クロノクロス 解説。 感想・解説『クロノ・トリガー』これぞドリームプロジェクトです

『クロノ・クロス』懐かしの名曲をゲーム映像とともに楽しめるサントラCD発売。収録楽曲『テルミナ アナザー』のPVも公開!

クロノクロス 解説

クロスが複雑な理由 難解と言われることが多い本作ですが、ストーリーライン自体はけして難しいものではありません。 物語はだいたい3部に分かれていて、 ・自分が10年前に死んでいる平行世界に迷い込んだセルジュが、キッドと出会い、暗躍するヤマネコを追いかける話 ・ヤマネコに体を交換されたセルジュが、龍の加護を得て元の姿に戻るまでの話 ・ヤマネコを追い神の庭に足を踏み込んだセルジュが、フェイトと決戦を経て、人に復讐しようとする龍神と戦う話 で大きく区切られています。 目的はその都度変わりますが、シナリオ自体はしっかり骨組みがされていて、かつプレイヤーに驚きを与えるシーンを要所要所に用意してくれるなど、 ストーリーライン自体の完成度は非常に高いです。 平行世界というSF要素部分も、ふたつ世界の違いを丁寧に描いてくれるので、理解はけして難しくありません。 そんな物語がなぜ難解かと言われると、 重要人物たちの動機と本編に至るまでの時系列がかなり複雑なことに合わせ、それらがほとんど語られなかったり口頭だけで済まされているケースが多く、その情報が終盤 一気に膨れ上がるからです。 クロノ・クロスには物語の鍵を握る重要なキーパーソンたちがいます。 ヤマネコ、ツクヨミ、時の預言者、龍神など…。 彼らは自分の目的のためにセルジュを利用しながら動きますが、動機はなかなか見えてきません。 それらが分かるのがDisc2のクロノポリス以降なのですが、動機を理解するためには 物語の過去に何があったのかを把握しなくてはいけません。 ANOTHERでセルジュが死んだ10年前、瀕死のセルジュを連れウヅキとミゲルが神の庭に迷い込んだ14年前、クロノ・トリガーの物語のあとに起きた事件、そしてタイムクラッシュにより引き起こされたクロノポリスとディノポリスの戦い……。 しかし過去の出来事の描写はイベントではあっさりとしか描かれず、ほとんどが口頭・もしくはクロノポリスなどに残されたデータくらいでしか語られません。 しかも情報はバラバラなタイミングで与えられ、整理する機会もなく、それでもキーパーソンたちはお構いなく話を進めていきます。 そのためラスボス戦前まで話が分からないままバッドエンドに到達し、最後までわけがわからないまま終わった人も少なくないと思います。 終盤に突き放すようなシナリオが展開されるクロノ・クロス。 キッドの過去のようにフラグを回収しないと見れない重要なイベントもあり、把握するのは困難を極めます。 ここまで複雑な話になった意図は分かりません。 トリガーのように明快かつ伏線が回収しきれた方が受けが良かったかもしれませんし、本来のテーマであるサラの物語に絞った方が話がぶれなかったかもしれません。 しかし……当時は理解しきれなかった物語も、今となっては、これで良かったように思えます。 自分が死んだ世界、ヒドラとドワーフと妖精の悲劇、自分の肉体を奪われるエピソード、運命による人間へのコントロール、殺された過去の復讐……。 これらはトリガーの希望を求める作風ではきっと描くことが出来なかったのでしょう。 