ポケモン なかまづくり 交代。 「スキルスワップ」「仲間作り」「なりきり」の使い方↓

【ポケモン剣盾】アイアントの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン なかまづくり 交代

公式サイトより引用。 EXPANSION PASS 到来。 ある者は喜び、ある者は震え、またある者は恐れ、全世界のポケモントレーナーが期待を込めて配信の日を待っている。 だが私は、一瞬の間に映った 影を見逃さなかった。 それはAPPDATEへの挑戦者、私の 呪縛相棒とも呼べるポケモン。 デデンネがガラルに来る。 デデンネと再び戦う日が来る。 だが、デデンネはガラル地方で通用するのだろうか。 そもそも、強いのだろうか、弱いのだろうか。 ここでは、過去のデータや既存の知識に基づいて、ガラル地方でのデデンネは強いかどうかを真剣に考察するものとする。 強いポケモンとは? ここでは、ある3つの要素がうまく作用しているポケモンのことを指す。 要素というのは 種族値の高さや 持っている特性、 タイプの3つである。 これらが優秀であればあるほど、また噛み合っていればいるほどポケモンは強くなる。 これらに付随して覚える技が重要になるが、先に挙げた3つよりは優先度が落ちる。 「技の優先度が落ちる」について説明しておこう。 あるポケモンが優秀な技を覚えても種族値やタイプが貧弱ならば、それは残念ながら弱いということになる。 バンギラスを強いというのは多くの方に賛同されるだろう。 が、サナギラスを強いという人は非常に少ない。 覚える技が似通っているのに、である。 覚える技より、3要素 さて、一般に強いと言われているポケモンを思い浮かべてほしい。 人によって様々あるかとは思うが、ここでは一例としてドラパルトを挙げよう。 一体ドラパルトは何が強いのだろうか、それを紐解くため、先に挙げた要素ごとに分解してみる。 耐久面は高くはないが決して低すぎるほどではない。 特性の2つが攻撃的で、種族値と噛み合っている。 タイプも4倍弱点がなく、攻撃技の通りもいい。 覚える技を見ると多少クセはあるが、様々な役割が持てる技が揃っている。 高い種族値と、攻撃面に優れている噛み合ったタイプ。 これが要素の絡み合いであり、強いポケモンになるための条件である。 ドラパルトが強いポケモンであるということが、要素を分解して見ることで明確になった。 同時に弱い面も見えてくるが、それを補える強みを感じてもらえたと思う。 もう一例だけ見てみよう。 次は使用率の最上位、エルフーンだ。 この特性と相性の良い補助技を数多く揃え、優秀なタイプであるフェアリーを有している。 弱点は多いものの、エルフーンは逆に倒れることがメリットになり得るポケモンであるため、それも噛みあっている。 最後の文に違和感を覚えた読者も少なくないかもしれないが、エルフーンが倒れることでパーティの力を最大限引き出せるといった状況は少なくない。 これについて語るととても1記事では収まらないので、ここでは「そういうものなんだな」という認識でいてほしい。 これは種族値が低くても強いポケモンになり得るという一例だ。 最初に言ったとおり、強いポケモンは要素が絡み合って作られる。 要素が欠けているから駄目ではなく、欠けた要素を他の要素で補いあって強くなるのだ。 強いポケモンの輪郭が定まったところで、本題に移ろう。 デデンネの要素は一体強いのか、弱いのか。 そして絡み合っているのだろうか。 種族値は……お世辞にも高いとは言えない。 いや、はっきり言おう。 すばやさが秀でているが、それ以外はまるでダメだ。 だが、これだけで弱いと断ずるには早い。 何度でも言うが、要素は絡み合ってこそ強いポケモンを作る。 特性を見るとほおぶくろが目立つ。 オボンのみ等の回復量を大きく底上げすることができるため、デデンネの 低い種族値を補強することができる。 プラスはコンボを前提とするものの、デデンネに不足している 攻撃面を補強する。 そしてタイプ。 