キリスト 教 教典。 キリスト教とは?どんな宗教なのかを簡単に分かりやすく解説します!

キリスト教教派早わかり

キリスト 教 教典

キリスト教は、イスラム教やヒンドゥー教、仏教と並んで、世界でも信者数の多い宗教の1つです。 現在のキリスト教徒数は24億人以上と言われており、世界人口の33%を占めています。 世界最多です。 時代を経るにつれて、キリスト教内で宗派も増えていきました。 宗派が増えても、基本的には唯一の教典「聖書」をよりどころとしています。 仏教は、宗派ごとに経典がそれぞれ異なりますので、ここはキリスト教との大きな違いですね。 聖書は、 旧約聖書と 新約聖書の2種があり、これを1つに合わせて「聖書」とします。 聖書の信仰によって人は救われる、というおしえがキリスト教です。 そして、隣人愛もキリスト教の特徴ですね。 救いの約束、神と人々との契りなどが書かれている。 ユダヤ教の聖典でもある。 ユダヤ教の人々にとってはこれが唯一の教典であり、旧約聖書のみを「聖書」と呼んでいる。 イエス誕生後に新たに更新された神と人々との契りと捉えられている。 キリスト教がたどった歴史 キリスト(Christ)とは、救世主を指します。 キリスト教においては、ナザレのイエスが救世主であります。 「イエス・キリスト」と呼ぶ、その呼び名からは、イエスこそがキリストであるという信仰のメッセージが感じ取れます。 ナザレとは、イスラエルの都市であり北部地区の中心地。 イエスという名は当時、めずらしくなく、苗字をつける風習もなかったようです。 その人の出身地を含めて名を呼ぶことが一般的だったようですね。 イエスが起こした宗教運動とは、当初はユダヤ教の分派でした。 イエスの死後は、弟子たちの熱心な宣教活動により、イエスこそが救世主であるとするキリスト教として(ユダヤ教とは別の宗教として)信者を集めていきました。 4世紀 ローマ帝国の国教となる キリスト教がローマ帝国に浸透した当時、キリスト教は厳しく弾圧されましたが、次第に認められ、さらには国教とまでなりました。 それまでの伝統的なローマの神々や、ミトラ教の太陽神信仰が禁止される。 この頃に、ローマ・カトリックの特徴である「教皇(法王)」を頂点としたピラミッド型の組織ができあがります。 そしてローマ帝国はもともと、主に多神教の宗教を信じる国家であり、偶像崇拝も行なっていた歴史がありました。 そのため、キリスト教がローマ帝国の国教となった後も、神だけでなくイエスやマリアなどの像や絵に積極的に祈る風潮も生まれました。 多くのカトリックの十字架に見られる、イエスが磔(はりつけ)られている像からも、それが伺えます。 11世紀 東西教会の分裂 この頃から次第に、東西両教会の交流が減りはじめました。 数百年が過ぎる間に、 教会組織のあり方の違い、権利をめぐる争いなどから、キリスト教史上最大規模でもある東西教会の分裂が生まれました。 これは現在までも続いているようです。 1965年には、当時の代表が互いを認め赦免し合うことを合意。 2016年には東西教会それぞれのトップが会談をキューバで開催したようです。 ようやく、キリスト教史上初の、東西教会の統一へ向けた和解の1歩が、踏み出されたと言われています。 16世紀 宗教改革と細分化 キリスト教という土台の上に建てられた教会制度や教えは、時代を経るごとに、そして世界中に広がるにつれて宗派が分かれてきます。 ローマ・カトリックに抗議するものとして、プロテスタントが生まれました。 プロテスタントは、その中で更に多くの教派に分かれていきます。 