溶岩 チューブ - ハワイ火山国立公園の溶岩トンネル(ラバチューブ)が3月26日より再開!「自然・名所」のコラム|allhawaiiオールハワイ

チューブ 溶岩 溶岩チューブ、アイスランド火山探査

ニュースのことば:溶岩チューブ

チューブ 溶岩 月に“宝の洞窟”が!? 無限の可能性を秘めた地下に続く「スカイライト(天窓)」(本がすき。)

チューブ 溶岩 自宅庭で「溶岩チューブ」に落ち死亡 米→こ、怖すぎる…。

チューブ 溶岩 月に“宝の洞窟”が!? 無限の可能性を秘めた地下に続く「スカイライト(天窓)」

チューブ 溶岩 溶岩チューブ、アイスランド火山探査

チューブ 溶岩 ニュースのことば:溶岩チューブ

チューブ 溶岩 ニュースのことば:溶岩チューブ

チューブ 溶岩 自宅庭で「溶岩チューブ」に落ち死亡 米→こ、怖すぎる…。

月探査機「かぐや」、月に巨大な地下空洞を発見

チューブ 溶岩 ニュースのことば:溶岩チューブ

チューブ 溶岩 ニュースのことば:溶岩チューブ

ハワイ火山国立公園の溶岩トンネル(ラバチューブ)が3月26日より再開!「自然・名所」のコラム|allhawaiiオールハワイ

火山活動で発生した溶岩が地面を流れていくと、次第に表面が冷えて固まっていく。

  • そして火山活動が終わると、中を流れた溶岩が抜けきって、固まった表面を天井とする空洞ができる。

  • となると、月は、もしかしたら水などのガス成分が多かったということになります。

  • これが溶岩チューブである。

ニュースのことば:溶岩チューブ

すなわち、これは単なる孔ではなく、もともとあった地下空洞の上に隕石がぶつかるなどして、天井部分が崩落し、その結果現れたもの、と考えられたのである。

  • となると、月は、もしかしたら水などのガス成分が多かったということになります。

  • さらに縦孔が見つかったのは、マリウス丘の西側斜面に存在する、溶岩の流れた痕にできる、「リル」と呼ばれる地形の中だった。

  • 溶岩 ( ようがん )トンネルともいいます。

月に“宝の洞窟”が!? 無限の可能性を秘めた地下に続く「スカイライト(天窓)」(本がすき。)

米国の月探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」が撮影した、マリウス丘の縦孔。

  • その地下空洞は、さらに科学的にも魅力あふれる所です。

  • 今回の研究結果を示した図。

  • 宇宙航空研究開発機構 JAXA は2017年10月18日、月の地下に長さ約50kmにもおよぶ巨大な空洞があることが判明したと発表した。

自宅庭で「溶岩チューブ」に落ち死亡 米→こ、怖すぎる…。

アメリカ、テキサス州にあるサザンメソジスト大学の地質学者ジェームズ・クイック氏によれば、調査チームが発見した火道は、「マグマが地表付近で水平方向に移動し、浅いマグマ溜まりを形成した過程を示す素晴らしい例」だという。

  • もともと地下空洞が存在することは理論的に予測されていたが、研究チームが日本の月探査機「」の観測データを詳しく解析した結果、この空洞がたしかに存在することをつきとめた。

  • ウェブサイト:. 月面を詳しく探査していた「かぐや」が発見したもので、その後米国などの月探査機がさらに詳しく観測した結果、これがただの孔ではなく、孔の奥にある程度の広さの地下空洞が広がっていることがわかった。

  • さらにもうひとつの決め手となったのは、米国の月探査機「グレイル」の観測結果だった。

月探査機「かぐや」、月に巨大な地下空洞を発見

月探査機「かぐや」による観測の様子 想像図。

  • この2つはマリウス丘の縦孔よりも大きく深いため、より大きな地下空洞が存在する可能性もある。

  • 警察は、男性が「地面の柔らかい部分を突き抜けて」約7メートル下に落ちたとみている。

  • 米国の月探査機「ルナ・リコネサンス・オービター」が撮影した、マリウス丘の縦孔。

月探査機「かぐや」、月に巨大な地下空洞を発見

マリウス丘の縦孔から西に約50km延びる地下空洞が確認された C JAXA 空洞の正体は、富士山周辺でも見られる「溶岩チューブ」 ではどうして、月の地下にこれほど広大な天然のトンネルが存在するのか。

  • 調査チームのアイナル・ステファンソン(Einar Stefansson)氏(左)とビョルン・オラフソン(Bjorn Olafsson)氏が見上げている。

  • また孔が現れていないだけで、他にも地下空洞が存在する場所があるかもしれない。

  • 通常のカメラでは孔があることや、その形くらいしか見えないが、この装置は電波を月に向けて出し、ぶつかって返ってきた反射波を分析することで、通常のカメラでは見えないような、地下数kmがどうなっているかを調べられるという特徴をもっていた。

自宅庭で「溶岩チューブ」に落ち死亡 米→こ、怖すぎる…。

月でも、もちろん地球でもできるもので、たとえば富士山の麓でも、こうした溶岩チューブによる空洞 風穴とも呼ばれる が多数ある。

  • そんな溶岩チューブが実際に月にあることを期待させるものが今世紀になって「セレーネ」によって発見されました。

  • Photograph by Hans Strand アイスランドのスリーヌカギガル(Thrihnukagigur)火山の大きなマグマ溜まりから火口へと伸びる溶岩チューブ、マグマ柱(2010年10月撮影)。

溶岩チューブ、アイスランド火山探査

文/藤沢緑彩. 例えば、マグマが上昇し、その後、溶岩噴出をせずに地下へ後退したようなケースです。

  • この地下空洞はそのときにできた溶岩チューブで、そしてどこかのタイミングで隕石がちょうど天井に衝突するなどして孔が開き、やがてこうして人類の目にとまることになった、というわけである。

  • 富士山 ( ふじさん )も 月 ( つき )も 玄武岩 ( げんぶがん )という 同 ( おな )じ 岩石 ( がんせき )からできているため、 月 ( つき )にも 地下 ( ちか )に 溶岩 ( ようがん )チューブがあるのではないかと 考 ( かんが )えられてきました。

  • 春山助教たちの高解像度カメラをもってして撮った画像データを何度見ても、いくら探し続けても、崩落したような形跡も、横穴も見いだすことができませんでした。




2021 cdn.snowboardermag.com