相手の攻撃を受けるという点で優れていることが分かる。 これもデデンネの 耐久面を補強しており、且つ先ほど挙げたほおぶくろの発動も容易とする。 攻撃範囲として見た場合はプラスとの相性も良い。 デデンネは低い種族値を優秀な特性とタイプで補うポケモンだ。 これは例で挙げた強いポケモンの代表格、エルフーンと似通った特徴があることが分かるだろう。 デデンネが、強く見えてきた。 過去のデデンネを学ぶ ガラル地方におけるデデンネはどのような活躍ができるのだろうか。 耐久型ポケモン、コンボパーツポケモン等、様々なデデンネが考えられる。 だがこの段階ではまだ、デデンネを架空のポケモンとしてしか考えられていない。 ガラルへの妄想の前に、実態のあるデデンネを紐解いていく。 過去のデデンネだ。 APPDATEには なんたる偶然か、様々なデデンネのデータが存在しているため、その歴史を読むことは容易だ。 いくつか抜粋して紹介しよう。 こちらは麹屋さんによる 「デンデデンデンデンデデンネ」という構築だ。 APPDATEデデンネ界の 権威である麹屋さんが組んだデデンネは一体どういうものだろうか。 ウルトラサンムーンになり新規教え技で「 サイドチェンジ」を習得した。 こちらはデデンネ界でも比較的にスタンダードとされる補助メインのデデンネだ。 ほっぺすりすりによる素早さ操作やいかりのまえばでのHP削りをメインに行う。 そして耐久力に重視することで、オボンのみの発動、つまりほおぶくろの発動チャンスを増やす試みがなされている。 先にも言った種族値の補強だ。 このデデンネはガラル地方でもそのまま使えそうではないだろうか。 ガラルでもデデンネのスタンダードは補助をメインにするのかもしれない。 テラキオンが突破された後や、 テラキオンを選出しない場合に リザードンを強化する。 なかまづくりを リザードンに打つことで リザードンの特性が プラスになり、特攻が1. 5倍される こちらは特性のプラスを活かすことによって、デデンネに足りない攻撃力を補助しようというものである。 「所謂デデドン」とあるが、読者の中にはこれを知らないという方もいるだろう。 この構築に使われる相方のリザードンについても一緒に紹介して説明させてもらう。 配分は 霊獣ランドロスの A216ダブルダメージいわなだれを耐えるやつ こちらがデデドンのドンの方、メガリザードンYだ。 まず何がしたいのかというと、デデンネの仲間作りで特性のプラスを持ったポケモン2匹を並べる。 そうすると、隣のポケモンとデデンネのとくこうが1.5倍され、相手を一気に倒してしまおうというものだ。 何故リザードンなのかと思う方もいるだろうが、ひでりは場に出た時以外は発動しない。 これを、なかまづくりを利用してプラスに変更する。 すると、ひでりが発動した後で常に発動している状態のプラスにできる。 はれ状態でさらに攻撃力を高めることができるのだ。 さてデデンネの話に戻そう。 このデデンネも、麹屋さんのものとは型は違えど補助がメインのデデンネである、ということは分かっていただけるだろう。 もちろん、プラスが発動すればデデンネ自身も攻撃していくことはできるだろう。 だが、あくまでもメインの役割はリザードンの攻撃力を高めることにある。 デデンネが攻撃するために補助をするわけではない。 断言しよう。 デデンネは如何に補助をして勝利に近づけるか、というところを主眼に置いていくべきポケモンだ。 相手への負担を大きく与えることができるデデンネである。 ここでのデデンネは半減の多さを活かして交代出ししたり、初手に出して麻痺によるサポートをしたりすることが多いと(記事中に)ある。 さらに、当時非常に数多く見られたランドロスを攻撃する、めざめるパワーで攻撃面を兼ねている。 勿論、技構成というのはパーティとの相性を考えて作られるものなので、一概に「これが正解だ」というものは存在しない。 だが、このデデンネには今までになかった単体での攻撃力という、新しいデデンネの形へ挑戦しているのが分かるだろうか。 