ぱ イ ぱ ン デメリット 男性。 専業主夫のメリットとデメリット4つ

なぜ「イクメン」は嫌われるのか?男性も違和感の理由

ぱ イ ぱ ン デメリット 男性

あなたは自分のことを「イクメン or カジメン」だと思いますか?• 強く思う• どちらかと言えば、思う• どちらでもない• どちらかと言えば、思わない• まったく思わない このような質問をされたら戸惑いながら「2」と答えるぐらいのイクメン・カジメンライフを細々と送り続けてきましたが、知人の家庭や世間の家庭の様子をそれとなく伺っていて思うのは、 「ゆるふわ Fluffy な主夫型イクメン・カジメン」と 「マッチョ型イクメン・カジメン」ばかりが目立ち、それらの中間メンが少ないなぁ、ということ。 主夫型イクメン・カジメン 妻が外で働いて稼ぎ、夫が家庭を守る、というパターンですね。 戦後の典型的な家庭像をひっくり返したケースですが、育児や家事が割りと力仕事であることを考えると、夫婦合意の下、両者の素質や性格にマッチするのであれば、かなり合理的とも言えます。 マッチョ型イクメン・カジメン 仕事も家庭もバリバリこなす夫のことです。 このタイプは、一見するとフェミニズム的であり、女性の立場を理解して協力的であるように見えますが、その実は、男性的な「競争意識」の下、仕事も家庭も自分でコントロールしたいと思う「支配欲」や、自分はきちんと何でもこなせるという「優越感」が原動力となっているケースも少なくないと思います。 そのことは、おそらく夫自身もはっきりとは気付いていないでしょう。 仕事と同じように、「生産性向上」を家庭の至上命題と思い込んでいる節がありますし、それをゲーム感覚で自己満足的に取り組んでいる可能性も高いと思います。 仕事も家庭も適度にこなすイクメン・カジメン 以上の「主夫型」「マッチョ型」の中間として、仕事も家庭も適度にこなすイクメン・カジメンには、あまり出会わない気がします。 自分が出会っていないだけなのかもしれませんが、などを眺めると、妻の家事時間が夫の7倍であり、「名もなき家事」の9割が妻に偏っているとのことなので、やはり事実として中間型は少ないのかなと思います。 マッチョイズムと少子化と男女差別社会と 以上のような状況には、男女の結婚観も大きく影響しているんじゃないでしょうかね。 によれば、結婚相手に求める条件には男女で割りと大きな違いがあり、特に女性が男性に求めるものとして、「経済力+職業」と「家事・育児の能力」の両方を期待している点が特徴的です。 でも、上にも書いたように、仕事も家庭も上手くこなしていけるのは、かなり要領の良いマッチョ型です。 特に日本では、残業や飲み会なども含めて、仕事の拘束時間が依然として長い上、生産性が上がらないのに(上がらないため)給与額が下落傾向にある中、男性が経済力と家庭力の両者を提供するのは難しくなる一方です。 このような女性側の理想と男性側の現実との板挟み感が、日本人男性の幸福度の低さとしても現れるわけですね。 女性は経済力と家庭力を求めますが、それにマッチする男性の絶対数が少なければ、必然的に婚姻率は下がります(あるいは、幻滅する母を見た娘世代の婚姻率の低下につながるのかもしれません)。 独り暮らしに不自由しない程度にインフラや制度が整った国ですから、希望が叶わない状況では結婚へのモチベーションが上がりません。 祖父・祖母の世代に話を聞くと、「女が一人で生きていくのは色んな面で難しかった。 だから、無理にでも結婚した。 」という現実もあったようですが、今はそこまでの状況はないですよね。 一方、経済力と家庭力の両者を提供できるのは、一部のマッチョ型男性です。 ただし、この手のマッチョ型男性というのは、上にも書いたように、自分でも気付かない競争意識や支配欲、優越感を原動力にしている可能性があるため、女性蔑視とまでは言わないにしても、「男が上、女が下」という内在意識が備わっているように感じます。 極端に言えば、性差別を内在する男性と、それを許容する女性だけが、結婚という制度にスッポリと納まり得る、という何とも前時代的で皮肉な結末になるわけです。 男を家庭に導き入れる順序 物理的なマッチョである「筋肉」がこの世を支配することの無いように、人類は暴力を追放してきた歴史があります。 物理的マッチョが鳴りを潜めた世の中では、経済的マッチョが全盛となって、男性優位な社会経済が構築されていきました。 その経済的マッチョな社会も、欧米を中心に男女同権が進んで、行き場を失ったマッチョたちは、家事や育児に存在意義を求めるようになりました(一部)。 家事・育児マッチョは、筋肉マッチョや経済的マッチョと異なり、男性的な「競争」の場面が皆無であって、そこが難しいところだとは思いますが、虐待に至るような過度な競争を強いることなく、「男性」性を家事や育児の中で上手く昇華させられればなぁ、などと考えます。 日本版「イクメン・カジメン」の夜明け 日本の女性が男性に「経済力」を求めるのは、相変わらず女性の平均給与が男性よりも圧倒的に低く、女性の意欲をも奪うレベルで、社会システムのあちこちに「男性優位」が組み込まれているからでしょう。 そのような状況では、男性に経済力を頼ろうと思うのが普通です。 でも、男性が経済的にマッチョでありながら、家庭においてもマッチョになってしまうようでは、いつまで経っても男性優位の社会から抜け出せません。 男性優位のままでは、女性側の選択肢が狭まるため、婚姻ひいては挙児が少なくなり、少子化が加速します。 また、女性が能力を生かせないのは、損失でしかありません。 結局は、男性にとっても社会全体にとっても、長期的な視点に立てば損をしているだけですよね。 女性が男性に「経済力」を求めなくなった時、日本の「イクメン・カジメン」がやっと夜明けを迎えるのかなと思います。 関連記事• nezujiro.