正教会は、ギリシャ正教会、ロシア正教会、ルーマニア正教会、ブルガリア正教会、グルジア正教会など、国や地域名を名前の頭につけています。 世界最多の信者数を持つキリスト教の宗派 キリスト教には、大きく分けて カトリック、 プロテスタント、 正教会、 東方諸教会の宗派があります。 カトリック(約51%)、プロテスタント(約22%)、正教会(約11%)の3つの宗派で、世界のキリスト教信者の80%以上が占められています。 ローマ・カトリック キリスト教最大の宗派です。 南ヨーロッパや南米で特に多い宗派です。 ローマ教皇がトップであり精神的な指導者でもあります。 バチカン市国に拠点があり、教会の儀式、伝統、風習にも信仰を持ちます。 (マリア崇拝、マリアの無原罪懐胎説、聖人崇拝、煉獄説など) マザーテレサも、カトリック信者の1人でした。 教会の特徴としては、伝統的で豪華な装飾が多く、バロックやロマネスク、ゴシック様式などの高い芸術性が見られます。 プロテスタント 宗教改革によってローマ・カトリックから分裂しました。 西ヨーロッパや北米で優勢です。 原始キリスト教の回復を目指す諸グループ、その一連の運動の総称がプロテスタントであり、組織ではありません。 聖書に重きを置いた信仰を持ちます。 ローマ教皇のような人物は存在せず、聖職者としては牧師がいます。 アメリカ合衆国の歴代の大統領は、1名を除いてあとは全員がプロテスタントです。 教会の特徴としては、シンプルで実用的。 装飾は控えめです。 正教会 もっとも古い歴史があります。 東南ヨーロッパやロシア(旧ソ連)に拠点を持っています。 ローマ法王を認めておらず、ローマ・カトリックのような教職の独身は要求しません。 そして現代でも、禁食(斎 ものいみ)を行なっています。 教会の特徴としては、偶像崇拝は好まないため、絵画や壁にキリストやマリア、聖人の姿が描かれています。 それらは イコン、イコノスタシスと呼ばれます。 さいごに いかがでしたでしょうか? 以上、キリスト教の歴史や宗派の一部を、簡単に説明いたしました。 宗教とは歴史も奥も、本当に深いですね。 何を信じるのか、何を自分自身の心のよりどころとするのかは、人間1人1人に与えられた自由な権利であります。 そして人生をよりよく生きるためにも、これらは常に、自分自身に問い続ける必要があります。 時には信じる対象が変わることもあるでしょうし、変化を受け入れる勇気を試されることもあります。 人生という長い道のりで、本当に知るべき道から外れることの無いように、捉え方や考え方を白と黒の2つに分けるよりは「 ちがい」として受け止めることはとても大事であります。 それができた時とは、世界の広がりが更に感じられる瞬間でもあるのではないかと、わたしは考えます。 ・・・とは言いますが、人間である以上、どうしても納得できないこと、もどかしいこと、怒りを感じる出来事は、やはりわたしにもあります。 感情に振り回されると、相手の意見を受け流すことさえむずかしい時も、正直あります。 それとひとつひとつ向き合うことが、実は大切なのだと日々、気づかされております。 鏡の法則でも聞いたことがありますが、相手の認めたくない言動こそが、本当は自分自身が在りたい姿。 そんな自分を受け入れた時にこそ、別の世界が表れるのだそうです。 世界の広がりを知るということは、自由度や選択の幅が広がること。 そしてこの宇宙においては、全てを知った上で包み込んでこそ、ひとつになれるのであります。 宗教とは、人間に何をもたらしてくれるものであったのでしょうか。 じっくりと考えてみたいと思います。

