お 菓子 作り 人気。 お菓子作りにおすすめの小麦粉人気ランキング13選【強力粉・中力粉・薄力粉】

手作りお菓子(個人) 人気ブログランキングとブログ検索

お 菓子 作り 人気

マクロビスイーツとはマクロビオティックスイーツの略で、動物由来の食べ物を控えて作ったお菓子のことです。 マクロビオティックとは「マクロ」長い、「ビオ」生命、「ティック」の3つの言葉から成り立っていて、自然と調和をとりながら健康な暮らしを実現するという考え方に基づいています。 マクロビオティックはアメリカを中心に広まったので海外発祥と思われがちですが、実は日本が発祥で「身土不二」「一物全体」「陰陽調和」の3つがキーワードとなっています。 その土地でとれたものをバランスよく食べるという考え方を実践することで、自然と調和しながら体も心も健康的になることが期待できます。 マクロビスイーツで控えたい材料とは乳製品や卵・白砂糖 定番マクロビスイーツの1つ目はクッキーです。 家で作るクッキーは焼きたてが食べられておいしいですよね。 そんなクッキーがマクロビでも作れます。 牛乳の代わりに豆乳を使っています。 薄力粉 140g• てんさい糖 30g• 菜種油 50ml• 無調整豆乳 30m• 自然塩 ひとつまみ 作り方• 大き目のボウルに菜種油と豆乳を入れて泡立て器でとろっとするまで混ぜる• 粉をふるいながら入れる• ゴムベラでひとまとめにし、綿棒でのばす• 好きな型で抜いて、オーブンシートを敷いた天板に載せる• おやつにも朝食にもぴったりのマフィンが卵や乳製品なしで作れます。 アーモンドパウダーが手に入らない場合は、その分を薄力粉にしても大丈夫です。 好みでシナモンパウダーを入れても美味しいです。 材料(マフィン型6個分)• 薄力粉 130g• アーモンドプードル 30g• ベーキングパウダー 小さじ2• 塩 ひとつまみ• バナナ 1本• ビニール袋に薄力粉、アーモンドプードル、ベーキングパウダー、塩を入れてシャカシャカ降る• ボウルにバナナ、メープルシロップ、好みのオイル、豆乳を入れてつぶしながらよく混ぜる• ボウルに2の粉を入れて、ヘラでさっくり混ぜる• 難しそうに見えますが、基本は混ぜて焼くだけです。 マクロビのブラウニーが家で作れるのは嬉しいですね。 冷ましてから切り分けて下さい。 ベーキングパウダーは、出来ればアルミニウムフリーのものが手に入ると尚良いです。 薄力粉 200g• ココア 30g• ベーキングパウダー 小さじ2• 油 100cc• 豆乳 120cc• 水 40cc• てんさい糖 75g• 塩 ひとつまみ• くるみ(刻む) ひとつかみ 作り方• 薄力粉、ココア、ベーキングパウダーを合わせてボウルにふるう• 別のボウルに油、豆乳、水、てんさい糖、塩を混ぜ合わせる• 1のボウルに2のボウルの中身とくるみを加え、切るように混ぜる• 型に入れて表面を平らにし、180度に予熱したオーブンで30分焼く• 竹串をさして何もついてこなければOK• きな粉を使っているので栄養価も高いレシピです。 粉によって水分量が変わるので、豆乳は様子を見ながら少しずつ入れていって下さい。 