ヘラクレスエクアトリアヌス。 ヘラクレスエクアトリアヌスについて質問です。

ヘラクレス・エクアトリアヌス|ドルクスダンケ

ヘラクレスエクアトリアヌス

概要 世界最大の。 とも呼ばれる。 生息地は各地の熱帯の雲霧林だが大型の亜種は標高1000m〜2000mの山岳にしか見られない。 世界最大のカブトムシの肩書きをもつだけに産カブトムシに比べてとても力が強い。 性格は基本温厚ではあるが、刺激を与えると攻撃してくることもある。 長寿なカブトムシであり、の仕方次第では1年以上も生き続ける個体もいる。 期間は原名亜種であれば1年数ヶ月程度もかかる。 またでもある。 角が大きいので餌を与える場合は大型カブトムシ用のゼリーを与えるか、平皿に盛り付けて与えよう。 元々人気のある種で累代個体が専門ショップやファンの間で盛んに取引されていたが、のブーム等により大きなペットショップなどでは扱う所も出てきた。 上翅は黄色~山吹色をしているが、低確率で青白い個体が生まれ、 ブルーヘラクレスと呼ばれ珍重される。 これは上翅の黄色の色素が欠乏することにより、遺伝的なものであるため交配である程度確率を操作できる。 ブルー個体が生まれる確率は亜種によって異なる。 また、満腹になったり湿度が上がって体内の水分が増えると上翅が黒くなる。 これは原産地の雲霧林で湿気の差で色を変え保護色として機能しているのではないかと言われている。 10を超える亜種が確認されており 現在はシニノムであるとして分類を見直す動きもある 、角の形状で区別できる。 このうちシリーズには比較的知名度の高い4亜種が旧作から登場、新作で新たに1亜種が追加されている。 ムシキングではの記述が採用されているため、ムシキングにおける本種はそちらの記事を参照。 代表的な亜種 ヘラクレス・ヘラクレス 原名亜種。 仏領グアドループ諸島およびドミニカ島に生息。 マニア間の 略称はヘラヘラ。 諸説あるものの最大亜種とされ180㎜を超える個体も確認されている。 また、亜種の中でも特に胸角が太くなり、太ければ太いほど美しいとされ太ヘラクレスとも呼称される。 極太個体では胸部との境目がなくなり、のような形になる。 ヘラクレスリッキー 南米大陸北部に生息。 先端がヘラ状になる頭角が特徴。 ヘラヘラと並び最大亜種とされこちらも同じぐらいの大きさの個体が確認されている。 またでののモデルは本亜種であり、も本亜種をモデルにしたキャラクターである。 南米大陸北西部に生息。 体に比べて非常に細く根元に突起がある胸角と、直線的な頭角が特徴。 比較的闘争心が強く戦闘テクニックに優れ、頭角の形状が直線的で敵を掬い上げやすいことから、虫相撲ファンの中にはオキシデンタリスが世界一強いカブトムシであると主張するものも多い。 また丈夫で多産であり、成長も早いため飼育しやすい。 ヘラクレスセプテントリオナリス 南部から北部にかけて生息。 オキシデンタリスに似ているがオキシデンタリスの頭角の先端がヘラ状になるのに対し棒状になることで区別できる。 近年、メキシコに生息するトゥスクトラエンシスという亜種は本亜種の小型個体との説が発表された。 その名の通り周辺に生息。 上翅が鮮やかな黄色~山吹色で黒点が少なく美しい。 希少価値も高く、高値で流通している ヘラクレスレイディ などに生息。 ヘラクレスオオカブトの中では小型で、オスの体長は100mm程度にしかならない。 ディナステス属では珍しく胸角より頭角が長くなるのが特徴。 近年、より胸角が短く、頭角の突起が複数存在する亜種バウドリーは本亜種ではないかとの説が広まっている。 ヘラクレスモリシマイ 西部に生息。 エクアトリアヌスに似るが全体的に太短くコンパクトな体格をしている。 ヘラクレスパスコアリ 東南部に生息。 頭角の突起が消失している。 ヘラクレスオオカブトは決勝戦で国産カブトムシに1本取られはしたものの、見事優勝を飾った。 その後のエキシビジョンマッチではコーカサスオオカブトと対決。 こちらも最初に1本取られたものの続けて2本取り返して勝利、世界最強の座を死守した。 関連タグ :同属。 やや小ぶりで、前翅の色は黒のまま変化せず、左右に短い角が2本あり、下の角の反りが激しいのが見分け方。 :同属。 ホワイトヘラクレスとも呼ばれる、小型の白いカブトムシ。 :ギリシャ神話の英雄。 名前の由来。

次の

ヘラクレス・エクアトリアヌスの飼育(羽化)