次の

教典(きょうてん)とは

キリスト 教 教典

曹洞宗の住職で、元キリスト教徒(プロテスタント)のドイツ人、ネルケ無方という方がその著書「日本人に『宗教』は要らない」の中で、「日本人は宗教に無関心である。 これは事実だ。 日本人は無宗教である。 これは事実に反する。 」と述べておられます。 しかし、私は逆に「日本人は宗教に無関心である。 これは事実ではない。 日本人は無宗教である。 これは事実である。 」と思いますが、皆さんはどう思いますか。 ネルケ氏はこう続けています。 「無宗教」と書いた妻 12年前、私は日本人女性と結婚した。 母国ドイツにも入籍の登録をするため、私は妻と一緒に大阪のドイツ領事館へ行った。 ドイツの婚姻登記簿には宗教の記入欄がある。 夫婦ともに、どの宗教を信じているかを記入しなくてはならなかった。 私は曹洞宗の住職だから、当然「仏教」と書いた。 しかし驚くことに、私の妻は何の抵抗もなく「無宗教」と書いたのだ。 坊主の妻が、無宗教!確かに、私はそれまで、妻とそういった話をしたことがなかったが・・・・・・。 仏教を否定しているわけではない このように私の妻を含め、日本人は特定の宗教を信仰しているという意識が希薄だ。 ただし、無宗教だからといって、妻は仏教を否定しているわけではない。 妻はお盆やお彼岸には祖母の墓参りをするし、私と一緒に寺に住んでいる。 日本人は「無宗教」ではないと言うネルケ氏 私が日本にやってきて20年以上の月日が流れた。 私が初来日したころから、日本人の宗教に関する意識はあまり変わっていない。 しかし、私の日本人に対する意識は変わった。 日本人は決して無宗教ではない。 日本人は、外国からの様々な物事を受け入れ、カスタマイズし、生活全般に反映している。 宗教も同様である。 日本人は「非常に寛容な宗教心」を持っているのだ。 私はそう思うようになった。 (「日本人に『宗教』は要らない」からの引用は以上です。 ) 「無宗教」の積極的な意義 しかし、島田裕巳氏はその著書「無宗教こそ日本人の宗教である」の中で、「無宗教」には積極的な意義があるとして、このように記しています。 宗教の世界観は強固で、それを信奉する人間の考え方や見方を縛ってしまうところがある。 そうなると、自由な発想は妨げられる。 また、異質なものを受け入れることを難しくしていく。 あるいは、好奇心の発動を妨げたりもする。 選択肢が狭まることで、世界も狭くなる。 私たちが本当の自由を確保していくためには、特定の宗教を信仰し、それ以外を認めなくなるのではなく、無宗教の立場に立って、あらゆる宗教を排除しない方向に踏み出していく必要があるのではないだろうか。 (島田裕巳著「無宗教こそ日本人の宗教である」からの引用は以上です。 ) 「無宗教」を志向する日本人 島田氏も指摘しているように、日本人は宗教に関心がないのではなく、あえて特定の宗教を信仰しない「無宗教」を選びとっている(それは無意識かもしれませんが)のではないかと私は思います。 それが日本人の宗教観であり、それは神様を中心とした生き方だと言うこともできるのではないかと思っています。 (日本人はそれも意識していないと思いますが。 ) 聖書を読みましょう それでは今日も聖書の続きを読みましょう。 聖書は神様を中心にして生きようとしたユダヤ人の記録であり、実は私たち日本人の宗教観に深い関係があると思います。 キリスト教の教典としてではなく、神様を中心にして生きるために聖書を読んでみていただきたいと思います。 新約聖書 マタイの福音書 9章18~26節 イエスがこれらのことを話しておられると、見よ、ひとりの会堂管理者が来て、ひれ伏して言った。 「私の娘がいま死にました。 でも、おいでくださって、娘の上に御手(みて)を置いてやってください。 