次の

『ミセン』動画日本語字幕のフル配信を無料視聴!dailymotionやPandoraよりおすすめ!

ぱ イ ぱ ン デメリット 男性

スポンサーリンク 専業主夫のメリットとデメリット• 働かずに家事をして暮らせるメリット• 世間体が悪すぎるデメリット• 男性でありながらも子供の側に居られるメリット• 男性としてのプライドが折れるデメリット 働かずに家事をして暮らせるメリット 男性でありながらも働きたくない、と労働を避けたがる男性は存在します。 男性は通常、働いて出世をしてこそ一人前、とのイメージがありますが男性の草食化が進んでいる現代においては、出世や承認を求めずのんびりしていたい、と意欲を持たない男性も増えてきているのです。 怠けたいから働きたくない、との理由だけでなく、身体的な病気で働き辛い男性も。 社会人は通勤時間も含めると1日の約半分以上の時間を仕事に費やしています。 仕事にやりがいが見出だせず、仕事を嫌う男性にとって、専業主夫ほど恵まれた環境はありません。 男性ながらも、働かずに毎日家事をして過ごせる専業主婦を羨む人は多いのですが、専業主夫になれば、男性であっても専業主婦として、毎日を悠々自適に暮らせます。 料理、掃除、洗濯、買い出し、子育てなどの家事ができる事が条件であり、場合によっては自分の両親や義両親の介護をしなければならない事もあります。 他人の世話が苦にならない、家にこもっているのが好きならば、最高の就職先です。 専業主夫の生活に慣れて順調に家事をこなせるようになってくるころ、もう再び元の世界に戻れないのではないかという思いを抱くかもしれません。 そのとき社会復帰のための準備をするのか、専業主夫の道をさらに究めてゆくのかを自問しなければならないでしょう。 そのための心の準備はしておきたいものです。 出典 スポンサーリンク 世間体が悪すぎるデメリット 子供が産まれるまでは妻と二人で働いていましたが、出産後、育休を取れないぐらい妻が忙しく、また妻はどうしても仕事を続けたいということで、二人で相談してそうなりました。 また、私は有資格者なので、多少ブランクがあっても仕事に復帰するのは妻に比べて容易だということもあります。 妻は育児はともかく、正直家事には向いておらず、その自覚もあったので、双方不満はありません。 ところが、そういう背景説明は何度もしているのに、妻の実家が我々の夫婦関係の有り様が気に入らないようで、「いつまでも無職では困る」「世間体がある。 恥ずかしい」などと顔を付き合わせる度に言います。 合意の上でそうなっているのに、妻は自分の親にそう言われると何か曖昧な感じで話をぼやかします。 出典 未だに、男性は働いて当然との風潮があります。 働いていない男性は、人として劣っている、と社会はみなします。 実家が裕福であり、働く必要が無いのならばまだマシでしょうが、なにせ結婚をした女性に食べさせてもらっているのですから、情けがありません。 自分の親や、相手の親からは一人前の男性としてみなされないでしょう。 普通の感覚を持っている親ならば、「結婚をしているのだからお前も働け」ととやかく言うはずです。 元同級生、友人、近所の人、子供の友達、その親御さんからも、働いていない男性というだけで好奇の目で見られたり蔑視されます。 