ほおぶくろによる種族値の底上げに留まらず、攻撃性能への追究。 ガラルでのデデンネもこのような姿を見せるのだろうか。 すばやさ操作による補助要因というのは、揺るぎない事実として見ていいだろう。 しかし、レーティング7位を記録した当時のデデンネと現在のデデンネを取り巻く状況は全く異なっている。 詳しくは省略するが、メインの役割が遂行し辛くなっていることが分かる。 ガラルではデデンネは麻痺を主軸として立ち回ることが不可能なのだろうか。 いや、そんなことはない。 むしろ、ガラルであるからこそ、この麻痺を活用することが出来る。 デデンネの役割が、今この地で 強化される。 ガラル地方の特色、ガラル地方での立ち位置 ガラルでのデデンネの立ち位置と言っても、ここまでで散々言ってきた通りだ。 デデンネの役割は麻痺による補助。 それはガラルでも変わることは(基本的には)ない。 では今までのデデンネと何ら変わり映えしない活躍を見せてくれるのだろうか。 否、決してそんなことはない。 ガラル地方での特色が、デデンネを一歩先の新しい活躍の場へ運ぶのだ。 少し話は逸れるが、ガラルの対戦においてはすばやさの変化が即時に適用されるというルールがある。 今までの対戦にはなかった新しいものだ。 すばやさの即時適用について 例えば、 相手側にエルフーンとサザンドラ。 自分側にドラパルトとギャラドスがいるとしよう。 しかし、ここでエルフーンがおいかぜを使用したとしよう。 おいかぜは味方のすばやさを4ターンの間だけ2倍にするという補助技だ。 以前までであれば、これはおいかぜを使用した次のターンから適用されるのだが、ガラル地方でこの技を使うと、行動順は次の様になる。 おいかぜに限らず、エレキネット等のすばやさ低下、ダイジェット等のすばやさ上昇、そして麻痺によるすばやさ低下もこれに含まれる。 このルールが、デデンネについて語る上で 最も重要であるといっても過言ではない。 一体何故か。 もうお分かりの読者もいるだろう。 そう、デデンネはすばやさ種族値101という 速さから麻痺による すばやさ低下の補助をし、且つそのターンから 行動順までも操作することができるのである。 更にこれだけに留まらない。 今、このすばやさの即時適用によって非常に多く見られる戦い方がある。 対戦に慣れた読者なら察しているだろうが、ダイジェットを絡めた戦い方だ。 ダイジェットは攻撃した後に、味方のすばやさを1段階上昇させる技だ。 この上昇が強力で、すばやさの即時適用とも相性がとても良いので、様々なポケモンがこれを使用してくる。 これこそデデンネが活躍する1要因なのだ。 そもそも、ダイジェットとはひこうタイプの攻撃技である。 デデンネはひこう技を半減で受けることができるため、ダメージ量を抑えられる。 だが真の目的はそこではない。 麻痺による補助だ。 ダイジェットで上昇するすばやさは1段階で、数値にすると1.5倍になる。 ここで、麻痺のすばやさ低下量を思い出してほしい。 つまり、ダイジェット一回分のすばやさ上昇を抑えるだけでなく、更に低下までさせられる。 このダイジェット環境において、デデンネは非常に相性が良いポケモンというのは最早説明するまでもない。 麻痺によるサポートと、仕様の相性。 そしてダイジェットが席巻するこの環境。 もうお分かりだろう。 デデンネは、 強いポケモンだ。 サンプルデデンネ 最後に、ガラル地方でのスタンダードとなるサンプルデデンネを紹介してこの記事を終えようと思う。 デデンネが強いポケモンであるというのが分かっていただけたとて、その使い道を誤ってしまえば、その強みを引き出すことは出来ないだろう。 なので、読者の皆様には基盤となるデデンネについてここで知ってもらいたい。 ガラルに君臨するデデンネの姿をありありと想像できたのではないだろうか。 もし、使いたくないと思ってもこのデデンネを想定してパーティを作るべきだ、ぐらいは感じてもらえたことと思う。 最後にもう一度だけ、この記事で最も伝えたい一文を入れて締めくくりとしよう。 デデンネは、強いポケモンだ。