そうすれば娘は生き返ります。 」 イエスが立って彼について行かれると、弟子たちもついて行った。 すると、見よ。 十二年の間長血をわずらっている女が、イエスのうしろに来て、その着物のふさにさわった。 「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」と心のうちで考えていたからである。 イエスは、振り向いて彼女を見て言われた。 「娘よ。 しっかりしなさい。 あなたの信仰があなたを直したのです。 」すると、女はその時から全く直った。 イエスはその管理者の家に来られて、笛吹く者たちや騒いでいる群衆を見て、言われた。 「あちらに行きなさい。 その子は死んだのではない。 眠っているのです。 」すると、彼らはイエスをあざ笑った。 イエスは群衆を外に出してから、うちにお入りになり、少女の手を取られた。 すると少女は起き上がった。 このうわさはその地方全体に広まった。 死んだ少女が生き返った 死んだ少女が生き返ったり、長血をわずらっていた女が直ったり、本当にこのようなことがあったのでしょうか。 もちろん、確かめる術はありません。 しかし、命は確かに神様の支配の下に置かれていると私は思います。 先ほどまで息をしていた人が、最後の息を引き取る。 それは大変不思議なことだと思います。 ほんの一瞬前、息をしていた時と何が変わったのでしょうか。 命がその肉体を離れた瞬間だと思います。 それを支配しているのは確かに神様ではないか。 もちろん、証明することも出来ませんが、私はそのように思います。 そうであれば、神様はその命を肉体に戻すことも出来るのではないでしょうか。 それどころか、神様は無から命そのものを造り出すことも出来ると思います。 その神様の力が神様から特別に油注がれた(メシヤ、キリストという意味)イエスを通して働いたとしても不思議ではないのではないかと私は思います。 神様に希望を置く「信仰」 この会堂管理者はイエスが来て、手を置けば娘は生き返ると思っていました。 また、この長血をわずらっていた女はイエスの着物に触れれば直ると思っていました。 イエスはそれを「信仰」と呼んでいます。 「信仰」には色々な意味があると思います。 自己中心を退けて、神様の思いや願いを中心にして生きることも信仰だと思いますが、人間には不可能なことでも神様には出来る。 それもまた神様を中心にした生き方であり、「信仰」だと思います。 日本人は太古の昔から、そうやって神様に希望を置いて生きて来たのだと思います。 日本人にとって、それは何か特定の宗教を信仰することではなかったのだと思います。 いかがでしたか では、宗教ではなく、神様を中心にして生きる幸いを多くの人に知っていただくために、(1部10円。 100部以上で送料無料。 )を作成しました。 ぜひ、お知り合いの方にお渡しください。 ご協力をよろしくお願いします。 参考になりましたら、「いいね!」でお知らせください。 また、シェアのご協力もよろしくお願いします。 今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。 入場無料、予約不要です。 ぜひお出で下さい。 詳しくはホームページのインフォメーションをご覧ください。 検索: 検索 固定ページ• 最近の投稿• 2020年6月29日• 2020年6月26日• 2020年6月25日• 2020年6月23日• 2020年6月22日• 2020年6月19日• 2020年6月18日• 2020年6月16日• 2020年6月15日• 2020年6月12日• 2020年6月11日• 2020年6月9日• 2020年6月8日• 2020年6月5日• 2020年6月4日 カテゴリー• アーカイブ•

