ヘビィボウガン シールド。 【MHWアイスボーン】ガード性能+散弾が安定して強い!オウガ砲装備紹介

ヘビィボウガンの使い方、しゃがみ撃ち、パワーバレルorシールド【モンハン】

ヘビィボウガン シールド

ハンターのみなさん! 調子はいかがでしょうか? 僕は、最近やっと 導きの地に慣れてきまして。 始めたばかりの狩り仲間のお手伝いをしつつ、合間、合間に導きの地……といった感じで、毎日眠気の限界が来るまで遊んでいます。 あぁ、モンハン楽しい。 それで本題なんですけど、ついに見つけてしまいました。 ヘビィボウガンを愛用しているガンナーなら、一度は試したくなるであろう ゾンビヘビィ装備の最終形態を。 (ゾンビヘビィに必須なスキル構成を発動させるにはこの組み合わせしかなさそうっていう意味で。 ) アイスボーン向けゾンビヘビィ装備の スキル構成と 必要な装飾品、僕はまだ最終段階まで行けてないため、 目指すその先まで、さくっとご紹介していこうと思うので、ゾンビヘビィで快適にモンスターと戦いたい! という人はぜひ参考に。 装備を揃えること自体は全然難しくないので、すぐに揃えられるかと思います。 装飾品無しで発動スキルは以下の通り。 装飾品無しの発動スキル• 見切り Lv. ガード性能 Lv. 3 ~ 5(護石の強化具合によります。 体力回復量UP Lv. 回復速度 Lv. 龍属性強化 Lv. 超回復力(シリーズスキル) うん、スキルは全体的に中途半端ですね。 これが装飾品がシビアになった理由です。 ゾンビヘビィとして、確実に発動させたいスキルは、 体力回復量UP Lv. 3、 回復速度 Lv. 3、そして、シリーズスキル「 超回復力」。 安定感抜群な「体力増強」や、トータルで火力をUPしてくれる「業物・弾丸節約」などは発動させる余裕がありませんでした。 ちなみに、この装備は「鉄壁の護石」を「業物の護石」に付け替えれば「 業物・弾丸節約」を発動可能です。 守りの硬さを取るか、トータルな火力UPを取るかはあなた次第。 見切り Lv. 体力回復量UP Lv. 回復速度 Lv. 弱点特攻 Lv. ガード性能 Lv. 3 ~ Lv. 散弾・剛射強化 Lv. 超会心 Lv. 龍属性強化 Lv. 滑走強化 Lv. 1(おまけ)• 攻めの守勢 Lv. 1(おまけ)• 超回復力(シリーズスキル) ざっとこんな感じ。 アイスボーンでは、鉄壁の護石を強化すればガード性能をLv. 5まで上げれるため、守りの硬さは 鉄壁の護石の強化次第と思ってもらえれば! それじゃ、もう少し詳しく 使っている装飾品について見ていきましょう。 7は無理なく発動できるかと。 入手が難しくて、この装備構成で必須な装飾品は……• 解放珠• いずれの装飾品も 様々な装備構成で使えるものばかりなので、一つの目標にするといいかもしれません。 貫通ヘビィでも、通常ヘビィでも、各種弾丸強化の装飾品を持っていれば、自由に付け替えられますが、ゾンビヘビィはシールド散弾との相性が良いんですよね。 ゾンビヘビィのおすすめ武器は、 王牙砲【震雷】。 武器のカスタム強化は「回復能力付与」がおすすめです。 ヘビィボウガンは、 カスタム強化【回復能力付与】の回復量が少ないんですが……、ガード性能がしっかりついているため、モリモリ回復しながら戦えるようになります。 王牙砲震雷までに必要な素材は以下の通りです。 雷狼竜の雷電殻は、ジンオウガの背中破壊と腕破壊の部位破壊報酬から出るんですけど、まぁ出ないこと。 何度か周回しないとかも……です。 霊脈の剛竜骨は、導きの地の 危険度レベル2の歴戦モンスターから入手可能です。 5の組み合わせはガッチガチになります。 さらに ガード強化もあれば怖いもの無しなんですけど、僕は装飾品が無いし、火力も落ちるので諦めました。 この装備でよく使う 基本の武器カスタマイズは……• 反動抑制(ジンオウガヘビィは必須)• 近距離射撃• 近距離射撃• シールド• シールド モンスターにより付け替えたりもしますが、これが安定して立ち回れるラインかな? と。 ガード性能がLv. 【おまけ】導きの地は、破壊王と地学を発動させていきましょう 導きの地はこんな感じのスキルでウロウロしてます。 最後におまけなんですけど、導きの地って 地質学Lv. 1を付けると、部位破壊でモンスターが落とす落とし物が増えるんですって。 知ってましたか? 僕は最近知りました。 普通に驚き。 地質学 Lv. そういう仕様なのか、不具合で今だけなのか分からないですが、これは活用しとかないともったいないですよね。 導きの地で「地質学 Lv. 1」を落とすと、モンスターの落とし物が増えます。 素材を入手したいだけなら、部位破壊を効率よくするため、「破壊王Lv. 3」もおすすめ。 3」を付ければさらに効率はUP! 今回紹介したゾンビヘビィ装備は、スキルスロットも多いため、ぜひ 地質学 Lv. 1と 破壊王 Lv. 3を発動させて導きの地に行きましょう! ゾンビヘビィ、おすすめです MHW アイスボーンの 導きの地って今までのモンハンにはなかったタイプのエンドコンテンツですけど、どうしてこんなに楽しいのか。 し、これはしばらくモンハンから抜け出せなさそうです。 それも僕の中で。 ゾンビヘビィは、 安定するし、楽しいし、間違いなくおすすめですが、火力で言えばもっとすっごいヘビィボウガン用装備もあるし、機関竜弾特化とか面白い構成の装備もあるので、ゾンビヘビィ装備を含め、色々試してみましょう。

