新型 コロナ 風邪 薬。 新型コロナにイブプロフェンは「避けるべき薬」なのか [薬] All About

「普通の風邪」による免疫が新型コロナウイルスを撃退する? 新たな研究結果が意味すること

新型 コロナ 風邪 薬

全世界で感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVIT-19)。 治療薬も見つかっていない中、飲んでよい薬・飲んではいけない薬はあるのでしょうか? 中国・武漢から始まり、日本や欧米でも感染拡大が続いている新型コロナウイルス・COVIT-19(以下、新型コロナ)。 私が営んでいる漢方薬局でも「抵抗力を上げる漢方に変更して欲しい」といった旨の相談が多くなっております。 同氏が挙げた新型コロナの感染者が避けるべき薬とは 「イブプロフェン」や「コルチゾン」と呼ばれる抗炎症薬です。 同氏は続けて、感染者がこれらの薬を服用すると症状を悪化させる恐れがあると記しています。 これは信頼できる情報なのか、実際にこれらの薬は避けるべきなのか、本記事では一般の方がドラッグストアなどでも入手可能な「イブプロフェン」に絞って解説いたします。 イブプロフェンとは……頭痛、生理痛、歯の痛みなどにも使われる抗炎症薬 イブプロフェンとは、炎症を鎮める代表的な薬です。 専門的にはNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるカテゴリーに含まれます。 イブプロフェンは炎症を抑える作用があることから、主に頭痛、生理痛、腰痛、関節痛、歯の痛み、そして発熱などに対してしばしば使用されます。 イブプロフェンは病院で医師が出す処方薬としてだけでなく、一般の方がドラッグストアなどで購入できる頭痛薬などにも含まれることが多い成分でもあります。 その分、今回のツイート内容が多くの方にも注目されているのでしょう。 新型コロナでイブプロフェンを避けるべき根拠はあるのか 大国の厚生大臣が発表するほどのことですので、根拠が薄いとも考えにくいのですが、同大臣のツイッターでも「新型コロナ感染者がイブプロフェンなどを服用していると症状が悪化する」と短く記されているのみです。 本記事を執筆している2020年3月18日の段階では、まだ新型コロナとイブプロフェンの明確なつながりはわかっておらず、科学的根拠は明らかにされていません。 まだ確実な情報とは断言できない中で、どのような薬を選ぶべきなのか、現状の薬は変更する必要があるのか、悩まれる方は少なくないと思います。 以下では、現状の新型コロナウイルスの脅威の中で、私たちがどのようにイブプロフェンに代表される抗炎症薬と付き合っていくべきかを解説します。 病院からイブプロフェンが処方されている場合……自己判断での安易な中止は避ける 腰痛や関節痛など何らかの症状があり、既に病院からイブプロフェンが処方されている場合、 自己判断での中止は避けるべきです。 急な服用停止により、抑えていた痛みなどが再燃してしまう可能性もありますので勧められません。 一方、病院受診時とは異なる症状が現れた場合は、処方医や調剤を受けた薬局に連絡を入れて指示を仰ぐのが良いでしょう。 具体的な「異なる症状」とは、 急な発熱、咳やのどの痛み、関節痛、寒気などといった、いわゆる「インフルエンザや風邪のような症状」です。 その理由については後述します。 市販薬のイブプロフェンを服用している場合……無症状なら過度な心配は不要 もし頭痛や生理痛などで市販薬のイブプロフェンを服用している場合も、上記で挙げたようなインフルエンザや風邪のような症状がなければ過度に心配する必要は少ないでしょう。 一方でそのような症状がある場合は薬剤師などに相談しつつ、NSAIDsとは異なるカテゴリーに含まれる 「アセトアミノフェン」という抗炎症成分が入った薬を選ぶのが良いでしょう。 冒頭で紹介した仏厚生大臣も発熱の際などはアセトアミノフェンの使用を推奨しています。 