価格 引越し 業者。 引越し業者の選び方

一人暮らしにおすすめの引越し業者ランキング10選【安いのはどこ?】

価格 引越し 業者

また電化製品も全て丁寧に梱包してくれた。 開始時間も遅かったから疲れていただろうけどとても丁寧で感じ良かった! そして子供にもちゃんと相手してくれた。 引越し当時の状況を想像しやすいため、自分に合った引越し業者かどうかを調べることができます。 荷物の詳細や不用品の処分もしっかり聞いてくださって、値段の交渉も希望を聞き出してくれたので大幅に値下げをしてもらえた。 明るく気さくでとても丁寧な対応の仕方だった。 【料金】 最初は10万を越える金額で、無理を言ってこのくらいで考えてますと言ったらそれより更に料金を下げてくださったので本当にありがたかった。 どのように最終的な金額を決めたか、金額交渉に応じてくれるか否かを確認できる口コミも、チェックしておきましょう。 自分にぴったりなサービス内容を提供してくれる会社を探すのも、業者選びの大切なポイントでござる! 業者選びに迷ったら、各業者が提供するパックやプランも比較をしてみましょう。 例えば、単身の方には格安の、新居に荷物が入れれない人にはといった、最適なプランを提供してくれる会社を探すと良いです。 また、プランとは別にオプションサービス(付帯サービス)の内容や料金をチェックするのもおすすめです。 例として、引越し時に出たや荷解き後のなどは、欲しい人にとってはありがたいオプションサービスですよね。 基本のプランと付帯サービスの2点も含めて、引越し業者を見比べていきましょう。 「少しでも安い費用で引越しをしたい」と考えるなら、見積もり金額の相場を知って比べてみるでござる!! 引越し業者の提示料金には定価が無いので、同じ引越しの条件でも、見積もりを出してくれる業者によって金額が変わります。 これは業者によって、トラック1台あたりの運賃の設定や作業員の人件費が異なったり、作業スケジュールの空き具合に違いがあるからです。 引越し業者ごとの見積もり料金の差 そのため、ご自身の引越しを一番安い金額で請け負ってくれる業者と契約すれば、数千円~数万円単位の費用を安くすることも可能になります! まずは、自分の引越しにいくらぐらいかかるのが相場なのかを把握してから、見積もりの依頼を出すと良いでしょう。 引越し業者選びに迷ったら一括見積もりをご利用ください!.

