鈴木直道知事 経歴。 鈴木直道の嫁と子供はいる?イケメンで評判もすごい!有能知事の経歴は?

鈴木直道の学歴と経歴は?生い立ちと家族がヤバい?政策や評判も!

鈴木直道知事 経歴

もくじ• この大学の法学部第二部は 2010年に閉鎖されています。 鈴木さんは 18歳の時に東京都庁に入庁していますが、その翌年に法政大学に入学して、昼間は働きながら夜に大学で学んでいます。 幼少期から大学進学を志していましたが、後述するように高校時代に両親が離婚したことで経済的に苦しくなったことから、働きながら学べる大学の夜間部に進学しています。 「大学を知らないで一生を終えるより、やれるだけやってみよう」と思い、大学受験に臨んでいます。 大学では主に地方自治などについて学んでいます。 また大学時代は体育会のボクシング部にも所属しています。 当初は入部したのは体育の単位をとるためでしたが、どうせやるなら東京都の代表で国体か日本選手権に出ようと切り替えています。 法政大学のボクシング部は名門として知られており、鈴木さんが在学中も全日本の代表になるような選手たちが在籍していました。 鈴木さんも大学時代には東京都の代表選考大会で準優勝の記録を残しています。 またボクシング部では主将を務めており、当時からリーダーシップを発揮しています。 ただし都庁の窓口業務に就いていた際に顔にあざを作ってしまい、上司に「帰れ」と言われたエピソードをインタビューで語っています。 大学生の頃は 17時過ぎまで仕事をして、 18時半から講義を受けて、 21時半から 23時まで練習というハードな日々を送っています。 後に夕張市長に就任した後に、「市長って大変ですね」と言われていますが、大学時代に比べたら肉体的に楽だったと答えています。 大学卒業後は 26歳の時に財政難の夕張市に派遣されて、 30歳の時に初当選して全国最年少の若さで市長に就任しています。 また市長在籍中は自身の給与を 70%カットしており、年収の手取りは約 246万円で「全国一給料の安い首長」と言われています。 スポンサードリンク 学歴~出身高校 出身高校:埼玉県 三郷高校 偏差値 38(かなり容易) 鈴木直道さんの出身校は、県立の共学校の三郷(みさと)高校です。 この高校は 1975年開校の県立校で、俳優の村田雄浩さんやタレントの遠藤久美子さんも卒業生です。 鈴木さんは高校 2年生の時に両親が離婚して姉とともに母親に引き取られたことから、以降は食べるのにも困るほど経済的に苦しい生活を送っています。 当時は姉は短大に通学していましたが、学校は辞めて就職しています。 鈴木さん自身も高校時代は学費を稼ぐためにアルバイトに明け暮れていたとインタビューで語っています。 スーパーの仕出しにカメラ店、引越センターや酒の卸売りセンターなどのありとあらゆるアルバイトをしたそうです。 高校の夏休みには家屋の基礎工事でコンクリートを流し込む仕事をやっており、朝の 4時から夕方の 18時、 19時頃までひとりでやらされたこともありました。 そのため高校生でありながら、「普通の高校生活に憧れた」と語っています。 加えて、鈴木さんは高校時代はアルバイト中心の生活を送っていますが、高校では生徒会長を務めているほどです。 そのため当初はいったんは大学進学を断念していますが、前記の通り 1年間の社会人生活を経て、働きながら学ぶことができる大学の夜間部に進学しています。 なお高校を卒業して東京都庁に入庁した際には、高校時代のアルバイト経験から、「ものすごい大人びている」と言われたと話しています。 また高校時代のアルバイトが肉体労働が中心だったことから、都庁での仕事のはじめての印象は、「椅子に座っててお金がもらえるの?」だったとのこと。 加えて自身の高校時代を振り返って、次のように話しています。 「世の中は自分で切り開いて渡らなけばならないものだと痛感した」 スポンサードリンク 学歴~出身小学校・中学校 出身小学校: 不明 出身中学校: 不明 鈴木直道さんの出身小学校・中学校は、いずれも地元の埼玉県三郷市内の公立校のようですが、校名などは不明です。 子供の頃はどちらかというと、人前に出るタイプではなかったと語っています。 鈴木さんは小学校 1年生の時から高校卒業までを三郷市で過ごしていますが、子供の頃や小学校・中学校時代の情報はありません。 ちなみに結婚した嫁は元埼玉県議の長峯正之氏の娘です。 以上が鈴木直道さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。 安定した東京都職員の地位を捨てて夕張市長選に臨み当選。 市長となった後も東京都との連携や鉄道の廃線の逆提案などで話題を呼び「イケメン市長」との呼び声もありました。 そして 2019年の北海道知事選挙に無所属での出馬を表明して注目を集めています。 今後の動向が気になる人物です。 スポンサードリンク.