次の

【MHWアイスボーン】ヘビィボウガンのおすすめ最強装備|覚醒武器【モンハンワールド】|ゲームエイト

ヘビィボウガン シールド

スポンサーリンク しゃがみ撃ちとは? ヘビィボウガンの浪漫とも言える攻撃手段。 弾を纏めて装填し、それを一気にぶっ放す攻撃。 重心を低くすることでバランスを取ることから「しゃがみ撃ち」と言われる。 固定砲台のようですね。 なお 弾の威力は立ち撃ちの場合と変わらない。 また回避動作中に【X】でも同様に移行できる。 しゃがみ撃ち対応の弾がセットされていれば、そのまま発射できるが、セットされていない場合は、しゃがんだ後に弾を選択してから発射する。 武器によって、しゃがみ撃ちに対応している弾種は決まっており、また弾種によって一度のしゃがみで撃てる弾数も決まっている。 スキル「」によって増発は不可能。 通常弾(Lv1~3) 30発• 貫通弾(Lv1~3) 20発• 徹甲榴弾(Lv1~3) 9発• 散弾(Lv1~2) 20発• 拡散弾(Lv1~2) 3発• 属性弾(滅龍弾以外) 20発• 滅龍弾 3発• 斬裂弾 5発• Lv1状態異常弾 6発• Lv2状態異常弾 4発 拡散弾、滅龍弾、斬裂弾あたりは発射数が少なく、通常撃ちのリロードできる弾数と大差ないのであまり使われない。 圧倒的に採用されるのは通常弾と貫通弾だろう。 立った状態で撃つよりもリロードできる弾数が圧倒的に多く、 リロードの隙が減る分時間火力が増大する。 また、 【A】ボタンは押しっ放しで構わない。 勝手に連射してくれる。 ただし、 しゃがみ中は全く動けない。 モンスターが暴れている最中にむやみにしゃがんでも危険を晒すだけである。 しゃがみ中はスーパーアーマー状態になるので、一応小型の緩い攻撃は無視はできる。 しゃがみ中はシールドによるオートガードが可能である。 よって、回避を完全に捨て、正面からの攻撃はシールドに任せてひたすら撃つ。 という強引な立ち回りも一応可能。 削りダメージはそれなりに覚悟しないといけない。 怯み値計算がある程度できるようになると、よりしゃがみ撃ちが楽しくなる。 怯みを起こせばそこから更に、しゃがみ延長ボーナスが得られる。 かなり上級向けだが。 パーティプレイで真価を発揮する。 味方が拘束してくれると安全にしゃがめるので、膨大なダメージを叩き出せる。 一人が麻痺や睡眠でサポート(神ヶ島とか)し、他3人がしゃがむと、それこそモンスターを一歩も動かさずに倒すことも不可能ではない。 しゃがみ中にチャットを行い、【A】ボタンで定型文を決定すると、1発発射する点は一応気を付けたい。 (MH4シリーズ) 特に睡眠爆破する時とか。 タッチパネルなら大丈夫。 パワーバレルorシールド 武器を作成した後に、どちらかを選んで取り付けることができる(金要ります) どちらも付けない、と言う選択肢もあるが、着けた方が良いだろう。 パワーバレル 純粋に攻撃力を上げるもの。 元の攻撃力から 10%ほど上昇する。 火力の高さがウリの武器種なので、コチラで更に火力を盛る機会は多い。 シールド ヘビィボウガンにオートガード機能を装着したもの。 抜刀立ち状態ならば、正面の攻撃を自動でガードしてくれる。 ただしガード性能自体はとても低く、元々ガンナーの防御力は低いので削りダメージはそれなりにある。 それでも機動力の低く、元々ガードも出来ないヘビィボウガンにとっては、安全重視なパーツになる。 常に狙われるソロでは割と便利。 MH4シリーズ以降では、一応スキル「」の効果が現れる。 ヘビィボウガン・リミッター解除 ある程度物語を進めてると鍛冶屋でイベントが発生し、それ以後 RARE6以上のボウガンにカスタマイズできるようになる。 ライトボウガンのリミッター解除とは効果が異なる。 パワーバレルorシールドとは併用可能。 MHXではリミッター解除は存在しない。 リミッター解除と聞くと、発動後に使用者または武器に代償があるようなイメージだが、モンハンではそんなことはなく、単に取り回しが悪くなる程度である。 リミッター解除すると…• 5倍だった武器係数が1. 7倍になる。 単純に言えば 攻撃力が1. 13倍される。 竜撃弾が撃てるようになる。 シールドを装着した場合、ガード性能が向上する。 移動速度が若干低下し、射撃後の回避が若干遅くなる。 しゃがみ撃ちが出来なくなる。 替わりにしゃがみ対応の弾の装填数が増える。 一番大きいのは 攻撃力1. 13倍だろう。 威力が上がることで、少ない弾数でモンスターを倒せるため、弾持ちも良くなる。 しゃがみ撃ちが出来なくなる欠点があるが、その分対応弾の立ち撃ちでの装填数は多くなる。 よってしゃがむタイミングが難しいソロでは、弾持ちの点も相俟ってオススメされやすい。 移動速度の低下と回避が出来なくなるとは言え、そこまで極端ではないので、しゃがみ撃ちを行わないのであればリミッター解除してもほぼ問題ない。 しゃがむことを前提にしている武器(通称:「しゃがめよ」=装填数が恐ろしく少ないが、しゃがみに数多く対応しているもの)ではリミッター解除をすべきではない。 これより、 パーツとリミッターの組み合わせは4通り存在する。 リミッター装着&パワーバレル リミッターを付けたままなので、しゃがみ撃ちが行え、パワーバレルによって火力増強できるので、 しゃがみ撃ちの威力が最高になる。 拘束のしやすいパーティプレイではオススメされやすい選択肢である。 リミッター装着&シールド 火力は一番低いが、移動・回避・オートガードと備えるため 守り重視の選択になる。 ソロでもしゃがみ撃ちを積極的に行い、モンスターの反撃はシールドでガードするという強引な立ち回りも可能。 リミッター解除&パワーバレル 攻撃力が一番高くなる(素の状態から1. 24倍)。 しゃがみを封印して立ち撃ちメインで行くなら一番勧められる。 ただし移動・回避が少し鈍くなりガードも不可なので、防御を捨てたハイリスクハイリターンな構成になる。 リミッター解除&シールド 移動・回避が遅れるリスクをシールドでカバーする形。 いわゆる バランス型 「リミッター装着 & パワーバレル」型と比べるとしゃがみ撃ちは出来ないが、こちらの方が若干攻撃力は高い。 またリミッター解除によりシールドの性能も少し向上し、削りダメージを軽減できる。

