うっかり 類語。 仕事でケアレスミスをなくすたった2つの方法

うっかりの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

うっかり 類語

「失念」の意味 まず「失念」の意味と言葉の成り立ち味を紹介しましょう。 「失念」の意味は「うっかり忘れる」 「失念」の意味は「うっかり物事を忘れること」「物忘れをすること」「度忘れをしてしまうこと」です。 「財布を家に忘れた」「カバンを置き忘れた」などの「忘れる」の意味ではありません。 「失念」は「本当はわっかっているのですが、うっかり頭から離れてしまいました」というようなニュアンスを持ち合わせている言葉であるため、「故意に忘れた」「意識にも残っていない」というような無関心で無礼な印象を与えることも少ないでしょう。 「失念」は自分の「うっかり」に対し、相手に丁寧な印象を与えながら伝えることができるとても便利な言葉です。 「失念」の成り立ち 「失念」の「失」は「忘恩」「忘我」「忘却」「健忘」などの言葉にも使われ、「記憶がなくなる」、「念」は「ものごとについての考えや内容」「思い」「願い」などの意味をそれぞれ持ち合わせています。 「失念」は言葉が説明するように「ものごとへの考えや思いの記憶がなくなること」を意図して成り立つ言葉です。 「失念する」の使い方と敬語表現 続いて「失念」の正しい使い方と気を付けたい点を挙げてみます。 「失念」は「忘れる」の謙譲語 「失念」は「忘れる」の敬語表現で「私」が主語となる謙譲語になります。 あくまで「私が失念しておりました」というように使つため、「失念」をする人物が必ず「私」「自分」であることを確認することが大切です。 また、第三者や目上の人に対して「失念」の敬語表現をしたい時は「部長は失念したようです」「田中さんは失念していた」などとするのは間違いです。 「部長はお忘れになったようです」「田中さんはお忘れになっていた」のように「尊敬語」を用いるようにしましょう。 「失念」は多用NG 「失念する」という言葉は「うっかり忘れること」です。 忙しいビジネスシーンでは多くの業務を一人でこなすことも稀ではなく、一度や二度の「うっかり」はあることでしょう。 しかし、この「うっかり」が日に何度もあるとどうでしょうか。 「本当に真剣に仕事をしているのだろうか」「私のことは後回しにされているのでは」と疑問の念を抱いてしまうことも否めません。 「信用」が最も大切なビジネスシーンでは「失念」の多用は避けましょう。 「うっかり」もほどほどにしなければ、信用が落ちてしまうかもしれません。 「失念」にはお詫びの気持ちも含まれる 「失念」は「うっかり忘れている」ことに対して「申し訳ない」「すまない」といった「お詫び」の気持ちが含まれている言葉です。 「失念しておりました」と表現することで「申し訳ありません。 うっかり忘れておりました。 お許しください」というニュアンスを運んでくれる表現でもあるのです。 「業務が立て込んでおり、メールの返信を忘れておりました」「業務が立て込んでおり、メールの返信を失念しておりました」では、相手に伝わる「お詫び」の度合いが変ってきます。 「失念」を使ったビジネス例文 「失念」を使ったビジネス例文を挙げてみましょう。 「失念する」• 営業日誌の提出を何度も失念することは、もはや許されないだろう。 部長との個人面談の時間を失念することのないよう、机にメモをはっておこう。 「失念しておりました」• ミーティングが長引いたせいか、メールの返信を失念しておりました。 顧客への来訪時間を、失念しておりました。 「失念いたしました」• 申し訳ございません。 不幸にもログインへのパスワードを失念いたしました。 お約束の入金を失念いたしましたこと、心よりお詫び申し上げます。 「失念」の類語と反対語は? それでは「失念」の類語と反対語についてみましょう。 「失念」と類語「放念」の意味の違い 「失念」と似た言葉に「放念」があります。 ビジネスシーンでも「どうぞ、ご放念ください」というように使われますが、この言葉の意味は「どうぞ、心に留めず気にしないでください」「どうぞ、忘れてください」です。 やりとりをしている相手に対し「ご放念ください」を用いることで、「こちらは忘れていただいて構いません」という意図を丁寧な表現を持って伝えることができます。 「状況や内容が変わりました。 どうぞ、ご放念ください」「こちらの勘違いでございました。 申し訳ありませんが、ご放念下されば幸いです。 」などのように表現すれば、相手への敬意もしっかり表すことができるでしょう。 「失念」のその他の類語は「取り忘れる」「面忘れ」 「失念」で「ものごをうっかり忘れる」という意義での類語には「取り忘れる」「面忘れ」「打ち忘れる」、「覚えていることが困難である」という意義の類語には「忘失」「忘却」「廃忘」などがあります。 顧客との商談が難航し、部長への連絡を面忘れしてしまった。 同僚の業務も抱えることになったため、ものごとに対して忘失することが増えた。 「失念」の反対語は「記憶」「留意」 「失念」の反対語にあたるのは「記憶をする」「心に留めておく」という意味の「記憶」「留意」などです。 ビジネスシーンでも「どうぞ、ご留意下さいますようお願い申し上げます」などのように用います。 「失念」の英語で表現すると? 最後に「失念」の英語表現についてみてみましょう。 「失念」は英語で「I made a mistake」 「忘れる」は「forget」ですが、ビジネスシーンで「I forgot to do this(するのを忘れた)」と表現すると、相手にやや「無責任」なニュアンスを与えてしまいます。 そのため、代わる言葉として使いたいのが「I made a mistake」です。 「失念」を使ったビジネス英文• I am sorry, I made a mistake about the time to meet you up today. 申し訳ありません。 待ち合わせの時間を失念しておりました。 I am terribly sorry. 業務が忙しくて、いろいろ失念することが多くなったよ。 本当に申し訳ない。 まとめ 「失念」は「うっかり忘れる」「度忘れする」「物忘れをする」という意味があり、敬語表現である謙譲語として使われます。 しかし、「失念」を使い過ぎてしいまうと、相手への信用に欠けてしまうことがあるため、多用は避けるようにすることが大切です。 言葉の力を信じて快活なコミュニケーションを始めることができれば、自分流にビジネスライフを楽しむことも夢ではありません。 さあ、ボキャブラリーの量を増やしてビジネスチャンスを良好に築いていきましょう。

