増田 和 也 元 アナ。 鷲見玲奈アナ不倫疑惑 増田和也元アナの営業部異動の原因? テレ東「そのような事実ない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

増田 和 也 アナウンサー

増田 和 也 元 アナ

1993年 -• 1995年 -• 1996年 -• 1998年 - 、• 1999年 -• 2002年 -• 2003年 -• 2004年 - 、• 2005年 - 、• 2006年 -• 2008年 - 、• 2009年 -• 2010年 -• 2012年 -• 2013年 - 、• 2015年 - 、• 2016年 - 、• 2017年 - 、• 2018年 - 、• 2019年 - 、• 2020年 - 、、 元アナウンサー [ ] 入社年順に表記 他部署へ異動 [ ] 丸かっこ内の数字はアナウンス部在籍期間。 (1986年 - 2011年、報道局)• (1988年 - 2019年、総務局)• (1990年 - 2004年、ロサンゼルス支局長)• (1991年 - 2010年、報道局)• (1994年 - 2001年・2004年 - 2010年、広報局宣伝部)• (1994年 - 2015年、総合編成局)• (1995年 - 2007年、総務局法務部。 妻は元アナウンサーの)• (1996年 - 2003年・2007年 - 2011年、総合編成局)• (1996年 - 2012年、広報局)• (1997年 - 2012年、報道局社会部)• (1999年 - 2005年、報道局。 ディレクター)• (2000年 - 2008年、スポーツ局)• (2001年 - 2003年、報道局) 女性• (1984年 - 1992年、アーカイブ推進室) - 現姓・鈴木• (1985年 - 2010年、番組審査室)• (1986年 - 2003年、)• (1990年 - 2004年、人事局)• (1992年 - 1995年、総務局総務部)• (1992年 - 2008年、総合編成局)• (1995年 - 2011年、総合ビジネス局契約著作権部。 夫はアナウンサーの)• (1997年 - 2004年、総合編成局映画事業部。 (2001年 - 2015年、報道局)- 『』の司会を異動後も継続• (2003年 - 2019年、広報局広報部)• 特記事項の無い人物は主にや、、として活動している。 男性 [ ]• 1961年 -? (1959年 -? (1959年 - 1971年) - フリーアナ、・アナウンサープロダクション『』。 1959年 - 1994年) - 1995年に死去。 実弟は元アナウンサーの。 1959年 -? ) - ・。 1993年に死去。 (元NHK。 1959年 -? (1961年 -? ) - 2019年に死去。 (元NHK。 1961年 -? ) - 2005年に死去。 (1962年 - 1995年) - 『エコです環境応援団』副、1995年 - 2002年に代表取締役。 (1963年 -? ) - 2009年に死去。 (1964年 - 2001年) - ジャーナリスト、2001年 - 2004年まで名誉客員。 (1970年 - 1987年) - フリーアナウンサー、、。 坂東まちづくり代表取締役社長(在任期間 2016年 - 2017年)。 2011年議会議員選挙に出馬(落選)。 (1970年 - 2006年) - 2018年に死去。 (1971年 - 2008年 ) - フリーアナウンサー、『』事務局長。 1971年 - 1991年) - フリーアナウンサー、ジャーナリスト、東京相撲記者クラブ会友。 2018年に死去。 (1971年 -? 1973年 - 2004年) - 評論家、東京相撲記者クラブ会友。 (1974年 - 2011年)• (元NHK。 1975年 -? (1977年 - 2012年) - 妻は元アナウンサーの。 (1977年 - 1984年) - 2004年4月 - 2016年3月まで『』メインキャスター。 (1977年 - 2015年)• (1980年 - 2018年)• (1982年 - 1995年)• (1983年 - 2000年)• (1984年 - 2020年)• (2003年 - 2011年) - の勉強会『川松塾』主宰。 2013年より議員。 (2005年 - 2009年) - へ移籍後、2010年に死去。 (元) - 2008年に死去。 女性 [ ]• (1961年 -? (1963年 -? ) - 夫は元フジテレビアナウンサーの。 - NPO法人講師• 元テレビ朝日アスク代表取締役社長。 (1973年 - 1976年) - 実業家。 (1974年 - 2011年) - テレビ朝日放送番組審議会事務局担当部長。 (1974年 -? (1977年 -? (1977年 -? (1977年 - 1986年) - フリーアナ、タレント、女優、、東京女学館大学客員教授。 (1977年 - 2015年) - テレビ朝日スポーツコメンテーター。 (1978年 -? (1979年 -? ) - 弁護士、現姓・日吉。 (1981年 - 1991年) - フリーアナ、名古屋外国語大学客員教授。 (1981年 -? (1981年 - 1985年) - フリーアナ、・。 (1981年 -? ) - フリーアナ、者・慶應義塾大学講師。 (1981年 - 1987年) - アナウンススクール講師。 夫はテレビ朝日アナウンサーの。 (1982年 -? ) - フリーアナ、テレビリポーター• (1984年 - 1991年)• (1985年 -? (1986年 - 1996年) - 現姓・根本。 東京所長。 (1986年 - 1995年)• (1987年 - 1993年)• (1988年 - 2000年)• (1989年 - 1993年) - フリーアナ、者・慶應義塾大学講師。 (1989年 - 1999年)• (1991年 - 1997年)• (1993年 - 2007年) - (3期目)。 (1994年 - 2003年)• (1996年 - 2002年)• (1998年 - 2005年) - のと結婚、退社。 2018年10月より『報道ステーション』メインキャスター。 (1999年 - 2011年) - 退社後、・へ。 2017年から所属の東京都議会議員。 (2000年 - 2012年)• (2000年 - 2016年) - 総務局に異動したのち退社。 夫は(2015年4月 - )の。 (2001年 - 2009年) - (当時)のと結婚、退社。 (2003年 - 2013年) -。 (2007年 - 2019年) - フリーアナウンサー。 (2008年 - 2019年) - 所属のフリーアナウンサー。 (2009年 - 2019年) - フリーアナウンサー。 (2011年 - 2017年)• (2012年 - 2017年) 関連人物 [ ] アナウンス部長 [ ]• 山本清 - 現職。 前コンテンツビジネス局ライツプロデュース部長。 歴代のアナウンス部長• - 他部署出身。 局契約 [ ]• (1964年 - 1968年) - 元アナウンサー。 『』初代キャスター。 降板後へ移籍• (1986年 - 1994年) - 元アナウンサー。 1994年の契約解消後はTBSに移籍。 (1989年 - 1991年) - 元アナウンサー。 契約解除後はフリーとして古巣のTBSなどに出演。 2020年4月23日逝去。 (1989年 - 1991年ごろ) - 元アナウンサー。 から出向。 (1989年 - 1992年) - 元NHKアナウンサー。 のちに議員を経て、理事長。 (社員として1977年 - 2014年。 定年後もに当たるテレビ朝日専属ニュースキャスターとして在職中) 系列局からの出向 [ ]• (1967年 - 1968年) - 当時(当時はNNN主体のオープンネット)アナウンサー。 『木島則夫のモーニングショー』アシスタントキャスターとして出向• (2003年 - 2006年) - 当時アナウンサー。 実際は左記の期間に同局東京支社勤務で、『』に出演。 脚注 [ ]• テレビ朝日社友会. 過去記録. テレビ朝日社友会. 2019年3月22日閲覧。 オフィスKR. タレント紹介. 2019年4月13日閲覧。 茨城放送. パーソナリティ紹介. 茨城放送. 2019年4月13日閲覧。 茨城新聞. 2016年4月12日. の2016年10月26日時点におけるアーカイブ。 2019年4月13日閲覧。 「 」 『広報坂東』No. 136、坂東市、2016年7月21日、 2頁、 2019年4月13日閲覧。 坂東市. 2017年8月4日. 2019年4月13日閲覧。 東京民報. 2011年4月24日. 2019年4月13日閲覧。 テレビ朝日社友会. 2016年7月10日時点のよりアーカイブ。 2019年4月15日閲覧。 サンミュージックグループ. サンミュージックグループ. 2019年4月15日閲覧。 「角界ニュース」『相撲』第68巻第1号、ベースボール・マガジン社、2018年12月28日、 143頁。 「テレビ金沢中村アナ 出張先の都内で急死」『読売新聞東京朝刊』、2010年5月31日、石川版、27面。 女の転職@type. Woman type[ウーマンタイプ]. 2016年8月1日. 2019年4月13日閲覧。 サンケイスポーツ. 産経デジタル. 2020年4月29日. 2020年4月29日閲覧。 関連項目 [ ]• (テレビ朝日アナウンサー出演の舞台・劇)• (アナウンサー番組)• (アナウンサー番組)• (アナウンサー番組)• 外部リンク [ ]•

