リテール テック 2021 - リテールテックJAPAN 出展内容のご紹介│ニュース│アスカネット

2021 リテール テック リテールテックJAPAN 出展内容のご紹介│ニュース│アスカネット

2021 リテール テック リテールテックJAPAN 2021

開催概要

2021 リテール テック 「リテールテックJAPAN Online

2021 リテール テック 「リテールテックJAPAN Online

2021 リテール テック 「店番長」はリテールテックJAPAN 2021に出展します

2021 リテール テック 「リテールテックJAPAN Online

2021 リテール テック リテールテックJAPAN

NECのAI画像認識技術が実運用へ、袋入りパンの認識や非直方体形状の寸法計測など:リテールテックJAPAN 2021

2021 リテール テック NECのAI画像認識技術が実運用へ、袋入りパンの認識や非直方体形状の寸法計測など:リテールテックJAPAN 2021

リテールテックJAPAN2021出展のご案内: NEC Value Chain Innovation

2021 リテール テック 新展示会「リテールテックOSAKA 2021」出展者募集のお知らせ

2021 リテール テック NECのAI画像認識技術が実運用へ、袋入りパンの認識や非直方体形状の寸法計測など:リテールテックJAPAN 2021

リテールテックJAPAN2021出展のご案内: NEC Value Chain Innovation

顔と、眼の虹彩、2つの生体情報をスキャンしているとは感じさせないスピード感だった。

  • 結果として、最後まで画面に指一本触れることもなく、非接触で安全な支払いを体験することができた。

  • 昨年はコロナ禍で会期直前に中止を余儀なくされた「リテールテックJAPAN」が、3月9日〜12日の4日間の日程で2年ぶりに開催された。

  • 会場の入り口では感染防止対策として、体温の計測や手指の消毒などが行われたほか、会場内でも音量の大きな宣伝や呼びかけは極力抑えられ、来場者と出展者が安心して参加できるように細やかな配慮が配られていたように感じた。

新展示会「リテールテックOSAKA 2021」出展者募集のお知らせ

NECは、ロボットのティーチング作業を自動化するAI技術「目標指向タスクプランニング」を開発した。

  • 前回、2019年開催時の4日間の来場者数が約13万人なので、今年は例年の4分の1ほどの客入りだったと総括でき、筆者の肌感とも一致している。

  • 顧客データを高度なセキュリティ環境で安全に蓄積し、マーケティングオートメーションツールと連携してパーソナルなDMや動画などを配信できる機能を提供します。

  • 最先端の OMO(Online Merges with Offline)として世界で注目されています。

新展示会「リテールテックOSAKA 2021」出展者募集のお知らせ

後編では、機械学習を使ったデータ分析と予測モデル作成について説明する。

  • その日本現地法人であるPax Japanが最新モデルを中心に実機を展示した。

  • 台湾のCastles Technology(キャッスル・テクノロジー)の決済端末も、最新モデルを中心に、日本での販売を手がける代理店企業が展示ブースを飾っていた。

  • 写真3 顔と虹彩(眼)の両方が一度に登録される(写真の一部を加工しています) 「生体認証支払い」と銘打たれたデモ (写真4)では、端末の前に立って画面を見つめるだけで、ほんの一瞬で認証が終わった。

【第 37 回流通情報システム総合展】「リテールテック JAPAN Online 2021」出展のご案内

「店番長」もオンライン展示会とリアル展示会の両方に出展します。

  • 結果、11日と12日はどちらも1万人を少し超えた客入りで、4日間の合計は3万5,207人だった。

  • 認証完了の後、そのまま端末の画面をじっと見つめていると視線の先にカーソル枠が表れる。

  • メーカー アパレル、食品・飲料、医薬品、日用雑貨、家電 など• 画像にタッチしているかのような操作感を実現している。

リテールテックJAPAN 出展内容のご紹介│ニュース│アスカネット

ビジネス設計段階から運用中の事業の見直しまで一貫してサポートします。

  • 7月30日(金)まで出展者をあらためて募集します。

  • 店頭でのソーシャルディスタンスの確保や、非対面・非接触で購入できる仕組みの導入に加え、複雑な購買チャネルに対応した生活者とのコミュニケーションが以前にも増して重要となっています。

  • Linuxベースの新端末「Q25」は、PINパッド一体型のオールインワン (写真16)。

リテールテックとは? 企業の具体例もご紹介!【クロステックで時代を読む Vol.1】

今後もDXによって商品・サービスの価値を最大限に高め、生活者に新しい買い物体験(CX:Customer Experience)を提供する「ストアDX」を加速させ、買い物におけるニューノーマル(新常態)・新しいスタンダード(標準)の構築を生活者や企業とともに進めていきます。

  • この仕組みの応用で、スマホ決済のデモも紹介していた。

  • 新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染リスクとの共存が「新常態」となり、新しいお買い物様式が広がっています。

  • プレートの素材や大きさ、組み込んだ機器・システムの内容によっても当然異なるが、下は数十万円から数百万円までと、まだまだ高価な印象は否めない。

「リテールテックJAPAN Online 2021」出展のお知らせ

運営会社についての詳細はをご覧ください。

  • 東京のリテールテックJAPANと同様に、POS、キャッシュレス決済、物流管理システム、ECソリューション、デジタルマーケティング、店頭での販促ツールなど、流通・小売業界のビジネスを支える様々なIT機器・システム、そしてこうしたソリューションを支えるAIやIoT、顧客データ活用、従業員を支援するHRテックなどのデジタル基盤についてご出展いただけます。

  • コロナ禍で、支払いの際にも「接触しない」ことへのニーズや期待が高まるなか、非常に注目を集めていたのがこの立体的に見えるディスプレイだ。

  • お客様もそれなりに葛藤しながらの来場だったと思います。

「リテールテックJAPAN Online 2021」出展のお知らせ

そして、これはオンライン会場と比較した場合に顕著だが、担当者の生の声を直に聞くことの「情報量の豊かさ」を強く実感した。

  • その提供元であるスマート・ソリューション・テクノロジーが、今回は「音」を活用したサービスを中心に展示していた。

  • 特に、筆者がリアルの展示会場で実機に触れられることを楽しみにしていたのが「stera terminal(ステラ・ターミナル)」だったが、その提供元である三井住友カードは会期直前にオンラインのみでの出展に変更したようで、非常に残念だった。

  • リテールテックを使うと 消費者の利便性は上がり、企業は データ取得ができる• オンライン展示会では、リアル展示会と同様にキャッシュレスやPOS、EC、物流、AI、デジタルマーケティング、HRテック、コロナ対策機器といった、最新のテクノロジー情報をパンフレットや動画などでご覧頂くことができます。




2021 cdn.snowboardermag.com