ダン まち フレイヤ ss。 【ダンまち】シルが渡した首飾り(ペンダント)とシルとフレイヤの関係は?原作ネタバレあり

コラボ限定SS『シル・フローヴァ』『オッタル&フレイヤ』

ダン まち フレイヤ ss

ダンまち14巻のあらすじ ベル不在での『冒険』、そして孤立無援のベルとリュー。 2019年劇場版アニメ公開! 」 絶望の『予言』は終わらない。 惨禍の宴が繰り広げられた27階層で巻き起こる新たな異常事態。 退路を断たれたリリ達は、ベル不在の中で『冒険』を余儀なくされる。 「深層……」 一方でベルとリューを待ち受ける過酷の名は『37階層』。 孤独、孤立、孤絶、最凶の舞台で幕を開ける最悪の決死行。 そして迫りくる【厄災】の影。 かつてない過酷に翻弄される中、リューは生と死の狭間で過去の情景を見る。 ベルの発展アビリティの幸運とそしてレベル4になったとき獲得した逃走。 ここまであまり深く掘り下げてこなかったアビリティが活躍するかもしれません。 たまたまハイポーション、エリクサーが落ちていたとかそんな展開を少し期待しています。 あとはゼノスたちの登場もありえそうです。 リューは過去とまだ向き合っていない、とらわれているので14巻で一区切りつける話になりそうです。 そして願うは リューのパーティー加入です。 ベル不在のリリ達 ベル不在のリリ達もどうなるのか? ベルがいなくてもそれなりに戦うことができるヘスティアファミリアとその他たち。 ただ、階層主にはどうにもならなさそうなのが正直なところです。 春姫の階位昇華をしたところで状況は一変しないでしょう。 ヘスティアファミリアの成長が問われる14巻になりそうです。 表紙もヘスティアファミリアの面々、そしてリュー。 おそらくゼノスたちが助けにくるのではないかと思います。 ロキファミリアやフレイヤファミリアは登場しない気がします。 アンフィス・バエナとの死闘そして成長 7章はヘスティアファミリア率いる派閥連合VSアンフィス・バエナ 迷宮の孤王 でした。 退路が断たれ、アンフィスバエナと戦うという選択肢のみ。 そしてパーティの柱となるベル不在。 まじ無理 な状況でも冒険者として冒険をする話でした。 これまではベルがいて冒険をしてきたヘスティアファミリア、 初めてベルがいない状態での冒険でした。 英雄ベル不在でも立ち向かうヘスティアファミリア 主人公成長系の話は他のメンバーが漬け物程度のおまけになるのが多いです。 しかし、 ダンまちは全員が主人公。 誰かが欠けたらアンフィス・バエナに勝つことは不可能だった。 各キャラが意志をもって戦っていました。 ヴェルフ 特にヴェルフがかっこよかった。 心が折れそうだった周りを鼓舞し炎を灯してくれた。 武器だけではなくパーティに炎を灯してくれるヴェルフのアニキ的存在感。 魔剣に目がいきがちですが、実はタンク、前衛としてパーティを支える頼りのある男です。 リリ 能力は残念。 お胸も残念な女の子。 しかし彼女の狡猾さ、指揮官としての才能を感じました。 天井の大樹の根を重力魔法で落下させてスタンさせる作戦。 ヘスティアファミリアのブレインです。 金銭面でもかなり助かっています。 命 アンフィスバエナ戦で最も活躍したといっても過言ではない。 彼女がいなければあっという間に全滅していたはずです。 探知スキルに加えて強力な重力魔法。 そして最後の瀕死になりながらでも桜花を信じ詠唱を唱える忍耐、強い心。 立派な冒険者です。 春姫 春姫は階位昇華というランクアップさせるチート妖術に加えて、それを複数にかけるココノエ、サポートとして強力なキャラです。 春姫に価値があるより、そのチート妖術自体に価値がある。 そんなキャラでした。 しかし、そんなイメージは変わりました。 最後のブレスをゴライアスのローブをもって自ら受ける。 仲間のために戦うキャラに成長しました。 ベルの影響を強く受けています。 あとの桜花や千草、カサンドラ、ダフネも活躍していました。 ファミリア全員が活躍する最高の戦いでした。 