マル チンゲール。 マーチンゲール法|正しいカジノ攻略法の使いかた

FX手法紹介「マーチンゲール法」逆張りやナンピンとの併用も

マル チンゲール

前回紹介したマーチンゲール法のように、負けたらベットサイズを上げるという『ココモ法』をご紹介したいと思います。 マーチンゲール法の最大の特徴である ・連敗したらテーブルのリミットを超えて、負けが確定する ・負けたらベットサイズを大きくする という部分は、ココモ法も同じなので『カジノで使えないのでは?』と思う方もいるでしょう。 連敗中の賭け金を「倍」にするわけではないので、ベットサイズの上り方はマーチンゲール法のように、急ではありません。 勝った場合はベットサイズをリセットして、「1単位」から新しく始めます。 このように、マーチンゲール法ほどではないのですが、割と簡単な方法となっています。 表で見てみると、さらに分かりやすいと思います。 マーチンゲール法も下記に載せておきますので、見比べてみてください。 ココモ法のメリット&デメリット ココモ法は連敗中に勝つことで、マーチンゲール法とは異なり、ある程度の利益を得ることができます。 もしも8回目で勝てば、15単位の利益を得ることができるのです。 そしてベット金額が、マーチンゲール法のように一気に上がっていくのではなく、とても緩やかに上がっていきます。 マーチンゲール法ほどベットサイズが急激に上がらないので、連敗して勝てばそれなりに大きなリターンを見込めるのです。 これが、ココモ法のメリットと言えるでしょう。 しかし、ココモ法にはこんなデメリットもあります。 先ほどの動画では、4連敗くらいだったのですが、頻繁に6連敗、7連敗などは起こります。 ベット金額の上昇が緩やかではありますが、13連敗、14連敗するとテーブルリミットを気にしなければなりません。 連敗をしテーブルリミットを超えてしまうと、負けが確定します。 ただ、動画のようにツキをつかんだら、どんどん資金を増やせますので初心者に向いている方法かなと思います。 ココモ法が試せるオンラインカジノはの中にある『ルーレット』の「Column(コラムベット)やDoezen(ダズンベット)」となります。

