花 より 男子 二 次 小説 類 つく - 花より男子・二次小説・Dress vol.1~類つく~

小説 つく より 次 花 類 男子 二 花より男子・二次小説・Dress vol.1~類つく~

花より男子・二次小説・スキャンダル vol.3~類つく~

小説 つく より 次 花 類 男子 二 花より男子・二次小説・スキャンダル vol.3~類つく~

小説 つく より 次 花 類 男子 二 花より男子・二次小説・Dress vol.1~類つく~

小説 つく より 次 花 類 男子 二 渡れない天の川(前)(類×つくし)

小説 つく より 次 花 類 男子 二 渡れない天の川(前)(類×つくし)

小説 つく より 次 花 類 男子 二 渡れない天の川(前)(類×つくし)

渡れない天の川(前)(類×つくし)

小説 つく より 次 花 類 男子 二 花より男子・二次小説・Dress vol.1~類つく~

小説 つく より 次 花 類 男子 二 花より男子 二次小説

渡れない天の川(前)(類×つくし)

小説 つく より 次 花 類 男子 二 花より男子 二次小説

花より男子・二次小説・Dress vol.1~類つく~

小説 つく より 次 花 類 男子 二 花より男子 二次小説

花より男子・二次小説・Dress vol.1~類つく~

渡れない天の川(前)(類×つくし)

総二郎という男は、あんな瞳をする奴だったか・・・・・・? 思わず自分の想いを吐露した俺に、牧野が告げてくれた言葉。

  • そうか・・・・・牧野に会えるって、それだけでいっぱいいっぱいで・・・・・忘れていた。

  • 写真の中の牧野と総二郎は、本当の恋人同士のようで、間違いだったと言われても嫉妬してしまうほど親密そうに見えたから。

  • そこのカウンターに類はいた。

花より男子・二次小説・スキャンダル vol.3~類つく~

卒業式には間に合わないが、プロムには行く予定だ』 「どうして今更?今まで音沙汰なかったくせに・・・・・急に帰ってきて、牧野を返せって?」 『・・・・・帰るんじゃない。

  • そう意思を決めて。

  • 俺とはまだ仕事の席で顔を合わせたことないから。

  • 類は来ていた女性客に声をかけられ、迷惑そうにしていた。

花より男子 二次小説

こんなところで寝るなよ」 俺はそう言うと、内線をかけてコーヒーをふたつ頼んだ。

  • 「・・・・・ありがとう」 「あのね、プレゼント・・・・・・」 「いらない」 「え?」 「牧野が一緒にいてくれれば良い」 「そんな!せっかく用意したのに・・・・・」 「・・・・・じゃ、1つリクエストしてもいい?」 牧野の顔をそっと覗き込む。

  • だけど、俺は喜ぶことなんか出来なくて。

  • そうやって、何度でも捕まえるんだ。

渡れない天の川(前)(類×つくし)

今のつくしがあるのは、類の存在があってこそ。

  • 「くくくっ。

  • シンプルだが、大きく胸と背中の開いたそれはかなり大人っぽく、さすがに着るのを躊躇してしまうようなデザインだった。

  • 一生、捕まえておくから・・・・・」 「・・・・・うん・・・・・・花沢類・・・・・?」 「ん?」 牧野が、少し俺から体を離すと、そっと俺を見上げてくる。

渡れない天の川(前)(類×つくし)

「類」 「あ。

  • 自分の誕生日プレゼント。

  • (ありがとう。

  • 何よりも牧野を見つめる総二郎の目が、1年前とは違っているように見えた。

渡れない天の川(前)(類×つくし)

コーヒーを口にした類は顔を顰める。

  • ただ会いに来ただけか?」 「そうだよ」 長年の付き合いとは言え、類の行動は唐突過ぎて分からねー時がある。

  • 「牧野は、誰にも渡さない」 「・・・・・誰のとこにも、行かないよ。

  • それが例え秘書であってもな。

花より男子・二次小説・Dress vol.1~類つく~

とても大切なものを見るような、優しい眼差し・・・・・。

  • 思ったより早かったね」 俺が近寄ったので類の傍にいた女は俺に目をやる。

  • Managing Director Hanazawa of a Hanazawa product has come. 今の自分に必要なのは、司ではなく、類だと・・・・・。

  • 単なるプレゼント、じゃない?」 つくしがそう言っても、類はまるで聞く耳持たず。




2021 cdn.snowboardermag.com