話は変わりますが、 14巻の発売前に私はこのようなことを書きました。 ベルがいなくてもそれなりに戦うことができるヘスティアファミリアとその他たち。 ただ、階層主にはどうにもならなさそうなのが正直なところです。 春姫の階位昇華をしたところで状況は一変しないでしょう。 謝罪しかありません。 すいません。 ゼノスたち登場 8章はベルを助けに向かったヘスティアファミリア、連合派閥。 モンスターに囲まれるもゼノスたちが助けに来てくれたという話。 またもヴェルフかっこいい アンフィスバエナとの戦闘の疲労、未到達階層、モンスターの狂暴化とかなりまずい状況だった。 突破するためにもヴェルフは魔剣を打つ。 クロッゾの魔剣ではなくヴェルフの魔剣を作った。 その名は始高-煌月。 使用者の魔力に依存する壊れることのない魔剣だった。 よかった。 変な名前ではなくて。 そしてまたもヴェルフかっこいい。 14巻の主人公はヴェルフに決まりです。 ここまでベル君リューも登場していません。 ゼノスたち登場 ベルとジャガーノートが戦っていた場所に向かった彼ら。 しかし、ヴォルティメリアというモンスターに囲まれてしまう。 防戦するも後衛にモンスターが迫ってくる。 そこにゼノスたち登場。 ベルが紡いだ絆です。 かっこよかった。 何よりウィーネの登場。 良かったです。 そして、ヘスティアから依頼を頼まれリュー救出に向かった豊饒の女主人のクロエ、ルノア、アーニャ、そして椿も合流する。 アーニャたちの強さの背景が気になりますが、とりあえずこれで派閥連合は大丈夫そうでほっとしました。 そしてベル救出に向かう。 冒険…… 9章からはベルとリューに話は移ります。 ジャガーノート 13巻でジャガーノートを倒したのでは? そんなことありませんでした。 まだ生きていました。 ラムトンが作った穴を通り、ベルたちを追っていました。 リューは目を覚まさない、そしてベルも体力は底をつく寸前。 終わりなのか…… わけもわからず逃げるベル。 20秒分チャージしたファイアボルトを打ち、一旦はまくことができた。 生き延びること 広間で見つけた白骨化したパーティの遺体。 生き延びるには汚さなければならない。 遺体を漁り、死者を冒瀆をする。 そして腐ったポーションも飲む。 ダンジョンに出会いを求めてばかりでしたが、実際はそんな甘いものではないと痛感させられました。 前半のアンフィスバエナとの戦いとは違って派手さがなく、ただひたすらに生き延びることだけを考える暗い話です。 理想と現実 正規ルートにいくためにはモンスターが無限にわく闘技場(コロシアム)を通り抜ける必要があった。 リューは自分が犠牲になることでベルだけを生かそうとする。 かつてのリューも犠牲なしで全員が助かるという理想を抱いていたが、5年前のジャガーノートとの戦いから犠牲なくして助かるのは無理だという現実を知った。 そして自分が犠牲になりベルを助けるため魔法を詠唱した。 自分はコロシアムに残り、ベルだけを先に行かせた。 もちろん、ベルはそんなことを受け入れる男ではない。 二人で助かる理想をもっていた。 そしてリューを助けに戻ってきた。 手には火炎石。 そしてアルゴノゥトでチャージしていた。 モンスターを一掃、地面が抜けてなんとか助かった。 自分を犠牲にして助けようとしたにもかかわらず、理想を叶えるベルは英雄そのものです。 ベルがかっこよかった。 1巻でシルバーバックに襲われていたときは自分を犠牲にしてヘスティアを守ろうとしていた。 それが二人で助かろうと考えるようになった。 1巻のベルを思えばすごく立派に成長しました。 甘い展開 作者さんありがとうな場面でした。 モンスターがいない水流を見つけそこで休憩をする2人。 遭難しているのにほぼ裸で抱き合う甘い展開がくるとは。 ラブコメシーンでした。 リューさんも女の子なんですね。 シルさんに聞かれたらどうなることやら。 ジャガーノートとの再決闘 持ち前の幸運アビリティのおかげか、正規ルートに戻ることができた。 しかし、 ジャガーノートが…… 他のモンスターを喰ってキメラとなったジャガーノート。 