 それでは、その滞納している料金はどうなっていくでしょうか。 また、延滞金には年利14. 5%の延滞金が加算されます。 これは消費者金融なみの金利ですから、長期間放っておくと返済額は結構増えてしまいます。 そして、それでも未払いを続けていると、携帯電話会社は法的な手段に出る場合もあるようです。 とはいえ、携帯電話の滞納は通常数万円程度のことが多いので、そこまでいくことは殆どありません。 ここまでいくのは、滞納額がよほど高額で、本人によほど誠意がない、あるいは悪質と判断されたケースだけです。 まれなケースではありますが、裁判所から支払命令書が届いた場合、それを無視するとその命令書が届いてから2週間後に債務が確定し、価値有る財産を所有している場合は差し押さえの強制執行が行われることになります。 端末の滞納にも注意 携帯電話の料金滞納で注意しておきたいのが、 携帯電話本体の支払い分も滞納しているかどうかということ。 つまり、クレジット契約の分割払いで携帯電話機を買い(携帯本体を一括払いで買っていないということ)、その支払いがまだ残っているかということ。 (最近では、携帯電話代は月々の利用料金と端末の分割払い料金をセットで支払う方式が多い。 ) この場合、携帯電話料金だけでなく、携帯電話本体のローン契約まで滞納していることになり、3カ月以上滞納すると、携帯電話会社だけではなく、クレジット会社の信用情報のデータベースにも記録されることとなってしまいます。 そうなると、代金を完済しても5年間は記録が残ってしまい、最悪その間は新たにクレジットカードを作ることが難しくなったり、住宅ローンや自動車ローンも組めなくなってしまう恐れがありますから注意しておく必要があります。 こうした携帯端末の料金滞納でブラックリストに載った人の数は、2013年末で約275万件に達し、この3年間で3倍に膨らんでいます。 (参考リンク) 、 、 ・・・今できることを総ざらいしてみよう。 人気コンテンツ NHK受信料は払わないとダメ?NHK受信料を滞納したらどうなるのか。 年金は義務?督促のパターンは?強制徴収される人とは? Copyright C haraenai. com All Rights Reserved.

次の