いつの間にかライバルみたい 曲。 JTのCM「姉妹を想う」編の女性歌手はテア!顔写真プロフィールは?|暮らしの情報局

歌詞がいい友情ソングランキングTOP16|友達や仲間に贈る歌は?

いつの間にかライバルみたい 曲

テレビをつければCM、歌番組にドラマと、その姿を観ない日はない乃木坂46のメンバーたち。 現役トップアイドルとして活躍する彼女たちを捉えた4年ぶりとなるドキュメンタリー映画『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』が現在公開中だ。 本作から乃木坂メンバーの姿をチェックしていきたい。 17年にレコード大賞を受賞!テレビでも見ない日はない乃木坂46のメンバーたち [c]2019「DOCUMENTARY of 乃木坂 46」製作委員会 第一期生の中でもエースとして抜群の人気を誇り、最初期からグループを支えてきた西野七瀬。 本作は彼女の卒業をきっかけに、シングルミリオンセールスやレコード大賞受賞を果たした17年、史上初の明治神宮球場&秩父宮ラグビー場での2会場同時ライブ開催を成し遂げた18年などグループの近年の歩みを振り返り、そして今後について模索する様子を、メンバーへのインタビューを通して映し出していく。 【写真を見る】リハーサル中の和やかなメンバーの表情も!<写真10点> [c]2019「DOCUMENTARY of 乃木坂 46」製作委員会 そもそもは、2011年に秋元康のプロデュースによりAKB48の公式ライバルグループとして誕生した乃木坂46。 グループ名の「乃木坂」は、最終オーディション会場でもあった「SME乃木坂ビル」に由来し「46」は、AKB48より人数が少なくても負けないという意気込みとしてつけられた。 3万8934人の応募の中から選ばれた36名が結成メンバーとして活動を開始し、2012年にはデビュー曲「ぐるぐるカーテン」を発表。 以降、新メンバーの参加や卒業を繰り返しながら、その人気を不動のものとしてきた。 『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』以来4年ぶりとなるドキュメンタリーが公開! [c]2019「DOCUMENTARY of 乃木坂 46」製作委員会 15年にはグループ初のドキュメンタリー映画『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』 15 も公開。 現在もグループを牽引する白石麻衣、生田絵梨花のほか、当時の主力メンバーであった西野や生駒里奈、橋本奈々未にフォーカスが当てられた。 素人だったメンバーたちがアイドルに成長していく過程が捉えられ、映画ファンの間でも「今年のナンバーワン映画だ!」と話題に上がるなど、熱い反響を呼んだ。 ミュージカル女優として「ロミオ&ジュリエット」「レ・ミゼラブル」などにも出演した生田絵梨花 [c]2019「DOCUMENTARY of 乃木坂 46」製作委員会 また17年のシングル「逃げ水」で、3期生初となるWセンターを務めた与田祐希や大園桃子など、次期エースとして期待されている、これから来るであろうメンバーも粒が揃ったグループになっている。 そんないまをときめくトップアイドルたちは、どのようなことを考えながら活動しているのか…?本作でその世界の一端を覗き見してみてほしい。