災厄そのものだった。 一度は倒される二人だった。 リューの過去との死闘 すごかった。 半端なかった。 感動した。 過去の象徴でもあるジャガーノート、倒すのはリューでなくてはならない。 5年前と同じく魔法を詠唱するリュー。 仲間に守られるのではなく仲間を守るために戦う。 10個の光玉。 それは5年前に失った仲間と同じ数。 5年前と同じ戦い方だけど、違う。 すごかった!としか言えない。 ジャガーノートは倒したが、ダンジョンには負けた そこに ゼノスたちが…… 助けにきた よかった。 ほんとによかった。 きっと来てくれると信じていました。 エピローグ ベルとリューが無事でよかった。 コメントで教えていただきました。 ベルの腕は元通り戻っています。 IPS細胞のように自分の組織を作り直しました。 リューさんがベルに惚れました。 最初は頼りなかったベルがあれほどかっこいい英雄になればだれでもコロッといってしまいますね。 いつもクールのリューさんの照れる姿も微笑ましい。 アイズさんピンチかも。 何より、14巻でのアイズさんの登場は冒険者はいかなる時にでも寝れると言っていた回想のみ。 かわいそうすぎる。 もっと悲しいことははヘスティアの出番が全く無かったこと。 「ボクの出番がないじゃないか!!」と怒っていそう。 感想まとめ 前半のアンフィスバエナとの戦闘、そして後半のベルとリューの冒険どちらもよかった。 綺麗に終わりを迎えてほんとによかった。 ダンまちは悪い奴らや神様によって作られた状況の中で冒険をさせられている話が多かった。 14巻は純粋にダンジョンを冒険をしていた。 こっちの方が私は好きです。 全員が助かるなんてご都合主義かもしれない。 しかしご都合主義とは思えない自然なストーリーの構成でした。 これまでベルがやってきたことに意味がありました。 ベルとリューがゾンビのようなタフさだったのは目をつぶりましょう。 全員が助かることができたのは希望を誰もが捨てなったから、そう思っています。 次への期待 きれいに終わってくれたので15巻までモヤモヤした気持ちはないのが非常にいいです。 リューさんのパーティ加入は確定でしょう。 そしてリリ、春姫とリューとハーレムが築きあがっていきますね。 ベル君の初心の反応を見るのが楽しみ。 ほぼ裸で抱き合ったり、裸を水浴びで見られてリューさんが一番リードしています。 ベルのステイタス更新も楽しみ。 モスヒュージ、ジャガーノート、深層とかなり経験値が貯まったはず。 ベルだけが他のヘスティアファミリアのメンバーよりも成長するのでインフレが気になります。 私の考えとしては同じパーティの人も早熟する的なスキルがベルに発動すれば解決するのではと思います。 このままではベル一辺倒で深層攻略も他のメンバーがきつそうな気がします。 あとがきに次巻は日常回と書かれていました。 楽しみに待っています。

次の

【ダンメモ】全キャラ評価一覧

ダン まち フレイヤ ss

GA文庫より 2013年1月から刊行されており、外伝の ソード・オラトリアは2014年1月に、さらに別部門の 外伝ファミリアクロニクルは2017年3月に刊行されています。 また、アニメ化もされており、 本編は2015年4月~1クール、 外伝は2017年4月から1クールの放送が行われました。 更に ゲーム化もされており クロス・イストリア、メモリア・フレーゼ、オラリオ・ラプソティア(2017~事前登録開始)がある、大変人気な作品です。 今回はそんなダンまちに登場する 冒険者のなかで、誰が一番強いのかを私選で TOP10形式で紹介していこうと思います。 彼女は ロキ・ファミリアに所属している Lv3の冒険者で 魔道師のエルフです。 Lv4に上げれるのですが、 アビリティの上昇を優先するためにLv3に留まっています。 同じファミリアの アイズ・ヴァレンシュタインに強い憧れを抱いており、外伝ソード・オラトリアでは憧れのあまり浮かぶ妄想の数々が話題を呼びました。 