材料(2人分)• 小麦粉 200g• きな粉 50g• ベーキングパウダー 小さじ1• てんさい糖 大さじ1~2• 豆乳 200~350cc• オリーブオイル 大さじ1 作り方• 小麦粉、きな粉、ベーキングパウダー、てんさい糖をボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる• 1の真ん中をくぼませて、豆乳と油を入れてよくかき混ぜる• 生地がぼってりとするくらいになったら、ラップをして冷蔵庫で30分寝かせる• フライパンを熱し油をひいて、おたま半分くらいの生地を入れる• 小麦粉の代わりに米粉を使うので、食感はもちもちで小麦アレルギーの人も食べられます。 材料もシンプルで、薄いのですぐに焼けます。 中にはジャムなどをはさんでもいいし、甘くないので野菜などをはさんで食事にもいいですね。 米粉 50g• 水 250cc• 塩 ひとつまみ• 菜種油 小さじ1~2 作り方• ボウルに全ての材料を入れてよく混ぜる• フライパンに1の生地をすくって流す• 焦げ目がついてきたらひっくり返し反対側も焼く 美味しいクレープを焼いたら、見た目にもちょっとこだわりたいですね。 こちらの記事では自宅で焼いたクレープの包み方について紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。 簡単なマクロビスイーツの3つ目はコンポートです。 砂糖の代わりにみりんを使っています。 温かいままアイスに添えてもいいし、冷たく冷やして食べてもいいですね。 パイなどのフィリングにも使えます。 好みでシナモンパウダーをかけて召し上がって下さい。 りんご 2個• 水 50ml• レモン汁 大さじ1• みりん 50ml 作り方• りんごは8等分にくし型に切り、塩水にくぐらせる• りんごの水気を切り、鍋に並べ水とレモン汁を加える• ふたをして中弱火で煮る• お肌に嬉しい美容効果がある甘酒を使って、簡単にマクロビスイーツが作れます。 ブレンダーがあると便利ですが、ない場合はすり鉢などで滑らかにしても大丈夫です。 玄米甘酒 300ml• 豆腐(水切りする) 100g• いちご(縦4~6等分に切る)8~10個• 粉寒天 小さじ1• レモン汁 小さじ1• 塩 ひとつまみ 作り方• 鍋に玄米甘酒を入れ、粉寒天を入れて寒天がふやけるまで少し置いておく• 水切りした豆腐をブレンダーにかけてクリーミーにする• 1を泡立て器でよく混ぜる• 3にいちごを半量入れて弱火にかける• ひと煮立ちしてピンク色になったら火をとめる• 5を熱いうちに2の豆腐に加えてよく撹拌する• レモン汁を加えさらに撹拌し最後に塩を加える• バットなどに移して冷蔵庫で冷やしかためる• 器に盛りつけ残りのいちごを飾る 冷たいマクロビスイーツ3つ目はティラミスです。 普通のティラミスより低カロリーであっさりしていますが、また食べたくなる美味しさです。 木綿豆腐 1丁• てんさい糖 大さじ3• メープルシロップ 大さじ2• レモン果汁 小さじ2• バニラエッセンス 小さじ1(お好みで)• 穀物コーヒー 大さじ1• 水 50ml• プレーンクッキー 6枚• ココアパウダー 適量 作り方• 豆腐は2分ゆでて水切りして冷ましておく• クッキーを粗く砕いてコーヒーと水を合わせたものを混ぜる• 容器の底に2を敷いておく• フードプロセッサーに豆腐、白味噌、てんさい糖、メープルシロップ、レモン果汁、バニラエッセンスを入れて撹拌する• 3の上に4をのせる• くり返して2層にしても良い•