次の

デデンネ

ポケモン なかまづくり 交代

種族値は全体的に不安が残るが激戦区をぴったり抜けるSによりサポート適正が高い。 数値上の耐久力は低いが耐性に関しては半減以下6・抜群2と非常に優秀。 第八世代ではリサイクルが過去作限定、めざめるパワーは使用不可に。 また、かいでんぱとあまえるの両立が・でも可能に。 いずれもデデンネより速く、今作ではこれらのポケモンより更に素早いも登場。 アイデンティティが失われつつあるが、独自の複合タイプを活かしてうまく立ち回りたい。 一方で念願のフェアリー特殊技であるマジカルシャインを習得。 今までは対ドラゴンですらめざパが必要だった事を考えると大きな進歩と言える。 特性考察 ほおぶくろ 他二つが使いにくいこともあってシングルでは基本的にこれ。 実質HPが約1. 6倍と考えるとしんかのきせき以上の性能だが、活かすには耐久に特化する必要がある。 相性が良いリサイクルを失う手痛い弱体化を受けてしまった。 ものひろい 相手が消費した道具を拾ってくる。 相手に依存するため不安定で扱いづらい。 ダブルでは相方とのコンボも考えられるがやはり安定しない。 きのみを持たせず、サポートに活かすなら消去法でこれになる。 プラス 隠れ特性。 同特性や特性を持つポケモンの火力があがる。 上昇率は馬鹿にならず、なかまづくりで能動的な発動も出来る。 ダブル専用ではあるが火力サポートとしても、自身の火力の上昇としても優れた特性。 高威力・命中難。 性能安定。 攻撃しつつ麻痺撒き。 ダブルでは周囲全体攻撃。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 地面タイプや無効化特性に注意。 専らサポート用。 パラボラチャージ 電 65 97 100 HP吸収 タイプ一致技。 回復効果付き。 ダブルでは周囲全体攻撃。 マジカルシャイン 妖 80 120 100 相手全体攻撃 タイプ一致技。 念願のフェアリー特殊技。 攻撃しつつ麻痺撒き。 でんじはより命中率が高くちょうはつで止まらないが、ゴツゴツメット等に注意。 とんぼがえり 虫 70 100 自分交代 攻撃しつつ撤退可能。 無効化されないが低威力。 ゴツゴツメット等に注意。 なげつける 悪 - 100 道具消費 基本は追加効果目当て。 王者の印で怯みに持ち込む他、味方にきのみを使うことも可能。 いかりのまえば 無 - 90 - 優秀な削り技。 一貫性が高く、交代読みで撃ちやすい。 変化技 タイプ 命中 解説 でんじは 電 90 妨害技。 ふいうちやゴツゴツメット等に強い。 あまえる 妖 100 物理アタッカーを弱体化。 耐久型で。 かいでんぱ 電 100 特殊アタッカーを弱体化。 耐久型で。 なみだめ 無 100 双アタッカーを弱体化。 技スぺの節約にはなるが素の耐久は低いため厳しいか。 でんじふゆう 電 - 地面技を無効化。 先制や交代読みで。 なかまづくり 無 100 味方の強化や相手の弱体化に。 ものひろいやプラスとあわせて。 リサイクル 無 - きのみ等を再利用。 ほおぶくろとあわせて。 はたきおとすを受けた後はリサイクルできなくなる。 過去作限定。 第8世代ではマジカルシャインを使用可能になった為、無理に物理技を採用する必要もないだろう。 激戦区100族をギリギリ抜ける素早さを活かしていかに立ち回るかが肝。 なかまづくりで味方をプラスにしたり、相手の特性をものひろいにする事もできる。 あまえるとかいでんぱを両立できるため、アタッカーを停止させる事も可能。 麻痺撒きにはほっぺすりすりかでんじは、ほうでんあたりを入れる。 パラボラチャージは周囲全体攻撃で、与えたダメージの半分を回復できる。 相手によっては大幅な回復量となる。 味方のひらいしん等とのコンボにも。 対デデンネ 注意すべき点 デデンネより遅いアタッカーはあまえる・かいでんぱで完封される。 豊富な補助技を活かしたサポート型が主流だが、ほっぺすりすりはちょうはつでも止められない。 対策方法 補助技主体なので厄介な技の多くはちょうはつで防げる。 こだわりトリックも効果絶大。 あまえるやかいでんぱはやでも対策可能。 覚える技 レベルアップ 6th 7th 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 1 たいあたり 40 100 ノーマル 物理 35 1 しっぽをふる - 100 ノーマル 変化 30 7 でんきショック 40 100 でんき 特殊 30 11 じゅうでん - - でんき 変化 20 14 あまえる - 100 フェアリー 変化 20 17 パラボラチャージ 65 100 でんき 特殊 20 20 ほっぺすりすり 20 100 でんき 物理 20 23 でんじは - 90 でんき 変化 20 26 ボルトチェンジ 70 100 でんき 特殊 20 30 ねむる - - エスパー 変化 10 31 いびき 50 100 ノーマル 特殊 15 34 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 39 なかまづくり - 100 ノーマル 変化 15 42 じゃれつく 90 90 フェアリー 物理 10 45 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 50 ほうでん 80 100 でんき 特殊 15 技マシン No.