Lv4にランクアップ出来る実力の持ち主ですが、本人の 自身の無さからその力を出し切れずにいます。 二つ名の由来は神々さえ驚いたという 前代未聞のレア魔法エルフ・リングと、本人の中に眠る すさまじい魔力量からその名がつきました。 エルフ・リングはレフィーヤと同じ エルフの使用する魔法なら、詠唱と効果を完全に把握していればレフィーヤ自身も使用できるという魔法で、自身の保有している魔力量も相まって様々な魔法を使いこなせる事から ファミリア内で期待されています。 しかし、チートとも思われるほどの強い魔法、高い魔力を持っていても 本人は自らの魔法に対しての自信と仲間を信じきる勇気が無く、ファミリア内では 二軍に収まってしまっています。 ヘルメスの意向により公開されているステイタスはLv2ですが、実際のステイタスは Lv4の冒険者で、 魔道具作成者という一面もある女性です。 装備武器…アノーヴァル・ダガー、 発展アビリティ…神秘、調合、彫金、 スキル…不明、 発現魔法…カロフ・アルゴール 実はお姫様!? この神秘とは、 作成したアイテムに様々な特殊効果を付与するもので、アスフィの作成した道具には装備者を完全な透明状態にする 漆黒兜、羽が生えたように空を飛ぶ事ができる 飛翔靴、空気に触れるだけで爆発する効果の有る 爆炸薬、少量の血をインクの代わりに出来る 血潮の筆などがあります。 洗礼された立ち振る舞いや深い教養を見せることがあり、ダンまちOVAの温泉回ではヘルメスが お姫様といったとおり、オラリオの外の とある海国の姫君で城から連れ出してくれたヘルメスに対しては愚痴を言いつつも 感謝をしています。 カーリーを主神とする国家系ファミリアの テルスキュラ出身で、かつてテルスキュラの風習によってモンスターや同族のアマゾネスを相手に 日々死闘を繰り広げていた経歴があります。 戦女神カーリーが治める 戦士の国テルスキュラでは、幼いアマゾネス達は親から離れ 石部屋と呼ばれる部屋で共同生活を強いられます。 毎日モンスターや同族のアマゾネス達と 命懸けの死闘を繰り返し、ようやく Lv2に上がると今度は 高レベルのアマゾネスに師事して 戦闘訓練を受けることになります。 ティオネは Lv6のアルガナに、ティオナは Lv6のパーチェにそれぞれ師事し、後に国を出てオラリオのロキ・ファミリアに改宗した後に二人の師が尋ねてきた際には、それぞれの 師と一騎打ちをして見事二人とも 勝利を収めています。 ステイタスは Lv6で、非常に攻撃的な物言いや好戦的な正確をした 狼人の男性です。 放浪の獣人部族、 平原の獣民の族長の息子で幼い頃から 弱肉強食の教えの元で強さを磨いてきました。 しかしベート以外の 全ての部族民が平原の主によって惨殺され、ベートは強さを求めてオラリオへとやってきました。 ロキ・ファミリアに入る前には ウィーザル・ファミリアの団長を務めており、ともに強さを目指す 仲間達が居ました。 一傷、拘束 ゲルギア。 二傷、痛叫 ギオル。 三傷、打杭 セビテ。 飢えなる涎 ぜん が唯一の希望。 川を築き、血潮と交ざり、涙を洗え。 癒さぬ傷よ、忘れるな。 この怒りと憎悪、汝の惰弱と汝の烈火。 世界 すべて を憎み、摂理 すべて を認め、涙 すべて を枯らせ。 傷を牙に、慟哭 こえ を猛哮 たけび にーー喪いし血肉 ともがら を力に、解き放たれる縛鎖、轟く天叫。 怒りの系譜よ、この身の代わりに月を喰らえ、数多を飲み干せ。 その炎牙 きば をもってーー平らげろ】 【ハティ】 出典: 神々から受けた二つ名は 【凶狼】(ヴァナルガンド)。 ベートが 弱者が戦場に出てくるのを嫌っている理由は、雑魚が戦場に出てくると 死にやすいからです。 平原の主によって大切なものを滅ぼされ行き着いた先のファミリアでも 恋した人を失っているベートは、どれだけ強くなっても 守りきれない弱者という存在を次第に 呪うようになりました。 ベートが弱者に発する厳しい言葉は 死ねばそこで終わることを誰よりも知っているから出るもので、 身の程知らずの弱者が不用意に戦場に出るのを防ぎたいというベートなりの思いから来ていた行動でした。 