むしろ、 トリガーが大ヒットしたことによる影の部分なのかもしれません。 () 「クロノ・トリガー」は今でも最高のRPGのひとつとして語り継がれています。 しかしそれは過去に縛られ、この国のRPGの黄金時代や鳥山・堀井・坂口のドリームプロジェクトなど、素晴らしかったあの頃を塗り替えることが出来ないという 呪いのような側面もあります。 未来を変えるという物語であるにもかかわらず、です。 ディレクター&シナリオライターの加藤正人氏とコンポーザーの光田康典氏の対談では、クロス誕生までの経緯が書かれています。 読む限り、トリガーの開発の裏に暗い部分があったことをうかがい知ることが出来ます。 クロスはトリガーの鳥山キャラやタイムトラベルを継承するという「トリガー2」の道を選びませんでした。 その代わりに、トリガーから零れ落ちたピースを拾い集めることで、失われた物語を癒やす 「アフター・トリガー」の作品として成り立っています。 セルジュが冒険を通し失ったものや前作のキャラクターの死など、クロス全編に横たわる喪失の空気は、トリガー後のスタッフの心情、またはトリガーが帰らぬ過去になったプレイヤーの思いと重なります。 コラム第1回目で書いたように、過去のプレイヤーに対し強烈な痛みを与えながらも、エルニドの美しい海とBGM、そして登場人物達の詩的な言葉が喪失の傷に寄り添ってくれます。 この、矛盾し相反したものこそ、クロスのテーマとなる 「愛と憎しみ」そのものではないかと思います。 クロスは複雑な物語ではありますが、メタ的な部分も含め、多くの傷跡と癒やしを表現するためには、これだけの情報量が必要だったのかもしれません。 補足:なお、加藤正人氏はスマホRPG 「アナザーエデン」にてクロノの遺伝子を引き継いだシナリオを書き、トリガーのディレクターだった時田貴司氏によるクロノ続編の構想は、 「FFレジェンズ」へと引き継がれたそうです。 () 愛と憎しみの果てに 人と運命と龍の戦いの中で、 自らを見つめ返し、傷口を暴きながら、同時に喪失の傷を癒やすクロノ・クロス。 魔剣と化したグランドリオンの浄化、マジカルドリーマーズの公演とマーブレ再興、幼少期のキッドを救うイベントは、クロスでなくては書けなかった物語でしょう。 その総決算となるのが 正しい戦い方でラスボスに挑んだときに見られるトゥルーエンドです。 トゥルーエンドと言っても、長いムービーが展開されるわけでもなく、テキストメインの静かなものです。 しかし、憎しみ合いの連鎖を解き放って一人の少女を救ったとき、果てのない物語が終わりを告げ、また新しい物語の始まりを予感させました。 (より) かつて子供の頃の筆者を時の迷子にし、惑わせ、そして癒したクロノ・クロスというRPG。 このゲームが与えたものは、 「ゲームを遊んで感動した」という言葉では語り尽くせません。 同時に、本作が与えた 「否」の感情も忘れていけないものと思います。 それでもクロスの問いかけた物語は、自己とは、愛と憎しみとは何かを考えさせ、生きていくために大切なことを教えてくれたのだと、今でも思っています。 クロノ・クロスのコラムはこれで終わりです。 拙筆ながら、読んでいただきありがとうございました。 最後はこの言葉で締めたいと思います。 それでは。 物語は終わっても、人生はつづく…… だから、その時まで…… ごきげんよう。 Sarah Kid Zeal.