次の

引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

価格 引越し 業者

見積り価格 引越し業者 特徴 1位 51,975円〜• 見積り時に個人情報を伝えなくてもホームページ上で簡単に料金が計算できる。 引越し作業の丁寧さとスピード、スタッフたちの対応の評判が高い。 創業52年の実績を持つ老舗で、リピーターの多い引越し業者。 天草引越しセンターを利用した人の格安引越し体験談 一人暮らしを始めてから、初めて引越しをすることになりお世話になりました。 自分で手配するのは初めてだったためドキドキ。 コールセンターに問い合わせて見積もりから手配までしてもらいました。 値段が安かったのがこちらに決めた一番の理由です。 コールセンターの方は、とても親切で、いろいろ相談にのってくださったのを覚えています。 引越し当日に作業してくださった方は、寡黙で特に愛想がよかったりしたわけではありませんが、作業自体は丁寧でしたし、特に問題を感じるようなこともありませんでした。 こちらの都合で、途中引越し日の変更などもお願いしてしまったので、いろいろ大変だったと思います。 それでも丁寧に作業や手配してもらえたので、また引越しする際には利用したいと思います。 2位 61,000円〜• 無名ではあるがリピーターがほとんどの隠れた実力派引越し業者。 派手な宣伝をしない分、顧客に格安引越料金で利益還元。 創業21年の実績。 FC東京の公式スポンサーでもある。 引越しのアンクルを利用した人の格安引越し体験談 家族からは「もっと大手じゃないと心配じゃないの?」と言われましたが、県内での引越しだったのでお金をかけたくなく、知り合いが安いと言っていたアンクルさんにお願いしました。 営業の方は特に推しが強いわけでもなく、大手さんはここがいい…と正直にいろいろ教えてくださったのは好感が持てました。 作業自体は手際も良く、真面目な作業員さんが来てくださったので概ね満足かな。 むしろ、ボロボロだった本棚を丁寧に運んでもらい、逆に申し訳なくなるくらいでした。 対応も悪くないですが、人によってはパンフレットなど髪のツールがないことに不安を感じる人もいるのかもしれません。 自分としては、無駄に広告宣伝費にお金をかける業者よりはいいかな、という判断でした。 3位 63,000円〜• プランが細分化されていて、上手に組み合わせれば格安の見積りも可能。 オンライン上で簡単に無料見積りが可能。 LIVE引越サービスを利用した人の格安引越し体験談 県外への引越しでこちらを利用しました。 私はインターネットの見積もりで20社以上見積もったのですが、一番安かったのがLIVEさんでした。 単身世帯ならとても安いと思います。 ダンボールは無料でもらえる枚数が限られているなど、安いなりにコストカットされている部分もありましたが、安く引っ越したいなら、自分も動いて手配しなければならないものが増えるのは当然だと思っています。 運び出し作業の手際もよかったですね。 今回安くできたのは、日程を多少業者さんの都合に合わせて決めても大丈夫だったからだと思います。 転出日と搬入日が違ったのですが、途中旅行気分で道中も楽しめたし、こちらとしてはいい思い出になりました。 4位 68,000円~• 分かりやすい見積りが評判。 全国200ヶ所の拠点で引越しをサポート。 ゴミを出さないエコBOXによる引越しができる。 環境意識が高い。 5位 75,600円〜• 引越しの日時など融通をきかせれば、大手であっても安い料金提示された。 業界大手ならではの安心感と料金のバランスがとれている。 女性スタッフのみで対応するプランやシニア向け、学生プランも有り。 6位 75,600円〜• 長距離引越しが得意で、割安になるプランを用意している。 毎年全国で10,000件以上の引越しを手掛けているので信頼できる。 梱包資材は無料提供。 7位 75,600円〜• 東京・神奈川・千葉・埼玉の引越しに強い。 首都圏なら格安見積りの可能性が高い。 細分化されたプランを組み合わせることで、安い引越しになる。 随時開催している各種キャンペーンを利用すればお得。 8位 83,500円〜• 24時間オンライン見積りや訪問見積りで明快な料金提示。 サービス拠点は全国200ヶ所。 全国にネットワーク。 引越しインストラクターが各地にいて、きめ細やかなサービスを提供している。 9位 86,400円~• 訪問による見積り依頼した人全員にお米(1kg)をプレゼント。 提示される料金は高めだが、交渉次第では安くなる可能性有り。 売上・作業件数は業界トップクラスの大手企業による安心感。 10位 89,000円〜• 首都圏・関西圏が得意。 沖縄引越しプランがあり特に沖縄への引越しは、価格面でも優位性がある。 引越しと同時にリサイクル品や不用品の買取りも依頼できる。 無料サービスが豊富。 基本料金なら格安の見積りになるが、オプションを付けていくとそれなりの料金相場になる。 引越し品質にこだわりがあり、接客から作業、交通マナーまでしっかりと教育されている。 中小規模の業者だが、全国への引越しに対応。 12位 108,000円〜• プランが細分化されていて、依頼すれば営業スタッフが適切なプランをアドバイスしてくれる。 作業員全員「身元保証人」付制度で安心。 トラックも全て自社便。 40年以上の歴史がある引越し業界の大手。 