神奈川県 梅雨明けいつ。 【関東の梅雨入り予想】2020年はいつ?例年の平均との違いを気象予報士が解説

気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け

神奈川県 梅雨明けいつ

Contents• 過去の神奈川県の梅雨明けまとめ 予想の前にまずは過去の梅雨明け日を振り返りたいと思います。 関東甲信地方の梅雨明け日は以下となります。 神奈川県の過去69年の梅雨明け日の推移 過去69年の移動平均の値は、7月18日ごろとなります。 さらに平年、昨年の時期をまとめると、以下となります。 神奈川県の梅雨明け日 平年 昨年(2019年) 移動平均 時期 7月21日ごろ 7月24日ごろ 7月18日ごろ 【2020最新】神奈川県の梅雨明け予想!令和2年の時期はいつ? 次に、気象庁地球環境・海洋部より5月25日発表された関東甲信地方の6~8月の天候の見通しを確認したいと思います。 気象庁の3カ月予報 予報のポイント 【予報のポイント】 1:暖かい空気に覆われやすく、向こう3か月の気温は高いでしょう。 2:向こう3か月の降水量はほぼ平年並でしょう。 3:期間の後半は高気圧に覆われやすい時期があるため、8月は平年に比べ晴れ の日が多い見込みです。 月別の天候 【月別の天候】 6月:平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 7月: 期間の前半は、 平年と同様に曇りや雨の日が多いでしょう。 期間の後半は、 平年と同様に晴れの日が多いでしょう。 8月:高気圧に覆われやすいため、平年に比べ晴れの日が多いでしょう。 データ参照元: 梅雨明けしやすい時期の7月後半の解説を確認すると、 平年同様に晴れの日が多くなるようです。 平年と同様、つまり、過去の平均と同じような時期になる可能性が高いと解釈いたします。 よって、過去の定量的データ、最新の気象庁の情報を踏まえて、 神奈川県の2020年の梅雨明け時期の予想としましては、 7月21日前後の梅雨明けとなりそうです。 神奈川県の梅雨明け予想!【2020最新】まとめ 今回は2020年の神奈川県の梅雨明けがいつごろになりそうなのかを、 過去のデータと、最新の気象庁発表の3カ月予報を確認しながら予想してみました。 平年同様の傾向が強いということを頭に入れつつ、 最新の情報は適宜気象庁など専門機関発表の情報を取得するようにしてください。

次の

徳島県(四国地方)2020年の梅雨入りと梅雨明け宣言はいつ?平年の時期や傾向も!