次の

正しく使えている?「勘違い」の意味や類語、英語表現を解説!

うっかり 類語

仕事における単純なケアレスミスをなくす方法を考える前に、ケアレスミスとなる原因を探しましょう。 ケアレスミスとなる原因の中には、メールのタイピングミス、仕事に必要な備品の忘れ物、単純な伝達ミスなどあります。 これらが原因で起こるケアレスミスは、いつ起こるかは解りません。 笑って許されるうっかりミスなら良いですが、それが重大なミスを呼んでしまうかもしれません。 こうしたうっかりミスが起きてしまうのは、何が原因なのでしょうか。 ケアレスミスをなくす方法を見る前に、まずはその原因を知りましょう。 ケアレスミスの原因は複数案件の同時進行が多数 仕事でのケアレスミスの原因は「うっかり」という心の油断から起きてしまうケースがほとんどです。 普通にしていれば何なくできる事なのに、あれこれ自分で仕事を抱えていることが原因で、うっかりミスになるのです。 そうしたミスが起きる原因の一番は、やはり「仕事量」ですよね。 仕事の案件をあまり多く抱えすぎるのもミスが増える原因ですので、仕事量を少なくすることも考えましょう。 そうすれば、うっかりミスも見落とすことが減るでしょう。 仕事でケアレスミスをしてしまう人の特徴とは? 仕事のケアレスミスは笑って許されるミスもあるかもしれません。 が、ケアレスミスをなくすことなく、小さなミスが積み重なってしまうと「またアイツか!」と言われるようになってしまいます。 結果的にケアレスミスが原因となって信頼を失ってしまうかもしれません。 うっかりケアレスミスをしてしまう人には、どのような特徴があるのでしょうか。 上司からの指示などを後周しにする人は、結果的にそれを忘れてしまう場合が多く見られます。 ケアレスミスをなくすためには、効率を重視するのも確かに大事な事ですが、言われた事は、できる事からサクサク片付けた方が良いケースもあるという事です。 例えば、朝の時間にギリギリの時間まで寝ているなど、忘れ物や寝過ごしなどのケアレスミスをしやすいです。 時間の余裕、心の余裕があるほど、ケアレスミスは少なくなるものです。 ケアレスミスをなくすためにも、日頃から余裕を持つよう心がけましょう。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がケアレスミスをなくす結果につながります。 まだあった!ケアレスミスを犯す人の典型的な5つの特徴! 上記以外の特徴にも、ケアレスミスをする人の典型的特徴があります。 仕事でケアレスミスをなくす方法は? ケアレスミスをしてしまう人の特徴について見ていきました。 それでは最後に、仕事でケアレスミスをなくす方法について見ていきます。 これを参考に、仕事でよくケアレスミスをしてしまう人などはなくすように行動していきましょう。 ケアレスミスをなくすことで、指摘を受ける回数も減り、仕事の評価も上がりますよ。 例えばクライアントにメールを送る時には、タイピングミスが無いかどうかをチェックすると思いますが、それと一緒です。 確認することで、ケアレスミスをなくしていきましょう。 細かくメモを取る、声に出して再確認をする。 基本的な事ですが、そういう事がミスをなくす方法につながります。 社会人としてやってはいけないのは、同じケアレスミスを二度以上繰り返す事です。 それを防ぐ為には、一度してしまったミスを覚えておく事です。 また、ケアレスミスをなくすためには、何かのメモなどに書き留めておくのが効果的でしょう。 もちろん、他の人がしたミスを書き留めておくのもケアレスミスをなくすためには効果的です。 このうっかりミスをなくす方法も、いろいろな場面で応用してみてください。 気にしすぎないことが大事!万一ケアレスミスをした場合は事後対処を ケアレスミスをすると、その分だけ信頼が下がってしまいます。 スピード重視のタイプ、正確さ重視のタイプ、バランス型のタイプ。 自分に求められている仕事のスタイルは何なのかを把握する事も非常に大切です。 ケアレスミスはしないに越した事はありませんので、うっかりミスをなくす方法を知る事は大切です。 しかし、ケアレスミスが起きてしまう事はあります。 そうした時には、その後の対応もしっかりする事が大切だと覚えておきましょう。 仕事でのうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法は「マメな再確認」と「メモを工夫する」の2点! 仕事における単純なうっかりミス・ケアレスミスをなくす方法を見ていきましたが、いかがでしょうか。 ケアレスミスが発生するのには、いくつかの原因がありますが、それを引き起こす人にも共通の特徴があることが分かりました。 ケアレスミスをしてしまうと周りに迷惑がかかってしまいますし、上司からため息がもれてしまいますのでなくす努力をしていきましょう。 またケアレスミスをなくすには、日常から時間や気持ちに余裕を持つ事が大切になってきます。 確認とメモの2点に注意して仕事を進めましょう。