次の

キリスト教教派早わかり

キリスト 教 教典

詳細は「」を参照 ユダヤ教において、聖書とは、までに書かれたおよびの文書群。 と呼ばれる文書()を核に、預言書(神からの啓示であるの記述)および歴史書、諸書と呼ばれる詩やを加えたものをさす。 キリスト教でいうと内容は同一であるが書簡の並び順は異なる。 紀元前4世紀ごろには、この文書群が、「聖書」つまり統一された1つのとして認識されるようになった。 現存する最古のは紀元前1世紀頃書かれたとされるに含まれている。 紀元前4世紀頃から、訳が作られるようになった。 有名なものにで編纂されたがある。 現在、とされるものの範囲は1世紀末ので確定された。 正典とされる書物の範囲は本来慣習により多くは固定されていなかったが、崩壊ののち、のに対する民族的、宗教的結束を図る動きがあり、ヘブライ語・アラム語(アラマイ語)の原典の存在が知られていたもののみを聖書正典と定めた。 から除外されたものを、・と呼ぶ。 16世紀に諸派が、このときユダヤ教が聖典としていた文書群の範囲を採用しキリスト教にとっての旧約聖書であるとしている。 キリスト教 [ ] または 詳細はを参照 、、、 詳細は「」、「」、「」、「」、および「」を参照 聖書はの聖典であり(ただし位置付けはにより異なる、詳細)、 Old Testament と New Testament からなる。 キリスト教では、以前の預言者と神の契約を旧約と言い、キリスト以降のキリストの言葉や奇蹟を弟子たちがキリストの死後書いたものを新約聖書と称している。 「旧約」「新約」の「約」とは、とののことで、頃からキリスト教徒の間で呼ばれ始めた。 「『新約』はユダヤ教での神との契約を反古にして、神と新たに契約したということであり、旧約聖書は教典の役割を果たさないものである」と捉えるのは誤りであり、例えば新約聖書の一節「天と地が消え失せるまで、すべてが成し遂げられるまでは、律法からも消えることは無い」 5:18 に見るように、キリスト教においても旧約聖書は決して無視できない書であり、正典に数えられている。 一方で、旧約聖書のうち「」「」などと呼ばれる部分の捉え方は、教派により異なる。 の範囲を基本とする および は正典に数えるが、では正典から外されている(ただし「正典ではないものの、読むのは有用」とされる場合もある)。 位置付け [ ] 聖書は全てのキリスト教において聖典とされるが、その位置付け、範囲などは教派によって異なる。 ここではそれぞれの教派の主な特徴を挙げる。 「」も参照 聖公会 [ ] 旧約聖書と新約聖書には「救いに必要なすべてのことが記されている」とされる。 等とも呼ばれるアポクリファについては、旧約の民が書いた教会で使われる諸書である(正典には数えないが使う)と位置付けられる。 プロテスタント [ ] においては、「」が重要な教理と位置付けられ 、(聖書のみ、信仰のみ、恵みのみ、キリストのみ、神の栄光のみ)の一つをなしている。 ともよばれるアポクリファについては、 は「正典ではないが読むのは有用 」としたが、 正典に数えないだけでなく読む事も勧められない場合もある [ ]。 では、を旨とするやはを用いる傾向にあり、に上梓されようとしているに移行してゆくものと思われる。 同様に、のであればを用いる傾向にあるといえるが、あくまで傾向であって、逆にしてはならないきまりはない。 むしろ個別には、諸事情により傾向に添わない例もしばしば見受けられる。 ほかにもなどが用いられており、のふつうの聖書であれば、実際には訳が問題となることはさほどない。 また、翻訳の差異に対する考察を入り口にした内省も許容される傾向にある。 逆に、の訳によるは、ほぼ決して礼拝には用いられることはないが、問題となるのはプロテスタントやキリスト教会の訳といえないことよりも、本人たち以外から指摘されている重要部分の改ざんである。 東方教会 [ ] 正教会 [ ] では、聖書はのうち、書かれたものの中で最も重要なものであると位置づけられる。 聖書は聖伝の一部であり、「聖伝」という一本の柱の中に聖書は含まれていると理解される。 「正教会の聖伝を生きる人は、聖書を「自分のことが書いてある書」として読むことができる」とされ、「聖伝の中に聖書がある」ことが強調される。 また、も活発に行われ、2017年現在、聖書は全部または一部が世界3200以上のに翻訳されている。 そのなかには、訳や、訳なども含まれている。 