ベートの 魔法ハティとは、 魔力吸収、損害吸収をする魔法で使 用者が傷つけばそれだけ際限なく上がっていく自罰的な魔法です。 詠唱は 長文詠唱(以下引用)でベートは自らの深層から弱さが曝け出されるためこの魔法を嫌っています。 ハイエルフの冒険者は大変珍しいですが、リヴェリアには 世界中を旅したいという夢があり、ダンジョンでお金を貯めるためにロキ・ファミリアに在籍しています。 その名の通りリヴェリアは 9の魔法を使いこなすことが出来ます。 9の魔法というのは単純に魔法を9種類覚えているというのではなく、 詠唱連結によってそれぞれの 詠唱の長さを調整して 3段階の強さを引き出すというものです。 例えば攻撃魔法のヴァース・ヴィンドヘイムの場合は、第一階位がウィン・フィンブルヴェトル、第二階位がレア・ラーヴィテイン、第三階位がヴァース・ヴィンドヘイムといって 詠唱を連結させて強さを調節できます。 その為、 即効使用できる第一階位から 長文で威力が高い第三階位までを使い分けており、魔法においては オラリオ最強の魔道師の地位を確立しています。 しかし、最強の魔道師とはいえ 戦闘の際は後衛に回って支援と高威力の魔法を放つ役割の為、今回の 順位は6位です。 同じフレイア・ファミリアの元団長、 【小巨人】ミア・グランドが経営する冒険者御用達の酒場 豊穣の女主人では妹のアーニャが働いています。 以前は妹の【戦車の片割れ】アーニャと共にフレイヤ・ファミリアに属ていましたが、 今はアレンだけが在籍しており過去にはフレイヤの命令によって ベルとアイズを闇討ちして実力の確認と警告を行っています。 (妹アーニャの二つ名は【戦車の片割れ】) 装備、スキル等は 一切不明の猫人ですがフレイヤに強く魅了されているのは明らかで、フレイヤの寵愛を受けるベルに対して 強い嫉妬心を感じています。 アイズへの警告を行った際には同じファミリアに所属する 【炎金の四戦士】ガリバー兄弟と共にベルの前にあらわれ、発現した 魔法や力量を確かめる役目をしています。 また、フレイヤが娘と呼ぶ豊穣の女主人の従業員 シル・フローバをモンスターから助けた際には礼を言われて 頬を赤らめるなど、 魅了の効果以上にフレイヤに心を奪われている様子が描かれています。 ロキ・ファミリアに所属する Lv6・ヒューマンで 16歳の女性です。 本人の 表情の乏しい事から 人形姫と呼ばれていた時期が有り、ひたすらに 剣のように自分を研ぎ澄まし強さに対して 直向に向かっていた時期が有りました。 最近はファミリアの後輩のレフィーヤや、同僚のティオナ・ティオネの双子、 戦闘訓練を施した師弟のベル・クラネルなどとの 交流により、当時と比べるとかなり表情も和らぎ【碧眼の巨師】椿・コルブランド曰く 剥き出しの刀身だった心がきちんと 鞘に収まった様子だそう。 アイズの 出生の殆どは謎に包まれており、 主神ロキとファミリアの幹部達しかその秘密は知らないようです。 アリアという 風の精霊と同じ名前の母を持ち、幼い頃に両親と生き別れた後に 6歳でファミリアに加入し、 8歳でLv2に到達という凄まじい記録を持っており、これはベル・クラネルが記録を書き換えるまでは 最速レコードでもありました。 エアリアルを剣に纏わせた 刺突技リル・ラファーガは、本来なら 技名を言わなくてもいいのですが、 主神ロキによって 必殺技の名前を攻撃時に唱えると威力が上がると誑かされており、今でもその 嘘を信じています。 ファミリアの 最古参の一人で、オラリオでは1,2を争う力と 防御力の持ち主です。 その 強固さは折り紙付きで、かつてのクロッゾの魔剣以上の威力と言われている ヴェルフ・クロッゾの魔剣の攻撃を直撃で受けてもびくともしないほどです。 ロキ・ファミリアの 首脳陣の一人でもあり、ダンジョンではその強固な体を生かして 魔導士たちを守る前衛の役割を務めています。 また、ファミリアの 若手育成にも力を入れており、大規模遠征の時には若手たちが多く在籍する 第二陣の指揮を執っています。 