次の

「うっかり」の語源ってなに?

うっかり 類語

「失念しておりました」の失念という敬語は、ビジネスシーンで使われることが多いです。 主にミスをしたときに使う敬語なので、覚えておきましょう。 もちろん、ミスをしない事が一番ではありますが、仕事をするうえではなかなかミスは避けられないもの。 万が一ミスをしてしまった時に備えて「失念する」の意味を知っておくと便利です。 それでは、失念の意味をお教えしますので確認していきましょう。 失念の意味は「物忘れ・気づきを失った心」 失念とは、「物忘れ・気づきを失った心」のことを指すと言われています。 また一説によると、仏法の理論や言葉を忘れる、あるいは心を散乱させてしまうといった意味も持っているとの事。 ビジネスシーンでこちらを使用する時には「うっかり忘れていました=失念しておりました」といった風に使います。 意味を知ったら正しい使い方もマスターしよう 前述したように、失念とは物忘れ・気づきを失った心という意味についてはおわかりいただけましたでしょうか?失念の意味を理解したうえで、次に正しい使い方をマスターしましょう。 仕事をしていたら、取引先や顧客、上司に対してどうしても使わざるを得ない場面が出てきますので、意味だけでなく使い方までおさえておくのは必須のビジネススキルと言えますよ。 使い方は「何かを忘れた・失った時」に用いるのが正しい では、失念という言葉はどんな場合に、どのような形で用いられるのでしょうか。 以下で簡単な例文を挙げてみます。 ・大事なパスワードを失念してしまい、面倒なことになった。 ・鍵を失念して、出かけられなくなった。 ・申し訳御座いません。 失念しておりました。 このように、「失念」という敬語は、何かを忘れた・失ったということを伝えるのが正しい使い方です。 フランクに「うっかりミスで」や「ど忘れしてしまい」と伝えるよりも、ビジネスの場に相応しい言い回しになりますね。 失念しておりました、は始末書や詫び状で正しく使う 「失念」は、ビジネス上で始末書や詫び状に使われる敬語です。 意味はそのまま、「うっかりしていた」「忘れていた」なので、言い訳にはならないですが、そのまま伝えるよりは丁寧に聞こえます。 ビジネスメールでは、「件名を失念しておりましたので、再送致します」では違和感があります。 正しい使い方は、「件名失念により、再送信といたします」となります。 ビジネスメールでも使用する機会は出てきますので、間違えないように気をつけましょう。 「失念する」を多用するのは避けよう ど忘れやうっかりミスの際に使うのが「失念しておりました」というフレーズだと確認しました。 この言い回しだと、同じミスでもフランクなイメージが和らぎ、しっかりと反省していることを伝えられるのは事実ですが、その使用頻度には気をつけるべきです。 たとえ「失念しておりました」という丁寧な言葉遣いであっても、何度も何度も繰り返し使っていると、軽い印象に聞こえてきます。 ですから、なるべく使用する機会を減らすために、出来る限りミスを予防してください。 それでもダメなときには、ここで紹介している「失念しておりました」というフレーズを用いましょう。 「失念しておりました」などの表現を使うメリットとは 今回は失念の意味と、その使い方について見ていますが、なぜうっかりミスやど忘れという表現ではなく「失念しておりました」などの表現が好まれるのでしょうか。 そこにはメリットがあります。 忘れてた、ではなく「失念していた」という言い回しを使う利点を見てみましょう。 失念という言葉はビジネスシーンでも通用する うっかりミスやど忘れは、誰にでも起こりうるもの。 ただし、実際にうっかりミスやど忘れをしたときにストレートに「うっかりミスをしてしまいました」や「ど忘れしてました」などと伝えるのは好ましくありません。 