かなおのイラスト。 尚月地 HP

人気ゲーム「プリコネ」が他者のイラストをトレース「お詫び申し上げます」

かなおのイラスト

アタシは、やりもせず諦めたりなんかしない!どうせなんて、絶対言わない! 概要 CV: の主要キャラクターの一人であると同時に、 の力を持つ に変身する。 頭の黄色いが特徴。 正義感が強く、曲がったことは許さない。 姉御肌で度胸もバツグンだけど、料理、裁縫など家事をこなすことやかわいいものが大好きなこと、後述の虫嫌いなどの弱点という女の子らしい一面もある。 だが物には元々あまり興味ないらしい。 やも同様。 とには「」と呼ばれており、pixivでもこの愛称が好まれている。 とは幼馴染みで、過去話を度々語られている。 第19話で名前の漢字表記が『直』であると推測されるが、劇中では名前を漢字表記されたことはない。 その理由として、名付け親である父親いわく 「オレのねがいはただ1つ。 まっすぐな子に育ってほしい!だから一直線の『なお』!」とのこと。 第35話では『』というロボットアニメに対し、「弟達が見ているけど、興味ない」とあり、やよいの盛り上がりに対しても「」と冷めた様子だった。 女子部所属ということで を彷彿とさせるがたぶん無関係。 後述するネタの豊富さが原因なのか、の中で関連ネタがダントツに多く、何かあったらすぐ記事が作成された。 は一貫して「 アタシ」、は馴染み深い人物や敵キャラクターには「 アンタ」、馴染みが薄い人物や頭が全く上がらない人物には「 あなた」をそれぞれ使い分けている。 はストーリー当初こそ、「 苗字+さん」だったが(実例:星空さん)、懇ろになったみゆきとやよいには「 名前+ちゃん」、敵や家族以外の年上の人物・馴染みが薄い人物・頭が全く上がらない人物には従来通りに「 苗字+さん」、・れいかと妖精・敵キャラクターにはへと変化する。 なお、家族には「 父ちゃん・母ちゃん・けいた・ゆうた・こうた・はる・ひな・ゆい」と呼ぶ。 言葉遣いは中性口調を常用し、敵や家族以外の年上の人物や頭が全く上がらない人物には、へと変化する。 ただし、敵キャラクターなど敬意のカケラすら全く感じさせない人物には、相手の年齢に関係なく敬語を全く使わず、で接する。 は「 直球勝負だー!」 家族構成 父: 母: 弟:・・ 妹:・・ 大工の仕事をしている父・源次と母・とも子、 下の兄妹には長男・けいた、次女・はる、三女・ひな、次男・ゆうた、三男・こうたの弟が3人、妹が2人の計5人いる。 両親は忙しいため弟妹たちの世話を任されており、しっかり者で面倒見がいいお姉さんでもある。 さらに42話では7人目の兄妹の四女・が誕生。 劇中で妹が誕生したのは前例としてがいるが、7人兄弟姉妹というのはプリキュア史上最多である。 そのためなのか、まだ中学二年なのに「」なんて呼ばれることもある。 また、の店をやっている伯父もいる。 兄妹が多いことと、家が他のメンバーと比べて質素に見えたことから、「緑川家=貧乏」が投稿されているが、劇中でそのような設定および描写は無い。 PIXIV内でそのようなイラストがあっても、あくまでネタの範疇を超えない。 各話ネタ• 1話 あかねがみゆきに「番長」と紹介されびっくりする。 4話 先輩に絡まれていたみゆきたちを助ける。 家族を守りたいという強い想いにより、に覚醒。 晴れて4人目のプリキュアとなる。 5話 過去に自分自身がキュアマーチに変身したことがまだ信じられなかったらしく、再び変身した時に「夢じゃなかった」と語っている。 まあ、普通ではありえないから、彼女がそう言うのも解る気もする。 11話 であることが明らかになる。 や、といった苦手な人が多い虫だけでなく、さらにはや、といったカワイイ部類や、といった()のモチーフになる虫でも駄目だった(最後には 気絶した)。 