13位 108,000円〜• 大手運送企業だけあり、料金は高め。 格安ですませたいなら閑散期が狙い目。 1年間無料で新生活を応援するサポートサービスが受けられる。 日本全国を網羅するネットワークを誇る。 海外引越しにも対応。 14位 110,000円~• とにかく料金を抑えたいなら輸送だけを任せる「節約」プランがオススメ。 オンライン上で概算費用のシミュレーションができる。 大手運送企業。 全国は元より海外への引越しにも対応できる。 15位 120,000円〜• 長距離引越しが得意で、割安になるプランを用意している。 毎年全国で10,000件以上の引越しを手掛けているので信頼できる。 梱包資材は無料提供。 価格等は条件によって変わるので、正確な情報をお知りになりたい時は公式サイトで問い合わせてください。 今回の見積もりの内容 〈見積り時に業者に提示した条件〉• 引越世帯:大人2人、子供1人• 引越し予定日:6月下旬• 時間指定:なし(一応日中に作業を終えるよう希望)• 荷物量:2tトラックロング~3tトラック一台分• 作業人数:2~3名 〈荷物の内容〉 リビング関連 テレビ40インチ以上、テレビ台、ソファ 3人掛け 、ソファ 2人掛け 、テーブル 3人以上 、チェスト 大 、カーペット 10畳以上 キッチン・バス関連 冷蔵庫 3ドア 、食器収納、電子レンジ、洗濯機 寝室・書斎関連 ダブルベッド、布団 2組 、タンス 大 、衣装ケース 6個 、パソコン デスクトップ 屋外・その他 自転車、エアコン、ファンヒーター、照明器具、段ボール 25個 見積りが一番安い引越し業者は、天草引越センター 今回、大手・中小の引っ越し業者・15社の見積りをとってみましたが、結果ダントツで安かったのは、 「天草引越センター」でした。 同一条件で比べてみても2位の「引越のアンクル」や3位の「LIVE引越センター」と 1万円くらいの差がついています。 よくよく調べてみるとこの天草引越しセンター、業界ではかなりの老舗で、ファンの多い 隠れた優良引越し会社のようです。 見積もり金額の提示も大抵の会社が電話か訪問での受付なのに対し、天草引越センターは自社のホームページから簡単にとれてしまいました。 それも、ただ手軽なだけじゃなく、これが面白いんです!実際に行った見積もりシミュレーションの様子を紹介します。 ホームページにある見積りシミュレーションに、荷物を選んで入力するだけ。 その荷物を天草引越しセンターのスタッフがアニメーションでせっせとトラックに積み込んでいきます。 詳細な住所やURLなどの個人情報を入力する必要無し!大まかな現住所と引越し先の情報を入力するだけ。 後は入力した情報を確認するだけ。 ここまで5分もかかりません。 荷物かなり多めですね…。 あっという間に見積り価格が表示されました。 ここで示された価格から 追加料金がかかることはないそうです。 これで俄然興味をひかれた私は、この天草引越センターという業者とその安さの秘密についてもう少し探ってみたくなりました。 引越し料金が業界最安値の理由とは? 天草引越センターで見積りをとった時にあまりに安い料金のため、最初は追加料金が発生するのでは…?と疑っていました。 そこで直接確認をしたのですが、追加料金は基本的に一切かからないと明言されました。 会社として明朗会計を売りにしているらしく、心配はいらないとのこと。 どうしても気になったので、担当者になぜこれほどまでに安いのかを訊いてみました。 すると、長年引越しに携わってきたおかげで、 独自のノウハウが確立されたら、とのお答え。 都心の30km圏内で効率よく、より多くの引越しをこなすビジネススタイルは、他社が絶対に真似できないほどの独自の方法があるのだそうです。 またホームページを見ればわかりますが、「5円引越し」や「基本料金5%割引キャンペーン」、「創業50周年お客様感謝キャンペーン」など、お得な料金で引越しできるキャンペーンが随時開催されています。 これらを上手に利用すれば、ただでさえ安い引越し料金がさらに格安になるみたいですね。 最安値でありながらも最高のクオリティを追求 天草引越センターが持つ独自の効率化ノウハウのひとつが、他社が2件の引越しをする時間で、3件こなすことができる スピード対応が自慢。 単身者の引越しなら30~40分で搬出し、運送込みで3時間かからないそうです。 トラックが空いていれば即日でも引越しが可能とのこと。 こうした効率化によって 一日に数多くの依頼をこなせるので、その分格安料金で提供できるという訳です。 引越し作業自体も、必ずベテランのプロ作業員を2名同行させ、クオリティにおいて一切妥協はないよう。 作業スタッフは教育が徹底しているそうで、あっという間に積み込み・積み降ろしを完了させるそのスピードにプロとしてのこだわりがあるようです。 見積りが自社ホームページで簡単にわかる! 先に紹介しましたが、自社ホームページ上で 見積りシミュレーションが無料できます。 個人情報を入力しなくてもOKですから、気軽に見積もりを試すことができます。 一括見積りサイトと違って 勧誘の電話やメールがくることもありません。 24時間インターネットからの予約がOKで、フリーダイヤルのコールセンターは9:00〜18:00まで対応しています。 まず簡単にできる見積りシミュレーションしてみてはいかがですか。 