神奈川県 梅雨明けいつ

2019年の梅雨明け予想はいつ? では、今年の梅雨明けがいつになるのか予想していきます。 なお、グラフが途中で切れている箇所は観測ができなかった年度のデータを表しています。 東北地方北部(青森県、秋田県、岩手県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東北地方北部の梅雨入りは最も遅く、平年6月14日頃です。 2018年の梅雨入りは、平年よりも3日早い6月11日頃でした。 東北地方北部で一番早かった梅雨入りの時期は1997年6月2日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1967年7月3日頃。 平均値を見るとほぼ横ばいで、長年にわたって梅雨入りの時期はほとんど変化してません。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月8日~21日頃と思われます 東北地方北部は、平年7月28日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より9日早い7月19日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1978年7月8日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1991年8月14日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがやや遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月19日頃~8月3日頃と思われます。 東北地方南部(山形県、宮城県、福島県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東北地方南部は、本州よりも約1週間ほど後に梅雨入り・梅雨明けすることが多い地域です。 平年6月12日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは、平年とほぼ同じ6月10日頃でした。 東北地方南部で一番早かった梅雨入りの時期は1959年の6月1日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2017年の6月30日頃。 平均値を見ると、梅雨入りが遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月2日~16日頃と思われます。 東海地方は、平年7月25日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より11日早い7月25日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1978年7月5日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1987年8月9日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月14日頃~7月29日頃と思われます。 北陸地方(新潟県、富山県、石川県、福井県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 日本屈指の豪雪地帯でもある北陸地方は全国的にも降水量が多い土地柄です。 梅雨は長引きがちで降水量も多いので、お出かけの際には注意が必要です。 そんな北陸地方は、平年6月12日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは平年とほぼ同じ時期の6月9日頃でした。 北陸地方で一番早かった梅雨入りの時期は1956年の5月22日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1987年の6月28日頃。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月2日頃~18日頃と思われます。 北陸地方は、平年7月24日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より15日早い7月9日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は2001年7月2日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1991年8月14日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月13日頃~7月25日頃と思われます。 関東甲信地方(東京都、栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県、千葉県、神奈川県、長野県、山梨県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東海地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月8日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月6日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1963年の5月6日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2007年の6月22日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月3日~17日頃と思われます。 関東甲信地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月29日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は2018年6月29日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1982年8月4日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月10日頃~7月25日頃と思われます。 東海地方(静岡県、岐阜県、三重県、愛知県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 東海地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月8日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月5日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1963年の5月4日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1951年の6月28日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月1日頃~6月13日頃と思われます。 東海地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より12日早い7月9日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨明けの時期は2008年6月22日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は2016年8月3日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けがかなり遅くなっている傾向にあります。 よって、データを基に予想すると梅雨明けは7月11日頃~7月24日頃と思われます。 近畿地方(京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 近畿地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月7日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月5日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1956年の5月22日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1958年の6月25日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りがかなり早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月31日頃~6月13日頃と思われます。 