次の

ナンピン・マーチンゲールの仕組みと注意点

マル チンゲール

グランマーチンゲール法は、別名「大マーチンゲール法」とも呼ばれています。 マーチンゲール法をご存知の方も多いと思いますが、負け額を全て回収できるマーチンゲール法の欠点は、利益を生むことができないという所にありました。 グランマーチンゲール法は、その欠点が克服された改良版のマーチンゲール法になります。 マーチンゲール法のように、負け続けて膨らんだ損失額を回収することを目的とした必勝法になりますが、回収しつつ少しずつ利益を出すことができます。 やはり負け続けて損失額が膨らんだ状態では、カジノゲームは楽しむことができません。 ギャンブルでは負けも付き物ですが、グランマーチンゲール法でその負けすらも勝ちに変えて、儲けを高めて行きましょう。 グランマーチンゲール法を47ゲーム行った検証結果 グランマーチンゲール法を使用して47ゲーム行った結果は次の通りです。 表の赤マーカーは、負けた後にグランマーチンゲール法を使用して成功したゲームです。 【表】47ゲームの結果 グランマーチンゲール法を使用した勝負を47ゲーム行った結果、同じ結果が連続で続いた回数は最大で5連続(連勝の数)、連敗の最大数は4回となり、最高賭け金は31ドルとなりました。 最終的に利益は+47ドルと、大きな利益を出すことに成功しました。 1セット(負けてから勝つまでの1勝負)ごとに見ていくと利益はあまり感じられませんが、このようにグランマーチンゲール法を使用し続けていくことで、大きな利益を出すことも可能となります。 実践例 1ゲーム目 1ゲーム目は、赤黒賭け 赤に賭け金1ドルを賭けてゲームを開始します。 この時の結果は8の「黒」、賭けた分の1ドルは没収されます。 累計損益は-1ドルとなります。 実践例 2ゲーム目 直前のゲームで負けた場合、グランマーチンゲール法を使用していきます。 この時の結果は4の黒、賭けた分の3ドルは没収されます。 この時点での累計損益は-4ドルとなります。 実践例 3ゲーム目 直前のゲームで負けたのでグランマーチンゲール法を続行します。 3ゲーム目の結果は1の赤、賭けた7ドルに2倍の配当が付き、賭け金を含めて手元に14ドルが払い戻されます。 払い戻された14ドルから、累計損益4ドルと3ゲーム目の賭け金7ドルを差し引いた3ドルが利益となります。 実践例 4ゲーム目 直前のゲーム(3ゲーム目)で勝ったのでグランマーチンゲール法を終了します。 勝った場合、必勝法の目的である負け額の回収と利益が確定されるからです。 以降は最初の賭け金と同額、もしくは任意の額を賭けてゲームを開始します。 負けた場合、1ゲーム目から3ゲーム目までの流れを繰り返していきます。 グランマーチンゲール法を10ゲーム目まで行った結果は次の通りです。 どこで勝っても損失額を全て回収することが確定され、連敗が続けば続くほど勝った時の利益が大きくなっていきます。 【表】連敗時の賭け金と累計損益 負け続けて膨らんだ損失額は一度の勝ちで全て回収することができますが、連敗が続けば続くほど2桁、3桁の賭け金へと膨れ上がっていきます。 10連敗時のゲーム結果を見てみると、賭け金1023ドルに対し、累計損益は-2036ドルと、あっという間に膨大な額に変わります。 これは日本円に換算すると賭け金は約114,000円、累計損益は約226,000円です。 いくら資金に余裕があっても、一度に10数万を賭けるのは難しいでしょう。 それだけリスクの高い必勝法であることを理解しておきましょう。 注意点2 テーブルリミットがある ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどのカジノゲームには、1ゲーム時に賭けられる金額と言うものが必ず定められています。 最低金額(ミニマムベット)は、ゲームに参加することができる最低金額で、最高金額(マキシマムベット)はゲームに賭けることができる最高金額です。 各制限の総称をテーブルリミットと呼びます。 次のルーレットテーブルでは、ミニマムベットが1ドル、マキシマムベットが500ドルとなります。 しかし、マキシマムベットの関係で500ドルを超える金額を賭けることができません。 この場合、MAX上限の500ドルを賭けることになりますが、勝ったとしても-2ドルの損失となり、負けた額を回収する必勝法が意味をなさなくなります。 加えて、ここで負けてしまった場合は、グランマーチンゲール法での損失額回収は不可能となります。 そのため、テーブルリミットを考えた上で、次のような対策をすることが必要になります。 注意点を補った対策法 グランマーチンゲール法は、賭け金が増大しやすいこと。 テーブルリミットがあるという注意点がありました。 しかしその注意点は、連敗確率を考慮することによって補うことができます。 まずは確率の確認です。 勝率2分の1の確率で勝つゲームの連敗の確率は次のようになります。 【表】連敗の確率 ルーレットの場合は、「赤・黒」「奇数・偶数」「ハイ・ロー」、ブラックジャックの場合は、「ディーラー・プレイヤー」、バカラの場合は、「バンカー・プレイヤー」と、いずれのゲームも勝率は必ず50%(2分の1)となります。 しかし、勝率とは別に連敗する確率は当然異なってきます。 1ゲーム目で負ける確率50%(2分の1)を始めとし、2連敗する確率は25%(4分の1)、3連敗する確率は12. 5%(8分の1)と、連敗すればするほど、連敗の確率が低くなっていくのがわかります。 例えばあなたはルーレットをプレイするとします。 その際、まずは空回しを利用して4連続同じ結果(次の図の場合は黒)が出るのを待ちます。 4連続同じ結果が出たことを確認したら、結果とは別の場所(図の場合は赤)にチップを賭けます。 そうすると、うまくいけば賭け金を賭けた直後のゲームで当たります。 グランマーチンゲール法を使用する場合は、これらの連敗確率を頭に入れておき、何度か連敗を確認した後に使用していくと良いでしょう。 ルーレットやバカラ、ブラックジャックなども、ある程度同じ結果が連続で出たのを確認してから参加すると、グランマーチンゲール法の成功率を高めることができます。 なお、賭け金を賭けずにゲームの勝敗をずっと確認していると、カジノ側から「迷惑なプレイヤー」のレッテルが張られてしまう可能性があります。 カジノ従業員から注意が入る場合がありますので、最初のスタートダッシュといった形で、使用頻度はほどほどにしておきましょう。 しかし、負けた場合、賭け金や損失額も大きくなっていきますので、状況をよく見極めて使用するようにしましょう。 グランマーチンゲール法4つのメリット グランマーチンゲール法のメリットは次の4つです。 損失額の回収に適している• 利益を出すことができる• 連敗確率を利用することで、戦略的に負け額を回収することができる グランマーチンゲール法2つのデメリット グランマーチンゲール法のデメリットは次の2つです。 連敗が続くと賭け金が増大するのでリスクが高い• テーブルリミット以上の賭け金を賭けることができない グランマーチンゲール法の3つの特徴 グランマーチンゲール法は、負けた時や連敗が続いた時に膨れ上がってしまう損失額を、1度の勝ちで全て回収することができ、さらに利益を出すことができます。 主な特徴は次の3つです。 負けて膨らんだ損失額を一気に回収できる• 利益を出すことができる• 連敗が続くほど賭け金の増大が激しくなる マーチンゲール法よりも少しリスクの高い必勝法ですが、利益も出せるため非常に優れた必勝法と言えます。 ぜひ、使い方を覚えてカジノゲームで使用してみてください。 使用できる3つのカジノゲーム グランマーチンゲール法は、2分の1(50%)の確率で勝つことのできるゲームで使用する必勝法のため、使用できる主なゲームは次の3つです。 負けた損失額を回収することを目的としている必勝法なので、ゲームに負けた時に使うということも覚えておきましょう。 ルーレット グランマーチンゲール法はルーレットの赤黒賭け、ハイロー賭け、奇数偶数賭けに使うことができます。 ブラックジャック グランマーチンゲール法はブラックジャックに使うことができます。 バカラ グランマーチンゲール法はバカラに使うことができます。 グランマーチンゲール法で勝てるオンラインカジノ おすすめのオンラインカジノを3つご紹介します。 グランマーチンゲール法を活用してどんどん稼いでいきましょう!.