しかし小さくても一生懸命生きている虫達の姿を見て、それを「虫ケラ」とあざ笑うに対して怒りをぶつけ、…と思ったら やっぱり駄目だった。 簡単に苦手な物を克服するなんて、ご都合主義になるから仕方ない。 修学旅行先ではぐれたみゆきとやよいについて「しょっちゅう弟たちを探し回ってる」といい、迷子になった二人を探さなければいけない事態にも動じなかった。 つまり、みゆきとやよいは完全に「」扱いである。 また二人を探し回っている最中に腹の虫がなるほどお腹が空いてしまい、そのたびに 「お腹空いた…。 」と泣き言をいう始末であった。 15話 母親が登場。 名前はとも子、いかにも「オカン」と言う感じの外見である。 16話 学力成績では歴史が不得手教科で、第16話のが出した「徳川三代将軍の名前は?」という問題に対して 「い…家なんとか!」なんて答えを出していた(当然不正解)。 答えはだった。 なおのように不得手な人がいるのも納得いく部分もなきにしもあらず。 29話 ゲーム&夏休み最後の日の回。 アカオーニとの勝負。 この時、ホームラン級の当たりを風で戻そうとしてインチキをするアカオーニに対し、(頭突き)で押し返して勝利。 他にもで勝利した。 しかし、夏休み最終日なのに宿題が全然終わっておらず、「明日やればいいと思ってつい油断し」て主に弟、妹たちと遊んでいて宿題に手を全然つけなかったことを深く後悔し、とともに「」な状態になる。 れいかの一言で立ち直り、れいかの協力を得るものの「想像を遙かに超える量」が残っていたらしく、結局宿題は終わらず、他の3人と一緒に涙目になりながら補習を受けた。 どうやられいかの宿題を写すような真似はしなかったようである。 30話 不思議図書館で世界旅行の回。 その証拠に、5人が写っている写真全部何かしらのグルメを持っている(中には口を含みながらも)。 さらにの、のも食べたいと、まだまだ食べたりなかったようだ。 食べては腹ごなしに走り、お腹が空いては食べる。 なおちゃんのカー並の燃費に驚かされた回である。 35話 みゆきがまさかのでやよい大はしゃぎ。 しかしなおとあかねは女の子ゆえかイマイチ興味が持てなかった様子。 実際に操縦してみた際 「ごめん!今話しかけないで、集中してるから!」と発言するあたりなかなかリアルである。 巨大ロボに慣れている中学生なんてなかなかいないだろうから仕方ないと言えば仕方ない。 36話 あかねの気持ちをブライアンにどうやって伝えさせるかを4人で考える場面で、 直球勝負ななおは「こういうのは小細工無しだ!」とストレートに告白を提示する。 しかし、いざあかねを目の前にして自分が手本を見せようとすると途端に恥ずかしくなったようで、「す…す…好…! 言えるかああああああ!」となってしまった。 そして、魔法によって「かぼちゃの馬車の馬」にもなった。 また、ネズミの姿のせいか、もしくはパクト不所持だったせいかプリキュアに変身できず、アカンベエとの戦闘には参加できなかった。 42話 なおメイン回。 母親が出産で留守を任されるが、目を離した隙にひなとゆうたが、マジョリーナによって人質に取られてしまう。 意を決したなおは、弟妹達の目の前でキュアマーチに変身。 マーチ本人ではなく弟妹達に攻撃を加える卑劣なマジョリーナの戦法に大苦戦するも、マーチシュートインパクトで反撃し、辛くも勝利する。 幸い、なおがマーチに変身したことは全員夢だと思いこんでいたようで、正体はバレずに済んだ。 そして無事生まれた女の子は「ゆい」と名づけられる(「人と人との絆を結び付けてくれる子になってほしい」という由来から、漢字は「結」と思われる)。 その他 :なお、彼女はのとのを合わせたネーミングである。 :詳しくはを参照。 こちらは。