近畿地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より12日早い7月9日頃に梅雨明けしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1978年7月3日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は2009年の8月3日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けが遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月13日頃~7月27日頃と思われます。 中国地方(鳥取県、島根県、岡山県、広島県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 中国地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月7日頃に梅雨入りしています。 2018年は、平年とほぼ同じ時期の6月5日頃に梅雨入りしています。 一番早かった梅雨入りの時期は1964年の5月8日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1968年の6月24日頃です。 平均値を見ると、梅雨入りが早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月31日頃~6月11日頃と思われます。 中国地方は、平年7月21日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年より11日早い7月9日頃に梅雨明けしています。 一番早かった梅雨明けの時期は1991年の7月3日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1953年の8月3日頃です。 平均値を見ると、梅雨明けが早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月13日頃~7月26日頃と思われます。 四国地方(香川県、愛媛県、徳島県、高知県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 四国地方は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月5日頃に梅雨入りしています。 2018年も、平年と同じく6月5日頃に梅雨入りしています。 四国地方で一番早かった梅雨入りの時期は2002年の5月19日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は6月21日頃です。 平均値を見ると、やや梅雨入りが早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月28日頃~6月11日頃と思われます。 四国地方は、平年7月18日頃に梅雨明けしています。 2018年は、平年よりも10日早い7月9日頃に梅雨明けしています。 四国地方で一番早かった梅雨明けの時期は2011年7月1日頃、一番遅かった梅雨明けの時期は1956年8月2日頃です。 平均値は横ばいとなっており、ほぼ平年通りに梅雨明けすることが多いです。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月9日頃~7月22日頃と思われます。 九州地方北部(山口県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 九州地方北部は、基本的に本州の大多数の地域とほぼ同じ時期に梅雨入り・梅雨明けします。 平年6月5日頃に梅雨入りしています。 2018年は平年通り6月5日頃に梅雨入りしています。 九州地方北部で一番早かった梅雨入りの時期は1954年の5月13日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1967年の6月22日頃。 過去68年分の平均値を見ると、年々梅雨入りが少し早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月28日頃~6月9日頃と思われます。 九州地方北部は平年7月19日頃に梅雨明けしています。 2018年は平年より10日早い7月10日頃に梅雨明けしています。 九州地方北部で一番早かった梅雨入りの時期は1994年の7月1日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2009年の8月4日日頃。 過去68年分の平均値を見るとほぼ横ばい状態で、大きな変動はありません。 データを基に予想すると、梅雨入りは7月17日頃~7月29日頃と思われます。 九州地方南部(宮崎県、鹿児島県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 宮崎県も鹿児島県も全国的に降水量が多い地域で、梅雨の時期は特に注意が必要です。 九州地方南部は平年5月31日頃に梅雨入りするため、北部より早めに梅雨が訪れます。 2018年の梅雨入りは6月5日頃と平年より遅い梅雨入りでした。 九州地方南部で一番早かった梅雨入りの時期は1956年の5月1日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1957年の6月21日頃。 平均値を見るとほぼ横ばいで、過去68年でも梅雨入りの時期はさほど変わりないようです。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月25日頃~6月6日頃と思われます。 九州地方南部は、平年7月14日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨明けは7月9日頃であったため、平年よりも早く短い梅雨となりました。 九州地方南部で一番早かった梅雨明けの時期は1955年6月24日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1957年の8月8日頃。 データを基に予想すると、梅雨明けは7月7日頃~7月25日頃と思われます。 奄美地方(奄美群島、トカラ列島)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 奄美地方は、沖縄地方とほぼ同時期に梅雨入り・梅雨明けします。 温暖な気候ではあるものの年間を通じて降水量が多いため、梅雨のシーズンに訪れる際は特に天気予報に注意しておきましょう。 奄美地方は、平年5月11日頃梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは大変遅く、5月27日頃でした。 奄美地方で一番早かった梅雨入りの時期は1951年の4月25日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2018年の5月27日頃。 平均値を見ると、梅雨入りがやや遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月5日頃~17日頃と思われます。 奄美地方は、平年6月29日頃梅雨明けしています。 2018年は6月26日頃の早い梅雨明けとなりました。 奄美地方で一番早かった梅雨明けの時期は1971年の6月10日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は2010年の7月15日頃。 平均値を見ると、梅雨明けが年々遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨明けは6月22日頃~7月6日頃と思われます。 沖縄地方(沖縄県)の梅雨入り・梅雨明けはいつ? 沖縄は、本州よりも一足早く梅雨が訪れます。 亜熱帯気候なので、梅雨もスコールのように短期間で多くの雨が降ります。 沖縄本島よりも南にある離島はさらに梅雨の時期が早まります。 そんな沖縄地方は、平年5月9日頃に梅雨入りしています。 2018年の梅雨入りは6月1日頃と平年よりかなり遅い梅雨入りでした。 沖縄地方で一番早かった梅雨入りの時期は1980年の4月20日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1976年の6月4日頃。 平均値を見るとほぼ横ばいながら、やや梅雨入りが遅くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは5月3日頃~16日頃と思われます。 沖縄地方は、平年6月23日頃に梅雨明けしています。 2018年の梅雨明けも平年と同じ6月23日頃でしたが、梅雨の期間は平年よりも短い22日でした。 沖縄地方で一番早かった梅雨明けの時期は2015年の6月8日頃、一番遅かった梅雨入りの時期は1976年の7月9日頃。 平均値を見ると、梅雨明けが若干早くなっている傾向にあります。 データを基に予想すると、梅雨入りは6月14日頃~26日頃と思われます。 カテゴリー•