次の

土屋太鳳“横パイ”強調写真に「膨れ過ぎ」「圧倒される」興奮の声

増田 和 也 元 アナ

和久田麻由子アナのプロフィール 名前:和久田麻由子 愛称:わくまゆ 出身地:神奈川県横浜市・川崎市育ち 生年月日:1988年11月25日(30歳) 最終学歴:東京大学経済学部 勤務局:NHK放送センター 部署:東京アナウンス室 帰国子女でもある和久田麻由子アナ。 神奈川県出身ですが、幼少期はアメリカテキサス州ヒューストンで生活しています。 日本に戻り、女子学院中学校・高等学校を経て東京大学経済学部経済学科卒業。 元々NHKの岡山放送局で経験をつみ、2014年から東京アナウンス室に移動。 昨年、早稲田大学出身の元箱根駅伝の選手だった旦那さんと結婚して話題になりましたね。 NHKは他のキー局と違いほんと優秀なアナウンサーが多いですね。 和久田麻由子 衣装のブランド名は? わくまゆの愛称で親しまれる和久田麻由子アナ。 度胸もあり、見た目もいいということで紅白の司会に抜擢された和久田麻由子アナ。 おしゃれアナの異名をとる和久田麻由子アナ。 番組の放送後には、和久田麻由子アナのファッションについての問いあわせがあるほど!! いったい衣装はどこのブランドなのでしょう?? ちょっと、衣装をみていきましょう。 — おーしま164 ooshima164 1コ上の先輩である桑子真帆アナなみに衣装が注目を浴びていますね。 和久田麻由子アナが主に着ている衣装のブランドは次のブランドが多い!! ・Apuweiser-riche(アプワイザーリッシェ) ・Laisse Passe(レッセパッセ) ・NATURAL-BEAUTY ・FOXEY フォクシー この4つのブランドはテレビ番組への衣装提供もとても多く、モデルや芸能人に人気のブランド。 20代から30代まで幅広く支持されています。 いやらしさがなく自然にかわいらしいというか見栄えがいいものをやっぱり選ぶのでしょうね。 和久田アナはきりっとしているので、上品でシンプルかつ清潔感があるファッションがよく似合う。 実際にきているものも、シンプルで清潔感があるものが多い。 これが、お洒落といわれている証拠でしょうね。 男性もそうですが、女性でも清潔感って大事ですしね。 特にテレビに出る人でしかも朝の時間帯であれば尚更でしょうし。 そういった意味では和久田麻由子アナはお洒落なんでしょうね。 アクセサリーや小物の使い方も上手と言われている和久田麻由子アナ。 かなり見られる意識をしているのでしょう!! 和久田麻由子アナはNHKでは一番おしゃれかもしれませんね。 昔はダサいと言われていたのに、成長したのでしょうね! スタイリストさんが変わったりしたのでしょうかね。 紅白の総合司会にも抜擢されたので衣装が注目されそうですね。 和久田麻由子アナ 桑子アナよりも人気が高い?? 有働由美子の後継者候補の筆頭ともいわれる和久田麻由子アナ。 絶対的なエースアナが現在不在のNHK。 紅白歌合戦の総合司会に抜擢され、注目をあつめている和久田麻由子アナ。 このままエースとなれるのでしょうか。 NHKで人気のアナウンサーといえば、桑子真帆アナがいます。 NHKが誇る「朝の顔」と「夜の顔」でもある和久田麻由子アナと桑子真帆アナ。 非常に中がよく、プライベートでも一緒に出かけるという二人。 そのときの衣装がものすごく話題になりました。 今回の紅白も桑子アナかと思いきや、まさかの和久田麻由子アナに。 これで人気が逆転と言われていますが、実際はそこまではいかないでしょう。 桑子真帆アナの人気は高いし、ファンも多い。 和久田麻由子アナと同様、アナウンス力は高いし安定感もある。 一部更迭かなんて根も葉もない噂がたっていますが桑子真帆にかぎってそれはないでしょう。 知名度でいえばまだ桑子真帆アナのほうが高いし。 ただ、和久田麻由子アナが紅白にでることによって知名度はかなりあがるはず。 そうなると、和久田アナも人気があがるでしょうね。 NHKとしては朝の顔と夜の顔の2人の人気があがれば相乗効果で嬉しいでしょうし。 和久田麻由子アナにも注目ですが、桑子真帆アナにもまだまだ注目です。 和久田麻由子アナ 3月の衣装がかわいい 朝の番組から夜の番組に異動してしまう和久田麻由子アナ。 和久田麻由子アナを見ようと朝の番組を見る人も増えたそう。 大人気ですね~夜の顔から朝のNHKの顔になりましたもんね。 夜の和久田麻由子アナも楽しみですね~!!! もうすこしで朝の番組を卒業してしまう和久田麻由子アナ。 3月の衣装をまとめみたので堪能ください。 昨日と今日の和久田麻由子ちゃん — テク憧 techdou 【画像】今日の和久田麻由子さん 3. 高瀬少年?

