嫌 な こと から 逃げる 人。 人生での『嫌なことから逃げる』という考え方は悪くない選択【逃げ道も必要】

逃げ癖がある人の心理や原因と改善・克服方法

嫌 な こと から 逃げる 人

嫌なことから逃げ出してばかりの雨宮です、こんばんわ。 日本社会では一般的に、 「嫌なことから逃げることは根性なしがやることで、恥じるべきだ」という考えがあります。 武士道、自己犠牲精神が根付いてるからでしょうか。 でも、そんな風潮があるからこそ、逆に聞きたい。 嫌なことから逃げ出して、なにが悪いんですか? 嫌なことから逃げ出すことは、なぜ悪なのか? わたしは、いわゆる根性なしです。 嫌なことが起こると、 「こんな思いをしてまでやるべきなのか?」と思ってしまって、やる気がなくなっちゃうんです。 だから中・高で部活を途中でやめたし、就活もやめたし、ドイツの大学も辞めました。 客観的に見れば根性なしだし、嫌なことから逃げ出してばかりの弱い人間なんだろうと思います。 でもわたしは、だからといってそれが、欠点であり直すべきだとは思えないのです。 「嫌ならやめる」は当然のことではないのか? わたしにとって、「嫌ならやめる」は当然の選択です。 むしろなんでみんな、 「これを超えれば成長する!」って耐え忍ぶの? いじめられたから学校へ行かない。 上司が怖いから仕事を辞める。 どっちも「逃げ」です。 でもそれの、なにが悪いんでしょう。 「嫌なことから逃げてばかりいては成長できない」と言うけれど、「嫌だ」と思う時点で、すでに向いてない、もしくは相性が悪いんだと思います。 だったらさっさとやめて、楽しいと思えることに時間と労力を費やしたほうが、成長できると思いませんか? いじめられても、逃げずに学校へ行く。 精神的に強くなれたり、友達と和解できたり、プラスの結果が出るかもしれません。 でも、出ないかもしれない。 もっと精神的に追い込まれて、もっと敵が増えて、立ち直れない心の傷を負うかもしれません。 上司が怖くても、仕事を続ける。 上司に認められて昇進したり、負けん気でスキルを磨いたり、プラスの結果に結びつくかもしれません。 でも、そうじゃないかもしれない。 仕事のことを考えるだけで吐き気がして、メンタルやられて闘病生活になるかもしれません。 逃げることのデメリットばかり注目されるけど、逃げないデメリットの方が、はるかに大きいですよ。 だったら嫌になった時点でやめちゃえば? 逃げることなく続けてなにを得られるの? 「嫌なことから逃げることは悪」だという理由はたいてい、「ロクな大人にならない」だの「逃げ癖がつく」だの、「だから?」っていうものばかり。 よく「逃げてばかりじゃ成長できない」と言われるけど、成長ってなんでしょう。 なぜ、どんな状況下でも、成長を目指さなきゃいけないんだろう。 成長できる場がちがう場所であるなら、ささっと逃げ出す方が、よっぽど理にかなってると思うんですが。 わたしは人間関係が嫌で、中・高と部活を辞めました。 部活のトラブルが原因で、学校が嫌で嫌でしょうがなかった。 本当につらかった。 それでも部活を続けていたら、わたしはいま、超立派な大人になってるんですかね? 逃げないことで負う大きすぎるリスクを押さえるほどの、明確なメリットが提示できないのに、「続けていればいつかいいことがある」という不確定かつ無責任な考えで、どうして他人を追い込むんだろう。 