次の

神奈川県の梅雨入り・梅雨明け情報

神奈川県 梅雨明けいつ

食を楽しむと言えば、東北地方。 全国的に知名度のある農産物や畜産物があります。 青森と言えば、「りんご」、秋田と言えば「きりたんぽ、 比内地鶏」、山形は、「さくらんぼ、米沢牛」など、 6県で構成されている東北地方には、各県それぞれの名産があります。 畜産物は、ともかく、農産物は、収穫量が天候にされやすいので、 生産者の方は、天気を気にします。 これから、梅雨時期に入っていきますが、 2020年の東北地方の梅雨入り、梅雨明け時期はいつなのでしょう? 気象庁のデータ69年分を遡って予想していきたいと思います。 ちなみに気象庁が公表しているデータでは <東北北部> 青森県、秋田県、岩手県 <東北南部> 山形県、宮城県、福島県 となっていますので、 今回は東北北部・南部それぞれの 2020年梅雨入り・梅雨明け時期を予想していきます! 2020年 令和2年 東北南部の梅雨入り、梅雨明け予想 それではまずは、東北南部 山形県、宮城県、福島県 の 2020年の梅雨入り、梅雨明け予想をしていきます! 東北南部の梅雨入り時期はいつ? まず、東北南部の過去の梅雨入り時期をみていきたいと思います。 1951年から2019年まで、過去69年間のデータを見てみると 最も早い梅雨入りは1959年と2015年の6月1日頃で、 最も遅い梅雨入りは2017年の6月30日頃でした。 1951年から2019年までの梅雨入りの平年時期は6月12日頃。 平均値を表す黒線が若干右肩上がりのため 東北南部の梅雨入り時期は遅くなっている傾向が見て取れます。 最近の梅雨入り時期は 昨年 2019年 は6月7日 一昨年 2018年 は6月10日を記録しています。 以上の情報を参考にしてみますと 2020年東北南部の梅雨入り時期は 6月5日頃から6月19日頃の間くらいになりそうですね。 東北南部の梅雨明け時期はいつ? 続いて東北南部の梅雨明け時期を予想していきたいと思います。 先程と同様に気象庁のデータを見てみると 最も早い梅雨明けは1978年の7月5日頃で、 最も遅い梅雨明けは1987年の8月9日頃でした。 なんと一ヶ月以上の差があるのです! 1951年から2019年までの69年間のデータでは 梅雨明けの平年時期は7月25日頃。 更に、グラフを見てみると 平均値が右肩上がりになってることから 梅雨明け時期が遅くなっていることがわかります。 梅雨入り時期も遅くなっている傾向があることから 東北南部は梅雨が長期化している傾向があると言えそうですね。 最近の梅雨明けの時期は 昨年 2019年 は7月25日頃 一昨年 2018年 は7月14日頃、 となっています。 以上のことを考慮してみると 2020年の東北南部の梅雨明け時期は 7月14日頃から7月28日頃となりそうです。 2020年 令和2年 東北北部の梅雨入り、梅雨明け予想! 続いて、ここからは 東北北部 青森県、秋田県、岩手県 の 2020年の梅雨入り・梅雨明け時期を予想していきます! 東北北部の梅雨入り時期はいつ? まず、東北北部の過去69年分の梅雨入り時期をみていきます。 最も早い梅雨入りは1997年の6月2日頃で、 最も遅い梅雨入りは1967年の7月3日頃でした。 梅雨入り時期の平均値のグラフ見ると 若干右肩上がりになっていることから 徐々に梅雨入りが遅くなっている傾向が見て取れます。 1951年から2019年までの69年間のデータでは 梅雨入り平年時期は6月14日頃。 直近2年間については 昨年 2019年 は6月15日 一昨年 2018年 は6月11日が梅雨入りとなっています。 以上のデータから判断すると 2020年東北北部の梅雨入り時期は 6月8日頃から6月22日くらいになりそうです。 東北北部の梅雨明け時期はいつ? 最後に、東北北部の梅雨明け時期を予想していきます。 先程と同様に気象庁のデータを見てみると 最も早い梅雨明けは2002年の7月5日頃で、 最も遅い梅雨明けは1991年の8月14日頃でした。 1951年から2019年までの69年間のデータでは 梅雨明けの平年時期は7月28日頃。 平均時期を表す黒線が右肩上がりなので 梅雨明けが遅くなっている傾向がみてとれます。 さらに直近2年間の梅雨明けは 昨年 2019年 は7月31日頃 一昨年 2018年 は7月19日頃 でした。 これらのデータから判断すると 2020年東北北部の梅雨明け時期は 7月21日頃から8月5日くらいになりそうですね。 東北の梅雨の特徴 東北の梅雨は、 関東と同様にジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 ただ、 気象庁でも梅雨明けの明確な判断ができない年も多く、 真夏への切り替わりが難しいようです。 しかし、梅雨時期は、朝から雨だとその日一日は、 雨であることが多いので、降ったり止んだりと言うようなことはあまりないようです。

次の