次の

手作りお菓子ブーケを誕生日&記念日にプレゼント!安い材料で簡単な作り方

お 菓子 作り 人気

そんな、協会の中でも、製菓アドバイザー資格は人気の資格なのです。 製菓アドバイザー資格の内容は、ケーキなどをはじめとする洋菓子について全般的な知識について学ぶことになります。 洋菓子を作るときの材料である、薄力粉や強力粉、卵、バター、砂糖、などはもちろんのこと、トッピングにつかわれることの多い、果物やナッツ類、チョコレート、スパイスなどの使い方や成分、使ったときの効果、デコレーションの仕方などの技術面についても学ぶことができるのです。 資格取得後は、製菓アドバイザーとしての活動ができるのです。 自宅やカルチャースクールなどで講師として働くことができたり、飲食関係の企業などでも働くことができるのです。 受験方法は、インターネットより協会内のホームページからの申し込みになります。 製菓アドバイザー試験は、試験を自分のペースでおこなう自宅受験制度が採用されています。 お菓子作りインストラクター お菓子作りインストラクター資格は日本インストラクター技術協会が主催している人気資格です。 お菓子作りインスとラクターになるためには、お菓子作りの主流である洋菓子についての知識や技術についての協会が認めるレベルに到達していることが必要となってきます。 お菓子作りの材料、お菓子を作る時の道具の種類や使い方、お菓子のレシピなど幅広いお菓子についてのことまで学んでいくことになります。 資格試験に合格すると協会より認定証発行され、お菓子作りインストラクターとして活躍することができるのです。 自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるほか、お菓子関係の仕事に就く人も多いようです。 資格試験は、自身のペースに合わせた自宅受験制度が採用されており、仕事が忙しい人も手軽にチャレンジできることからも人気を集めている資格となっているのです。 スウィーツ・スペシャリスト スウィーツ・スペシャリスト資格は、日本創芸学院が主催している資格です。 スウィーツ・スペシャリスト資格を取得するためには、日本創芸学院が行う講座を受講しお菓子作りについてのことを学ぶことが必要となります。 スウィーツ・スペシャリスト資格では、お菓子作りを基本的な知識や技術について学ぶことになります。 みんなが好きなケーキをはじめ、タルト、シュークリーム、パイなどのお菓子作りの基本から学ぶことができるため、お菓子作りの初心者からもチャレンジすることが可能なのです。 お菓子作りに興味がある人、もう少しお菓子作りの幅を広げたいと思っている人、お菓子作りをステップアップを考えている人にとって有効な資格となっています。 スイーツコンシェルジュ スイーツコンシェルジュ資格は、日本スィーツ協会が主催し認定試験を実施しています。 スイーツコンシェルジュ資格は、基本的な知識や技術力について学べるベーシックコースから、ステップアップをはかれるアドバンスコース、プロフェッショナルを目指したい人のためのマスターコースがあり、日本スィーツ協会の実施づる認定試験に合格することで資格が取得できることになっています。 資格取得後は、自身のお菓子作りの幅を広げるのに活用する人、講師としてさまざまな人に教える活動をする人、お菓子に係る仕事に役立たせる人などさまざまです。 また、デパートや自治体、企業などが行うお菓子のイベントなどで、スイーツコンシェルジェとして活躍することができるのです。 菓子製造技能士 菓子製造技能士は、お菓子に関する専門的な知識や技術力をもっている人に与えられている資格です。 菓子製造技能士は、国家資格となっており、受験するためには菓子業界などで働いているという実務経験が必要となります。 菓子の現場でのプロフェッショナルが能力のスキルアップをはかることが目的となるのです。 菓子製造技能士資格試験は、お菓子やお菓子の材料などお菓子の製造に関する法律など、お菓子の業者としての知識も問われることになります。 試験は実技試験と筆記試験の両方が行われることになります。 お菓子業界で働いている人にとってのスキルアップの資格となるため注目されています。 製菓衛生師 製菓衛生師はパティシエの技術力や能力向上のための資格試験となっており、国家資格となっています。 試験の内容は、お菓子作りの知識、公衆衛生、食品添加物についてなど、食の安全面での知識も求めらるプロフェッショナルな資格となっています。 資格は1級、2級とあるため、スキルアップを考えて受験する人も多いようです。 製菓衛生師資格試験は、各地の都道府県の知事が免許を授与するため、受験者が在住の都道府県で受験することが必要となっています。 自身でお店をはじめようとしている人などにはおすすめの資格となっています。