次の

鈴木直道北海道知事の経歴プロフィールと嫁と評判、夕張市の実績は

鈴木直道知事 経歴

北海道知事鈴木直道の評判は? まず今回の国に先駆けた「緊急事態宣言」発令に対しては、 行動力と対応の迅速さにおいて評判は上々のようです。 普通に有能やなぁ。 地方公共団体単位で勝手に行動できるんだから、ガンガンやった方がいい。 厚生労働相の指示待ちして、責任押し付けようとするズルい知事が多いのが問題 — Morimoto JDMMT8 今回も一歩先行く、 北海道知事。 こういう事態に行動力あるのが最高のリーダー。 — NCTTR niccoritotoro 北海道知事、若いのに凄い。 いい決断だと思う。 ハキハキしていて聞き取りやすい声なのも好感もてる。 イケメンとの評判もあるんだぜ! ただ一方で、感染の拡大が懸念され始めていた時点での 「さっぽろ雪まつり」の開催には、批判的な意見が多いですね。 言っても鈴木知事はお若いですし、跳ね除けられた可能性もありますね。 市長も雪まつりをする事で経済も良くなるので目先の事しか考えていなかったんじゃないでしょうか。 札幌市との調整や、経済のことを考えると難しい判断だったんだろうなとは思うけど。 ただその後の 「道内全校の休校措置」に関しては迅速な対応と評判がよく、 のちに安倍首相が全国の小中高等学校に臨時休校を要請したのも、それを真似したのではないか?とすら言われています。 重症化しないと検査しないのもこれでの死亡者でるよ。 ここでは和歌山の知事の言うとおりで誰が考えても軽症のうちの治療が基本だし。 — Tとも T78935397 北海道知事鈴木直道の経歴・月収は? プロフィール 画像: 名前:鈴木直道(すずきなおみち) 生年月日:1981年3月14日(38歳) 出身:埼玉県春日部市生まれ/三郷市育ち 学歴:埼玉県立三郷高校/法政大学卒業 職歴:東京都庁(大学在学中)/東京都衛生局/東京都健康安全研究センター/東京都立北療育医療センター/福祉保健局保健政策部疾病対策課(在籍中に、猪瀬直樹東京都副知事の発案により北海道夕張市の市民課市民保険グループに派遣)/東京都知事本局(のち東京都政策企画局)総務部総務課主任として内閣府地域主権戦略室に出向/夕張市行政参与/夕張市長/北海道知事 高校在学中にご両親が離婚したこともあり 一度は大学進学をあきらめたものの、都庁に勤めながら19歳で大学入学から卒業まで、 大学時代にはなんと ボクシング部の主将も務めていて、きっちり4年で卒業しているというのですから、大した根性の持ち主ですよね。 その後も東京都衛生局・福祉保健局から東京都知事本局(のち東京都政策企画局)総務部総務課主任へと着々とキャリアを積んで 夕張市長から北海道知事に…という、サクセスストーリーの持ち主でもあるんですね。 月収は? 北海道知事 給与3割削減の条例改正案 提出へ 注目の発言集 NHK政治マガジン — curiousNOSTALGHIA CNostalghia 北海道鈴木知事の収入についてですが、昨年4月の知事選において行財政改革をみずから推進するため 知事の給与の削減を公約に掲げており、 昨年6月の定例議会に自らの給与を3割削減するための条例改正案を提出したそうですので、 これにより、知事の 月々の給料は138万円から41万4000円減り96万6000円に、ボーナスは年間670万円から201万円減って469万円となります。 仲が良さそうで、素敵なんだぜ! 東京から北海道へというのは大変な決断だっただろうけど、当時からお付き合いされていた奥さんの支えがあってこそできたのかもしれないな! 北海道鈴木直道知事まとめ ここまで、 新型コロナウィルス感染症への対応で、注目度・評価も上げている北海道の鈴木直道知事について、 評判から、経歴(プロフィール)や月収、妻や子供はいるのかなども調べてきました。 今回道民に対して出された「緊急事態宣言」や、先日の「道内の全校休校」要請に対しては、評判は上々、 若くてイケメン!とのイメージから人気も高まってきているようですが、 その前に「さっぽろ雪まつり」を中止にすべきだったのでは?との声もあり、そこのところでは評価も分かれています。 ただ、経歴を見るとかなり険しい道を切り開いてきた感のある方ですので、 これからの困難にも、その行動力と気持ちの強さで立ち向かっていかれるのではと、期待されますね。