次の

最優秀作

マル チンゲール

数学的定義 [ ] 定義は連続時間の場合と離散時間の場合で多少異なっている。 任意の時刻 t について X t は F t可測• 任意の時刻 t について X t は可積分• 任意の時刻 n について X n は F n可測• 任意の時刻 n について X n は可積分• 定義において、最初の要請は X t が F t より多くの情報を与えないために必要であり、二番目の要請は条件付期待値が定義できるために必要であり、三番目の要請でこの確率過程が公平な賭けであることを特徴付けている。 例 [ ] 離散時間マルチンゲールの例を挙げる。 偏りのないコインを投げ続けたときの n 回目の結果を X n と書くことにする。 ただし、コインが表の場合は 1 で裏の場合は -1 と定める。 情報増大系については、この X 以外に情報を与えるものはないとする。 このように戦略を変更することを、 マルチンゲール変換 と呼ぶが、通常実行可能な戦略によるマルチンゲール変換によって得られる確率過程もマルチンゲールになることが知られている。 停止時刻 [ ] 停止時刻 マルコフ時刻、stopping time、Markov time 等ともいう は賭けをやめる時刻を数学的に定式化したものである。 未来に起きる賭けの結果を知ってからやめることはできないが、過去に起きたことなら停止時刻に反映してもよいはずである。 例えば、コイン投げに関係なさそうな「さっきカラスが鳴いたからやめる」というようなものも停止時刻でありうる。 これは、現在ちょうど停止時刻であるかまたは過去に停止時刻があったかどうかは現在得られる情報であるという意味である。 任意抽出定理 [ ] ここでは離散時刻の任意抽出定理を解説する。 この時、.

次の