次の

人気ゲーム「プリコネ」が他者のイラストをトレース「お詫び申し上げます」

かなおのイラスト

「」は、「セクシーな女性キャラクターの表現」に特化して人物イラストの描き方を指南する主旨の書籍です。 著者はグラマラスな女性のイラストで人気の高いイラストレーター、方天戟氏。 女性の体の構造から各パーツの描き方に加え、様々なポーズや女性らしい仕草の作例を多数収録したほか、見た目から内面を感じさせるようなキャラクターづくりのコツや、陰影によるシチュエーション表現などにも言及しており、イラストレーターが女性の身体を作画する際に留意しているポイントがわかる内容となっています。 本記事では、Chapter2「女性の体のパーツを学ぼう」から、「女性らしい体のパーツの特徴」についての解説と、「首元と鎖骨を描く」際の考え方および描き方のプロセスについてご紹介します。 さらにより女性らしく描くためのサブパーツ「肩と脇」「鎖骨」「ウエスト」「指先」を上手に描くことで、より魅力的なキャラクターに仕上げます。 女性らしさを表す3大パーツ 「乳房」「お尻と局部」「足」の特徴を知ろう。 乳房 微乳(知性・繊細・幼なさ)や巨乳(セクシー・陽気・包容力)など、描く乳房の大きさや形でキャラクターの性格、垂れ具合などで年齢を印象付けることができます。 お尻と局部 ズボンやスカートを身に付けていても、ヒップラインやパンチラで女性らしさ、セクシーさを強調できるパーツです。 足 男性にはないスラリとした足や引き締まった足首、逆にぽっちゃり肉付きのよい足など、違ったセクシーさを描き分けることができます。 鎖骨 やわらかな乳房を引き立たせる鎖骨もセクシーポイントの一つです。 肩、脇周辺 メインである乳房の魅力をさらに高める部位で、乳房とのバランスを考えながら描くことが大切です。 指 細くきれいな線を持つ女性の指先は、女性らしい仕草によってさらにセクシーさを増します。 ウエストまわり ゴツゴツした男性の腰まわりと違い、細身であってもへそ周辺などにこんもりと脂肪が付きやすく、その肉感的なラインが魅力的です。 体のパーツのバランスを考える たとえば、女性らしさの象徴である乳房を描く時、乳房自体は大きくても肩幅が広かったりすると相対的に目立たなくなります。 周辺部位のバランスを考えて描くことが大切になります。 首から鎖骨のラインを魅力的に描く 筋肉質で無骨な男性の首まわりと違い、華奢な首から鎖骨のラインに女性らしさを感じる人は多いはず。 ここでは、首から鎖骨にかけた女性らしいラインをきれいに描写することがポイントとなります。 鎖骨の位置と形状 鎖骨とは、胸骨と肩甲骨をつなぐように水平に位置する13~14センチほどの棒状の骨で、ややS字上にカーブしています。 角度を変えて見た女性の首元と鎖骨 正面からは表現しづらい女性の首まわりですが、横や斜めから見るとよりはっきりした描写が可能になります。 首元と鎖骨の描き方のプロセス 女性らしさを表現する上で重要な部位ですが、大切なのは、首元と鎖骨のラインを強調しすぎず、体型に見合ったラインを描くことです。 描く角度に合わせて、体の中心線と横幅、首の太さ(楕円状)と鎖骨ラインのアタリを取ります。 ・背骨のアタリを取ることで、首、肩、乳房の向きなどが描きやすくなります。 ・楕円の縦の中心線が体の向きを示します。 アタリに合わせて首元周辺、肩、胸のラインを立体化していきます。 ・楕円に沿って、円柱状に首を描き加えます。 ・肩や腕を描き加えます。 ・体の向きと奥行きを考えながら描きます。 それぞれのパーツを描き込み、女性らしい肉付きのラインを出します。 ・鎖骨など、女性らしいラインに仕上げます。 ・女性らしさの象徴、乳房のラインは慎重にセクシーに描きます。 よりリアリティを増すように影を付け、仕上げていきます。 ・華奢な鎖骨のラインでセクシー感をアップ。 ・脇のシワなどディテールもしっかり表現。 ・光と影の方向を意識し、立体的に仕上げます。