次の

北海道知事鈴木直道の評判は?経歴・月収・妻(嫁)や子供についても

鈴木直道知事 経歴

鈴木直道(すずきなおみち)プロフィール 鈴木直道経歴 年 月 内容 昭和56年 3月14日 埼玉県春日部市生まれ、三郷市育ち 平成11年 3月 埼玉県立三郷高等学校卒業 4月 東京都庁入庁 平成16年 3月 法政大学法学部法律学科卒業 都庁に勤めながら4年間で卒業、ボクシング部主将 平成20年 1月 東京都から夕張市に派遣される 平成22年 4月 東京都知事本局総務部から内閣府地域主権戦略室へ出向 この年、夕張市行政参与に就任 11月 夕張市長選挙出馬の決意を固め、東京都庁を退職 平成23年 4月 当時全国最年少の30歳1カ月で夕張市長に初当選 平成25年 3月 ダボス会議を主催する世界経済フォーラムから「ヤング・グローバル・リーダース」に選出される 平成26年 — 財務省・財政制度等審議会に有識者として参加 人口減少社会を見据え、夕張市の事例を基に各種提言を実施 平成27年 4月 夕張市長に再選 11月 日本メンズファッション協会「ベストドレッサー賞」を受賞 平成29年 3月 財政再建と地域再生の両立する新たな財政再生計画を策定し。 私の決意(出馬表明記者会見) 本日はお忙しい中、私の出馬表明記者会見にお集まりいただき、誠にありがとうございます。 私、鈴木直道は、先日1月29日、皆様に、北海道知事選挙に無所属で出馬させていただく意向であることをお話させていただきました。 私は今、北海道が直面している人口減少をはじめとする様々な課題としっかり向き合い、一つひとつ丁寧に解決し、ピンチをチャンスに変え、さらに、北海道が持っている素晴らしい財産、魅力を存分に活かし、活力あふれる北海道にしたいと考えています。 そして、そうした思いを各地域の皆様とともに、徹底した道民目線のもとで、何としても成し遂げていきたい。 こうした思いが重なり合い、この度、北海道知事選挙に立候補させていただくことを決断した次第です。 私は、ご承知のとおり、8年間、我が国唯一の財政再生団体である夕張市で、高齢者の方々が活き活きと健康に暮らし、若者が夢や希望を持って仕事に励み、子どもたちが伸び伸びと育つといった、当たり前のことが当たり前にできない、出来なかった夕張市で奮闘して参りました。 「本を読みたくても図書館がない」「通院や買い物が大変だ」といった切実な声を市長として全身で重く受け止めながら、毎日少しずつ前進してまいりました。 そして、市民の皆様とともに、 ・2012年3月、全国初となる集約型のコンパクトシティー計画を策定し、住宅再編事業などを推進。 ・2016年8月、JR石勝線夕張支線の廃線をJR北海道に逆提案し、まさにピンチをチャンスに変えて、持続可能な公共交通体系を再構築するとともに、都市拠点には住宅再編とともに拠点複合施設などを整備することで、一部地域では人口が社会減から社会増へと転じました。 ・2017年3月、誰からも不可能だと言われた財政再編計画の抜本的な見直しを国から勝ち取り、地域再生のための新規事業138億円(2029年度)を盛り込み、2026年度には実質的に財政再生団体から脱却する道筋をつけることもできました。 市民の皆様とともに、難しい状況の中、一歩一歩、前向きに歩んできた今、夕張に残るべきか、北海道知事選挙に出馬すべきか、責任ある結論を出すために、正直本当に悩みました。 そして、自分の素直な「心の声」を聞いた答え、結果が若輩ながらも自らのこれまでの経験と自らの持てる力を全て注ぎ、道民の皆様の知恵と力を結集して、躍動する北海道の扉を力強く押し開けていきたい、その先頭に立たせていただきたいという思いに至りました。 たとえば、北海道は今、深刻な人口減少問題に直面しています。 その対応は、行政のあらゆる分野に関わってくるものです。 こうした重要課題には大いなる危機感を持つと同時に、新しい発想もどんどん取り入れながら、課題解決の最先端自治体となるように汗を流し続けていきたいと思います。 一方で、北海道は、国内では魅力度ランキングを見ても、常に全国トップクラスです。 海外、特にアジアからは、憧れの地「北海道」として、魅力度が増してきています。 アジアをはじめ、世界中からの需要を取り込み、北海道の持てる大きな強みを存分に活かした道政を築いていきたいと思います。 私は「道産子」ではありません。 しかし、私、鈴木直道は、夕張市民の皆様、道民の皆様に、一政治家として育てていただきました。 これからは私を育てていただいたすべての方々、そして道民の皆様方のために、北海道のさらなる発展のために全力を尽くす覚悟です。 なお本日は出馬表明ということで、私の北海道政に対する熱い想いをお話しさせていただきました。 具体的な政策、いわゆる「ローカルマニフェスト」につきましては、今後、道民の皆様、そして私をご支援いただく政党、団体等の皆様の声をよく伺い、告示前の然るべき時期に、皆様に発表させていただく所存です。 本日は誠にありがとうございました。 平成31年2月1日 鈴木直道.

次の