ヘビ 撃退。 ヘビ対策 豆知識 ヘビの特徴・対策方法のご紹介 あっと解消 本店

DIY自分で出来るヘビ駆除・ヘビ退治方法

ヘビ 撃退

猿は近年、ものすごく増えて田畑を荒らすので多くの人が頭をかかえているかと思います。 猿は人を観察する能力がすぐれているのでとても賢く頭も良いです。 サツマイモ畑に入り、掘り出したサツマイモを全部食べないで一口かじったら捨てて、次のサツマイモも一口かじって捨てたりしていいところだけ食べていってしまう、非常に迷惑な動物です。 ダイコンなども同じように一口食べては捨てて、また一口食べては捨てており見ていると頭にくる動物です。 この猿を駆除する方法をいろいろ試してみました。 農協から支給される花火も音がして爆発して驚かせるのですが、最初はいっせいに逃げるのですが、しばらくするとまたやってきます。 来ては花火を鳴らしまた来ては花火を鳴らすのを繰り返しているいますが、これも近所迷惑にもなっていてどうにもならないです。 エアガンも試してみたのですが、威力がないので弾がとどかない位置でこちらをみており、いなくなると畑にきて荒らしはじめます。 狼のおしっこも畑の隅にセットして試してみたのですが、親猿には多少効果があったのですが、子ザルには効果がなく近寄ってくるので、それを親が見て安全だと思ったら全部の猿が畑にきてしまっております。 これはどんな策もどうしょうもないなって思っていたら、もしかして蛇が苦手なのでは?と思い、いろいろなリアルなおもちゃの蛇を購入して試したところこの と がとてもよくできており、色もよいので、これをあらゆるところにセットし、何日か双眼鏡で観察していたのですが、この場所が一番効果がありましたので、下の図を参考にしてください。 猿は、必ず、山からくるので山に近い畑の境界線の近くに蛇を5mおきくらいに、いろいろな場所ポンポンと置いていきます。 木があればまきつけたりするとさらに効果があります。 猿は、ボス猿の命令で活動しておりますので、ボス猿がこのおもちゃの蛇を見つけたら警戒して仲間を一斉に非難させます。 この蛇のおもちゃの場所は、1週間ごとに数mずらしてください。 適当でOKです。 3か月ほど繰り返すと猿は蛇が多い畑として覚えるので来なくなります。 いろいろなおもちゃの蛇を購入して試したのですが、明るいような色の蛇は駄目です。 何故かというと猿は色も認識しておりますので、緑色や赤い色の蛇などはいないのは知っているのです。 彼らが怖がるのはマムシ・ヤマカカシですのでそれに近い、黒っぽくてリアルなのがとても効果がありました。 猿の一番嫌な外敵は蛇なので猿の弱点を見つけるのには苦労しましたが、今のところ全然猿の姿は見なくなりました。 猿は縄張りをもって活動しておりますので、またほかのエリアの猿がこないか観察を続けていこうと思います。 がに投稿。 カテゴリー:。 記事ナビゲーション.

次の

蛇の撃退方法

ヘビ 撃退

ヘビ・マムシ忌避剤 カプサイシンやチンキ成分などによる 強烈な辛み、苦味による刺激・臭いで、 マムシやヘビが近づくのを予防します。 ヘビは嗅覚が非常に鋭く、十分に施工すれば高い忌避効果を発揮します。 乾燥後は自然コーティングします。 農薬やその他薬物不使用なので、草花、樹木、芝生にも影響を与えない忌避剤です。 散布方法 草木などの植生丈が高い場合は予め下刈りをして下さい。 原液を約200倍に希釈します。 ジョウロ等でヘビやマムシが現れそうな場所、石垣やくぼ地の棲息しそうな場所に、稀釈液を十分散布してください。 散布後、乾燥するとコーティングされ、効果が持続します。 雨天時の散布は避けて下さい。 雨や日光により忌避効果が徐々に低下しますので、様子を見ながら追加散布して下さい。 作業の注意 毒ヘビを見つけた場合や、棲息しそうな場所に入ると、毒ヘビが身構える場合があります。 更に近づくと攻撃する場合もあります。 毒ヘビにかまれたら 毒が毛細血管壁を侵すので局部に出血がおき、ネフローゼ(筋肉組織の壊死)を起こします。 化膿や頭痛、一時的な視覚障害を起こすこともあります。 噛まれたらすぐに医療機関で抗血清の治療を受けてください。 取扱注意 ・ よく振ってから希釈してください。 ・雨天での作業は控えてください。 ・マスクと、ゴムまたはビニール製の手袋を着用してください。 ・地面下への浸透が浅い場合、忌避効果が低下します。 ・お子様が触れない場所に保管してください。 ・直射日光の当たらない冷暗所で保管してください。 ・目や素肌に付着した場合は清水で洗ってください。 ・食べ物にかかると忌避剤の味が付き食べられなくなります。 ・農作物への使用はできません。

次の

蛇がツバメを襲います

ヘビ 撃退

ヘビ・マムシ忌避剤 カプサイシンやチンキ成分などによる 強烈な辛み、苦味による刺激・臭いで、 マムシやヘビが近づくのを予防します。 ヘビは嗅覚が非常に鋭く、十分に施工すれば高い忌避効果を発揮します。 乾燥後は自然コーティングします。 農薬やその他薬物不使用なので、草花、樹木、芝生にも影響を与えない忌避剤です。 散布方法 草木などの植生丈が高い場合は予め下刈りをして下さい。 原液を約200倍に希釈します。 ジョウロ等でヘビやマムシが現れそうな場所、石垣やくぼ地の棲息しそうな場所に、稀釈液を十分散布してください。 散布後、乾燥するとコーティングされ、効果が持続します。 雨天時の散布は避けて下さい。 雨や日光により忌避効果が徐々に低下しますので、様子を見ながら追加散布して下さい。 作業の注意 毒ヘビを見つけた場合や、棲息しそうな場所に入ると、毒ヘビが身構える場合があります。 更に近づくと攻撃する場合もあります。 毒ヘビにかまれたら 毒が毛細血管壁を侵すので局部に出血がおき、ネフローゼ(筋肉組織の壊死)を起こします。 化膿や頭痛、一時的な視覚障害を起こすこともあります。 噛まれたらすぐに医療機関で抗血清の治療を受けてください。 取扱注意 ・ よく振ってから希釈してください。 ・雨天での作業は控えてください。 ・マスクと、ゴムまたはビニール製の手袋を着用してください。 ・地面下への浸透が浅い場合、忌避効果が低下します。 ・お子様が触れない場所に保管してください。 ・直射日光の当たらない冷暗所で保管してください。 ・目や素肌に付着した場合は清水で洗ってください。 ・食べ物にかかると忌避剤の味が付き食べられなくなります。 ・農作物への使用はできません。

次の