次の

土屋太鳳“横パイ”強調写真に「膨れ過ぎ」「圧倒される」興奮の声

増田 和 也 元 アナ

2008年4月の放送開始からおよそ10年間、和に関する様々な物事を取り上げ、「ニッポンっていいな」をテーマに日本の素晴らしさを伝えてきた「和風総本家」 毎週木曜夜9時。 9月20日 木 の2時間スペシャル放送をもって、現行の番組は一旦最終回へ! その最終回で、レギュラーの萬田久子、東貴博、増田和也アナの3人は、収録場所としてお世話になった築地の料亭「つきじ治作」へと向かいます。 そこで長年番組を支え続けた司会進行役の増田和也アナから衝撃の告白が...。 増田「10年育てていただいた和風総本家を卒業することになりました!」 予想外の告白に、しばし言葉を失う萬田と東。 そんな2人に対し、増田アナは...。 増田「26歳でゴールデン 番組 の司会に抜擢していただきましたが、若造だった僕を温かい目で見てくださったお2人には、感謝しかありません。 萬田さんは、大御所であることを忘れてしまうくらい僕を自由にしてくれましたし、萬田さんの近くで司会ができたことは僕の誇りです。 そして、東さんには公私ともに可愛がっていただきました。 今日もお2人とロケをするのが楽しくて、ずっと"ロケが終わらなければいいな、治作に着かなければいいな"と思っていました」 そう感謝を伝えて別れを惜しむ増田アナ。 さらに、かつて番組にレギュラー出演し、6年前に亡くなられた地井武男さんにも思いを馳せます。 増田「いつも優しく、いろいろ助けていただきました! 地井さんの"新しいスタイルの司会者を目指せ!"という言葉があったからこそ、ここまで頑張ってこられたんだと思います」 そして番組のラスト、ある方から1通の手紙が届くと、辛口MCとして愛されてきた増田アナはその内容に号泣! そして萬田や東の目にも涙が...。 はたしてそのワケとは... 番組では、その他、鎌倉で『ピザの店』を開こうと奮闘するイタリア人に密着。 「その節はお世話になりました」では、小さなノコギリを作る職人、伝説!と呼ばれる銀座「鳥繁」の焼き鳥職人のもとを訪問。 放送終了後の反響や現在の様子をレポートします。 増田アナの集大成となる記念すべき放送を、お楽しみに! そして10月からは、「和風総本家」の番組内容が大幅にリニューアル! コンセプトは「ニッポンの良さを未来へ... 」となり、未来を担う若者たちに日本の良さを伝える番組に進化します。 番組タイトルを「二代目 和風総本家」と改め、"和風総本家の二代目"こと跡取り息子として、鈴木福が新たなレギュラーに! 「未来への継承」をテーマに、鈴木や視聴者のみなさんにニッポンの良さを伝え、語り継ぐ目線でモノ作りの職人さんや日本の良さを紹介していきます。 【鈴木福コメント】 「幼い頃から両親や祖父母の影響で、お琴や三味線など日本の楽器に囲まれて育ってきました。 伝統的な文化や歴史、それに食べ物は和菓子が大好き。 THE 日本人ですね 笑。 日本のまだ知られていない身近にある素晴らしい魅力を、番組を通してみなさんに伝えていきたいですし、僕もたくさん勉強したいと思います」と早くもやる気満々! THE日本人の福くんを迎え、「和風総本家」はどんな進化を遂げるのでしょうか。 リニューアル第1回目は、10月11日 木 夜9時~放送。 どうぞお見逃しなく!.

次の