次の

【ポケモン剣盾】相手を交代させない技【逃げられない】

ポケモン なかまづくり 交代

ゲーフリは更なるネタポケを生み出したのかと誰もが思ったことでしょう。 「なまけ」という特性は使い方次第では大きな抑止力となるのです。 使用は簡単です、 まず相手が自分のアイアントにとって相性がよいかを見極めましょう。 相性が良くこちらが先制を取れそうならば、「なかまづくり」をします。 相性が悪くても先制を取れるなら、「バトンタッチ」でさようならノシ 先制不可ならアナログ交代でお願いします。 次に相性が良かった場合を想定しましょう。 「なかまづくり」によって、こちらの特性「なまけ」を感染させた後、 敵の後攻攻撃となるので、持ち物の「だっしゅつボタン」が作動します。 これでこちらは相手に有利なポケモンを出すことができます。 こちらが相手に有利なポケモンなのに対し、相手は特性「なまけ」でしかも不利。 相手はしぶしぶ交代するしかありません。 そこにすかさずタイプ一致の大技を打つなり、ステルスロックを撒くなりします。 これが「なまけ」アイアントをきっかけとする基本戦術です。 後はタイマンとなったときの戦術です。 この場合運ゲにはなりますが、「ハサミギロチン」を撃ちましょう。 攻撃に振らない以上こちらが圧倒的不利なのは確実で、 相手が瀕死寸前の場合や頑丈の場合のみサブ? ウェポンで地道に戦いましょう。 技候補 どくどく・・・「なかまづくり」で感染させた「なまけ」との相性は抜群。 「まもる」も加えれば相手は毒で滅びます。 アイアンヘッド・・・タイプ相性が狭い代わりに3割ひるみ。 悪くはない。 ストーンエッジ・・・タイプ相性は広いが、命中率が何アリ 蟻ながら ギガインパクト・・・悪くはない。 ただゴーストタイプに成すすべが無くなります。 以上で終わります。 ありがとう御座いました。 書き足し・・・視聴者様の意見を元に書き足してみました。 持ち物候補 こだわりスカーフ・・・この場合は最速アイアントを目指し、基本死に出しで使いましょう。 技構成・・・なかまづくり、アイアンヘッド、シザークロス、ストーンエッジなど トリックルームにはご注意ください 技候補 みがわり・・・「なまけ」との相性は決して良いとは言えませんが、補助技読み+様子見で入れてみるのもいいと思います。 でも、言われてみれば威嚇をバトンしたりするのは勘弁ですね^^; 難しい問題なので、そこは各自に任せたいと思います。 それに、影踏みとジバコが怖いから、一概に無駄とは言い切れないと思います。 炎は貰い火に、シャドボはノーマルにそれぞれ無効化されるので1ウエポンにするわけにはいきませんから。 もっとも、まもるがあっても眠るを覚えた厚い脂肪カビゴンは突破できなそうですが。 ちなみに18の方と同じ理由で、私もバトンはあった方が安全だと思います。 評価は5で。 特性怠けになるんだから厚い脂肪関係ないですね、すみません。 てなわけでカビゴンですら受けられませんね。 脱出後の出撃は先手を相手をなまけに変えて、自分は返り討ち。 敵が1ターンとまるところに無償降臨。 聞こえはいいですが、相手がなまけてる隙にどうにか出来ない場合、アイアントがパーティにかける負担が大きくなってしまいます。 