働いている奥さんだって、好奇の対象となるのです。 男性を養わなければならないなんて、可哀想な女性だ、余程自分に自信が無いのか、お金目当ての旦那なのだろうか、まるで旦那をペットとして飼っているみたいだ、と偏見の目で見られてしまいます。 誰にも会わずに暮らしていても、テレビや小説などで働いている男性を見る度劣等感を感じられます。 スポンサーリンク 男性でありながらも子供の側に居られるメリット 専業主夫となって一番良かったことは、やっぱり子供の成長とその過程を間近に感じられることでしょうね。 子供が学校から帰ってきた表情でその日の子供の気分もわかりますし、その後の変化もわかります。 そういう何気ない表情を見ることで心の動きも感じられるのでその時々に応じた言葉をかけられるんです。 出典 専業主夫「和夫」のメリット! 結婚をしても仕事は辞めたくない、と仕事に生きる女性にとって、家で家事をしてくれたり、子供の面倒をみてくれる専業主夫はとても有り難い存在です。 沢山稼げる女性ならば、メイドのように家の仕事をこなしてくれる男性を養うなど、大した負担にはならないでしょう。 子供が好きな男性ならば、専業主夫として沢山子供の側に居られるため、多くの思い出が作れます。 妻が出産のためにいやいや仕事を諦めたり、子育てのストレスから夫婦仲が悪くなるよりは良いですね。 男性としてのプライドが折れるデメリット 旦那の稼ぎが妻より少ないと、旦那が不能になりやすい傾向にあります。 専業主夫となるならば、男性らしい自分を諦めなければなりません。 他人からの尊敬、自尊心は捨て、養ってもらう格下の身分に徹します。 妻からも、立派な男性としては見られません。 妻が稼いでいるのですから、専業主夫は妻の言いなりに。 そこから浮気に発展する場合も多いのです。 男性は女性よりも性欲が旺盛であり、妻に不満があり、他の女性に癒やしを求め、専業主夫であるがために時間もあれば、ナンパをしたり出会い系に登録をし、浮気を始めてしまいます。 専業主夫である事がコンプレックスにもなりがちです。 一度仕事を辞めて専業主夫になると、再就職は困難であり、もしも妻に捨てられたり、妻が働けなくなるとお金に困ります。 女性ならば、母子家庭手当てが出やすかったり、他の男性と再婚できやすいのですが、男性、というだけで世間は冷たく、専業主夫をしていた自立心と職歴の無い男性の再婚は非常に困難となります。 自分が働いておらず、家でのんびりと過ごしている事に罪悪感を感じ、将来への不安も募ります。 専業主婦のメリット・デメリットはそれぞれの価値観による いかがでしたでしょうか。 以上が専業主夫のメリットとデメリットです。 人によって、メリットとデメリットの大きさは異なります。 プライドや不安よりも、家にいたい、楽をしたい、妻をサポートしてあげたい、との気持ちが強ければ専業主夫になっても良いのでは。 一方で、稼げる女性が増えてきていても専業主夫が少ないのは、女性からすると専業主夫を養うメリットが極小のため、という点も忘れてはいけない大切なポイントです。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