次の

お菓子作りキットのおすすめ人気ランキング10選【手作りで女子力UP!】

お 菓子 作り 人気

冬の果物といえば「みかん」 日本人が冬に食べる定番の果物、みかん。 みんな大好きですよね。 だけど、他の果物と比べてお菓子に使うことが少ないような気がします。 皮をむいてそのままパクリ。 確かに、これが一番手軽でおいしい食べ方なのかもしれません。 でも、たまにはスイーツに変身させてみるのもいいと思いませんか? 箱で大量に買って余ってしまったみかんや、酸っぱいみかん。 そんな時にはお菓子にアレンジするのがおすすめですよ。 今回はみかんを使ったアレンジレシピをご紹介します。 みかんジャムを作ろう! みかんをそのままをスイーツに使うのは、なかなか難しいですよね。 房から実を出すのは大変だし、そのままだと房の口あたりが気になってしまいます。 そこで、みかんをジャムにして、そこからスイーツを作ってみようと思います。 材料 約120mlの瓶1本分• みかん…250g• グラニュー糖…100g• レモン汁…大さじ1 おすすめのアイテムはこちら 作り方• 皮をむき、白い筋をとって250gはかる。 包丁で一口大に切って鍋に入れ、グラニュー糖とレモン汁を加えて30分ほど置いておく。 水分が出てきたら強火にかけて、沸騰したら中火にする。 へらでかき混ぜ、アクが浮いてきたらすくいながら20分ほど煮詰める。 とろみがついてきたら火を止める。 清潔な瓶やふたつき容器に入れる。 *長期保存を考えると瓶の煮沸消毒や脱気が必要になります。 みかんの房が気になる方は、最初にジューサー またはミキサー にかけることをおすすめします。 その場合、鍋にみかんとグラニュー糖とレモン汁を入れたら、30分置かずに火にかけて大丈夫です。 みかんジャムには皮を入れてないのでマーマレードとはまた違った優しい味わいで、みかん大好きな日本人には食べやすいと思います。 お菓子にアレンジしないでこのままパンにつけたり、ヨーグルトにかけて食べたりしてももちろんおいしいですよ。 冷蔵庫で1~2週間ほど保存可能です。 おすすめ!みかんマフィン ジャムを作ったらぜひ作っていただきたいお菓子が、みかんマフィンです。 材料 直径7cmマフィン型6個分• 無塩バター…50g• グラニュー糖…40g• 卵…1個• 牛乳…60ml• 薄力粉…120g• ベーキングパウダー…小さじ1• みかんジャム…30g• みかん…1個 作り方• 室温に戻したバターをボウルに入れてゴムべらでクリーム状にする。 グラニュー糖を入れて泡立て器で白っぽくなるまで、よくすり混ぜる。 卵を数回に分けて入れ、よく混ぜる。 薄力粉とベーキングパウダーをふるったものと牛乳を半分ずつ交互に入れ、ゴムべらで混ぜ合わせる。 グラシン紙を敷いたマフィン型に生地を半量入れ、みかんジャムをのせる。 残りの生地を入れて、皮をむいてスライスしたみかんをのせる あれば、ピスタチオを散らすときれいです。 上にのったみかんはジューシーで中のみかんジャムはとろりと甘い。 みかんを堪能できるマフィンです。 みかんの甘酸っぱいジャムサンドクッキー ジャムサンドクッキーというと、イチゴジャムやブルーベリージャムなどで作ることが多いと思うのですが、みかんジャムもすごくおいしいですよ! 甘酸っぱいみかんジャムとクッキー生地がすごく合うし、オレンジ色の見た目もすごく華やかでかわいらしい感じがします。 今年の冬はみかんスイーツにチャレンジ みかんジャムは今回ご紹介したマフィンとジャムクッキーの他にも、パンケーキにかけたり、スコーンにつけたり、レアチーズケーキに混ぜたり、パンナコッタの上にのせたり、パイ生地に包んで焼いたりと活用方法がたくさん。 みかんのおいしい季節。 ただむいて食べるだけではもったいない! たまにはみかんでお菓子作りもいかがでしょうか?.

次の