弾い て みた 機材。 ラインで録音・撮影する方法

2020年度厳選【損をしないオーディオインターフェイスの選び方】DTM初心者向け

弾い て みた 機材

先日僕の生徒さんから質問があったんですけど、エレキギターのオススメの自宅練習環境ってありますか?という質問でした。 僕が最近オススメするのはアンプシミュレーター(ヘッドホンやスピーカーを通してギターアンプにつないだ様な音が出るもの)です。 いくつか理由があります。 近所迷惑にならずに好きな音を好きな音量で鳴らすことができる。 メトロノームと一緒の練習で、クリック音が聴きやすい。 シミュレーターから出るものもある。 簡単にPCで録音したりできる。 何より安い。 8千円~4万円くらい?(アンプとエフェクターを揃えようと思うと意外とお金がかかります) 意外と良いギターの音を普通のアンプで作る!という作業は初心者の人には難しいと思います。 何がいい音かも分からないですし、どこをどうすれば良い音になるかも分かりません。 ましてや、エフェクターはひとつ5千円~1万円くらいするものがほとんどなので気軽に楽器屋で試すことは初心者にはかなりハードルが高いものだと思います。 それがアンプシミュレーターだとほとんどが揃います。 では、どんなアンプシミュレーターを買えばいいんだ?とおもいますよね。 大きく分けてソフトウェアのタイプと、普通のギターエフェクターの様に本体があるものがあります ソフトウェアアンプシミューレーターに必要なもの• ソフトウェア(もちろん)• パソコン• オーディオインターフェース(ギターをパソコンにつなぐためのもの)• ヘッドホンまたはスピーカー(オーディオインターフェースの音を聞くためのもの、ノートPCについているスピーカーはオススメしません)• 本当にリアルの一言。 そしてそれに合わせるオーディオインターフェースはM-Audioのものがサポートも含めてオススメです。 ニコ生配信用のFast Track Pro(生産中止)を使ってます。 ハードウェアアンプシミュレーター(本体)に必要なもの• 本体(もちろん)• ヘッドホンかスピーカー• 一応それそこなりの音は出ますが、使い勝手非常に悪いです。 【英語】 使い勝手も音質も1ランク上のものがPOD X3です。 HDサウンドとか気にしなくていいと思います。 もし、PCで音楽を作ることを考えていらっしゃるのであれば ソフトウェアのものを是非オススメします。 しかし、使っているPCをあまり音楽作成用途で考えていないのであればPODタイプのものをオススメします。 音作りの勉強になります。 もし、iPhoneやiPadをよく使うという方はiRigという選択肢もあります。 iPadなどに直接ギターをつないでアンプを通した様な音を鳴らすことができます。 もちろん僕はライブでは真空管アンプと手作りで作ったエフェクターを使います。 レコーディングスタジオでももちろんその機材をすべて持っていきます。 そのアンプにしかない空気感などが録音出来るからです。 デジタルの信号はやはりニュアンスなどにおいて劣っていると思います。 しかし、音作りと練習という点のみを考えるといちいちマイクをギターアンプにセットするのは時間と手間がかかります。 気軽に良い音で練習したい!という方にはアンプシミュレーターという次世代の機材を利用してはいかがでしょうか? ちなみに! 自分の持っている好きなエフェクターをアンプシミュレーターの前に繋ぐこともできて、ハイブリッドに使うこともできます。

次の

【初心者向け】弾いてみた動画の作成に必要な機材は?お金は?【知識ゼロでも大丈夫】|わさび|note

弾い て みた 機材

早速ですが今回はTakトーンを目指すために、 先ずはどんな機材を使用していたかを年代別に整理・把握します。 【目次】• 【Tak機材の年代別一覧】 【主な機材一覧】 かなりのボリュームですが、 下表に各年代の主な機材を纏めました。 うわーってなっちゃった人は、更に下で大味に纏めましたので、そちらどうぞ。 【年代によってかなり機材が異なる】 上の表から分かるように、「Takトーンコピーしたい!」と一口に言っても、 目指すTakトーンの年代によって、機材がかなり変わります。 【何故アンプ目線か】 後々に詳細お伝えいたしますが、簡単に説明すると理由は下記2点です。 ・トーンへの影響が大きい ・比較的再現しやすい 【Tak機材、アンプ別の4時代】 【これ以上ない位アンプ目線で分けると】 下記4種の時代に分けられます 併用していた時期もあります。 【前提や考え方等について】 この情報を元に どうTakトーンをコピーしていくかの前提や考え方等について触れたいと思います。 ご覧頂きありがとうございました。 ではまた。 ひいろ.

次の

B'z Tak松本氏の年代別機材一覧

弾い て みた 機材

低コスト順に 1)携帯、スマホで録る 音はそれなり。 アンプの位置で音質や音量がかなり変わるのでセッティングが面倒。 オケをラジカセ等で鳴らすならバランスをとるのがさらに面倒。 このスタイルの投稿はけっこう多い。 セッティングの面倒さは携帯と同じ。 3)ビデオカメラで録る レンズがでかい分、室内での画質は良い。 セッティングの面倒さは同じ。 投稿するには別途ソフトによるエンコーディングが必要になるかも。 YouTubeはファイルのサイズ関係ないのでこのスタイルでの投稿はかなり多いです。 4)1~3で撮った映像に別途オーディオインタフェース等で別録りした音を差し替える 音質が最も良くなります。 マイク撮り、ライン取りいずれも可能、エフェクトも後でかけられるので音作りも自由。 PCスキル必須。 オーディオインタフェースまたはオーディオインタフェース付マルチエフェクター、アンプシミュレーター等 10,000円~ ソフトは機材付属のものやフリーウエアで可能です。

次の