男性育児休暇はデメリット多し…それでも取得する価値(メリット)ある?│羽鳥研究所

ぱ イ ぱ ン デメリット 男性

ブサメンと付き合うメリット5つ 浮気をしない イケメンは、女性からモテる確率が圧倒的に高いです。 あなたとお付き合いをしていても、他の女性が手を出してくる可能性がないとは言いきれません。 またイケメンは女性からチヤホヤされやすいため、浮気をする機会や環境に恵まれていると言えます。 一方ブサメンは外見上の魅力が低いため、イケメンと比較するとモテにくい傾向にあります。 そのため浮気をする危険性が低く、他の女性に略奪される可能性も低いと言えるでしょう。 大切にしてくれる 多くのブサメンは恋愛経験が少ない場合が多いので、自分と付き合ってくれる女性をとても大切にしてくれる傾向があります。 「プレゼントをする」「彼女が好むデートを計画する」など、常に彼女の視点に立った行動を心がけてくれるのではないでしょうか。 また「彼氏から大切にされている」という実感は、女性に精神的な安定をもたらしてくれます。 ブサメンと付き合い愛されることによって気持ちが安定し、恋愛以外のことも上手くいきはじめるかもしれません。 中身重視の恋愛ができる ブサメンと付き合う時は、男性の外見ではなく中身を重視することになります。 「話が合う」「価値観が合う」「共通の趣味を楽しめる」といった、外見よりも中身を重視したお付き合いをすることができるでしょう。 相手の中身を重視した恋愛をすると、お付き合いも自然と長続きしやすいです。 安定したお付き合いをすることによって、結婚に至る可能性もぐっと高まるでしょう。 等身大の自分でも愛される イケメンと付き合う時は、イケメンにふさわしい外見を維持しなければならない場合もあるでしょう。 ファッションを彼好みにしたり、ダイエットに励んだり「嫌われないための努力」をする必要に迫られるかもしれません。 一方ブサメンとのお付き合いでは、ありのままの自分でいることができます。 ブサメンはこれまで外見で苦労をしている分、彼女の外見をけなすような発言はしません。 無理に頑張らない等身大の自分でも、十分に愛してくれるでしょう。 振られる危険性が低い ブサメンはこれまで恋愛のチャンスに恵まれてこなかったという人が多いため、現在の彼女と別れたら次の女性と出会えるかどうか不安だと感じやすいようです。 また「ブサメンの自分と付き合ってくれている彼女を手放したくない」と考えることもあるようです。 そんなブサメンとのお付き合いでは、彼から振られる危険性はぐっと下がるでしょう。 過去の恋愛のトラウマなどから彼氏に振られるのが怖くて男性とのお付き合いを躊躇している時や、真剣な安定したお付き合いがしたい時は、ブサメンは狙い目と言えるでしょう。 ブサメンと付き合うデメリットは? ブサメンとのお付き合いでは、やはり外見上のデメリットを感じることが多いようです。 周囲から美女と野獣カップルと噂されたり、どうしてブサメンと付き合っているのだろうと思われたりしがちです。 イケメンと付き合っている女性を見て「うらやましい」と感じることもあるでしょう。 逆に周囲からの評価が気にならない場合やブサメンの外見に抵抗がない場合は、こうしたデメリットを感じる機会はぐっと少なくなるはずです。 まとめ 外見上の魅力が低いブサメンとのお付き合いは、つい敬遠してしまいがちです。 ですがブサメンとのお付き合いでは、安心感や愛されているという実感を大いに得ることができます。 こうしたメリットは、恋愛をする上でとても大切なのではないでしょうか。 ブサメンだからといってすぐにシャットアウトするのではなく、彼らとお付き合いするメリットも考慮に入れながら、外見よりも内面を重視して恋愛のチャンスを広げてみましょう。 【あわせて読みたい】.

次の