というのも、うっかりミスやど忘れという言葉はフランクな場で用いられる傾向が強いので、ビジネス用語としてはあまり相応しくないと感じる人がいるからです。 そんな時に、同じうっかりミスやど忘れでも「失念しておりました」という言葉に言い換えるだけでも、相手に与える印象は随分変わります。 自分の失敗に対して軽く考えておらず、謝罪の意も同時に伝わる場合もあるので、そういった点からもこの言葉遣いがおすすめですね。 正しい敬語を使うと信頼を得られやすい ビジネスの場面でも、業界や企業によってはカジュアルな服装が浸透しつつあります。 それに伴い、言葉遣いもフランクになっているかと思いきや…敬語をまったく知らなくてもいいかと言えば当然答えはNGですよね。 服装に関するマナーが少し変わっても、大事な場面ではフォーマルなを格好をするわけですから、言葉遣いについてもやはり基本マナーをおさえるべきです。 敬語の使い方には、大まかに見ると尊敬語や謙譲語の使い分けなどの基本的なルールがありますが、そういった基本ルールを守れないと相手に不快感や不安感を与えてしまう場合があります。 逆に敬語を正しく使えば、相手に安心と信頼を与える事ができると言えます。 ですから、どの業界・企業に勤めるにしても、あるいは自営業をするにしても、敬語表現を積極的に身につけましょう。 正しい敬語の使い方の習得方法について 「失念する」などの謙譲語や、その他の敬語を正しく使うためには、ある程度勉強が必要です。 テキストなどを使って時々自主勉強をしましょう。 敬語というのは仕事をするうえで欠かせないツールです。 これを機に、失念という言葉以外にも正しい敬語表現についての理解を深められるといいですね。 本を購入して勉強しよう 敬語の正しい使い方は、本を購入して知識を再認識することです。 敬語の使い方は、誰かに聞いて覚えるものではありません。 敬語はなんとなく使っていますが、「謙譲語」や、「尊敬語」などの種類や使い方が沢山あるので、シーンに合わせて使い分ける必要があります。 間違えのないように使うには、自ら勉強するのが一番身に付くでしょう。 「失念しており…」などの表現を社内で積極的に使う 敬語を身につけるもう一つの方法は、ミスをしてもどうにかカバーできる状況で試しに使ってみることです。 その方法に最も適した場所が、自分が働いている社内です。 敬語表現は自分で勉強すると同時に、使わないとなかなか身につかないものです。 とは言え、はじめはどうしても緊張してしまったり誤った使い方をしてしまうもの。 それが、社内であれば緊張も和らぎ、失敗した場合もアフターリカバリーが可能です。 同僚に対して過度の敬語を使うのは違和感を覚えるかもしれませんが、上司や先輩に対して使う分には問題ないでしょう。 そのうえ、もし間違った場合でも修正・修復が可能ですから、実戦の場として適切でしょう。 ただし、上司や先輩に対してであっても、誤った言葉遣いばかりするのは避けたいものです。 必ず一通り調べ、勉強してから実践にうつしましょうね。 失念とは「うっかり忘れる・失う」という意味の言葉!勉強をして正しい敬語の使い方をしよう! 「失念しておりました」における失念とは何か、その意味と敬語の正しい使い方について見てきましたが、いかがでしょうか。 失念の意味から、うっかりしていた様子が伺えます。 ビジネス上では決して良い意味ではありませんが、そのまま伝えるよりは、丁寧でしょう。 ビジネス上ではよく「失念しておりました」という風に使われますが、しっかりと「失念する」の意味を理解して使いましょう。 また、敬語の正しい使い方は非常に難しく、なんとなく話している方が多いと思います。 正しい敬語を話すには、積極的に「失念しており」などの表現を用いて、自ら勉強することが重要です。

次の