次の

『クロノ・クロス』懐かしの名曲をゲーム映像とともに楽しめるサントラCD発売。収録楽曲『テルミナ アナザー』のPVも公開!

クロノクロス 解説

これぞRPGという感じのゲームです。 『クロノ・トリガー』 『クロノ・トリガー』は1995年にスーパーファミコン用として発売されたゲームソフトです。 ドリームプロジェクトとして企画され、開発が進められたソフトで、FFシリーズの坂口博信さん、ドラクエシリーズの堀井雄二さんが参加し、キャラクターデザインには漫画家の鳥山明さんが参加しています。 当初スーパーファミコン版として発売されたソフトですが、その後様々なハードでの移植版が発売されています。 PSとしても発売され、ニンテンドーDS、携帯アプリや配信もされているソフトです。 内容紹介 ガルディア王国建国1000年のお祭りでにぎわう「リーネ広場」の一角。 主人公の少年「クロノ」はひょんなことから「マール」と名乗る一人の少女と出会う。 一緒にお祭りを回ることになった二人はクロノの幼馴染「ルッカ」が発明した物質転送マシン「テレポッド」を見物することに。 しかしテレポッドは暴走し、好奇心から実験台となったマールは次元の穴に消えてしまう。 マールが残したペンダントを手に、次元の穴へと彼女を追いかけるクロノが辿り着いた先は400年前の世界だった…。 忘れられた過去へ、はるかなる未来へ、そして時の最果てへ…。 星の命を救うための大冒険が、幕を開ける。 sqexm. パッケージを見れば、おそらく多くの人が誰が書いた絵なのかは分かるようなソフトで、キャラクターデザインは鳥山明さんとなっています。 そして、シナリオやプロデューサーとしてもたくさんの人が参加していて、ドリームプロジェクトとして製作されたゲームです。 僕が最初にプレイしたのはPS版だったのですが、その後DS版としても発売されたり、配信としてもされていたりと、様々なハードで移植されているソフトでもあります。 このソフト、やった人なら分かると思うのですが、あらゆる意味でかなりクオリティの高いゲームとなっています。 シナリオもそうですし、魅力的なキャラクター、戦闘のシステムや音楽に至るまで、細かいところまでよく作られています。 時代を行き来するという話がとてもよくできていて、過去で何かをすると、現代や未来で何かが変わっていたりすることもあったりします。 さらに、エンディングも複数用意されていて、どのタイミングでラスボスを倒すかで別のエンディングになるような仕様となっています。 過去と未来を行き来して クロノ・トリガーはドラクエやFFのように、仲間を集め成長しながら冒険を進めていくというベタなRPGです。 時の最果てという場所を拠点に、過去、現代、未来を行き来しながら進めていくというゲームです。 過去は原始の古代もあれば、未来では人類が滅んだ後の世界まであったりして、それそれの世界観がとてもよく作られています。 敵の強さも絶妙に設定されていて、戦闘システムもすごくシンプルです。 普通のフィールドから自然にバトルに入る感じはスムーズで良い感じで、連携とかもあったりします。 連携は人数が多いほど強力な技を出すことができて、3人連携は結構強いです。 訪れる時代ごとにメンバーが入れ替わったりして、いろんなことを考えながら進めていくこととなります。 強くてニューゲーム そして、個人的に好きなこのゲームでのシステムが、『強くてニューゲーム』というものです。 これは、序盤でラスボスを倒すことでしか見る事のできないエンディングがあるために導入されているシステムなのですが、これが結構面白いです。 めっちゃ強い状態の主人公たちで、新しく始めることができて、すげー余裕でボスとか倒せるのは楽しかったりします。 笑 それにしても、やっぱりこのゲームはキャラクターが本当に魅力的です。 ロボットや、古代人の女性キャラがいたりと、個性がそれぞれしっかりと分けられています。 そして、魔王が仲間になることとなるのも斬新で、これはリメイク版のドラクエ4的な感じもしました。 音楽もいいですね〜。 サントラだけを時々聴きたくなるほどほどです。 驚いたのが、初期のスーファミ版は定価1万円超えてたのか・・・ 当時としては相当高かったのでは?それでもかなり売れているのがさすがという感じです。 ゲーム好きな人ならば、一度はやっておくソフトかと思います。 続編となる『クロノ・クロス』も発売されています。