もし脱出ボタン発動せずに状態異常など喰らえば互いになまけで1ターン消費、動けるターンに残るのは状態異常になったなまけと、無傷のなまけです。 相手は入れ替える可能性が高いですが、こちらも状態異常で居座りずらい。 そうなるくらいなら、ラムの実で状態異常対策して、最悪でも痛みわけにすれば、有利な相手に出て行くのですから互いになまけでこちらが不利になることはないのでは? と思います。 なまけの使い方が面白いのですが、状態異常の危険度が目立つので 殴ってくるとは限らない)評価は4点入れておきます。 無償で全積みして身代わり残せば全抜きは堅いです。 ただ、相手が攻撃してこない可能性があるのは確かですね。 それでも、相手をなまけ状態にはできるので、 影踏み持ちに交代してしまえばいいです。 相手も交代する危険はあるでしょうけども。 はりきりアイアントの決定力も馬鹿にならんので、 相手が型を見破れるかどうかがポイントでしょうね。 初見殺しの戦法といった感じ。 身内戦などで、両方の型を作ってだまし討ちに使ったり、 Wifi大会にシャンデラと組んで参加して適当に暴れたりと。 まあ、コンスタントに勝率を稼ぐには向いてないとは思います。 なまけは交代することは可能ですよ。 ケッキングでギガインパクトうってるせいか勘違いしてたみたいです。 だとすると影ふみを絡めないとなおのこと運用が難しいかもしれませんね。 なまけ持ち自身がスキルスワップ使えたらいいのに。 ってそれは鬼すぎるか。 私もその危険性があることはわかっていたのですが、 考えがまとまらず、まとまるまでは書くのは控えておりました。 少し対策? を考えたのでご意見をお願いします。 1、基本一番手は、素早い ex. サンダース ・補助要因 ex. エアームド ・安定さ重視 ex. メタグロス? ・天気始動要因 ex. カバルドン といったように、攻撃の傾向は比較的低いと思われます 私観ですが。 なので、初ターンをアイアント以外のポケモンに一任させ、 相手アタッカーが出た頃に、「なまけ」アイアントと交代させます。 一番手は素早さ・補助要因の駆除が得意で無償降臨を呼びやすいポケモンがいいかと思われます。 また、こちらのパーティーは全体主義的な組み合わせになりやすいです。 ダブルバトルではシャンデラ・ゴチルゼルなどと使えるかもしれません 3、ラムのみを持たせる。 AS振りの死に出し型になります やはり基本的には他力本願ですし、勝率はタイマン強いはりきり型がいるよりは劣るかもしれません^^; 自分でも混乱してきましたがコメントお願いします。 ただ・・・新ポケの夢特性は解禁いつになるのやらw(まだ本来は入手できないですよね?) 正攻法で入手できるようになるまで議論だけなのがもったいないです。 あと、バトンタッチの意味はなんですか?上の方でかいてあったんですが、相性が悪くても先制を取れるなら、「バトンタッチ」でさようならノシ 普通な交代でいいんじゃないですか?貴重な技スぺ削ってしかも遺伝してまで覚えさせる意味はなんですか?お願いします。 古い育成論に対してのコメントを禁止する規定はない、と書かれています。 あなたの注意は筋違いですね。

次の