ハチミツ に 初恋。 ハチミツとクローバー : 作品情報

少女まんが『ハチミツにはつこい』あらすじ 3巻 ネタバレ

ハチミツ に 初恋

ハチミツにはつこい のあらすじ 主人公の「小春」はこの春から高校生です。 なっちゃんは幼なじみで、 となりの家のしかもちょうど 小春の部屋のとなりの部屋に住む男の子です。 運命的な憧れるシチュエーションですよね! なっちゃんと小春はいつもいっしょで、 小さな頃からあたり前みたいにとなりにいました。 そんな二人は誰が見ても、 バカップルそのもののようで、 気づいてないのは本人たちだけなんじゃないかと、 仲良しグループの子達は思っていました。 高校生にもなったし、 幼なじみから恋人になるかと予想していました。 小春も、 いつだってまわりになに言われたって変わらない、 そんななっちゃんが好きだと感じていました。 しかし、、、 ふとしたきっかけでなっちゃんが保健室へ行くと、 保健の先生はいなくて、 そこにいたのは涙を流した綺麗な女性でした。 この時のなっちゃんの顔は 完全に一目惚れって感じでしたねぇ。。。 ちょっとの怪我にもなっちゃんは気づいてくれるし、 さりげなく優しいのでした。 入学式、小春は 新入生代表あいさつの3名に選ばれていて、 その中の一人に、西園寺秋という女性がいました。 とても綺麗で、綺麗な声で、 凛とした瞳で、 お人形さんみたいだなと小春は思いました。 別世界の人のようでした。 それはあのときなっちゃんが保健室で出会っていた、 綺麗な、しかしなぜか泣いていた女性なのでした。 なっちゃんは、なぜ彼女が泣いていたのか 気になっていました。 そりゃあ気になりますよね~笑 綺麗だし、 代表あいさつでは堂々と話していたそんな女性が 涙を流していたんですから。。。 なっちゃんと小春の関係に不穏を感じました。 「スキ」にはたくさん種類があります。 わたしなんて、 好きになるタイプなんて毎回違うし、 いまだにスキが likeなのかloveなのかはたまたただの憧れなのか愛しさなのか、、、 判断つかないことだってあります。 友達へのスキ、家族へのスキ、恋人へのスキ。 では幼なじみに対するのはどんなものなのでしょうか。 「ハチミツにはつこい」は、12巻まで出ていて完結しています。 水瀬藍先生の、 「なみだうさぎ」も有名です。 どちらも素敵かつとても切ない作品になっています。

次の

ハチミツにはつこい コミック 全12巻完結セット (フラワーコミックス)