次の

クロノ・クロス

クロノクロス 解説

こちらこそ回答の続きが遅れてすいませんでした。 前回はわかりにくい説明ですみません。 自分もまだ完全には理解していないので・・・ では、続きです。 ・凍てついた炎 凍てついた炎とは、トリガーで倒したラヴォスのかけらの総称であり、古来より幾つか存在している トリガーに出てきたドリストーンもこの凍てついた炎と同種の物。 クロスの争点となっている凍てついた炎は、A. 2300年にエルニドで発見されたもので、かけらの中でもとりわけ強大な力を秘めた危険なものだ。 時間を操り、望みをかなえる力を持つと言われるが、その力を使いこなせる者は限られあたかも石自身が使用者を選ぶかの様であるため、「意志を持つ生ける石」と呼ばれる。 燃える様に赤く輝く外見から、「輝く炎」との異名も持つ。 凍てついた炎は、炎自身が認めた者以外には、使うことはおろか触れることすらできない。 しかし、世の中にはこれが可能な者=凍てついた炎を介して炎の本体である生命体 ラヴォス とリンクし、その生命体と星の生命の調停をつとめることが可能な者がいる。 人々はその様な人を「炎に選ばれた者」『調停者』と呼ぶ。 調停者は強大な力を手中にできるが、その力を生命体同士の「調停」、すなわち二者の争いを止めさせ、争いの元凶である負の感情を還元する方向へと向けなかった場合、「時喰い」と化して、世界を破滅へ導く危険性を持っている。 ちなみに、トリガーにて魔神器を制御する力をもっていたサラは調停者に近い存在であったとされる。 ・神の庭 神の庭は、本来ならA. 2400年の未来にあるべき建物・クロノポリスが、タイムクラッシュにより、1万年前へと時空間を横滑りしてくることで誕生した。 その為、ここでは外界と異質な時間が流れている。 クロノポリス、そしてフェイトが未来に存在する可能性が消えた場合、 それはフェイトがもっとも恐れていることだが 、神の庭もまた消滅することになる。 ・フェイト クロノポリス内に存在する、本来人類を守る目的で作られた、いわば人類の守護者である機械、フェイト。 だが、長きにわたって人類を見守りつづけるうちにフェイトは夢を見始めていた。 機械と人が同化した、新たな種へと進化する夢。 夢見るあまりに暴走しはじめたフェイトは、人類のためというよりもむしろ自身の野望のために炎のロック解除を目指して動き出す。 このフェイトこそがゲーム中に何度も登場するヤマネコの正体。 ちなみにフェイトは、トリガーの歴史改変後の未来にて滅び行く未来にも登場したマザーブレインをもとに作られたものである。 ・龍神 トリガーの時間軸では、原始時代に原始人と恐竜人が生存競争をした際、最終的には原始人が打ち勝ち、恐竜人はそこで絶滅した この時間軸をTとする が、別の時間軸においてはアザーラ率いる恐竜人が人間を倒し、人類はそこで絶滅した この時間軸をDとする。 やがて時間軸Dでは恐竜人が龍人に進化し、A. 2400年 未来 にはディノポリスを設立し、生体マシン「龍神」を完成させた。 この龍神は星のエネルギーの集合体であり、龍の姿は仮のものだ。 六体存在している 水龍、炎龍、縁龍、土龍、黒龍、天竜。 ちなみにゲーム中で仲間になるツクヨミも龍の分離した一部なのだが、龍ほど大きい役割を持たず、あくまでもエレメントを統合する付属的な感じで存在している。 え~と、時間が無いので、今回も途中で切ります。 何分説明が下手くそなので分かりにくい部分があるかと思いますが、どうかご容赦ください。 また、タイムクラッシュやタイムポリスなどわからない単語が出てきたと思いますが、おって説明しますのでしばらくお待ちください。 私はクロスが好きなんですよね。 トリガーより。 かなり変わったゲームだとは思いますけど、なんか肌に合ったというか(笑 この変なゲームをあえてクロノ続編としたのは何か意図があったんだろうな。 と思います。 あ、一つ、キッドはサラの分身というよりもサラの生まれ変わりなので、 髪の色は違っても問題ではないと思います。 多分(笑 最後に参考になるであろうサイト様を紹介です。 あ…でもストーリー解説じゃなくて…テーマ解説かな…(汗 このサイト様のキャラトーク辺りを読めば、重要人物の正体(正体?)が分かってくるかなぁ。 でも完全ネタバレですのでやっぱりクリアーしてから見て欲しい感はあります… …って別にやれって言ってるわけじゃあ無いですヨッ!!