きっと他社にはマネできない驚きの格安引越し料金が提示されるはずですから。 安い引越し実現のためハウツーガイド 格安での引越しを実現させるため、知っておくべき数々の情報をまとめました。 各業者の割引プランを確認し、有効に利用できる内容であれば積極的に利用しましょう。 割引プランの一例として挙げられるのが「混載便プラン」。 1台のトラックで、複数世帯の荷物をまとめて運ぶプランです。 業者にとって人件費も燃料費も節約となるため、料金も格安となります。 他にも、帰りの空車を狙った「帰り便」、日時お任せの「フリー便」、トラックとドライバーだけをお願いする「チャーター便」など、各社多彩なサービスがあります。 その他の引っ越し料金を格安にする方法 単身専用パックを使う 単身パックとは、荷物が少ない人のための引っ越しプラン。 荷物の量や家財道具が少ない単身者のためのプランです。 引っ越し会社が用意するコンテナボックスや小型トラックに荷物がすべて入りきれば、格安料金で引っ越しを行なうことができます。 この単身パックを使えば、同じ都道府県内や同じ市内への移動であれば、1万円程度の格安料金での引っ越しも可能。 荷物を減らして単身パックを申し込めば、数万円程度引っ越し代金をカットできるので、いらないものは事前にリストアップして引越しに向け計画的に処分していくと良いでしょう。 長距離引っ越しに「混載便」を使う 片道100km以上の長距離については、船や飛行機などトラック以外の輸送手段を使う場合があるため、どの会社も料金が高め。 しかし、移動先が同じ荷物を一つのトラックに積み込む「混載便」なら、通常の料金よりも格安で引っ越しをすることができます。 荷物の量が少ないけれど遠方に引っ越すので単身パックは使えない、といった方は混載便の利用もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 個人の業者を使う いわゆる大手の引っ越し会社ではなく、個人で引っ越しを請け負っている業者を利用する方法もあります。 複数の事業者が同一のサービスを提供しているので、料金やサービス内容、対応エリアなどでマッチングを行ないます。 しかし個人の業者の場合、大手の引っ越し会社ほどサービスが行き届いていない場合があります。 そのためマッチングサービスで引っ越し業者を探す場合は、利用者の感想や評価も必ずチェックするようにしましょう。 訪問見積もり時に値引き交渉 大手の引っ越し会社でも、訪問見積もりの際に値引き交渉を行なって価格を下げてもらうことができます。 すべての会社が値引きに対応しているわけではありませんが、値引きできるか聞いてみるだけでも良いので、一度交渉をしてみることをおすすめします。 安くなる魔法のワードと言ってはならないNGワードを知る 引っ越し料金を安く見積もってもらう場合、条件をつけないことで料金を下げてもらえる可能性があります。 一例として、引っ越し会社から日時を尋ねられたときに「日時はお任せします」と答えると、引っ越し会社は混み合う日時を避けて安い日を提示してくれます。 値引きに対応していない引っ越し会社でも、日時をお任せにすることで安い日を教えてくれる可能性があります。 反対に、土日祝日の朝から昼にかけての時間帯を指定してしまうと、混雑日にかかってしまうため料金が下がりません。 日時や配送ルートなど、細かく条件をつけることで値引きにも応じてもらえない可能性があるため、申し込みの段階で引っ越し業者にお任せして、相手の出方を探ってみてください。 段ボールを自分で調達する 業者によっては、段ボールが有料になっている場合があります。 自分で調達しておき、梱包もすべて事前にやっておくことで、引っ越しにかかる料金を安く抑えることができます。 段ボールが無料だとしても、引越し当日に用意していただいた段ボールに荷物を詰める作業を行うとなると時間も労力もかかりますし、想定していたよりも段ボールの数が多くなったとなると面倒ですので、事前に自分で調達する方がスムーズに進むかと思います。 「帰り便」を利用する 引っ越し会社がA地点からB地点へ向かうとき、B地点からA地点へ戻る復路にも荷物を載せられるため、通常料金よりも安く引っ越しを受注しています。 引っ越し会社としては、空の状態で戻るよりも1軒でも多く引っ越しを受注したいので、帰り便が利用できればかなりお得に。 ただし帰り便の数自体は多くはなく、利用の申し出をしても便そのものが出ていない可能性も。 引っ越しが決まった時点でネット検索し、帰り便に対応している引っ越し会社を絞り込んでおくと良いでしょう。 引っ越し業者に好かれる 引っ越しを安く済ませるために、引っ越し会社の「お得意様」になるという方法があります。 これは大手の引っ越し会社から個人経営の引っ越し業者まで、規模にかかわらず適用されるサービスです。 2回目以降の利用で割引になるサービスや、顔を覚えてもらうことでお得意様として料金を値引きしてもらえる可能性も。 一度利用した引っ越し会社をもう一度使う、あるいは知人などを紹介しておくといった方法で、お得意様を目指しましょう。 0003. the0123. apple-hikkoshi. amakusa-ex. 2626. hikkoshi-sakai. nittsu. hato. uncle-k. prorow. 505555. fukutsu. 008008. live1212.