ハチミツ に 初恋

椎名 小春と杉浦 夏生はとなりの家となりの部屋に住む幼なじみ。 ベランダ伝いにお互いの部屋も出入り自由な環境。 産まれた時からずっと一緒。 家族ぐるみで大の仲良し。 今日から揃って高校一年生です。 両親が忙しい為に幼い姉妹の面倒をしっかりみる小春は超料理上手。 いつも元気でサッカーが得意な夏生は明るくみんなの人気者。 まだまだ幼い二人はお互いに異性が近づく度に起きる胸の謎のモヤモヤや、今までになかったドキドキに戸惑います。 そしてその答えに先に気付いたのは小春でした「幼なじみに恋をした」 中学校からの親友、好花ちゃんとすみれちゃんは二人の恋愛成就を望んでいたので小春の恋を全力で応援してくれます。 でも側にいるのが余りにも自然になってしまっていた二人には、片方から言葉で伝えても身体に触れても心に「スキ」が届きません。 保健室で泣いていた西園寺さんに急速に惹かれていく夏生を止めることも出来ず、彼氏が出来たばかりの親友に相談も出来ず、ひとり泣いて悩む小春。 夏生が嬉しいことは自分も嬉しいのだから夏生の恋を応援しようと決心します。 そのためには自分も新しい恋をする努力をすることに。 小春に好きな人がいる?知ると落ち着かない夏生は全力で阻止に。 小春への独占欲から自分の恋心にやっと気付いた夏生。 幼なじみから恋人に代わってそれまでとは全く違う日常。 もっと近づき触れていたいとか笑顔が眩しくて胸ときめいたりとか。 変化に驚き戸惑う二人に妹にまで「リア充爆発しろ」なんて言われ爆笑。 特に夏生くんの小春への徹底した一途さと忠実さ、深い優しさに感激。 恋の未来は想うパワーで決まる。 どんな場所でも二人の世界に入るバカップルぶり。 好きな人をもっともっと幸せにしてあげたい。 望むことを受け止めて叶えてあげて、心配なことは全部除いてあげる。 自分たちの恋に夢中になりすぎて都築 冬哉くんの恋心に無神経な行動をとてしまうのには少し憤りを感じてしまいましたが、冬哉くんの幸せの為に惜しみ無く真剣に向かい合う小春の姿に、冬哉くんの小春への気持ちを知りながらも協力した夏生くんの気持ちも汲んで丸く収まる結果となり良かったです。 二人の恋に特に大きな試練もトラブルもなく、物足りなさを感じる読者もいるでしょうが、本当に大切なのは始まった恋をどのように育てて継続させるかだと思います。 産まれてからずっと一緒なのにもっと好きになれる発見の連続。 お互いに相手に対する感謝や優しさを忘れない卒業までの三年間、12巻はみんなが幸せになれる結末を迎える二人の素晴らしい恋の軌跡が沢山詰まった甘い物語でした。

次の

ハチミツ (アルバム)

ハチミツ に 初恋

「ハチミツにはつこい」3巻あらすじとネタバレ 「ハチミツにはつこい」3巻あらすじ 世界で一番たいせつで、大好きな幼なじみのなっちゃん。 だけど、大好きだからこそ、なっちゃんの恋を応援しようと決めた小春。 そんな小春になっちゃんが……!? もどかしくって、切なくて、心があたたかくなる幼なじみラブストーリー! 160万部突破!「なみだうさぎ」水瀬藍の最新作! 「ハチミツにはつこい」3巻 ネタバレ 夏生のことが好きだから、夏生と西園寺さんの恋を応援したいと思う小春。 小春が三神先輩と遊園地デートをしているのを独占欲から邪魔しまくる夏生。 友達のお陰で本当は小春が好きなんだとやっと気付いた夏生だけど、小春に好きな人がいると知った夏生が、小春の行動を気にし始めて…… 幼なじみ同士のもどかしい恋が、ついに動き出す!ようやく夏生が本当の恋に気付きましたね。 小春を追って走る夏生。 走り出したこの恋はもう誰にも止められる事はできないのです。 西園寺さんも好きな人いるみたいだし、西園寺さんにとって、なっちゃんが自分のことを好いてくれようがくれまいがどっちでもいいかもしれないけど、借り人競争で公開告白されて、皆に付き合ってるって勘違いされてるのに、急に放送で別の人に告白してるの見たら普通、え?ってなるよね 事実はどうであれ、かわいそう…ってなるでしょ 随分遠回りしたけれど、小春の想いがここで報われると思うととても嬉しいです。 けれどピアノの相手、都築も少し気になります。 小春を癒すピアニスト…が実は冬哉は予想通りだったけど、ああいうやり取り好きだ!ニヤニヤする。 好花の彼が予想外。 直哉さんは噛ませ犬!? だけど結構好きなタイプだったり。 夏生が段々小春に惹かれている気持ちに気付くのは素敵。 公開告白 放送とか素敵すぎてヤバイw予告も気になる感こすもを撮る件が地味に好き。 じなので楽しみすぎてじっとしていられないw混沌とし始める恋の関係。 優柔不断だし、遅いよ!遅すぎるよ!と思っていたら、いい感じになってきました。 そして、いい感じになったと思っていたら、ものすごくいいところで次巻に続きました…あぁ…。

次の