イブプロフェンによる「ライ症候群」とは……ウイルス感染症時の服用による副作用 ではなぜ「インフルエンザや風邪のような症状」が出たときは、まず専門家に相談するべきなのか。 その理由の一つに「 ライ症候群」の存在があります。 イブプロフェンに代表されるNSAIDsには、ライ症候群という副作用が知られています。 ライ症候群とは、インフルエンザなどのウイルス感染症を患っている際にNSAIDsを服用すると意識障害、嘔吐、けいれんなどが起こりやすくなるというものです。 特にライ症候群は小児に起こりやすいことが知られています。 つまり、新型コロナかどうかに関わらず、ウイルス感染症に対して、NSAIDsの使用には注意が必要なのです。 一般の方は、発熱があっても、その体調不良がただの風邪なのか、インフルエンザによるものなのか、新型コロナなのか、またはそれ以外のものなのか判断することは不可能でしょう。 したがって、インフルエンザや風邪っぽい症状がある場合、特に小児の場合は、市販薬で対応するのなら、アセトアミノフェンを含んだものが推奨されています。 イブプロフェンは「悪役」ではない……正しく理解して適切な使用を イブプロフェンに代表されるNSAIDsは決して怖い薬ではありません。 冒頭で挙げた通り、炎症を鎮める代表的な薬なので、頭痛、生理痛、関節痛など、幅広い症状の緩和に有効です。 一方で上記のように今回の新型コロナウイルス感染症に限らず、インフルエンザなどの感染症とは相性が悪いこともすでに知られている通りです。 繰り返しになりますが、 新型コロナに対してNSAIDsがどのように影響するのか、現段階では分からない点が多いです。 しかし、 新型コロナに限らず感染症による症状が疑われる場合、NSAIDsはより慎重な使用が求められます。 誤解やフェイクニュースに注意 本記事をご一読頂いた方は問題ないと思うのですが、他メディアにおいて見出しだけを見るとあたかも 「アセトアミノフェン(またはイブプロフェン)が新型コロナの撃退に有効」と勘違いしてしまいそうなものがあります。 SNSが発達した現代では素早く情報が世界中を駆け巡ります。 一方で誤解やフェイクニュースも新型コロナと同じように国境に関係なく拡散してしまいます。 その点にも気を付けながら日々の情報に接して頂きたいと思います。 本記事のまとめ• 仏厚生大臣が「新型コロナにかかった場合においてイブプロフェンなどの服用は症状を悪化させる」可能性に言及した• 一方でイブプロフェンを含むNSAIDsという抗炎症薬のグループは危険な薬などではない• しかし、インフルエンザを含む一部の感染症においてNSAIDsは慎重な使用が求められる• 感染症の可能性がある場合、抗炎症薬にはアセトアミノフェンが推奨されている 新型コロナ感染症騒動に思うこと……基本の手洗いと睡眠時間確保で体調管理を 最後に一薬剤師として、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に、私たちはどう向き合うべきかについても触れたいと思います。 まず現時点で、 新型コロナに対する一番の対処法は、自身の免疫力を落とさないことに尽きると考えます。 新型であろうと旧型であろうと、ウイルスに対して私たちの身体に備わっている免疫はそれを排除し、さらに崩れた体調をもとに戻そうと働きます。 連日の報道を見ていると、ついその日の感染者数や死亡者数にばかり目が行って不安な気持ちになってしまうかもしれませんが、多くのケースでは感染後に回復しています。 詳しくは厚生労働省の「」をご参照ください。 したがって、西洋医学的な治療法が確立していない現段階においては、頻繁な手洗いと睡眠時間の確保が最も有効な対応法と考えられています。 最新の情報に接するのは良いことですが、情報過多になり睡眠不足になってしまっては本末転倒です。 本記事が新型コロナ、さらに感染症とNSAIDsに代表される抗炎症薬との正しい付き合い方の一助になれば幸いです。