「逃げるな」というのは、 「逃げずに立ち向かったことによって心身をやられて人生が詰んでも面倒を見てやる」という覚悟がなければ、言っちゃダメな言葉です。 逃げた先に成長があるのが人生だ! 『ばらかもん』というマンガに、東野という男の子が登場します。 小さいとき、字が下手で書道教室に通わされ、「できないのはボクが悪い」と我慢して字を書いていました。 それでもうまくなりません。 そんなとき東野少年は、書道の先生が、次の昇級試験で隣の教室に負けたくない、あの子はダメだ、と言っているのを聞いてしまうんです。 東野少年はすべてを否定された気になって、その場から走って逃げました。 と、そこで気づくのです。 「ボク速いな」。 そう、 東野少年は足がとても速かったのです! その日に陸上クラブに入会して、その後、陸上でいい成績を収めます。 アホみたいな話だけど、そういうのって、実際の人生でも結構あると思うんです。 逃げたところで自分の可能性を見出して、成長すること。 わたしが就活を辞めなかったら、いまドイツにはいません。 ドイツの大学を辞めなかったら、ライターとしての雨宮はいないのです。 その「逃げ」に少しの後悔もないし、その時最良だと思った決断を「逃げグセ」で片付けられたら、腹が立ちます。 いろいろ考えたって。 嫌なことから逃げても、逃げた先で、逃げたことを糧にして、成長すればいいじゃない。 それで、「逃げたら成長しない」って言ったヤツを笑ってやろうよ。 自分すら幸せにできない人間が他人を幸せにできるわけがない いつか報われるかもしれない苦労で、現在の幸せがブチ壊しになったら、元も子もないでしょう。 自分自身の幸せのために、その忍耐や根性は、本当に必要なの? 「逃げない」という選択は、立派です。 でも「逃げるかどうか」を考えなきゃいけない時点で、心身ともに大きな負荷がかかっていることは事実です。 その負荷をバネにやってやる!っていう人は、真っ向から立ち向かえばいい。 でもそれができない人もいて、その人を 一方的に「劣っている」と決め付けるのは、あまりに傲慢だと思います。 自分自身に余裕がなくて、自分の幸せを放棄して「いまは耐えるべき」「逃げちゃいけない」って言ってる人は、絶対に他人を幸せにできません。 自分のことを省みる余裕すらない人が、他人を幸せにできるわけがないです。 まず、いまの自分の幸せにできなければ、話になりません。 こういう考えを、意識高いサラリーマンに「刹那的」ってディスられたけど、5年後の幸せのためにいま不幸でいるなんて、バカみたいじゃん。 なぜいま逃げなければ5年後が幸せだと言い切れるの? モノゴトには浮き沈みがあるし、常に楽しいこととは限りません。 でも、それをしんどい、つらい、逃げたいって思うようなら、やらない方がいいと思います。 逃げたことを正当化しようとする人も多いけど、いいじゃん、「しんどいから逃げました」で。 自分の幸せすら保証できないような人間が、他人を幸せにできるわけがない。 嫌なことから逃げたって、逃げた先で成長すればいい。 いい加減、「逃げは悪」「耐えることによって成長できる」っていう精神論、やめませんか。 もっと楽に生きたって、バチはあたらないと思います。 根性ナシ上等だばかやろう!.