次の

引越し業者、何で選ぶ?信頼?価格?

価格 引越し 業者

単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 52,210 円 平均 75,761 円 平均 99,206 円 平均 124,872 円 平均 156,449 円 平均 211,717 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 42,496 円 平均 58,981 円 平均 78,374 円 平均 99,966 円 平均 122,343 円 平均 149,220 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 47,698 円 平均 64,493 円 平均 89,964 円 平均 112,434 円 平均 143,856 円 平均 192,766 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 51,419 円 平均 82,816 円 平均 116,164 円 平均 146,649 円 平均 178,904 円 平均 252,965 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 59,989 円 平均 98,207 円 平均 153,954 円 平均 195,514 円 平均 243,687 円 平均 347,415 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 69,406 円 平均 120,496 円 平均 212,637 円 平均 275,409 円 平均 310,461 円 平均 374,965 円 また、アート引越センター塚本斉さんによると、繁忙期の中でも特に料金が高くなる時期があるとのことです。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でもたとえば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、その中でも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 繁忙期に引越しを予定している人も、3月中旬までや、4月中旬以降に引っ越すことで、一番費用が高い時期を避けることができます。 単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 44,358 円 平均 57,503 円 平均 75,151 円 平均 93,485 円 平均 116,447 円 平均 165,171 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 36,609 円 平均 48,514 円 平均 65,379 円 平均 80,743 円 平均 100,097 円 平均 143,342 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 38,730 円 平均 50,077 円 平均 71,478 円 平均 90,917 円 平均 118,388 円 平均 156,573 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 46,950 円 平均 65,166 円 平均 88,235 円 平均 105,027 円 平均 134,730 円 平均 189,609 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 56,149 円 平均 81,866 円 平均 111,441 円 平均 147,811 円 平均 180,431 円 平均 230,000 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 65,776 円 平均 100,545 円 平均 157,987 円 平均 198,821 円 平均 240,697 円 平均 341,262 円 単身引越しの場合、繁忙期であれば、4万円~6万円、通常期であれば、3万円~5万円が相場と言えそうです。 また、 3人世帯が同一県内に引越した場合(50km未満)、繁忙期であれば、平均相場は11万円程度、通常期であれば8万円程度です。 これに加え、新しい住居の契約時の初期費用には、以下のようなものがあります。 1.礼金 礼金とは、住宅を借りる際に貸主(大家さんなど)に渡す費用のことを指します。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、礼金を必要としない場合もあります。 退居時に返還はされません。 2.敷金 敷金とは、補修費用や家賃が支払われなかったときのために、貸主が借主から預かっておく費用のことを言います。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、敷金を必要としないケースもあります。 敷金は礼金とは異なり、入居している間に賃料の滞納や補修費用が発生しなければ、退居時に返還されます。 3.前家賃 契約時に賃料の翌月分を前払いするケースが多くなっています。 