まだロキ・ファミリアに入団したての頃は今や幹部のガレス、リヴェリア、フィンの三人は 大変仲が悪く、 喧嘩ばかりの日々だったそうです。 リヴェリアの事を いけ好かないエルフ、フィンの事を クソ生意気なパルゥムと呼び、睨み合うことが多かった時期もありますが、時は流れ数々の死線と死闘を超えて徐々に 信頼し合うようになりました。 かつては互いを疎ましく感じていた3人でしたが、アイズやベートが加入し団員も増え気が付けば 無二の戦友とも呼べるほどの絆になっていました。 更に時は流れ・・・今では ファミリアの最古参となった3人ですが、築き上げた信頼は多少の憎まれ口程度では 揺るがず互いに昔を思い出しては 笑い合う仲になっています。 小人族という種族と主神ロキから受けている恩恵が相まって 外見こそ20代前後の若者に見えますが、 実は40代で作中の回想シーンを見ても外見年齢は殆どと言っていいほど変化が有りません。  小人が崇拝していた 女神フィアナは実は架空の神仏だった事から小人族は 衰退し、フィンは 小人族の希望になるべくオラリオにやってきました。 小人族の復興という大きすぎる夢と責任を抱えて常に 勇気を持った行動を心がけています。 フィンがオラリオで活動し、ファミリアの名前と共に 小人族の【勇者】フィン・ディムナの名前が有名になれば、衰退の一途をたどる 小人族達を奮い立たせる事ができ、一族の再興に近づくと考えています。 フィンの強さはLv6の肉体的な強さもありますが、何よりも 知略に優れています。 親指が疼くというフィン特有の 危険回避能力と 戦略性、 戦況を見通す能力に長けており、何よりも 味方を鼓舞する才能に優れています。 更に発現魔法の ヘル・フィネガスを使用し まともな判断力と引き換えに身体能力を大幅に引き上げる事ができるため多くの冒険者から一目置かれています。 都市最強を誇る強さの Lv7で、今のところ オラリオにはオッタル以上に強い冒険者は存在していません。 (都市外か過去には他のLv7の冒険者がいた可能性があります) 常にフレイヤの傍に仕えており、フレイヤを侮辱する人間がいると 激しく激昂しますが、普段は 冷静沈着で実直な武人肌な人柄をしています。 また、果敢な戦いをする冒険者にはしっかりと 敬意を示す行動をとっており、イシュタル・ファミリアとの戦争の際には ヤマト・命が自らを犠牲にして仲間を守ろうとした行動を 高く評価し、瀕死の命に万能薬を使用して救うなど 敵味方関係なく敬意を示す行動をとっています。 主神フレイヤの全てを受け入れている様子で、ベル・クラネルがフレイヤの 寵愛を受ける事に対し同ファミリアのアレン・フローメルは嫉妬している様子が描かれていましたが、オッタルの場合はそうではなく、 女神の寵愛を受けた者として認めている節が有ります。 敬愛する女神フレイヤの寵愛は まるで大地を撫でる風のようなものだと考えており、 風は留まる事も捕まえる事もできずただ身を任せるように受け入れるものだとしています。 その為、 自分以外に寵愛の対象を向けてもそれを受け入れており、フレイヤによる、ベルを高みへと上らせる試練に対しても 女神の寵愛を受けた洗礼として 乗り越えて欲しいと心の中で激励を送っています。 1はなんといってもイシュタル・ファミリアからヘスティア・ファミリアに改宗した サンジョウノ・春姫。 狐人・16歳の女性です。 極東の出身の春姫は、同ファミリアのヤマト・命やタケミカヅチ・ファミリアの面々とは 幼馴染で、紆余曲折の末にオラリオのイシュタル・ファミリアで 娼婦見習いをしていました。 狐人は 数ある種族の中でも数が少ない為に珍しく、 殺生石の儀式(石に狐人の魂を宿してその能力を引き出すもの)の犧牲になろうとしていたところを ベル・クラネルとヤマト・命に助けられ、それ以降ヘスティア・ファミリアに身を置いて 妖術師として活動をしています。 ウチデノコヅチとは、 対象のステイタスを一定の時間だけ1段階レベルアップさせる魔法で、およそ 15分間その効果は持続します。 