次の

韓国ドラマを見ていて、いつも疑問に思うのですが…

いつの間にかライバルみたい 曲

男性歌手が歌う歌詞がいい友情ソングランキング第5位はGReeeeNの「BE FREE」です。 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」の主題歌として2008年にリリースされました。 青春時代には出会いと別れがつきものです。 心を許しあい悩みも迷いも素直に話すことができる友達との出会いを喜びしかしいつまでも一緒にいられるわけもなく別れを向き合える寂しさをどこか懐かしく聴くことができます。 QUOTE BE FREE 悲しい事は全部 置いていこう BE FREE きっと明日晴れるよ! 信じている、、、 BE FREE 流れる川は今日も 過ぎ去ってく BE FREE きっと今夜僕らは 強くなれる 引用元:歌詞ナビ 男性歌手が歌う歌詞がいい友情ソングランキング第3位は秦基博の「ひまわりの約束」です。 映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌として2014年にリリースされました。 以降さまざまな番組やCMで使われています。 悲しいことがあっても友達がそばにいてそのことを宝物にしてくれるそんなやさしさが込められています。 秦基博の優しい歌声と穏やかなメロディがそのことを聴いている私たちに伝えてくれます。 QUOTE そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて ひまわりのような まっすぐな 優しさを 温もりを 全部 これからも僕も 届けていきたい ここにある幸せに 気付いたから 引用元:歌ネット 男性歌手が歌う歌詞がいい友情ソングランキング第1位はSMAPの「ベストフレンド」です。 NHK「みんなのうた」のために1992年にリリースされました。 当時は無名だったSMAPが歌うこの歌はとても初々しく友達っていいなと素直に感じられる歌です。 ケンカをしたって嫌いになれないし離れることもないのが友達なんだとストレートに歌うこの歌詞にグッとくる人も多いのではないでしょうか。 友達だから「ごめんなさい!」を言えると教えてくれるSMAPの歌声もすっと心にしみてきますね。 QUOTE 口論(ケンカ)なんかしても ボクは本気じゃないよ やさしさなんて誰も見えないし… 分かっているよ 僕を心配 してることは…だけど… [思いをそっと つたえておくれ] Best Friend、Best Friend 大切なひと 一番身近な僕の Best Friend 引用元:歌ネット 女性歌手が歌う歌詞がいい友達に贈る友情ソングランキング第5位第1位はmiwa の「ヒカリへ」です。 フジテレビのドラマ「リッチマン、プアウーマン」の主題歌として2012年にリリースされました。 この曲の大ヒットにより「第64回NHK紅白歌合戦」に初出場しました。 恋愛ソングとしても有名な「ヒカリへ」ですが人とのつながりを壮大に描いている歌詞は男女の仲を超えた人としての関係を表しています。 友達や仲間との間にある友情は愛と同じくらい大切で愛おしいものだということをこの歌から感じることができます。 QUOTE そこに私がいないとしても いまはそっと抱きしめてあげる 運命だって引き寄せて 輝き続けたいよ 奇跡だって起こせるって信じたい 信じたい 引用元:歌ネット 友達に贈ると友情が深まるデュエット曲第3位はkiroroの「ベストフレンド」です。 NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の主題歌として2001年にリリースされました。 友達はもちろんのこと人生で数人できるかできないかという親友と一緒にデュエットしたい歌です。 親友とは困ったときに何でも助けてくれたり代わりに何かしてくれるような人ではなくただそっと見守ってくれているそんな人だということをこの曲は教えてくれます。 ただ見守っているだけなのに力強くて包まれているようなあたたかさを感じられるのが真の親友だということにこの曲を聴いた後気づくでしょう。 QUOTE あなたの笑顔に 何度助けられただろう ありがとう ありがとう Best Friend 引用元:歌ネット 友達に贈ると友情が深まるデュエット曲第1位はFUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」です。 朝日放送の第92回夏の高校野球の応援ソングとして2010年にリリースされました。 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手がミュージックビデオに出演し話題となりました。 夢をつかむために仲間とともに頑張った思い出がぎゅっと詰まった歌です。 高校野球の応援ソングだったため舞台は高校球児が主人公になっていますが青春時代にこの歌のように目標に向かって仲間や友達とがむしゃらになって頑張ったという人は多いはずです。 そんな仲間たちとデュエットすればとても盛り上がりますよ。 QUOTE 待ち焦がれていた 出逢えてよかった ありがとう この想いよ 届け 引用元:歌詞ナビ.