例えば、3月に契約、4月からの入居が決まっている場合、契約時に4月分の家賃を前払いします。 また、4月の中旬からの入居が決まっている場合は、4月分の家賃(日割り計算)にプラスして5月分の家賃を払うことが一般的です。 4.仲介手数料 不動産会社を介して住居を探す場合は、月額賃料の0. 5カ月分~1カ月分の範囲内で仲介手数料が必要となることが多いです。 しかし、賃貸借契約とは別なので、自分で火災保険を選ぶことも可能です。 保険料や保険の適用範囲などを丁寧に確認し、自分にあった保険を選ぶのがいいでしょう。 上記のような費用を全て含むと、相場としては 賃料の4カ月分~6カ月分と考えることができそうです。 賃料や敷金・礼金の設定によって大きく変わるため、住居を決める際には必ずあらかじめ計算をしてみるようにしましょう。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日117,944円に対して、土日117,659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 時間帯別の引越し費用相場 引越し時間帯別の費用は、曜日別の費用よりも大きく変わる傾向にあります。 単身者の引越しの場合、一番安い7時以前と一番高い8時ごろの平均金額の差は33,101円です。 家族・カップルの引越し料金では、一番安い19時以降と一番高い7時以前の平均金額の差は83,781円もあることがわかりました。 基本運賃 引越しの距離や作業時間によって決まる料金です。 見積もり書に必要な項目などのモデルとなる約款を国土交通省が定めています。 実 費 引越し作業員の人件費や、ダンボール箱などの梱包資材費、高速道路を利用した場合の交通費などです。 付帯サービス エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送料、ハウスクリーニング、不用品処分など様々なサービスが提供されています。 引越し費用の安い時期・高い時期 引越しが集中する繁忙期は、3~4月と言われています。 この時期は、学生であれば「入学」「卒業」、社会人であれば「就職」「転勤」と、新しい生活を始める人が多い時期です。 反対に、繁忙期である3~4月を除いた期間のことは「通常期」と言われています。 繁忙期と通常期の引越し料金相場について、もっと詳細に月別のデータを見てみましょう。 右記は荷物が少なめの単身者の月別の引越し料金相場データです。 最も引越し料金が高いのは3月、次いで4月ということで繁忙期が高いという結果になっています。 次に、家族の引越し料金を見てみましょう。 右記は4人家族の月別の引越し料金相場データです。 単身者のデータと同様、3月と4月が最も引越し料金が高いのですが、通常期との差が単身者より大きいのが特徴です。 家族の引越しの場合、休みを合わせる必要があるうえ、子どもの学校などの事情により、3月と4月の繁忙期に引越しが集中する傾向があるのかもしれません。 引越し費用を安くするポイント 引越しの費用を安く抑えるためにできる工夫を紹介します。 ここまで解説したとおり、トラックを使う分、見積もり料金も上がってしまいます。 そのため、大きめの家具は思い切ってリサイクルに出すなどして、新しいものを購入してもよいかもしれません。 もちろん全てを新調するとなると引越し費用はかさんでしまいますが、「持っていくより買ったほうが得!」と判断できるモノに出合えたなら購入を検討してみては?もちろん、新たに購入したものは新居への配送をお願いしておきましょう。 なかでも午前中が人気とのことです。 年度末になると進学や就職、転勤などで引越しをする人が増え、スケジュールを押さえるのにもひと苦労。 午前中が人気な理由は、時間を「〇時から」と指定できることと、その日のうちに引越しを終えて落ち着きたいという人が多いためです。 こうした条件で引越し業者にお願いすると、同じような条件を希望する人はたくさんいるため、引越し料金の交渉は難しくなってしまいます。 そこで、「平日でもいい」「時間は何時でもOK」など、希望の日程に幅をもたせるようにしましょう。 そうすることで引越し業者側もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ引越し料金の交渉をすることも無理ではありません。 自分のスケジュールを考えながら、「譲れるポイント」を探し、引越し業者に相談してみるのがおすすめです。 Q2運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえますか? A運送を請け負う引越し業者は、お客様の大切な荷物を守るために保険に加入しているため、多くの場合補償を受けることができます。 ただし、保険では補償できないものもあります。 【補償に限度額があるもの】 ・貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む)…1梱包当たり10万円まで ・貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董、彫刻物およびその他の美術品…1個または1組当たり10万円まで 上記は、たとえ10万円を超える金額であっても10万円までの補償。 現金や貴重品、美術品は運搬できないとしている引越し業者も多いことから、これらのものを梱包するのは避けましょう。

次の