次の

嫌なことから逃げる人は心の病気?|逃げ癖がある人の5つの心理|オモキチ

嫌 な こと から 逃げる 人

一度仕事や恋愛などで不覚傷ついてしまうと そのことが自分の中でトラウマになってしまい 自分にとって都合の悪い状況や 困難な壁が立ちはだかってしまうと ついつい逃げて 楽な方向に進んでしまう・・ 嫌な事から逃げたくなるという 側面や考え方は多分誰でも抱くもので 時には逃げて自分の身を 守ることも大切かとは思います。 しかし、それがいつものように続いてしまうと それが「癖」になってしまい 困難な事に立ち向かおうとする気すら 起きなくなっていき 自分から経験値を得ることを放棄していくので 成長していくことができず どんどん成長するためのチャンスを 失っていきます。 そうなるとその人が得たいと 思っていた未来や結果からどんどん離れて 「こんなはずじゃなかったのに・・・」 そんな事を感じるような状況に 追いつめられてしまうかもしれません。 「Sponsored link」 目次• 嫌なことから逃げる逃げ癖の性格の原因!治す方法はある? まず逃げ癖について改めて確認してみましょう ひとまず逃げ癖という点について 改めて確認してみますと 自分にとって困難な状況や 対応するのがかなり面倒 もしくは自分に不利益が かかりそうな場面などに遭遇した時に そうした状況を打ち破ろうとしたり 解決するために動くのではなく その場から撤退して楽な方向に 逃げてしまう事をいいます。 お客さんのクレーム対応や 転職して人間関係などが悪くなったりすると すぐに職を変えてしまったり 面倒なコミュニケーションを 避けてしまうなど。 とにかく自分にとって 面倒そうな場面との遭遇を 極力避けていきます。 自分自身の身を守るためと言えば ちょっとは聞こえがいいかもしれませんが ずーっとそういった行動をとっていると 新しい場面に直面しても自分で 解決するために動くことができず そこで恐怖感や孤独感などを 感じてしまう事から 余計に自分自身の世界に 引きこもるようになってしまい 他者との接触やコミュニケーションの機会も どんどん減っていきます。 こうなるとその人が本来持っている能力も 乗り越える事ができない自分を 責めたりする自責の念や 自分自身へのふがいなさ、情けなさと 自身への評価をどんどん下げていく事で どんどん埋もれていくので 本来の力が出せなくなって 「何をやっても上手くいかない・・」 「努力してもどうせ出来ない・・・」 こんな感じに悪い思考パターンに 陥っていくわけです。 逃げ癖がある人の性格の特徴、原因など 逃げ癖がある人の場合 他の人よりも失敗してしまう事に対する 恐怖感、不安感が大きく 失敗する事でどのくらい傷ついてしまうのか そうした状況を想定します。 あとは安心できる状況に いつまでも浸っていたいと考えます。 こうした人の場合おそらく小さい頃から 何かと自分で何か達成しようとしなくても 本当なら自分で乗り越えた方がいい場面でも 友達や兄弟、姉妹、両親など 周囲の誰かが手伝ってくれたり したのではないでしょうか。 子供の頃はまあそうした状況が続いても 許されるかもしれません。 しかし大人になり 自分で決断して問題事を解決していく 必要性が出てきた場合 自分で乗り越えた経験がない 解決した事があまりに少ないと 自分でどうにかしていくという 選択肢が出てこず どうにかしようとしてもどうにも出来ず 結果的に問題事を見なかったことにして 逃げてしまう、という解決策しか 出てこないわけです。 こうした人の場合 完璧主義者な性格の人も結構多いようで 「失敗する自分なんて 自分の姿にふさわしくないから この仕事はやらない」 「完璧にできないなら いっそ挑戦なんかしない」 こんな具合にあまりに自分の理想や 自尊心が高いことから 最初から挑戦しないという方向に 思考がいってしまい 結果的に逃げ癖に つながっていくというケースも あるといいます。 あとは目標を達成する充足感よりも ミスした時の怒られたり 叱られたりする経験の方 が心の中に深く根付いていたりすると 客観的に見てリスクより 成功した時の報酬が大きかったとしても リスクの方が大きく見えてしまう点から 困難な道に進むことを避けてしまう・・・ こういったケースも見られます。 「Sponsored link」 嫌なことから逃げる逃げ癖・・・治す方法、克服方法はある? では、こうした 逃げ癖がついてしまっている場合 それを治したいと思っている人も多いはず。 治す方法はあったりするんでしょうか? 1・考えないでまず行動! 逃げ癖のある人の場合 まず何か問題事があると その状況をシミュレートして 自分に降り掛かってくる不利益が何なのか だいたい予測を立てていき そこから最悪の状況など想定していきます。 