山猫 珈琲 店 - 車窓に見える一瞬ごとの夢 『山猫珈琲店』

店 山猫 珈琲 【移転】山猫珈琲店 (ヤマネココーヒーテン)

店 山猫 珈琲 今年初のお買物は♪山猫屋珈琲店の福袋☆(南流山)

【移転】山猫珈琲店 (ヤマネココーヒーテン)

店 山猫 珈琲 【移転】山猫珈琲店 (ヤマネココーヒーテン)

今年初のお買物は♪山猫屋珈琲店の福袋☆(南流山)

店 山猫 珈琲 【移転】山猫珈琲店 (ヤマネココーヒーテン)

店 山猫 珈琲 【移転】山猫珈琲店 (ヤマネココーヒーテン)

店 山猫 珈琲 山猫珈琲店 (閉業)

店 山猫 珈琲 車窓に見える一瞬ごとの夢 『山猫珈琲店』

店 山猫 珈琲 今年初のお買物は♪山猫屋珈琲店の福袋☆(南流山)

店 山猫 珈琲 今年初のお買物は♪山猫屋珈琲店の福袋☆(南流山)

店 山猫 珈琲 今年初のお買物は♪山猫屋珈琲店の福袋☆(南流山)

営業日カレンダー

営業日カレンダー

電車の中はさまざまな理由で同乗している様々な人生が顔を合わせる場所でもあると思う。

  • 12に作成された記事です。

  • このスポットの情報 スポット名 山猫珈琲店 連絡先 03-3322-6522 住所 東京都世田谷区松原2-28-11. 暗い道を一人きり歩く自分の傍らを、光を宿して走り抜ける電車は、私を置いてきぼりにするものに思え、夜道を一人で歩くことに一層の寂しさを加える存在だったように思う。

  • 鞄から、返事を書きそびれている手紙を三通取り出す。

山猫珈琲店 (閉業)

先日数年ぶりに再会した高校の同級生から届いた手紙。

  • 暑さが去って間もない澄んだ空の秋の日。

  • 山猫珈琲店のマスターはの創設時のメンバーの一人で、焙煎やドリップはすべて十一房珈琲で修行をされたもの。

  • クラシックかジャズが似合いそうな店内に、耳馴染んだ「波をちゃぷちゃぷちゃぷちゃぷ掻き分けて」というコミカルな歌がジャズアレンジを施されて漂う。

山猫屋珈琲店の焙煎したてのコーヒー豆で「いいことあるよ」♪(南流山)

豆にこだわっている。

  • 02 0, 000 ;-ms-filter:"progid:DXImageTransform. 白いカップに注がれた珈琲は、丸い印象ながら重みを帯びて、普段飲む中でもとりわけて美味しいと思わせられる部類のものだった。

  • 木製の店頭はシックな色合いで慎ましく、その奥に続く扉はいつも閉ざされて、その向こうの空間を覆い隠している。

  • 店内は狭目で音楽がないためとても静かですが、若干暗めなので読書したい方は注意。

山猫珈琲店 (閉業)

車窓から眺めるのと、実際に歩いてみるのでは想像以上に印象が違う。

  • 山猫珈琲店のメニューはこだわりの自家焙煎珈琲と手作りケーキに注目 山猫珈琲店のメニューは 非常にシンプル、オリジナルブレンドに数種類のシングルオリジン、手作りケーキやトーストのみ。

  • 山猫珈琲店「ブレンドコーヒー」ネルで丁寧に抽出したすっきりとしたマイルドなコーヒー マスターの熟練の技で抽出されたブレンドコーヒー。

  • 山猫珈琲店「ブレンドコーヒー」ネルで丁寧に抽出したすっきりとしたマイルドなコーヒー マスターの熟練の技で抽出されたブレンドコーヒー。

車窓に見える一瞬ごとの夢 『山猫珈琲店』

5s ease-in-out;transition:opacity. 薄暗い店内にはラジオが流れていた。

  • 3s ease-in-out;-moz-transition:all. ネルドリップで抽出したと感じにくいほどのすっきりと飲みやすいおいしいコーヒーです。

  • 喫茶店趣味のある友人と話すと、「その状況が気まずくて苦手だ」と言われることがあるけれど、私は寧ろ、他の来客に注意を削がれず、空間に向かい合うことができる気がして、その状況は嫌いではなかった。

  • 8s;animation-iteration-count:infinite;-o-animation-iteration-count:infinite;-ms-animation-iteration-count:infinite;-webkit-animation-iteration-count:infinite;-moz-animation-iteration-count:infinite;background: fff;border-radius:7px 7px 0 0;height:15px;position:absolute;transform:scale. 自家製レアチーズケーキ、美味しかったです。

山猫珈琲店 (閉業)

3s ease-in-out;-o-transition:all. 2s linear;-o-transition:background-color. 白いカップに注がれた珈琲は、丸い印象ながら重みを帯びて、普段飲む中でもとりわけて美味しいと思わせられる部類のものだった。

  • 12に作成された記事です。

  • 2s linear;transition:background-color. Twitter 、インスタでも投稿しています。

  • 人が詰め込まれた空間のまま走る電車の中からは、時間にも空間にも縛られないで、季節の花が咲き添えられている路を、自分の足でゆっくりと歩くということが、とても優雅に思われたものだった。




2021 cdn.snowboardermag.com