次の

2CELLOS、「チェロって最高の楽器だよ(笑)」

いつの間にかライバルみたい 曲

CMの魅力を語ったサスケの二人(写真左から奥山裕次、北清水雄太)• 個性的な妹と慎重な姉。 東京と地元・松山でそれぞれ美容師として働く二人。 『想うた』の第5弾は、『姉妹を想う』篇。 同シリーズでもおなじみ、村上優人(北村匠海)の恋人・二宮遙(石井杏奈)が主人公で、その妹・二宮藍(古川琴音)が登場する。 遙は地元・愛媛県松山市で働く美容師。 妹の藍は幼少期、いつも遥について歩いてマネばかりしていたが、歳を重ねるにつれて性格や趣味、価値観も全く違う存在になっていった。 2人は、たまたま同じ美容師という職業を選択するが、藍は地元を離れて東京へ。 いつも慎重で人の意見に合わせる姉の遙。 自分があって個性的な妹の藍。 遙はそんな妹にいつしか憧れを懐き、ライバル心や嫉妬も覚えるようになっていた。 同CMについて、サスケ・奥山裕次は「まず、一視聴者として感動しました」と印象を語る。 「人はみんなどこか強がって生きていたりしますが、少し勇気を出して素直になることで、物事がうまく進むことがある。 僕自身、意地を張らずに生きたいと素直に思えましたし、CMで学ぶことは少なくないと実感しました」。 同じく北清水雄太は、「CMが一つのショートムービーのようです。 歌がBGMになってない。 かと言って映像が添え物になってない。 全部が主役で、耳と目、心が全部持っていかれるCMですね」と話す。 切なくなってキュンとくる…さりげないマイナーコードの魔力• CMソングの作曲は、これまでのシリーズ同様、MONGOL800のキヨサクが担当。 作詞は、本CMのクリエイティブディレクターを務める篠原誠だ。 同CMはテレビで放送される30秒バージョン、60秒バージョンのほかに、曲を通して聴けるスペシャルムービーも存在。 まずはサスケに、印象的な楽曲全体の魅力について聞いてみた。 「通常のポップスだと、Aメロ、Bメロ、サビ、Cメロという作りが多いと思うのですが、この曲は基本的に一つのメロディの印象。 ですが、30秒CMでも使われている<いつの間にかライバルみたい>のメロディ部分だけ、メジャーだったコードがマイナーに落ちるんです。 マイナーコードは、切なさを感じさせる効果があります。 さらに、そのマイナーが<悩みなんてないと思ってた>でもう一度繰り返される。 このリフレインに、聴く人が切なくなってキュンと来る要素があるのではないでしょうか」(北清水) しかも、アレンジもとてもシンプル。 ピアノの旋律が伴奏になり、寄り添うように低くふくよかなチェロの音が響く。 これは、伝えたい歌詞やメッセージがより前に出るように考えられたアレンジだと言う。 それを中心に言葉が散りばめられていて、しかも詰め込みすぎていないから伝わるんです。 僕らも二人組で活動していますが、性格も違うし、やれることの違いもある。 この姉妹の物語は、僕らにも当てはまるなと思って観ていました」(奥山)。 「姉妹じゃなくても、どんな人にも突き刺さる歌詞ではないでしょうか。 社会で生きていく上では、どうしても人と自分を比べてしまうし、『自分なんて…』と卑下してしまうこともある。 子ども時代を思い出し、髪をカットし合う姉妹。 これまでのシリーズは、キヨサクが歌を担当していたが、本作では新進気鋭の女性ボーカリスト・thea(テア)が歌っている。 彼女との出会いについてキヨサクは、「Instagramに投稿されたMONGOL800の弾語り動画を何気なく観ていたら、不思議な引力を持つtheaさんの声に出会いました。 歌によって表情が変わる声、歌の世界観に入り込む表現力に惹きつけられました」と語っている。 このtheaの歌声が持つ優しさ、切なさ、声の持つメッセージ性には、どこかサスケに通じる部分も感じられる。 当のサスケはどう感じたのか。 theaについて、「非常に届く歌い方」と語るのは奥山。 「とても表情のある声です。 特徴があるようでない。 ないようである。 きっとご本人が自然体なんでしょう」と、そのキャラクターを分析する。 一方で北清水は、「切なくて、でも温かみのある声。 女性ボーカルには男性にはない母性や包容力があると思うのですが、それによってキヨサクさんの歌とはまた違う世界観になっているんじゃないでしょうか」と、theaならではの表現力を絶賛した。 また、北清水は、theaの歌い方にも注目。 「この曲でtheaさんは、とくに語尾を大事に歌っているんじゃないかな。 ビブラートをどれぐらい揺らすのか、揺らさないのか。 吐息の残し方などでニュアンスは変わってくるので、気を抜かずに気持ちを込めて歌っている印象があります」(北清水) 歌詞の語尾の歌い方で、印象は大きく左右する。 北清水は、シンガー・ソングライターの小田和正の例を挙げて解説する。 「小田さんの曲『たしかなこと』を例に出すとわかりやすいかもしれません。 例えば、<雨上がりの>という歌詞で、小田さんはスパッと語尾で声を止めます。 感情論に思われがちですが、これこそが実はテクニック。 そしてtheaさんもそのような技術…単純に技術じゃなくて、気持ちの関係性を保ちながら、この表現を成立させていると思います」(北清水) 感じるのは「人を励まし、癒したいという気持ち」、サスケも思わず嫉妬する完璧な布陣 なぜ、この曲に、CMに人は惹きつけられるのか。 サスケの二人は、「やはりみんな、どこかに純粋な気持ちを持っている。 だから本作のような、純粋な映像と楽曲がグッと来るのでしょう」(奥山)、「CMでも商品を出すことなく、人へのメッセージを届けている。 人を励まし、癒し、背中を押したいという気持ちをすごく感じ取れますね」(北清水)と語る。 CMが流れるのは、30秒や60秒など、ほんの短い時間。 その中で、歌で人の心を掴み、印象を残すのはとても難しいことだ。 「短い分、伝えられる言葉も少なくなる。 核となる言葉を見つけるのが、とても難しいんです。 自分だったらどうするのか、思わず考えました」と奥山。 それをこのCMで感じましたね。 僕たちもそんな音楽を作っていきたいと思いましたし、このプロジェクトにすごく関わりたくなりました(笑)。 嫉妬するほど、すべてが完璧なCMです」(北清水) 映像で描かれた姉妹は、これからどんな人生を歩んでいくのか。 そんな余韻が心地よい同CM。 今後も同シリーズでは登場人物たちの物語が描かれ、それを音楽が彩っていくのだろう。 今後の展開も楽しみだ。 (文:衣輪晋一) (外部サイト) サスケ Profile (写真左から)奥山裕次(ボーカル・ギター・ピアニカ担当)、北清水雄太(ボーカル・ギター・ピアノ・ハーモニカ担当)。 埼玉県出身。 2000年に結成され、大宮駅前のストリートライブを中心に活動を開始。 2004年にインディーズで発表した「青いベンチ」が話題になり、ロングヒットを記録した。 2009年に解散するも、2014年に再結成。 ベストアルバム『青春の声が聴こえる』が好評発売中。 (外部サイト) Sponsored by JT.

次の