状況のシミュレートが出来る分 柔軟な考え方もできそうなものですが それが悩んでしまう悪い方向に 進んでしまっているといえます。 考えて結果的に行動する事を諦める・・・ だったらいっそ 「考える前にまず行動!」 していけばいいといえませんか? 悩んで考えこんでいても 行動していかないと物事は 動いていってくれないですし なんだったら友人に頼んで 背中をひと押ししてもらって 自分から無心のまま 環境に飛び込んでしまいましょう。 後のことはその時その時の自分に任せ いい方向に事が進むよう 努力していけばいいのです。 2・地道にコツコツ努力していく 地道に何事もコツコツと・・・ 嫌な事や面倒な事から 逃げてしまいがちな人が苦手とする フレーズかもしれません。 しかしまあ、塵も積もれば 山となるとはよく言ったもので 毎日毎日地味な仕事でも それをコツコツ続けていけば 周囲の評価も悪い方向へ 傾くことはないでしょう。 それがほかの人がやらない 面倒そうな作業なら むしろあなたへの評価はプラスになって 良い運気の流れが向いてきます。 地道にコツコツ続けていく事で 仕事に対しての心構えのような基盤が しっかり出来ているともいえるので いざやらなくてはならない場面に遭遇した時 こうした心構えは役に立つはずです。 3・何が自分にとって「嫌なこと」なのか見つめ直す そもそもにおいてどうして 嫌な事は「嫌」なんでしょう。 もしもあなたが逃げ癖がついている・・ と感じているとしたら あなたにとっての「嫌な事、場面」を 改めて整理していってみましょう。 プレゼンや発表の場面で 例を挙げていくなら・・・ ・皆に注目されるのが恥ずかしい ・発表で失敗したら笑われるかも・・ ・資料作りが面倒くさい ・緊張してあがったらどうしよう ・発表の際に噛んだら恥をかく・・ ・完璧にできそうにないからやりたくない こういった苦手意識 多分誰でも持つと思いますが 客観的に見てみると・・・ そんなに大した問題じゃ ないように思いませんか? どれも他人の評価や目を気にしたり 自分の心構えや考え方の問題だったりと 対策していけばどうにでも なりそうなものが多いです。 まずはあなた自身の中の 苦手な場面やシチュエーションを選び出し その中で何が「嫌な事」なのか? それを再確認して 改善するためには何が必要なのか? それを改めて考えていくと ちょっと変わってくるんじゃ ないかと思います。 4・「命までは取られないさ」と考えてみる 逃げ癖も持っている人は 失敗した時のイメージを かなり誇張してしまう傾向にあり それが精神的ダメージに繋がると考えるので 問題から逃げてしまいがちな状況になります。 まあ確かに戦国時代とか 奴隷を扱っていた時代などですと 失敗する事=重罪 となって場合によっては 命を落とす事もあったでしょうが 現代社会においては さすがに命を奪われる事はないですよね。 (まあブラック企業による 長時間労働によって精神を病んでしまう ケースとかありますが それはここでは置いておくとして・・・) 怒られたり 叱られたりするかもしれませんが 基本的には肉体的なダメージはなく 精神的ダメージのみで済むはずです。 「命まではとられないさ」 「失敗しても大丈夫」 こんな具合に考え方を楽観的な方向に向ける 図太さを育てていきましょう。 5・毎日小さな成功体験をしていく この場合は小さな目標達成をしていくと 言い換えてもいいかもしれません。 仕事に取り組もうとする時 大きな目標のみ見ていると 目標達成が遠く感じるので 逃げてしまいたくなりますけど その目標達成までの道のりを 細かく分けて 「今日はここまでやっていけばOK」 「明日はここまでできたらいいかな」 そんな感じに作業内容を分割していくんです。 そしていざ設定した目標を 達成することができたら 自分で自分の事を しっかり褒めてあげましょう。 もしくは自分で設定した ご褒美を買ったりとかして 達成した成功体験を積み重ねていきましょう。 こうする事で自分の自己評価を 徐々に上げていけるので 考え方がポジティブな思考に 切り替えやすくなり 結果的に良い運気を 引き寄せやすくなっていきます。 今回のまとめです はい、今回はそんな感じで 嫌なことから逃げる逃げ癖の性格の原因や 治していく方法など見ていきました。 常に立ち向かっている人の場合 たまには逃げて自分を守る事は必要です。 しかし常に逃げまわっている状況が続くと RPGで言ったらレベルが いつまでも上がらない状況に 似ていると思うので そんな中で高レベルの敵モンスター (困難なトラブル)に出会ったら どうしようもないですよね。 ですから毎日コツコツ地道な努力や 成功体験を積み重ねて 精神面のレベルアップを図っていきましょう。 そうすれば困難な状況に出会った時にも 以前よりましな立ち回りが 出来るようになっているはずです。 「Sponsored link」.