ヘラクレスエクアトリアヌス

特に黒点がほとんどない個体が人気がある。 入手先:個人^^ 購入価格:3440円 累代:F2 産地:エクアドル サイズ:46g14g28g32g14g44g 2005年7月28日 個人の方より購入していたものが本日6頭届いた 1頭ずつプリンカップに入れられて送られてきた。 ケースは500円ほどのビデオケースを使用。 底面積が稼げる上に小スペースで重ねられるので重宝している。 マットはヘラクレスマットを使用し、130mmUPが目標。 体重測定の結果は46g14g28g32g14g44gだった。 2005年8月19日 マット種が変わった影響が心配になったので、確認ついでに体重測定をした。 成長確認だけなのでストレスを与えないように測定した。 体重測定の結果は55g25g39g43g18g51gと平均で約9グラムの伸びと順調に成長している。 又購入時2齢だった2頭も無事3齢になっていた。 このまま順調に育って欲しい。 2005年10月2日 九月ごろにも一度したがマット交換をした。 測定結果は58g55g46g26g53gだった。 一匹なぜか死亡していて頭だけになっていた。 また26グラムの幼虫はカルコソマ系の幼虫の特徴がある。 ヘラだったらブルー系が生まれるかもしれないが。 今度返品返金してもらう予定である。 2006年2月11日 この間に補償として2匹送られてきたり、 1匹また死んだり(マットのロットが不良だった)と あまり良いことはなかった。 そして本日マット交換をした。 慎重に行かないと次世代に繋がらないので 完品羽化を目標に頑張ろうと思う。 黄色くなってきている個体が目立つのでそろそろ蛹化するかもしれない。 必要であれば露天掘り、人口蛹室に移すなどして完品羽化を目指したい^^ 2006年4月13日 最後の一伸びにと思いマット交換をした。 確認したのが日付が変わって間もない時間だったので、 正確な蛹化日は25日だと思われる。 無事に蛹化してくれていたので安心した。 他の個体はまだ蛹室を作っている様子はない。 一月遅れでの蛹化である。 最初の個体と最後の個体でかなりの差が開くことが安易に予想できる。 測定結果は90gとやっと90台に乗ってくれた。 胴体前方が結構太いので太い胸角になるかもしれない。 羽化ズレの心配は無さそうである。 サイズは66,5mmとまぁまぁのサイズのようだ。 翅の乾きから見るに羽化後1日〜2日くらいだろう。 他のヘラクレス亜種に比べかなり丸い印象を受けた。 乾燥して綺麗な色が出るのを楽しみだ。 体が固まってないので正確には測れないが71mmは超えている模様。 かなり良い個体なのでハーレム状態で幼虫300とろうとか思っていたり。。 サイズは一匹目が66,5mm、出戻り娘が65mm、三匹目が71,5mmだった。 (3匹とも頭を上げた状態で翅先までのサイズ) まさに三つ巴の状態。 撮影時は3匹とも興奮していた。 腹が異常に長く、70mmUPは確実で75mm程になるかもしれない。 セミ化した個体は無事に羽化する確立が低いと言われているが、 是非無事に羽化して欲しい。 (画像、サイズ計測は同月22日実施。

次の

ヘラクレス エクアトリアヌスの飼育(羽化)

ヘラクレスエクアトリアヌス

概要 ()のの一つ。 通称 エクアト。 を中心に、東部から上流域(、、西部)にかけて分布している。 亜種名は生息地のに由来する。 他のに比べて、 上翅が鮮やかな~で黒点が少なく、ことで有名。 胸角はのように細く、胸角突起は基部付近に存在する。 また、頭角先端の突起は原名亜種(ヘラクレス・ヘラクレス)のように尖っている。 他の亜種と同様に、本亜種でもが低確率で生まれることがある。 の長さ、性格のおとなしさなどから飼育は比較的簡単な部類に入るが、ヘルクレスの例に漏れず、 力はとても強く、怒らせると怖いので注意しましょう。 におけるヘルクレスエクアトリアヌス 「圧倒的敗北を味わうのだ!」 アダー完結編で初登場。 肩書きは「 美しき伝説甲虫」。 必殺技はパーの「ジャベリン」。 をも凌ぐ 高いの持ち主。 アダー完結編以前に登場していたら、おそらく強さ200のディフェンスタイプかスーパーディフェンスタイプになっていただろう。 ヘルクレスエクアトリアヌスブルー として限定で「 ヘルクレスエクアトリアヌスブルー」が登場。 肩書き・必殺わざは通常のものと同じ。 この、 が500、一度倒すと暴走 パワーアップ して 999 のちに強化されて 1500 という数値に達する。 また、一度倒してから復活した際にはこちらのダメージが引き継がれるため、1戦目で苦戦すると2戦目で瞬殺されることになり、軽くであった。 (ただし1戦目はアダーが出す手をバラしてくれるためまず負けることは無い上、2戦目も) になるが、実はヘルクレスエクアトリアヌスブルーはを追放されたが最初に出会ったである。 での参戦を待つ声も多かったが、参戦には至らなかった。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の