次の

新型コロナウイルスに医師が警告「市販薬は飲んではいけない」

新型 コロナ 風邪 薬

新型コロナウイルスかもしれないときに飲んでもいい薬・飲んではいけない薬 フランスの厚生大臣オリヴィエ・ヴェラン氏がTwitterにて「 抗炎症薬(イブプロフェン、コルチゾン、 … 感染の悪化要因になる可能性があります。 熱がある場合は、パラセタモール(アセトアミノフェン系のフランスの薬品名)を服用してください。 」 と呼びかけました。 WHOは17日、専門家が調査を進めている段階だとしています。 そのうえで、「 イブプロフェンをみずからの判断で服用しないでほしい」としたうえで、 代わりに解熱鎮痛薬のアセトアミノフェンを使うよう呼びかけました。 しかし、WHOは翌日の18日「 (イブプロフェンを)控えることを求める勧告はしない」と訂正しました。 COVID19の可能性がある患者または確認された患者では、 非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の使用に関連する重大な有害事象が報告されています。 引用元: WHOでは『 イブプロフェン』の名前しか上げていませんが、オリヴィエ・ヴェラン氏は、全体的な話としています。 インフルエンザ脳症になる可能性もあるので、インフルエンザの可能性があるときも飲んではいけないのは、皆さんもご存知かと思います。 今回、新型コロナウイルスの件ではWHOが最初に言っていることは、だいたい後から間違いになっていますよね? あんまりWHOの言うことを鵜呑みにしない方が良いと思います。 新型コロナウイルスで飲んではいけない薬 飲んではいけない解熱剤 新型コロナウイルスで避けたほうが良いというで、よく市販薬に入っているのはこちらの成分です。 イブプロフェン• アセチルサリチル酸(エテンザミド、アスピリンなど)• ロキソプロフェン(ロキソニンなど) この他にも、はあります。 成分表を見ても間違えそうなので、専門知識のある薬剤師さんに相談の上、購入した方がいいでしょう。 名前の知られた薬剤名で言うと、 イブ、バファリン、アスピリン、ロキソニンなど、 殆どの頭痛薬は NGです。 歯痛や生理痛など、風邪や頭痛以外のときにも飲むことがあるでしょう。 しかし現在のように、新型コロナウイルスが流行中は、誰しも感染していないとは言い切れないです。 安易にこれらの薬を飲むのは避けた方が良さそうです。 飲んではいけない風邪薬 総合感冒薬は、主成分が アセトアミノフェンだとしても、が入っていることが多く、 殆どの総合感冒薬が NG。 成分が確認出来ない場合は、 総合感冒薬を飲むのは避けたほうがいいでしょう。 また、同じ商品名の風邪薬シリーズでも、パブロンエースPro錠には抗炎症薬が入っているのでダメですが、 パブロン50には入っていないなど、薬品ごとに違いますので、成分をよく確認してから飲みましょう。 新型コロナウイルスで飲んでもよい薬 飲んでもよい解熱剤 新しい新型コロナウイルスについては、現時点で悪化するような報告がなくても、これから違う情報が出てくる可能性があります。 薬を飲まないで耐えられる程度なら、何も飲まないほうが良いでしょうね。 