次の

なおれい (なおれい)とは【ピクシブ百科事典】

かなおのイラスト

「」は、「セクシーな女性キャラクターの表現」に特化して人物イラストの描き方を指南する主旨の書籍です。 著者はグラマラスな女性のイラストで人気の高いイラストレーター、方天戟氏。 女性の体の構造から各パーツの描き方に加え、様々なポーズや女性らしい仕草の作例を多数収録したほか、見た目から内面を感じさせるようなキャラクターづくりのコツや、陰影によるシチュエーション表現などにも言及しており、イラストレーターが女性の身体を作画する際に留意しているポイントがわかる内容となっています。 本記事では、Chapter2「女性の体のパーツを学ぼう」から、「女性らしい体のパーツの特徴」についての解説と、「首元と鎖骨を描く」際の考え方および描き方のプロセスについてご紹介します。 さらにより女性らしく描くためのサブパーツ「肩と脇」「鎖骨」「ウエスト」「指先」を上手に描くことで、より魅力的なキャラクターに仕上げます。 女性らしさを表す3大パーツ 「乳房」「お尻と局部」「足」の特徴を知ろう。 乳房 微乳(知性・繊細・幼なさ)や巨乳(セクシー・陽気・包容力)など、描く乳房の大きさや形でキャラクターの性格、垂れ具合などで年齢を印象付けることができます。 お尻と局部 ズボンやスカートを身に付けていても、ヒップラインやパンチラで女性らしさ、セクシーさを強調できるパーツです。 足 男性にはないスラリとした足や引き締まった足首、逆にぽっちゃり肉付きのよい足など、違ったセクシーさを描き分けることができます。 鎖骨 やわらかな乳房を引き立たせる鎖骨もセクシーポイントの一つです。 肩、脇周辺 メインである乳房の魅力をさらに高める部位で、乳房とのバランスを考えながら描くことが大切です。 指 細くきれいな線を持つ女性の指先は、女性らしい仕草によってさらにセクシーさを増します。 ウエストまわり ゴツゴツした男性の腰まわりと違い、細身であってもへそ周辺などにこんもりと脂肪が付きやすく、その肉感的なラインが魅力的です。 体のパーツのバランスを考える たとえば、女性らしさの象徴である乳房を描く時、乳房自体は大きくても肩幅が広かったりすると相対的に目立たなくなります。 周辺部位のバランスを考えて描くことが大切になります。 首から鎖骨のラインを魅力的に描く 筋肉質で無骨な男性の首まわりと違い、華奢な首から鎖骨のラインに女性らしさを感じる人は多いはず。 ここでは、首から鎖骨にかけた女性らしいラインをきれいに描写することがポイントとなります。 鎖骨の位置と形状 鎖骨とは、胸骨と肩甲骨をつなぐように水平に位置する13~14センチほどの棒状の骨で、ややS字上にカーブしています。 角度を変えて見た女性の首元と鎖骨 正面からは表現しづらい女性の首まわりですが、横や斜めから見るとよりはっきりした描写が可能になります。 首元と鎖骨の描き方のプロセス 女性らしさを表現する上で重要な部位ですが、大切なのは、首元と鎖骨のラインを強調しすぎず、体型に見合ったラインを描くことです。 描く角度に合わせて、体の中心線と横幅、首の太さ(楕円状)と鎖骨ラインのアタリを取ります。 ・背骨のアタリを取ることで、首、肩、乳房の向きなどが描きやすくなります。 ・楕円の縦の中心線が体の向きを示します。 アタリに合わせて首元周辺、肩、胸のラインを立体化していきます。 ・楕円に沿って、円柱状に首を描き加えます。 ・肩や腕を描き加えます。 ・体の向きと奥行きを考えながら描きます。 それぞれのパーツを描き込み、女性らしい肉付きのラインを出します。 ・鎖骨など、女性らしいラインに仕上げます。 ・女性らしさの象徴、乳房のラインは慎重にセクシーに描きます。 よりリアリティを増すように影を付け、仕上げていきます。 ・華奢な鎖骨のラインでセクシー感をアップ。 ・脇のシワなどディテールもしっかり表現。 ・光と影の方向を意識し、立体的に仕上げます。

次の