春姫が倒れてもその効果は持続しますが 消耗が激しい為一度使用すると 10分間程度使用が出来なくなります。 ココノエとは、 ココノエの魔法詠唱のあとに別の魔法の詠唱を続ける事で、後に続ける魔法を複数発動させる事ができます。 複数といっても無尽蔵ではなく 春姫の場合は 尻尾の数だけ発動できるとされており、 5本の尻尾に1つずつ魔法を載せて対象者にかけることが出来ます。 ヘスティア・ファミリアの団長で 猛牛殺しの異名を持つベルは ダンまちの物語の主人公でもあります。 白い髪に 赤い瞳という特徴がある ヒューマンの14歳の少年で、その容姿から 兎呼ばわりをされることが多くあります。 二つ名にも 【白兎の脚】 ラビット・フット という名前が付けられました。 そんなアイズの最速記録と比べてもベルの 一ヵ月半という記録は異例中の異例で、Lv2到達時点では 神々からの疑惑や 冒険者からのやっかみを受ける事になります。 しかしLv1にして ミノタウロスとの戦闘に勝利し、Lv2で協力したとはいえ 階層主を吹き飛ばし、格上である Lv3の冒険者にも勝利した功績を目の当たりにした 神々はその武勲を称え、冒険者達からは 羨望と尊敬のまなざしを受けるなど、 誰もが認める世界最速記録保持者としての 地位を確立させました。 こちらの記事もオススメ! 果たしてベル・クラネルは追いつけるのか!? オラリオ最強の冒険者達を見逃すな! 今回は ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかに登場する 冒険者の強さランキングの上位10位までを書かせていただきました。 小説、マンガ、アニメをすべて見て選んでみましたがやはり 一位はオラリオ唯一のLv7到達者、【猛者】オッタルしかありません。 今後ベルの成長次第では 最速でLv7に到達する事もありえるので、そのときにオッタルや、今回は紹介しなかったミノタウロスのアステリウスとの対決がどうなるかがとても気になります。 原作最新刊の12巻では遂に Lv4に到達し、ファミリアのランクも高くなり、いよいよベルの活躍が多くの冒険者に注目されてくるようになり、 英雄としての階段を駆け上がり始めました。 自作の 2018年2月に発売予定の13巻が楽しみですね。 こちらの記事もオススメ!.

次の

【ダンまち】冒険者強さランキングTOP10!作中最強キャラが決定・・・?【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか(ダンまち)】

ダン まち フレイヤ ss

森ねずみーです。 今回でコラボキャラのコメント記事はラスト。 では早速残り2種のスキル内容を確認していきましょう! まずは水属性回復スキルの 【オーブスロット数】1 親分スキルは味方全体のHPを回復し、自分が状態異常の時に追加で味方全体の状態異常を解除。 詳細にも記載されているが味方の異常回復はあくまでも自分が状態異常になっていないと発動しないため結局は異常解除子分は必要となってしまう。 デバフリセットに関してもそうだが発動するかどうかは全部自分次第となっており安定感は無い。 ステータス合計がマイナスという前提であれば例えばクイーン・レディなどで反転させた方が手っ取り早い気もするが敵の中にはこちらのバフに反応してそれを反転させるというようなパターンもあるため場合によってはリセットの方が有利に働く場面もある。 特に縛りもなく合体スキルの子分としても使えるかなり優秀な内容。 〈個人的評価〉 親分 7. 花鈴・ザ・、レータ(黒い翼ver)の斬版。 サブ効果に関しては他の2種と比較すると若干の物足りなさはあるが、メインだけでもかなり強力なスキルである事は変わらず汎用性は高い。 是非確保はしておきたい1枚にはなる。 子分スキルは斬アタッカーを必中にする効果。 最大スキル威力はピエロギリムよりも低くはなるが必中が付くだけでもメリットは大きい。 〈個人的評価〉 親分 8.

次の