辛くてどうしても 飲むなら、アセトアミノフェンにした方がいいですね。 インフルエンザ脳症についても、アセトアミノフェンなら問題ないと言われていますね。 注意して欲しいのは、アセトアミノフェン主剤の薬にも、が入っていることが多いです。 アセトアミノフェン主剤、且つ、が入っていないものを探して下さい。 (少ないですが) また、アセトアミノフェンは服用時間や服用量によって、肝障害の可能性があるので、医師や薬剤師に相談のうえ飲みましょうとのこと。 日本で名前の知られた薬剤名で言うと、 カロナール、タイレノールAなら大丈夫です。 普通に薬局で買えるのは タイレノールAですね。 飲んでもよい風邪薬 ほとんどの総合感冒薬には、が何かしら含まれていますので、漢方薬系の方がいいでしょう。 私は2月に微熱と空咳の出る長引く風邪をひいて、治ったと思ったら3月に入ってまた微熱が復活した為、家にあった 葛根湯と桂枝茯苓丸とビタミンCを飲んでみました。 葛根湯は風邪のひきはじめに効果があるのはご存知の通り。 桂枝茯苓丸は風邪薬ではないですが、 の元になった漢方薬のひとつ、「五苓散」に入っている生薬、 桂皮、 茯苓が入っているから飲んでみたけど、 完全に自己流なので、わざわざ真似しないでね。 そのせいかどうかはわかりませんが、 お陰さまで再発した風邪も収まりました。 わざわざ購入する場合は、自分の症状に合わせたお薬を購入して下さいね。 ロックダウン(都市封鎖)の前に、発熱や咳に効く漢方薬を用意しておくのがおすすめです。 コロナ専門漢方薬「清肺排毒湯 せいはいはいどくとう)」は未発売 既存の4つの漢方薬(麻杏甘石湯、射干麻黄湯、小柴胡湯、五苓散)を混ぜて 新型コロナウイルスように新たに調合された漢方薬です。 まだ販売はされていませんが、同じ成分の漢方薬を合わせて飲むのも手です。 詳しくは別記事で。 風邪初期には葛根湯(かっこんとう) 風邪かな?というときに葛根湯。 超初期のタイミングに飲むといいです。 効能・効果:ゾクッとした寒気や、風邪の初期、頭痛、肩こりなど 総合感冒薬ならパブロン50 私は漢方薬の方が好きですが、漢方薬が苦手で総合感冒薬の方が好きな人もいますよね。 ちょっと調べてみたところ、 漢方薬と アセトアミノフェンを合わせた パブロン50には、が入っていないようです。 パブロンは種類が沢山あるので、他のパブロンと間違えないようにして下さいね。 効能・効果:かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み、たん)の緩和 パブロン50 成分 4錠中 アセトアミノフェン 150mg グアヤコールスルホン酸カリウム 80mg バクモンドウ(麦門冬) 533. 3mg(12錠中 1600mg) カンゾウ(甘草) 133. 3mg(12錠中 400mg) コウベイ(粳米) 666. 7mg(12錠中 2000mg) タイソウ(大棗) 200mg(12錠中 600mg) ニンジン(人参) 133. 3mg(12錠中 400mg) ハンゲ(半夏) 333. 3mg(12錠中 1000mg) 添加物:無水ケイ酸、ケイ酸Al、カルメロースCa、ステアリン酸Mg、トウモロコシデンプン.

