南米 ゴキブリ - 【悲報】南米ゴキブリ、千葉に出現『ゴキブリ界の陽キャ』『貴重なタンパク源やぞ?』『日本のゴキよりはかわいい』

ゴキブリ 南米 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ

ゴキブリ 南米 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

南米の光るゴキブリ、有毒昆虫を擬態

ゴキブリ 南米 「南米ゴキブリ」報道写真にネット悲鳴 「びっくりしてスマホ落とした」「結構沢山いた」

ゴキブリ 南米 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

ゴキブリ 南米 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

ゴキブリ 南米 【】南米ゴキブリ、千葉の野外で確認 繁殖容易

南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

ゴキブリ 南米 南米の光るゴキブリ、有毒昆虫を擬態

「南米ゴキブリ」報道写真にネット悲鳴 「びっくりしてスマホ落とした」「結構沢山いた」

ゴキブリ 南米 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ

南米の光るゴキブリ、有毒昆虫を擬態

ゴキブリ 南米 【】南米ゴキブリ、千葉の野外で確認 繁殖容易

南米の光るゴキブリ、有毒昆虫を擬態

ゴキブリ 南米 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

今回の研究で分析された標本は、非常に特殊な地域で採取されたもので、そこは先ごろ火山の噴火によって大きな被害を受けた。

  • 中でも目立つのは、画像を見てしまった人からの悲鳴の声だ。

  • また、今回の研究結果は、陸生生物の生体発光が、進化のかなり遅い段階で出現したことを裏付ける可能性があるという。

  • 現時点で生態系への影響は不明だが、繁殖が容易なため在来種を駆逐したり、人間にとって新たな害虫となったりする恐れもある。

南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

こちらが、千葉県船橋市で見つかった南米のゴキブリの子供の画像です。

  • Images courtesy Peter Vrsansky, Slovak Academy of Sciences 文=Nicholas Mott. のスミソニアン研究所国立自然史博物館に保管されていたルキホルメティカ・ルケの標本が用いられた。

  • 千葉県在住の会社員、加藤俊英さんと農研機構農業環境変動研究センター(茨城県つくば市)の山迫淳介研究員の調査で判明。

  • 1つには、進化の過程で発光能力を持つようになった生物は多いが、そのほとんどは深海に生息しており、陸生生物の生体発光は比較的珍しい。

南米のゴキブリの画像が大きい!日本で生息する理由と退治する方法

前出記事ではサムネイルに、千葉で見つかったという「アルゼンチンモリゴキブリ」そのものの画像が掲載されており、ざっと数十匹が密集している。

  • 南米、エクアドルにある活火山周辺の熱帯雨林に生息する体長約2. 南米ゴキブリを野外で確認、千葉 南米原産のゴキブリ「 アルゼンチンモリゴキブリ」が 1日までに千葉県の野外で確認された。

  • コメツキムシ科のその昆虫は、毒を持っていることを捕食者に警告するために光を発している。

  • この ゴキブリは、ペットとして飼われている爬虫類や魚の生き餌として大量に輸入されており、一部が野外に放されたとみられる。

南米の光るゴキブリ、有毒昆虫を擬態

この ゴキブリは、 ペットとして飼われている爬虫類や魚の生き餌として大量に輸入されており、一部が野外に放されたとみられる。

  • 相手を引きつけたり、怖がらせたり、時にはある種の隠れ蓑のような役割も果たす」と、進化生物学者で『ドクター・タチアナの男と女の生物学講座』の著者であるオリビア・ジャドソン(Olivia Judson)氏は述べる。

  • 山迫さんは「外来種としてどのような影響をもたらすか分からないので、決して野外に出さないでほしい」と呼び掛けている。

  • その結果、発光するコメツキムシとルキホルメティカ・ルケは、それぞれ別の進化過程によって発光能力を獲得したにもかかわらず、両者が発する光の波長は全く同じだということが判明した。

【】南米ゴキブリ、千葉の野外で確認 繁殖容易 害虫となる恐れ [みつを★]

アルゼンチンモリゴキブリは中南米の森林地帯に生息する大型のゴキブリの一種で、体長は最大5~6センチになる。

  • われわれが家の戸棚でこの小さな光るゴキブリを発見することはまずないだろう。

  • 自分も飼ってるからやめて欲しいし。

  • 現時点で生態系への影響は不明だが、繁殖が容易なため在来種を駆逐したり、人間にとって新たな害虫となったりする恐れもある。

南米ゴキブリを野外で確認、千葉 繁殖容易、害虫となる恐れ|秋田魁新報電子版

「これでもし今後飼育禁止とか言われたらペット界隈(特に爬虫類界)ヤバイことになりそう。

  • このゴキブリは、ペットとして飼われている爬虫(はちゅう)類や魚の生き餌として大量に輸入されており、一部が野外に放されたとみられる。

  • 暗闇で光ることで相手を見つけるのは時間の節約になる。

  • このゴキブリは、ペットとして飼われている爬虫類や魚の生き餌として大量に輸入されており、一部が野外に放されたとみられる。

【悲報】南米ゴキブリ、千葉に出現『ゴキブリ界の陽キャ』『貴重なタンパク源やぞ?』『日本のゴキよりはかわいい』

その一方で、発光には捕食者に見つかりやすいというデメリットもある。

  • 山迫さんは「外来種としてどのような影響をもたらすか分からないので、決して野外に出さないでほしい」と呼び掛けている。

  • このゴキブリは、ペットとして飼われている爬虫類や魚の生き餌として大量に輸入されており、一部が野外に放されたとみられる。

  • しかし、他の昆虫に擬態するために発光するという点で、このゴキブリはとりわけ珍しい存在だ。




2021 cdn.snowboardermag.com