次の

嫌なことから逃げる人の2つの心理

嫌 な こと から 逃げる 人

地域・職場・学校のPTA、趣味のサークルなど、どこに属しても面倒な仕事は回ってきます。 仕事ならそれも含めての給料と割り切れます。 しかし趣味のサークルは完全なボランティアです。 だからこそ、面倒な仕事の押し付け合いは日常茶飯事。 そんな場面に遭遇すると、人となりがハッキリわかると同時に、こうはなりたくないと思う毎日です。 ごく一部、与えられた仕事に真面目に取り組む人がいるのも事実。 しかしいくら真面目にやってもその努力は報われず。 その理由は、面倒なことは平気で他人に押し付けるけど、美味しいとこ取りするのは先輩として当然と思う輩がいるからです。 最初は真面目にやっても、次第にバカバカしくなり、最後はズルい先輩のやり口だけを覚えて同じことを再現する人間になるのです。 この記事ではそんなズルい人に共通する特徴をご紹介します。 Contents• 毎年恒例の風物詩 ここからは私個人の話をします。 現在約40人ほど在籍する、とあるスポーツサークルに属し、そこでの役員決めが毎年悩みのタネです。 その流れをざっくりご紹介します。 10月に入ると次年度の部長と副部長の候補を今年度の役員同士で話し合って選出します。 昨日がその話し合いでした。 その内容を12月の臨時総会で発表して内定します。 そして年度末の総会で部員たちから正式な承認を得て、新規役員に引き継ぐというのが大雑把な流れです。 昨日やり玉に上がった候補に対し、12月までにみんなで説得する仕事もこれから待ち受けています。 もちろんすんなりとはいきません。 それがスムーズにいかないと、人間関係にヒビが入るようなトラブルに発展することもあります。 必ず揉めるのは仕事を持っている人と時間に余裕がある人とのズレ。 「あの人は仕事を理由に何年もいるのに何もしない」から始まり、「やらない人はズルい」という感情が芽生え、「やらない人、許すまじ」という空気が強くなる毎年恒例の風物詩。 風物詩なんて優雅なものではなく、最後には涙目になる人も出てくるほどの熾烈なサバイバルゲームです。 今までさんざんやったから 一度役を受けた人はもう強気です。 瞳孔開いて鼻息も荒く、 「私達は今までさんざんやったから」を連呼します。 それが伝家の宝刀であると思いこんでいるみたいで、そればかりを繰り返します。 なんとかの一つ覚えのように。 年だから 長年いれば、さんざんやったのは当たり前。 在籍する以上、何もしなくていい理由にはなりません。 仮に一度も役を受けてないとしても、今仕事や子育てで忙しい人に無理に押し付けず、その人ができる状況になるのまでの間、できる人ができることをやって繋げばいいだけのこと。 それを伝えると今度は 「もう年だから」と、弱々しく逃げます。 その割には試合となれば自分の年も忘れてノコノコと出ていき、けっして若い人を誘って伸ばしてあげようとはしません。 お楽しみに対しては、どこまでも貪欲なのです。 どこまでも自分に甘く、人に厳しい また面倒な役割に対しては「おばあちゃんがもうすぐ死にそうだ〜」を何年も繰り返して逃げ続けます。 が、まだそのおばあちゃんはピンピンしながら何年も元気に生き続けています。 自分は平気でそうしているのに、候補に上がった人が「来年は子供の受験だからそれが終わるまで待ってくれ」と言えば、「母親が受験するわけじゃあるまいし」と毒づきます。 が、その割には、孫の用事を理由にして逃げることもあります。 母親でもないクセして。 このように自分には甘く、他人には厳しい典型。 自分のことは棚に上げて忘れる思考。 それに加え、年齢を重ねた人にありがちなズルさと口だけ達者な能力をいかんなくフル発揮し、ヤンヤヤンヤと好き勝手なことを言うから、やり玉に上がった人はたまったものではないと神経をすり減らすのです 身勝手な人がのさばれる環境が問題 若い人と年配者とでは、趣味への向き合い方・考え方は全く違います。 年配者はもう残された時間がないし、他に行くアテもない。 今は時間も自由に使えてクラブでも大きな顔ができる。 だから自分にとって居心地のいい環境を必死で守ろうとします。 一方若い人にとっては家庭が第一、次が仕事。 趣味なんて一番最後に位置するものだし、将来いくらでもできるから、仕事や家庭のためにクラブを休むのは当たり前くらいに思ってます。 当然ながら練習以外のお付き合いなんて、する必要がないと思ってます。 「それもその人の考え方」と、個の考えを認めればいいのに、ガンとして認めようとしないのが年配者。 こうして趣味の世界も少子高齢化が進み、無駄に元気なバアさんだらけになるのです。 それを許す環境も、問題大アリですよね。 私がもし、自分が年を理由に都合の悪いことから逃げようとするようになったら、そのときは潔く辞めますね。 だってみっともないもの。

次の