次の

ヘビィボウガンの使い方、しゃがみ撃ち、パワーバレルorシールド【モンハン】

ヘビィボウガン シールド

オウガ砲のスペック 攻撃力420と高く、散弾レベル3が装填拡張レベル3で8発装填可能という、まさに 散弾を撃つためのヘビィボウガンです。 機関竜弾、レベル2スロットが一つ、麻痺弾レベル2と徹甲榴弾レベル2も使用可能となっており、MHWで猛威を奮ったガイラアサルト賊の完全上位互換となっています。 ちなみに最終強化前の王砲ライゴウ改でも攻撃力405と高いので、十分使用可能なレベルです。 必要素材は別記事で紹介しています。 ほとんどの攻撃を安定してガードが可能で、高い火力も兼ね備えているので攻防ともに強力です。 鉄壁の護石をレベル5にするのが大変ですが、体力増強を2に落とせば護石のレベルが4でも鉄壁珠を使ってガード性能5は可能です。 攻撃3を追加することでさらなる火力向上が可能になりました。 歴戦の重油殻 導きの地の瘴気地帯Lv4以上で出現する歴戦ラドバルキンの落とし物か剥ぎ取りで入手可能です。 霊脈玉のかけら 導きの地の危険度1の歴戦個体から入手可能です。 歴戦ラドバルキンからも入手可能なので、上記の歴戦の重油殻と共に入手可能です。 冠するものたちはMR24以上で参加可能なので、救援募集があればぜひ参加しましょう。 ボウガンのカスタマイズ 散弾3を無反動で撃つために反動抑制パーツ1つは固定で必要です。 ガード散弾ヘヴィの使用感 ガード性能5+ガード強化でほぼ全ての攻撃がガード可能です。 慣れていないと射撃時やリロード時に被弾しますが、慣れてくるとほとんど被弾しなくなります。 クラッチクローで肉質軟化をしなければ、性能をフルに引き出す事が出来ませんが、散弾による頭への集中攻撃で特殊怯み ヨダレを垂らすやつ が取りやすく、クラッチクローで肉質軟化を行いやすいのが特徴的でした。 特にテオ・テスカトルに対してはスーパーノヴァ以外は安全にガード可能であり、頭も大きいので戦いやすいです。 まとめ ・オウガ砲は攻撃力420と高く、散弾が最大8発装填できるヘビィボウガン ・最終強化前でも405と高い攻撃力が特徴 ・ガード性能5+ガード強化で安定感を保ちつつ、火力も高い強武器 オウガ砲の最大火力を引き出すなら、シールドパーツではなく近接強化や特殊スコープですが、元々の攻撃力が高いのでシールド運用でも十分強いです。

次の