お 気楽 領主 の 楽しい 領地 防衛 - お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 読書馬鹿が選んだ小説家になろうおすすめ領主・生産系作品

俺だけレベルが上がる世界で悪徳領主になっていた 【WEB版】

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 読書馬鹿が選んだ小説家になろうおすすめ領主・生産系作品

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

『'お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜'』の詳細情報(N8733GF)

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 読書馬鹿が選んだ小説家になろうおすすめ領主・生産系作品

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

領主 お 楽しい 防衛 領地 の 気楽 お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

『'お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜'』の詳細情報(N8733GF)

眺めている内に、村からベルとカムシンが走ってきた。

  • 今後、ヴァン様との取引が出来なくなると困るから、欲しいものを半額で売るなんて言ってくれたんだ」 「……メアリ商会が? そんなことを即決で決められるのは商会長か副商会長くらいだけど……」 眉間に皺を寄せて悩むベルを他所に、ランゴは馬車の中を指差して口を開く。

  • ヴァン様へお渡しする分には一切手を付けていません。

  • お納めください」 「おぉ、ありがとう」 受け取ってからティルに預ける。

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

幾つかありましたので、同じ物を三機と、違う形状の物を三機、更に矢の装填箱を合計十個買って参りました」 「ありがとうっ!!」 僕は万歳しながらランゴに飛びつき、弩を受け取った。

  • 合わせて白金貨二枚と大金貨五枚です。

  • そう思っていた矢先、彼は帰ってきた。

  • 「後は調味料や作物の苗、それと、ヴァン様への献上品かな」 「献上品? おい、ちゃんとした物だろうな?」 ベルの目が細められる中、僕は横から顔を出した。

『'お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜'』の詳細情報(N8733GF)

しかし、8歳で行う魔術適性鑑定の儀にて、役立たずと揶揄される生産系魔術の適性があるという結果が出てしまい、ヴァンは侯爵家を追い出されることになってしまった。

  • じゃ、魔獣の素材は一番にベルさんとランゴさんに売るからね」 まさにwin-winの関係である。

  • 久しぶりの再会だ。

  • 「これでバリスタを作るぞ! 本当にありがとう! うわっほーい!」 僕は文字通り飛び上がって喜んだ。

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

なので、防壁から地上まで戻る時は建物の中を通らないといけない。

  • 「怪我、病の無い五体満足の二十歳以下百人と十歳前後五十人で大金貨八枚だよ。

  • そして、ティルの震えも止まらない。

  • 何故だが逆に謝られてね。

読書馬鹿が選んだ小説家になろうおすすめ領主・生産系作品

様々な部分で幼児とは思えない行動を見せ、一時期は神童と噂されるヴァン。

  • 「ありがたいですが、あまり無償で提供しない方が良いです! それを目当てにする者も現れますし、嫉妬や僻みを受けることもあります。

  • 「こちらが、王都でも最新最先端のものとなります」 そう言って取り出されたのは、なんと四角い箱のような物が取り付けられた大型の弩である。

  • 今日もカムシンは元気だ。

お気楽領主の楽しい領地防衛 〜生産系魔術で名もなき村を最強の城塞都市に〜

「おぉっ!」 森に向けて、バスバスと矢を射ってみる。

  • ギャグ多めで進行したいと思います。

  • ワクワクだぜ。

  • 「おかえりー」 「あ、ヴァン様! お久しぶりです! ただいま戻りました!」 頭を下げるランゴに頷いて応える。




2021 cdn.snowboardermag.com