次の

新型コロナウイルスの可能性があるときに飲んではいけない市販薬とは?飲んでも大丈夫な解熱剤や風邪薬は?

新型 コロナ 風邪 薬

次に、 風邪症状が1週間ぐらい続いて、倦怠感と息苦しさが出てくるもの。 体がむくんだり、下痢が重なる人もいるようです。 高齢者や基礎疾患のある方において、この経過をとる人が多いのですが、健康な壮年層にも見られることがあります。 一方、この経過を子どもがとることは極めて稀とされています。 感染してから発症するまでの潜伏期間は5日(1-11日)ぐらいで、入院を要するほどに重症化するのは、さらに10日(9. 1-12. 5日)経ったころだと見積もられています。 感染力が強いのは、発症から3、4日目ぐらいだと考えられていますが、重症化すると感染力も維持されて院内感染を引き起こしやすくなっています。 若者と高齢者で臨床経過が異なるので、重症化率と致命率についても世代別に考えた方がよいと思います。 いまだ、世代別の疫学報告はありませんが、私個人のざっくりとした印象で言うと…、若者の重症化率と致命率は、統計的に見れば、ほぼゼロ%でしょう。 一方、感染した高齢者の1割ぐらいが重症化して、1%ぐらいが死亡するのではないかと感じています。 これは、やや甘めの見積もりであって、要介護高齢者や入院患者では、さらにリスクが高まるものと考えてください。 高齢者や基礎疾患のある人の感染を防ぐ というわけで、これから私たちは何をすべきか。 もはや、流行を抑止することは主たる目的ではなくなってきました(やれることはやるべきですが)。 むしろ、重症化する人を減らし、とくに新型コロナに感染して死亡する人をできる限り減らすことに力を注ぐべきです。 つまり、 高齢者や基礎疾患のある人に感染させないようにしましょう。 そして、 院内感染を防ぎましょう。 これに尽きます。 なお、 基礎疾患のある人とは、糖尿病や高血圧、腎臓病など慢性疾患があって、定期の内服薬を要する人だと考えてください。 以下、これらの方々をハイリスク者と呼びます。 ハイリスク者がいる家庭では、ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて帰宅時の手指衛生を徹底してください。 アルコールが手に入らないなら、おしぼりでもいいです(やらないよりはマシです)。 とにかく、ドアノブなどあちこちを触ってから、洗面台に行っても手遅れということです。 同居する家族が風邪をひいたら、ハイリスク者と接触しないよう症状が治まるまで家庭内で隔離してください。 そして、風邪をひいている人が部屋を出るときは、マスクを着用させて、アルコールで手指衛生をしてください。 部屋の外では、できるだけ余計なものは触らないこと。 トイレに行った後は、触った場所をアルコールを染みこませたペーパータオルで拭うこと。 お風呂は最後に入ること。 バスタオルは絶対に共用しないこと。 こうした対応を、発症してから7日間は頑張ってください。 それが困難であるなら、一時的にハイリスク者を親族の家などに疎開させることも考えてください。 新型コロナかどうかの確認で救急外来受診は避ける なお、 風邪症状に過ぎないのに新型コロナかどうかを確認するためだけに、救急外来を受診することは避けてください。 そこには、体調を悪化させたハイリスク者がたくさん受診しているのです。 彼らへ感染させないように協力してください。 また、救急外来には新型コロナの重症患者もいるかもしれません。 あなたが「ただの風邪」だったとしても、救急外来を受診することで新型コロナに感染して帰ってくることになるかもしれません。 流行期には、ハイリスク者の方々が人混みを避け、なるべく自宅で過ごしていただくことも大切ですね。 感染リスクのある病院に行く回数を減らすためにも、1カ月おきの外来受診を3カ月おきなど、長期処方とともに予約延長してもらうことも考えられます。 かかりつけの先生に相談してみてください。 極めて重要な高齢者施設の感染管理について 高齢者施設の感染管理は極めて重要です。 100人の入所者がいる施設で新型コロナがアウトブレイクした場合、30人以上が発症し、10人以上が救急搬送を要して、数人がお亡くなりになるというイメージが必要です。 このような事態を避けるためにも、全力で感染管理に取り組みましょう。 まず、 外から持ち込ませないこと。 流行期にあっては、 原則として面会はすべて中止。 物品の搬入なども玄関先で行います。 どうしても入らなければならないのなら、玄関先でアルコールによる手指衛生を行って、トイレも含め共用の場所には立ち入らないように求めます。 職員についても、当然ながら玄関先で手指衛生。 そして、 毎朝の検温と症状確認を自己申告ではなく、管理者による指差し確認を行います。 もし、軽微であっても発熱や咳などの症状があれば、絶対に休ませてください。 絶対にです。 勤務中であっても症状を認めたら、絶対に休ませてください。 もう一度言います。 絶対にです。 なお、流行期においては、出勤できる職員数が半減することも想定しなければなりません。 このとき、すべての業務を継続させようとしたり、現場の判断で場当たり的に仕事をさせるのではなく、優先的に継続させるべき中核業務を決定しておくことが必要です。 入居者の協力のもと、どこまで業務をスリム化できるかが勝負です。 一方、悩ましいのは通所サービスですね。 ここでの感染管理を徹底することは不可能でしょう。 デイケアやデイサービスをどのように運用するのか…。 最善の方法は、流行期にはすべて休止させることです。 もちろん、その分、訪問サービスを充実させる必要があります。 通所サービスの職員に、利用者宅を巡回させるなど工夫してください。 これは事業者だけで解決できる問題ではないので、市町村が主導するなどして、どうすべきかを急ぎ話し合っていただければと思います。 いま、話し合ってください。

次の