(笑 参考URL: 僕もトリガーからやっているんですが、やはりクロスは好きになれませんね。 何かストーリーがトリガーのファンを裏切っているような気がするんです。 僕もあまり良く覚えていないのでひょっとしたら部分部分間違っているかもしれません。 クロスはトリガーの二十年後の話だったと思います(確か)。 まず、トリガーの中で「サラ」というキャラがいたのを覚えていますか?魔王ジャキの姉であり、ジール女王の長女だったサラです。 彼女、海底神殿でクロノがラヴォスに殺された時に最後の力を使って他の仲間を地上へと逃がしましたよね?しかし、この時に彼女自身も彼女と全く同じ分身を作り出し ただし体は生まれた時のもので 、サラのペンダントがその分身を違う次元へと送っていたのです。 単刀直入に言いますと、ゲーム序盤で仲間になるキッドこそがこのサラの分身なのです。 (サラの髪の色は水色なのにキッドの髪の毛は金髪…この謎はゲーム内でも語られないまま終わりました。 ) 話は変わって、トリガーのエンディング後になります。 ラヴォスを倒した後、ルッカは自分の家を少し広くして孤児院にします。 そこへたまたま赤ん坊のサラの分身=キッドがペンダントと共に降ってきた(?)のでそれを保護します(恐らくPS版トリガーのエンディングはこれのことを表しているのではないでしょうか)。 当然ルッカはサラの事を知っているので、その赤ん坊がサラだったという事も知っていたハズです(恐らくこの時に彼女をキッドと名付けたのではないでしょうか)。 そして、ある程度成長した彼女に星色のお守り袋を渡します(ちなみにこの星色のお守り袋はルッカがキッドの護身用に作った『不完全な時の卵』)。 しかし、ある日孤児院はヤマネコのよって焼き払われ、全焼し、一部の子供を除いてほとんどの住人が死亡しました(ルッカ含む)。 セルジュは物語後半で、武器「グランドリーム」又はエレメント「クロノ・クロス」の力を使って過去に遡り、孤児院の中にいたキッドを救出します(その為にキッドは風の岬でセルジュと出会う以前からセルジュの面識はあった)。 1人で成長していったキッドは自分の事を「ラジカル・ドリーマーズ」と称し、やがて風の岬でセルジュと出会います(もちろんセルジュはキッドの事を知りません)。 ここからかなり長くなりそうなので一旦切ります。 もう一度回答するのでできればまだ回答を締め切らないで下さい。 わかりにくい文章で非常にすみません。 説明が下手くそなので何度読んでもわからない部分があったら補足お願いします。 こんにちは、The Highwayと申します。 私、実はクロノクロスは一応最後までやったのですが、・・・・このゲームのストーリーを語るというのはかなり難しい・・・・というか、最後までやってもストーリーは全く分からなかったです(笑)。 前作とのつながり(私もクロノトリガーはかなり好きでした)に関しても、ほとんどあってないようなものです。 ラヴォスやルッカに関しても一応は語られるのですが、これがまた支離滅裂。 なんというか・・・『平行世界』というものを盾にして矛盾だらけの話を強引に説明してるようなところがあります。 たぶん、このゲームのストーリーをわかりやすく語れる人というのはいないんじゃないかな、と思います。 プレイした私が知りたいぐらいです(笑)。 というわけで、説明できなくて申し訳ありません。 次の方お願いします(笑) ありがとうございます。 そうですか・・・。 ただフラグを立てていくだけのRPGだったんでしょうか。 クロノクロスは、トリガーで実現したドリームチームの3名が一人も関わってないんですよね(^^; (堀井雄二氏、鳥山明氏、坂口博信氏) ただ、人気があったから続編を作っただけというものだったんでしょうか。 (序盤ですが)やっていても、わくわく感もなかったし、引き込まれるストーリーでもなかったし、遊びの部分も見えませんでした。 なんか普通のRPGになってましたね。 しかもフィールドの色とかわかりにくい戦闘システム導入しちゃってましたし・・・。 どなたか、ストーリーというほど細かくなくてもいいです。 あらすじだけで構いません。 場合によってはルッカがどうストーリーに関わったかだけでも良いです。 もしくはクロノトリガーのエンディングの赤ちゃんとペンダントの伏線の結果だけでも。 簡略で構いませんのでお願いしますー.

次の