全世界 全世界での発行部数は50億部(以上) 、60億冊 、70億冊 、80億冊、150億冊 、1815年~1998年に約3880億冊(推定) などの説がある。 2000年の1年間に世界中の聖書協会によって約6億3300万冊が配布・販売(の発表) 世界一発行されている本としてに登録されている(発行部数は資料によって食い違いがある。 日本 1874年~2004年に3億4584万1334冊が頒布(調べ) イスラム教 [ ] 詳細は「」を参照 イスラム教においても新旧約の聖書はとされる。 ただし、新約・旧約という分け方はせず、正典に含まれない書もある。 また、聖書よりもが優越すると考えられており、内容に齟齬がある場合はクルアーンの記述が優先される。 これは現行の聖書は、預言者たちに下された元の形から、ユダヤ教徒、キリスト教徒の手で歪められたとされるためである。 イスラム教においてはクルアーンは啓典を確証すると同時に現行の聖書の誤りを糾す啓示でもある。 のあいだでは聖書のうちのある章句をムハンマドの出現を予言したもの、とする解釈もなされる。 代表的なものは18章18節-19節の「イスラエルの兄弟(同胞)から立てられるモーセのような預言者」をムハンマドとする説である。 なお『』5章46節ではイエスがモーセは自分について書いている、と語ったとある。 『』3章20節以下ではが申命記の一節をひいてこれがイエスのことであると語ったという記載がある。 ただし、学者たちは人々の必要に対して出現する一連の預言者たちを指すと考えている。 他宗教における聖書 [ ] 詳細は「」を参照 イスラム教以外にも、イエスなど聖書に登場する人物や天使の存在を教義内に持つ後発宗教(など)が存在しているが、イスラム教における解釈と同様、肯定的な扱いと否定的な扱いとが同居している。 その他 [ ] イギリス・ケンブリッジの聖書研究所「ティンダルハウス」が2017年11月15日、最新版のギリシャ語新約聖書を出版した。 現存する英語の新約聖書のほとんどは、1975年版のギリシャ語本文が使われており、当時入手可能だった写本を編さんしたものが底本になっている。 しかし、ティンダルハウスによる最新版のギリシャ語新約聖書では、1975年以降に発見された複数の古代写本の断片も取り入れられている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 、『イスラム教入門』、、• 聖書に相当するものであり、現在読まれているものとは異なる。 で、旧約聖書に収められているは「タウラー」、は「ザブール」、新約聖書に収められているは「インジール」と呼ばれる。 ただし、クルアーンが優越すると考えられており、内容に𪗱𪘚がある場合はクルアーンの記述が優先される• 2018年8月2日閲覧。 の出典:• の出典:• の出典:• の出典:、• (2002年)『カトリック教会のカテキズム』30頁、• 『カトリック大辞典 III』(798頁「トリエント公会議」、編纂、冨山房、昭和42年第七刷)• 『日本聖公会 祈祷書』教会問答7番、260頁、管区事務所、1991年6月20日、第1版• 『』びぶりや書房(現)、。 『ギネス世界記録2004(日本語版)』クレア・フォルカード(編)、ポプラ社、2004年、165頁。 『ギネス世界記録2015(日本語版)』クレイグ・グレンディ(編)、角川アスキー総合研究所、2014年、172頁。 ラッセル・アッシュ『世界なんでもトップテン』日本語版(三省堂、)、p. (プレゼンテーションファイル)• 日本語版1999年度版• 2005年7月22日号• フランシスコ会聖書研究所『聖書 原文校訂による口語訳』403ページの注• 参考文献 [ ]• 鈴木範久『聖書の日本語 翻訳の歴史』岩波書店、2006年2月。 橋本 功・八木橋宏勇『聖書と比喩 : メタファで旧約聖書の世界を知る』慶應義塾大学出版会、2011年1月。 『死ぬまでに一度は読んでおきたい聖書入門』かんき出版、2011年12月。。 関連項目 [ ]• 聖書校訂版• ヒエロニムス訳• 活版印刷で、歴史に残る、価値のある物。 カトリック教会の伝統的な英語訳聖書• ギリシャ語公認本文• 校訂版• ドイツ語• - 聖書ダコ(Bible Bump)とも呼ばれる。 外部リンク [ ] ウィキソースに の日本語訳があります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 :新約聖書の日本語訳が読める。 - の。 翻訳、1954年• 翻訳、1955年• - (2015年9月22日アーカイブ分)•

次の